13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

13回忌の法要は亡くなったかたの思い出にひたって追善供養を行なう大切な意味が込められています。今回は13回忌の法要でお渡しするお布施について解説いたします。金額の相場や渡し方の正しいマナーなど、いざという時に慌てないための13回忌のお布施についてです。

目次

  1. 13回忌のお布施について
  2. 13回忌の法事・法要とは
  3. 13回忌のお布施の金額相場とは?
  4. 13回忌のお布施の書き方
  5. 13回忌のお布施の包み方
  6. 13回忌のお布施の渡し方
  7. お布施以外の僧侶に渡すお金
  8. 13回忌のお布施についてまとめ

13回忌のお布施について

仏壇

葬儀やそれに続く法要について知ることは、終活の大きな柱のひとつです。

命日に行なわれる年忌法要は、大切なご供養の機会です。
年忌法要は1周忌に始まり、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌と続きます。
ご遺族の立場で年忌法要を行なうときは、お坊さんにお布施をお渡しします。

しかし、法要の際のお布施のマナーについて、改めて知る機会は意外と少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、年忌法要のなかの13回忌のお布施に焦点を当てて解説します。
今回の記事は次の点がポイントです。

  • 13回忌の法要とは?
  • 13回忌のお布施の金額相場とは?
  • 13回忌のお布施の書き方
  • 13回忌のお布施の包み方
  • 13回忌のお布施の渡し方
  • お布施以外の僧侶に渡すお金

お布施について正しいマナーを知ることは、13回忌の法要を計画する場面で役立ちます。
少し長いですが、ぜひ最後まで目を通していただければと思います。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらのページをご覧ください。

13回忌の法事・法要とは

仏壇

命日に行なう法要を年忌法要と呼び、1、3、7のつく年数に行なわれます。
1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌と続きます。
年忌法要は亡くなってから満の年数で数えます。
したがって13回忌法要は、亡くなってから満12年目の命日に行なう決まりです。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌のお布施の金額相場とは?

葬儀

葬儀や法要では追善供養を行ないます。
お布施は、読経とご供養をしていただいたお礼として、お寺すなわちお坊さんにお渡しします。

13回忌のお布施の相場は、一般に1万円~5万円です。
金額の幅が大きいですが、これは1周忌や3回忌といった初めの法要でお布施をいくらお渡ししたかによるためです。
初めの法要でお渡ししたお布施の金額は、その後の年忌法要でも基準となります。

また、地域や宗派によってもお布施の相場は変わります。
同じお寺の檀家のかたや親しい間柄のかたに、お布施の額を事前に確認してもよいでしょう。

曹洞宗のお布施の相場は?

曹洞宗では只管打座(しかんだざ)に重きをおき、座禅によって仏徳がそなわるとします。
曹洞宗でも他の宗派と同じように、13回忌の年忌法要を行ないます。

13回忌のお布施の相場は1万円~5万円です。
しかし、この相場は地域や場合によっても異なります。
13回忌より前の3回忌、7回忌の際のお布施の額を参考にするとよいでしょう。

浄土真宗のお布施の相場は?

仏教にはいくつかの宗派がありますが、なかでも浄土真宗は、お寺と信者の数が最大と言われています。
浄土真宗でも、1、3、7のつく年に年忌法要が行われます。

浄土真宗の13回忌の場合も、曹洞宗と同じように1万円~5万円がお布施の相場となっています。

お布施の金額は偶数の2万円でもいいの?

お香典の場合、割り切れる数字を使わないことから、偶数の金額は避けるのがマナーです。
したがって、お香典では2万円を包むことはしません。

しかし、お布施の場合には2万円でもかまいません
お布施の額は、奇数偶数に関係がなく、偶数の金額も包むことができます。
ただし、4と9は縁起がよくないため、4万円や9万円といったお布施は避けるようにします。

13回忌のお布施の書き方

葬儀

13回忌のお布施をお坊さんにお渡しするときは、どのような袋を使い、どのように表書きをしたらよいのでしょうか?
ここではお布施の袋の書き方についてご説明します。

表書きには「御布施」と書く

お布施は、奉書紙で包むか、市販の白い封筒に入れてお渡しします。
奉書紙は文房具店などで購入できますが、包み方に細かいしきたりがあるため、封筒を使うと簡単です。
白い封筒は、郵便番号の欄が印刷されていない無地のものを選びます。

封筒の表書きには御布施と書きます。

すでに「御布施」または「お布施」と印刷された袋も市販されています。
表書きの手間を省きたいかたには、そちらもおすすめです。

施主の氏名か「〇〇家」と書く

「御布施」と書いた下部には、施主のかたの氏名をフルネームで書きます。
施主のかたが一名でなく、たとえば兄弟で13回忌を執り行なうといった場合には、「〇〇家」と書くこともできます。

封筒の裏面には、住所と金額を小さな文字で書き入れます。
住所と金額は必ず書く決まりではありませんが、お坊さんにわかりやすくするためです。

薄墨ではなく普通の墨で書く

お通夜や告別式に持参するお香典は、薄い墨の色で表書きをするのが正しいマナーです。

しかし、お布施についてはそういった決まりはありません。
お布施の封筒の表書きには、薄い墨は使わずに、普通の濃い墨で書きます

13回忌のお布施の包み方

葬儀

表書きを済ませたら、お金を包みます。
13回忌でお渡しするお布施は、包み方にも正しいしきたりがあります。

市販の白い封筒に包む

13回忌でのお布施は、奉書紙を使うか、市販の白い封筒に包みます。

封筒にお札を入れるときは、お札の向きに気をつけます。
お札の顔を表側(上)にして、さらに顔が封筒の上部にくるように入れるのがマナーです。

二重封筒やのし袋は使わない

13回忌のお布施を包むときには、使うことができない袋が2種類あります。

一つめに使うことができないのが、二重封筒です。
二重封筒は、改まった場面で使われる正式な封筒ですが、お布施を包むことはマナー違反です。

また、もう一つとして、のし袋は使うことができません。
短冊形ののし紙と紙を結ぶ水引きがついたのし袋は、葬儀でも使われるものですが、お布施を包むことはマナー違反です。

13回忌のお布施は、二重封筒やのし袋は使わずに、無地の白い封筒または奉書紙を使って包みます。

また、新札を包んでも問題ありません。

13回忌のお布施の渡し方

葬儀

13回忌でのお布施は、渡し方についても正しいしきたりがあります。
ここではお布施の渡し方をご説明します。

お布施を渡すタイミング

13回忌の法要のお布施は、すべての法要を終えてお坊さん・住職が帰るタイミングでお渡しします。
そのとき、本日はありがとうございましたという感謝の気持ちをこめて、丁寧にあいさつをするとよいでしょう。

しかし、お布施をいつ渡すかについては、絶対的な決まりはありません。

もし法要の開始時刻より前にお坊さんを出迎えた場合は、法要が始まる前にお布施をお渡しすることもできます。
その場合は、本日はよろしくお願いいたしますという気持ちをこめてお坊さんにお布施をお渡しします。

お布施をお盆に乗せて渡す

お布施を渡すときは、直接の手渡しでなく、お盆に乗せて渡すようにします。
そのときのお盆は、切手盆と呼ばれる黒塗りの四角いお盆を使います。

気をつけたいのは、お布施を畳や床に置くことです。
お布施を畳や床にそのまま置くことはマナー違反となります。

もし13回忌の法要の会場が自宅ではない場合など、お盆を用意するのが難しい場合には、お布施を袱紗(ふくさ)に包んでお渡しします。
このとき袱紗の布は開かずに、そのままお坊さんにお渡しするのが正式なマナーです。

一言挨拶をしてから渡す

お布施には感謝の気持ちが込められていますが、お渡しする際にも、一言感謝の言葉を表すと丁寧です。

13回忌の法要の開始前ならば「本日はよろしくお願いいたします。」
法要を終えた後ならば、「本日はありがとうございました。」

ご挨拶の言葉を添えて、お坊さんにお渡しするようにしましょう。

お布施以外の僧侶に渡すお金

葬儀

13回忌の法要でお坊さんにお渡しするお金は、お布施以外に次のものがあります。

御車料

自宅や葬祭ホールといったお寺ではない場所で13回忌の法要を行なう場合には、御車料をお渡しします。
御車料は交通費にあたります。

御車料の金額の相場はお寺から法要の会場までの距離次第です。
同じ市内や町内などで、距離が近い場合には3千円、車で数十分の場合には1万円が目安となります。

御車料は13回忌の法要を終えた後にお渡しするとよいでしょう。

御膳料

13回忌の法要では、法要の終了後に参列者の方々と会食をするのが一般的です。

御膳料(おぜんりょう)とは、お坊さんが会食をせずに帰った場合に、食事代として差し上げる金額です。
御膳料の相場は、5千円から1万円が目安です。
地域によっては、御車料と合わせた額として御膳料をお渡しします。

読経とご供養が済んだ、13回忌法要の終了後にお渡しするとよいでしょう。

御膳料についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

法事での御膳料の相場はいくら?渡し方のマナーについても解説

法事を執り行う場合、様々な準備が必要となってきますが、その中のひとつである「御膳料」の相場はいくらかご存知ですか? 今回は、御膳料の意味や一般的にいくら用意すればよいかなど解説しています。 お渡しする際のマナーもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

御塔婆料

13回忌の法要では、経文と梵字が書かれた卒塔婆(そとば)をお墓に立てて供養とします。
御塔婆料(おとうばりょう)とは、その卒塔婆の代金にあたります。

多くのお寺では卒塔婆の値段を決めています。

御塔婆料の金額は3千円から1万円が目安です。
御塔婆料は法要を終えた後にお坊さんにお渡しするのが一般的です。

13回忌のお布施についてまとめ

葬儀

13回忌の法要でお坊さんにお渡しするお布施について、ご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 13回忌の法要とは?

    命日に行なう年忌法要のひとつ。13回忌は亡くなってから満12年目の命日に行なう。

  • 13回忌のお布施の金額相場とは?

    1万円~5万円が相場である。13回忌より前の年忌法要でのお布施の額が、13回忌のお布施の目安となる。曹洞宗と浄土真宗の場合のお布施も1万円~5万円が相場である。お布施の金額は偶数の2万円でも問題ない。

  • 13回忌のお布施の書き方

    表書きは「御布施」と書く。フルネームで施主の氏名を書く、施主が複数名の場合は「〇〇家」と書く。普通の濃い墨の色で書く。

  • 13回忌のお布施の包み方

    市販の白い無地の封筒に包む。二重封筒やのし紙は使わない。

  • 13回忌のお布施の渡し方

    通常の場合、お布施は法要の終了後にお坊さんに渡す。時間の余裕があれば開始前に渡してもよい。お布施はお盆(切手盆)に乗せて渡すのがマナーである。切手盆がない場合は袱紗に包んで渡す。感謝の挨拶をして渡す。

  • お布施以外の僧侶に渡すお金

    交通費としての御車料、会食に参加しない場合の食事代としての御膳料、お墓に立てる卒塔婆の代金としての御塔婆料がある。

決められた年忌法要では、13回忌の後に17回忌や33回忌が続き、50回忌が最後となります。

しかし、亡くなった年から50年となるとだいぶ長いことや少子高齢化といった時代の流れから、50回忌まで法要を行なうケースは少なくなっているのが現状です。
そこで、亡くなってから満12年目の命日である13回忌を最後の年忌法要とするかたが増えてきています。
年忌法要の区切りとして、13回忌はこれまで以上に大切な法要となります。

今回の記事をご参考に、13回忌の法要についてご家族やご親族と話していただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「13回忌・お布施」に関連する記事

「13回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介しますのサムネイル画像

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介します

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説します

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

13回忌のお布施の書き方はどうすればいい?マナーについても紹介!のサムネイル画像

13回忌のお布施の書き方はどうすればいい?マナーについても紹介!

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!のサムネイル画像

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・お布施」についてさらに知りたい方へ

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介しますのサムネイル画像

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介します

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説します

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと