四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

四十九日法要の引き出物には、どんな品物を選んだらよいのでしょう。故人を偲んでお供えをしてくださった皆様に、感謝の気持ちが伝わる品物を選びたいものです。今回の終活ねっとでは、四十九日法要の引き出物について詳しく解説します。

目次

  1. 四十九日法要での引き出物は何が良いの?
  2. 引き出物と香典返しの違いとは?
  3. 四十九日の引き出物の金額相場はいくらなの?
  4. 引き出物に適した品物とはいったい何?
  5. 四十九日の熨斗(のし)に関する注意点
  6. 四十九日法要のお礼状・挨拶状の書き方
  7. 住職への引き出物も必要?
  8. 四十九日法要での引き出物のまとめ

四十九日法要での引き出物は何が良いの?

仏壇

四十九日とは、故人の魂が旅立つ日であり、遺族にとっては喪が明ける日となります。

忙しい中、時間を作って参列してくださった皆様にお渡しする引き出物は、感謝の気持ちを込めて、よりよい品物を選びたいものです。

そこで、今回終活ねっとでは、四十九日法要の引き出物について、以下のような点を中心に解説します。

  • 四十九日の引き出物の金額相場
  • 引き出物に適した品物について
  • のし紙の種類、書き方について
  • お礼状・挨拶状の書き方

四十九日法要の引き出物についてお悩みの方の参考になればと思います。
どうぞ最後までお読みください。

また、より安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

引き出物と香典返しの違いとは?

葬儀

引き出物と香典返しの違いがよく分からないという方も多いかもしれませんが、この二つは別のものです。

引き出物とは、四十九日法要の際に参列者の方々からいただいたお供えへのお返しになります。
四十九日法要では、読経・焼香を済ませた後、納骨式を行い、その後場所を変えて会食を行うことが多いです。
会食の後、参列してくださったことへのお礼と、今後のお付き合いお願いする意味も込めて、施主から引き出物をお渡しします。

香典返しは、お通夜や葬儀など四十九日までの間にいただいた香典へのお返しにあたります。

本来は別々にお届けするものですが、四十九日法要の際に引き出物と香典返しを一緒にお渡ししても問題はありません。
引き出物と香典返しを一緒にお渡しする際は、のし紙の表書きを変えて区別できるようにするか、香典返しに挨拶状を添えます。

また、品物が二つになったことで、お帰りの手荷物が増えてしまわないよう、どちらもかさばらないものをお渡ししましょう。

四十九日の引き出物の金額相場はいくらなの?

お金

引き出物の金額相場は、地域の慣習によっても違ってきますが、一般的に3千円~5千円と言われています。

参列者は、お供え物や御供物料を5千円~1万円ほど持参されることが多いです。
引き出物はそのお返しとして、3分の1~半分ほどを目安に考えるのが一般的です。

引き出物の他に、参列者にお食事を用意しますが、ホテルや斎場で法要を行うと、会食もセットになっている場合が多いです。

レストランや料亭で会食を行う場合は、1人当たりの会食代の相場は、3千円~1万円の間で考えるとよいでしょう。

自宅で会食を行う場合は、法要向けの仕出し弁当の利用がおすすめです。
会食を行わない場合は持ち帰り用の弁当を用意し、引き出物と一緒にお渡ししましょう。

引き出物に適した品物とはいったい何?

葬儀

デパートや専門店などに頼めば、法要の引き出物としてふさわしい品物を選んでもらえます。
ですができれば、どういった品物が適しているのか、意味や理由を理解したうえで選びたいですよね。

以下に具体的な例を挙げながら、四十九日法要の引き出物に適した品物について詳しく解説します。

引き出物を選ぶ際のポイント

ここでは引き出物を選ぶ際のポイントをご紹介します。

法要の引き出物には、食品や消耗品など「消えもの」と呼ばれるものが適しています。
四十九日の法要は弔事であり、いつまでも残らないようにと、お渡しする品物も後に残らないものを選ぶことが多いのです。

他にも、シーツやハンカチなど、普段使っていただける日用品などを選ぶこともあります。
さらに、持ち帰っていただくことを考えてかさばらないもの、重すぎないものが望ましいです。

逆に、殺生を連想させるものや動物性のものは、法要の引き出物に選ぶべきではありません。
例えば肉や魚、卵などの生ものは不向きです。

昆布やお酒など、お祝いの品として使われることが多い品物も避けたほうがよいでしょう。

引き出物におすすめな品物を紹介します

後に残らないもの、かさばらないものが望ましいということを踏まえて、四十九日法要の引き出物におすすめな品物についてまとめました。

お菓子や飲み物

食べ物を選ぶなら、お持ち帰りいただくことも考えて、賞味期限の短いものは避け、日持ちするものを選びましょう。

クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子や、密閉包装された饅頭、羊羹などがおすすめです。
コーヒーや紅茶、緑茶などの詰め合わせも喜ばれます。

お菓子の中には、包装が派手なものも多く、美味しくても法要の引き出物には適さないものもあります。
注文時に四十九日の引き出物であることを伝え、包装が華美にならないように注意しましょう。

洗剤などの消耗品

洗濯洗剤や石鹸、ボディーソープ、台所用洗剤など、どこのご家庭でも普段使う日用消耗品もお返しとして喜ばれる品です。
香りが強いものは避けたほうがよいでしょう。

また、消耗品ではありませんが、ハンカチやタオル、シーツなども引き出物としてよく選ばれています。
控えめな色柄のもの、シンプルなものを選ぶのがポイントになります。

ギフト券

地域によっては、いただいたお供えの額に合わせるなどの理由から、相手によって違う品物を用意することもあります。
人によって引き出物の包みの大きさに違いが出るなど、大勢の前で渡すと相手に気を使わせたり、失礼にあたる可能性もあります。

そういった引き出物の包みの大きさなどを気にする場合には、ギフト券がおすすめです。
かさばらないので荷物になることもありませんし、後日ゆっくりとお好みの商品の購入に使っていただけます。

しかし、額面が書かれているギフト券では、お返しの金額がはっきりとわかってしまうことになり、受け取る人によっては不愉快に感じたり余計な気遣いをさせてしまう場合もあります。

特に目上の人や年配者へのお返しの場合、ギフト券では失礼にあたる場合があります。
ただしこれは地域の慣習によっても異なることなので、中には年配者でも「ギフト券のほうが助かる」という方もいらっしゃいます。

引き出物の数はどれくらい?

引き出物はいくつぐらい用意しておけばよいでしょうか?

参列者の数は事前に把握できていると思いますが、少し余分に用意しておいたほうがよいでしょう。

例えば、参列者の息子さんがもう独立なさっていて、一家族で二つのお供え物をいただいた、といったことも考えられます。

引き出物を購入する店に葬儀や法要に関する知識を持つ専門家がいるようなら、どれくらい用意しておくべきものなのか訊ねてみましょう。
過去の例などから、用意する引き出物の数についてアドバイスを受けることができるはずです。

四十九日の熨斗(のし)に関する注意点

葬儀

四十九日法要の引き出物にする品物には、熨斗(のし)紙をかけます。

本来、法事でお渡しする品物にかける紙を「掛け紙」と呼びますが、現代では区別無く「のし」と読ぶことが多いので、お店で引き出物を注文する際も熨斗(のし)紙と言えば通じます。

のしの選び方や表書きは、地域の慣習や宗派によって違いがありますが、法要の引き出物の場合は、地域による違いはそれほど大きくないようです。

では、のし紙に関する注意点について解説いたします。

のし紙の種類

四十九日法要の引き出物にかけるのし紙の種類は、白黒双銀黄白のいずれかの水引で、結び切りのものを選びます。

結び切りとは、水引が固く結んであってほどけないもの、という意味で、蝶結びではなく堅結びのようになっているもののことです。

結び目の下に蓮の絵の入ったのし紙を使う地域もあります。

のし紙の書き方

四十九日法要の引き出物にかけるのし紙には、結び目の上に表書き、下に名前を書きます。

表書き・名前の書き方については、以下を参考になさってください。

表書き

表書きは地域によって異なりますが、東日本では「」、西日本では「粗供養」と書くことが多いです。

ただ、西日本の人へのお返しだからこう書かなければならない、ということではありません。
引き出物を用意するご遺族が現在お住まいになっている地域の慣習やしきたりにしたがってください。

ギフトショップやデパート、専門店などに引き出物を発注する場合は、適したのし紙を用意してくれます。
発注する際にのし紙についても、店頭で相談してみるとよいでしょう。

名前

結び目の下が空白のままでは、失礼にあたります。
参列してくださった方々への感謝の気持ちを込めて、しっかりと名前を記しましょう。

結び目の下には、故人の苗字か、施主の苗字のいずれかを書きます。
書き方は「○○」と名字だけ書くか、あるいは「○○家」と書くこともあります。

これは、誰が引き出物を用意したのかすぐわかるようにするためです。

四十九日法要のお礼状・挨拶状の書き方

お墓

四十九日法要の後、参列してくださった皆様にお礼状を出します。

これは、法要が無事済んだことの報告と、お供えなど気遣いをいただいたことへのお礼を兼ねて改めて感謝の気持ちを伝えるためのものです。

本来は直接報告するべきところを、書面にて略儀で済ませることへのお詫びの言葉も必ず添えましょう。
文章の書き方にも、いくつか注意すべきところがあります。

まず、季節の挨拶などは入れずに謹啓/拝啓といった頭語で書き始めます。
「皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと…」といった書き出しも入れません。

葬儀などの忌事が繰り返されないよう、という意味で、文章の中に「ますます」「つねづね」といった繰り返し語も使ってはいけません。

また、お礼状は縦書きで用意するもので「、」や「。」など句読点は打ちませんので注意してください。

住職への引き出物も必要?

葬儀

地域によって異なる可能性もありますが、一般的には、読経いただいたご住職へも引き出物を用意します
特別なものではく、参列された方へお渡しする引き出物と同じものをお渡しすれば問題ありません。

ご住職が会食を欠席されるようであれば、お帰りの際、お布施やお車代と一緒にお渡しします。

もし、お渡しする時間がなかったときは後日、お礼を兼ねてお寺を訪ね、引き出物をお届けするとよいでしょう。

四十九日法要での引き出物のまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、四十九日法要の引き出物について解説いたしました。
この記事をまとめると以下のようになります。

  • 引き出物の金額相場は3千円~5千円
  • 会食代の相場は一人当たり3千円~1万円
  • 引き出物はお供えへのお礼で、香典返しとは別に用意
  • お菓子や飲み物、石鹸や洗剤などが適している
  • ギフト券も喜ばれるが目上の人には不向きな場合もあり
  • のし紙は白黒、双銀、黄白の水引で結び切りのもの
  • のし紙の表書きは「志」か「粗供養」

法事・法要は頻繁にあることではありませんので、いざとなると戸惑うことも多いと思います。
参列くださった方々に感謝の気持ちが伝わるよう、ご準備をなさってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「四十九日・引き出物」に関連する記事

「四十九日・引き出物」についてさらに知りたい方へ

  • 一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

    一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

    家族の一周忌に集まってくださった皆様にお渡しする品物を「引き出物」といいます。節目となる法事・法要の引き出物にどんなものがよいのか悩む方も多いようです。そこで今回は一周忌の引き出物について詳しく解説します。ぜひ最後までお付き合いください。

  • 3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

    3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

    3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。

  • 17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

    17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

    17回忌の引き出物をどうしようか悩んでいませか?17回忌ともなれば、ほぼ身内だけの小さな法要になります。だからこそ難しいのが引き出物ではないでしょうか?17回忌の引き出物に使う金額の相場や、地域によって違う熨斗の書き方を解説します。

  • お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

    お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

    お葬式の際には、参列してくださった方々に対してお礼の品、いわば引き出物を渡す事になりますが、これらについての細かいマナー等は調べないと分からない事が多く有ります。そこで、これらに関する効率的な理解の促進の為、本記事ではお葬式の引き出物についてまとめていきます。

  • 一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

    一周忌には、親族だけではなく生前交友関係のあった友人なども参列していただくのが一般的です。事前準備や引き出物・引き菓子の準備に不安はありますよね。今回は、一周忌のマナーとして、事前準備やオススメの引き出物・引き菓子についてご紹介しますので、ぜひお読みください。

  • 四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

    四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

    仏教では亡くなってから49日目を「満中陰」と呼び、四十九日法要が行われます。では、御供物料を入れるのし袋や、お供え物・引き出物にかけるのし紙は、どのようなものを使用すれば良いのでしょうか。今回は、四十九日法要で使う熨斗について詳しく解説いたします。

  • 3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

    3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

    3回忌には、お供えのお礼として引き出物をお返しする必要がありますよね。では、3回忌の引き出物に用いるのしはどのように準備すればいいのでしょうか?今回は、引き出物に用いるのしについて、表書きや水引きなどご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

    四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

    四十九日では、参列いただいた方にお返しをする必要があります。では、四十九日のお返しの金額相場やのし紙の書き方はどうなっているのでしょうか?今回は、四十九日のお返しについて、金額相場やのし紙の書き方をご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

    四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

    四十九日法要の当日の流れをご存知でしょうか?四十九日には参加したことがなくて流れについて知りたいという方や、近々出席する予定があり、日程調整のため所要時間を把握しておきたいという方は多いでしょう。そこで今回は四十九日法要の当日の流れについて解説していきます。

  • 一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

    法要は誰もが経験することでありながら、分からないことが多いですよね。一周忌への参列の際にはお供えを持っていきますが、法要を行う側の場合、どのようにお返しすればよいのでしょうか。本記事をお読みいただき、一周忌でのお供えのお返しに関する疑問を解消していきましょう!

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・引き出物」についてさらに知りたい方へ

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・引き出物」についてさらに知りたい方へ

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと