喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 喪中の期間について
  2. 喪中とは?
  3. 喪中期間には喪中はがきを出す
  4. 喪中にしてはいけないことは?
  5. 喪中期間にしても問題ないことを紹介
  6. 喪中の期間に関するまとめ

喪中の期間について

お墓

近しい親類の方が亡くなれば故人を偲ぶため、ある一定の期間喪に服すことになりますよね。
では、喪中期間の長さはどれくらいなのでしょう?

また、喪中期間にはしてはいけないとされていることもあります。
近親者の方が亡くなり、喪に服した経験がある方は、喪中期間には何をしてはいけないのか、また喪中期間にしても問題ないことの区別について疑問に思った方もいらっしゃると思います。

そういったことからも、喪に服すとはどういう意味があるのかということついてはよく分からないこともありますよね。
そしてその期間はどれくらいで、喪中期間にいていいことやしてはいけないことも、悩みの種になっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、終活ねっとでは喪中期間の長さや、期間中にしていいことやしてはいけないことなどの喪中の期間について、

  • そもそも喪中とは?
  • 喪中期間には喪中はがきを出す
  • 喪中にしてはいけないことは?
  • 喪中期間にしても問題ないこと

以上のことなどを中心に解説していきます。

詳しくご説明しますので、喪に服した時の参考にしてください。

喪中とは?

葬儀

そもそも喪中とはどういう意味があるのでしょうか。
喪中とは、故人の死に追悼の意を示し、自らの行動を慎むために喪に服している期間のことです。
これは、昔から根付いてきたしきたりが現代まで受け継がれている風習でもあります。

喪中の喪に服すというのは昔からのしきたりですが、どれくらいの範囲の親類の方が亡くなった場合に行い、その期間はどれくらいなのでしょう。
では、喪に服す人の範囲と喪中の期間や、喪中と忌中の違いについてご紹介いたします。

喪に服す人の範囲

喪に服す人の範囲については、2親等までの親類の方が亡くなった場合に喪に服すのが一般的とされています。
3親等からの親類の方に関しては、基本的には喪に服す必要はないとされてはいますが、喪に服してはならないということではありません。

3親等以降の場合には血縁の深さに関係なく、それぞれの関係と判断によって喪に服しても問題はありません。

喪中の期間

喪中の期間についてですが、血縁の深さによって喪に服すべき期間は変わってきます。
じつは、それぞれの近親者の喪に服す期間は、明治7年に太政官布告という法令によって詳細に定められていました。
しかし、この法令は昭和22年には撤廃されたのですが、現在でもこの法令によって定められていた期間が喪に服す目安とされています。

では、太政官布告で定められていた親類の方との続柄・関係別の喪中の期間についてご説明いたします。

続柄・関係喪中期間
夫・父母13ヶ月
妻・息子・娘・兄弟姉妹・母方の祖父母・叔父・叔母・曾祖父母90日
父方の祖父母・夫の父母150日
養子30日

喪中と忌中の違いとは?

喪中と忌中の違いとはどのようなことでしょうか。
忌中とは、親類の方が亡くなった場合に忌に服すための期間のことです。

その忌中と喪中の違いは、期間の長さにあります。
忌中の場合は親類の方が亡くなられてから四十九日とされ、忌明けとなり、喪中の場合は一周忌あるいは13ヶ月までの期間とされています。

喪中期間には喪中はがきを出す

お墓

喪中期間には喪中はがきを出す必要があります。
では、喪中期間に出す喪中はがきについて、送る時期や誰に送るのかということ、また書き方についてご説明いたします。

喪中はがきとは?

喪中期間に出す喪中はがきとは、親類の方が亡くなられてから1年以内の正月では、年賀状のやり取りを控える必要があるために喪中であることの報告と、年賀状を辞退してほしい旨の挨拶として出すはがきのことです。

この喪中はがきを送ることは、ご遺族だけの問題ではなく、年賀状を毎年送っていただいている方への配慮でもあります。

喪中はがきを送る時期

喪中はがきを送る時期についてですが、親類の方が亡くなられた時期にもよりますが、一般的に年賀状を準備する前までには送るのがマナーだといわれています。
喪中はがきを送ったのが、自身宛に年賀状が送られた後になってしまっては意味がなく、年賀状を送っていただいた方に対しても失礼となってしまいます。

喪中はがきを送る具体的な時期としては、12月に入る頃には届くようにしましょう。
早い方の中には、すでに12月上旬には年賀状の準備を終えているということも考えられます。

喪中はがきは誰に送る?

喪中はがきは誰に送るのかということについてですが、ご自身が毎年のように年賀状のやり取りを行っている方や、その年にお世話になり今後年賀状のやり取りが予想される方ということになります。
そういう意味では、数年に渡り年賀状のやり取りを行っていない方に対して、あえて喪中はがきを送る必要はないでしょう。

そして、親類の方が亡くなったことをあらかじめ知っている、お葬式に参列いただいた方々へも、喪中はがきを送ることがマナーとされています。
親類の方が亡くなったことを知っている方であろうと、知らない方であろうと、毎年年賀状のやり取りを行っている方には喪中はがきを送ることが礼儀です。

喪中はがきの書き方・文例

喪中はがきの書き方・文例についてご紹介いたします。
喪中はがきの書き方についてですが、喪中はがき用のはがきは市販されている物もあれば、インターネットを使って注文できる物もあります。

デザインなどに決まりがあるわけではないので、ご自分で作成することも可能です。
私製の喪中はがきを用いる場合には、弔事用の切手を郵便局で購入し、はがきに貼るようにしますが、近年では普段使用されている切手でも問題はないとされています。

その文例ですが、
「喪中につき新年の御挨拶につきましては慎んで御遠慮させていただくことをお許し下さい。
本年中賜りましたご厚情心より御礼申し上げます。
新年におきましてもこれまでと変わらぬご指導ご鞭撻のほどを謹んでお願い申し上げます」といったことが挙げられます。

喪中にしてはいけないことは?

null

喪中にしてはいけないことは、具体的にどのようなことなのでしょうか。
喪に服している期間中は、派手なお祝い事や式典・パーティ、羽を伸ばしすぎた遊びなどは控えるようにしなければならないとされています。

これは、昔からの伝統という意味で形の上ではそうするべきだとされているのですが、近年においてはその意識も徐々に薄れてきている傾向もあります。

そのため、友人・知人間で行われる付き合い程度のお祝い事であれば、それぞれの判断で参加する方もいますが、人生において大きなお祝い事に関しましては喪中の期間中は控えなければならないでしょう。

では、控えるべきお祝い事などに関してご説明いたします。

結婚式などの慶事への参加・挙行

まず結婚式などの慶事への参加・挙行は控えるべきでしょう。
結婚式はその人の人生で最もおめでたい行事であるといえます。
そんな結婚式などの慶事では、結婚する両家の親族・友人・同僚といった方々が大勢で盛大にお祝いする式典ということもあり、喪中に参加するにはふさわしくはなく、極めて不謹慎であるといえるでしょう。

しかも、ご自身が友人として招かれているのであれば、その繋がりでお葬式に参列された方も結婚式に参加されている可能性もあるでしょう。
そのようなケースでは、自分自身がいらぬことを心配されることも考えられますし、何より結婚される方に対しても礼を失することにもなりかねませんので、充分に注意することが大切です。

また、喪中にはご自身が結婚をしたり、結婚式を執り行うことも控えるようにしなければいけません。

旅行などの遊興

本来であれば、昔は旅行などの遊興についても控えなければならないとされていました。
旅行については極力控えることが必要ではありますが、現代において全ての遊興を控えるというのは難しいことでもあります。

そのようなことからも、大切なことは遊興においても節度をもって行うということです。

神社への参拝は?

喪中の期間は神社への参拝は避けるべきです。
これは喪に服している側の問題ではなく、神社に喪に服している方が入ることが許されないという事情があるからです。

仏教ではお葬式や法事・法要をお寺で行うことがありますが、神道では人や動物の死を穢れとしていることからお葬式などを神社で行うことはできません。

そのため、故人の死を悼むための期間である喪中に、神社に足を踏み入れたり参拝したりすることは禁じられているのです。

そういうことから、喪中の期間は神社への参拝はできませんが、喪が明けた後であれば参拝することができます。
正式には神道においての忌中である50日が過ぎれば参拝可能だとされています。

喪中期間にしても問題ないことを紹介

葬儀

喪中期間にしても問題ないことをご紹介しましょう。
ここまでご紹介してきましたように、喪中の期間には行うことを控えるべきこともありますが、他にも控えるべきなのか迷ってしまうようなことも多くあります。

では、控えるべきなのか迷ってしまったとしても、参加や行っても問題ない行事などを挙げてご説明いたします。
ですが、ご紹介する下記のことは、参加したり行うことは基本的に大丈夫ではありますが、ご本人がご家族などを亡くされて楽しむ気分ではないという場合には断ったとしても当然問題ありません。

親類の方やご家族の方を亡くされてからの時間も、気持ちの上で関係してくることではありますが、無理して行ったり、または断ったりする必要もないでしょう。

他の方の葬儀へ参列

他の方のお葬式へ参列することはできます。
お祝い事ではありませんので、ご自身が喪中であっても故人を偲ぶための行事や式典であるお通夜・お葬式には参列することはできます。

その後の食事会についても、故人を偲ぶため節度を持って参加することは問題ありません。

飲み会への参加

友人・知人同士の付き合いで飲み会へ参加することも大丈夫です。
といっても付き合い程度の飲み会であれば問題ありませんが、結婚披露宴の二次会といったお祝い事のための飲み会などは控えることも必要です。

ゴルフやコンサートの参加

ゴルフやコンサートの参加といった遊興も問題はないでしょう。

親類の方が亡くなって落ち込んだ気持ちも、ある程度の遊興で楽しむことも必要な場合もあります。
同じように、スポーツなどの野球観戦といったことも行うことができます。

節分の豆まき

節分の豆まきなどの行事を行っても大丈夫です。
節分の豆まきには、悪いことを家や人から追い払うという意味も含まれており、不幸が重ならないように豆まきをすることは、気持ちの上でも有効だといえます。

お歳暮・お中元を贈ること

喪中にお歳暮・お中元を贈ることも問題ありません。
お歳暮やお中元を贈ることはお祝いではなく、お世話になっている方への感謝の意味があり、これからもよろしくお願いしますという意思を表しているものです。

喪中ということで、不幸があったばかりの状況から、人間関係を良好にしていくことになる行為は幸福を呼ぶことにも繋がることでしょう。

喪中の期間に関するまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、喪中期間の長さや、期間中にしていいことやしてはいけないことについて以下のことを解説してきました。

  • そもそも喪中とは故人の死に追悼の意を示し、自らの行動を慎むために喪に服している期間のことである。
  • 喪中期間には喪中はがきを出す必要がある。
  • 喪中は結婚式などの派手なお祝い事や式典・パーティ、羽を伸ばしすぎた遊びなどは控えるようにしなければならない。
  • 喪中期間中であっても、他の方の葬儀へ参列、飲み会への参加、ゴルフやコンサートの参加、節分の豆まき、お歳暮・お中元を贈ることについては問題ない。

喪中期間の長さは、親類との血縁関係によっても変わりますが、血縁が近い場合には亡くなってから1年程度の期間の長さがあったのですね。

喪中の期間がいつまでなのか分からない方は、親類の方との血縁関係を調べてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、この他にも喪中・忌中に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までご拝読いただきありがとうございました。

「喪中・期間」に関連する記事

「喪中・期間」についてさらに知りたい方へ

  • 喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

    喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

    喪中の時でもお墓参りをする場合があります。喪中の間は旅行や祝い事を避けるべきですが、お墓参りはしても良いのでしょうか。他にも喪中の際に注意しなければならないことはいくつかあります。今回は気になる喪中のお墓参りや注意することを紹介します。

  • 喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

    喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

    近親者が亡くなったあと、その人を悼む事を「喪に服す」と言います。その喪に服す期間を「喪中」と言いますが、その喪中期間の過ごし方というのはなかなかわかりづらいものです。喪中期間にやってはいけないこと、やっても構わないことを中心に、喪中期間の過ごし方を解説します。

  • 喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

    喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

    喪中に旅行に行っても大丈夫なのでしょうか?喪中でのタブーなことがわからない。なんとなく喪中に控えるべきことは分かるけど旅行ってどうなの?とお考えの方は多いかもしれません。ここでは、喪中の旅行に行っても大丈夫かをその理由とともに解説していきます。

  • 喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

    身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

  • 喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!のサムネイル画像

    喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!

    喪中の挨拶状として喪中はがきがあります。 喪中はがきがどういった役割をもった挨拶状なのか、どう書けばいいのかといったことに不安がある場合、今回の記事は役立つ内容になっています。 喪中はがきを出す側以外に、受け取る側のマナーも紹介しているのでチェックしてください。

  • もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!のサムネイル画像

    もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!

    喪中はがきは、1年以内に身内に不幸があった場合、喪に服するために年賀状などの新年の挨拶を辞退する旨をお知らせする挨拶状です。ではこの喪中はがきを出す時期についてはご存知ですか?喪中はがきを出すのに望ましい時期や書き方のマナーを解説します。

  • 喪中はがきは郵便局、コンビニで注文する?それとも手書き?のサムネイル画像

    喪中はがきは郵便局、コンビニで注文する?それとも手書き?

    喪中はがきは自分自身が喪であることや故人を伝えるという大切な役割があります。そんな喪中はがきは郵便局やコンビニなどで購入することができます。たくさんの枚数を出さなければならない方は郵便局やコンビニの印刷サービスがおすすめ!今回は喪中はがきについて紹介します。

  • 喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

    喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

    身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

  • 喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

    喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

    そろそろ年賀はがきを準備しようかなと思う頃、喪中はがきが届き始めます。その喪中はがきに返信は必要でしょうか?返信するなら、何と書けばよいのでしょう?また出す時期はご存知ですか?今回は喪中はがきが届いたらどうすればよいかを考えていきましょう。

  • 喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

    喪中と忌中の違いをご存知ですか?喪中と忌中の期間やその間の過ごし方など、喪中と忌中の意味やマナーが分からないと、思わぬ失敗をしたり、失礼があるかもしれません。終活ねっとのこの記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーを含めて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「喪中・期間」についてさらに知りたい方へ

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!のサムネイル画像

喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!

もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!のサムネイル画像

もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!

喪中はがきは郵便局、コンビニで注文する?それとも手書き?のサムネイル画像

喪中はがきは郵便局、コンビニで注文する?それとも手書き?

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「喪中・期間」についてさらに知りたい方へ

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!のサムネイル画像

喪中の挨拶状(喪中ハガキ)の書き方や送り方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと