四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

仏教では亡くなってから49日目を「満中陰」と呼び、四十九日法要が行われます。では、御供物料を入れるのし袋や、お供え物・引き出物にかけるのし紙は、どのようなものを使用すれば良いのでしょうか。今回は、四十九日法要で使う熨斗について詳しく解説いたします。

目次

  1. 四十九日法要ののしについて
  2. のしとは?
  3. 御供物料を入れるのし袋に関するマナー
  4. お返し・お供え物を包むのし紙のマナー
  5. 仏教以外の宗教ののし紙の書き方
  6. 四十九日法要ののしに関するまとめ

四十九日法要ののしについて

葬儀

四十九日法要はこの日をもって「忌明け」とされる、とても重要な意味を持つ法要です。
一般的に、親族や友人などもお呼びして盛大に法要が営まれます。

その際、参列する側としてはお香典やお供え物を持参するのがマナーですし、また一方、施主側としては引出物や香典返しを用意する必要があります。
そしてそれらには、ふさわしいのし袋やのし紙を使用しなくてはなりません。

そこで今回終活ねっとでは四十九日法要ののしについて、以下のポイントにそってお話し致します。

  • そもそも「のし」とは?
  • 四十九日法要ののし袋に関するマナー
  • 仏教における四十九日法要ののし紙に関するマナー
  • 仏教以外の宗教におけるのし紙の書き方について

四十九日法要ののしについて詳しく解説して参ります。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

のしとは?

葬儀

お祝い事などで品物を包んでもらった際に「のしはどうされますか」と尋ねられたことはありませんか?
実際、のしについて詳しい知識がなくとも、品物を送る相手や目的を店員さんに伝えればそれらにふさわしのしを選んでくれます。

しかし社会人のマナーとして、ある程度のしの意味やのし紙・のし袋の種類は知っておきたいものです。

そこでこちらでは、そもそも熨斗(のし)とはどのようなものなのかということについてお話いたします。

一般的にはのしとはお祝い事における贈答品に添える飾りのことをいいます。
現在では四角い色紙を細長く六角形になるようにひだを付けて折り畳み、中に細く切った黄色い紙を包んだ形状をしているものが多く使われています。

水引の書かれた紙自体をのしだと認識している方も多くいらっしゃるかと思いますが、実のところ、のしとは本来水引とともにつけられた飾りを指します。

のし袋

のしと水引がつけられた、または印刷された「袋」のことをのし袋といいます。

のし袋には慶事で使用するもの、弔事で使用するものとあります。
前者は「ご祝儀袋」、後者は「不祝儀袋」「お悔やみ用のし袋」「香典袋」などと呼ばれています。

水引の色は慶事と弔事で異なり、慶事の場合は「赤白」「金銀」「赤金」などを使用し、弔事の場合は「白黒」「黄白」「双銀」などを使用します。
さらに、水引の結び方は3種類あります。
何度繰り返しても良い場面で使用される「蝶結び」、一度きりであってほしい場面で使用する「真結び」、いずれの場面でも使用できる「あわじ結び」があります。

用途によって、それぞれふさわしい組み合わせののし袋を使用するようにしましょう。
なお、不祝儀袋にはのしはつけられていません。

のし紙

のしと水引がつけられた、または印刷された「紙」のことをのし紙といいます。
現在では、水引とのしが印刷されたものが一般的です。

こちらも慶事用と弔事用とがあり、慶事で使用する場合は「のし紙」、弔事で使用する場合は「弔事用のし紙」などといわれます。
また弔事用ののし紙にはのしはつけられていないため「掛け紙」ともいわれています。

水引の色や結び方についても、のし袋と同様に種類があるため、失礼のないように配慮しましょう。

御供物料を入れるのし袋に関するマナー

葬儀

法要に参列する際、参列者は現金を包んだりお供え物を持参します。
こちらでは現金を包む場合ののし袋に関するマナーについて、のし袋の選び方や表書きの書き方、名前の書き方や墨の色についてお話いたします。

のし袋の選び方

まず初めにのし袋の選び方ですが、仏教や神道の場合は、水引の色が黒白・黄白・双銀などの結び切りのものを選びます。
双銀ののし袋は包む金額が大きい場合に使われることが多いようです。
また、水引が黄白ののし袋は関西~西日本で主に使用されています。

さらにキリスト教の場合は百合の花や十字架の描かれたキリスト教向けののし袋があります。
白無地の封筒でも構いません。

ただし、ハスの花の型押があるものは仏式の場合にのみ使用できます。

表書きの書き方

次に表書きの書き方ですが、宗教・宗派によって書き方が異なりますので注意が必要です。

仏式の場合

四十九日法要に持参するのし袋の表書きは、一般的に「御仏前」「御佛前」を用います。
また「御香料」「御供物料」「御香典」なども使用できます。

神式の場合

後に詳しくお話いたしますが、神式の場合にも五十日祭といわれる、仏教における四十九日法要に相当する忌明けの儀式があります。

五十日祭に持参するのし袋の表書きは、主に「御霊前」「御玉串料」、また「御榊󠄀料」「御饌料」「御神前」などが用いられます。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合にも上に記載した四十九日法要、五十日祭のような追悼儀式があります。

キリスト教には現金を包むというしきたりはありませんが、一般的には「御花料」の表書きで持参することが多いようです。

名前の書き方

続いて名前の書き方についてお話いたします。
こちらは仏式、神式、キリスト教式で特に違いはありません。
個人で現金を包む場合と、夫婦や会社の同僚など連名で包む場合とについてみてみたいと思います。

個人の場合

個人で現金を包む場合には、下段中央に名前をフルネームで記入します。
また必要があれば会社名や部署名を書くこともあります。

連名の場合

夫婦は一般的に夫の名前をフルネームで記入します。
ただし、夫婦とも懇意にしていた場合などについては、夫のフルネームを下段中央に記入し、その左側に妻の名前のみを記入します。

また、会社の同僚や学生時代の同級生などで連名で現金を包むこともあるでしょう。

その場合、2人で連名にする際は2人の名前をフルネームで下段中央にバランス良く記入します。
3人で連名にする際は、はじめに中心に来る人の名前を記入し、次にその両脇にそれぞれ名前を書けばバランスよくおさまります。
なお、名前は目上の人が右側にくるようにします。
友人同士などの場合は五十音順に記入しましょう。

連名とできるのは一般的には3人までです。
4人以上になる場合は「○○一同」といった書き方をします。
また、中央に代表者名を記入し、その左下に小さく「外〇名」とする書き方もあります。
いずれの場合も中袋にそれぞれのフルネームや連絡先、金額などを記した紙を同封しておくなど遺族側への配慮が必要です。

墨の色

墨の色は、四十九日法要や五十日祭、亡くなってから1ヶ月後の追悼ミサや記念集会以降は濃墨で構わないとされています。
これは四十九日法要は、通夜・葬儀と異なりすでに予定されたものであるという意味合いからですが、地域によっては薄墨を使用する場合もあるため、事前の確認が可能であればしておくに越したことはありません。

お返し・お供え物を包むのし紙のマナー

困った人々

続いて四十九日法要で使用されるのし紙についてお話いたします。

のし紙が使用される場面は、参列者が四十九日法要にお供え物を持参する際や、それに対して施主側が引き出物を準備する際などです。
さらに、不幸が起きてから四十九日法要までの間にいただいたお香典などの御供物料に対する香典返しの品にものし紙がかけられます。

のし紙の選び方

四十九日法要で使用されるのし紙の水引の色は、お供えの場合であってもお返しの場合であっても、特に違いはありません。
ただし地域による違いは見られます。

一般的には黒白の結び切りののし紙が使用されますが、関西~西日本では黄白の結び切りを用いることもあります。

表書きの書き方

次にのし紙の表書きの書き方ですが、お供え物にかけるもの、引き出物にかけるもの、香典返しにかけるものとそれぞれ説明いたします。

お供え物の場合

お供え物の場合は「御供物」「御供」を用います。

引き出物の場合

引き出物の表書きは「御粗供養」「志」を用います。

香典返しの場合

香典返しの表書きは一般的には「志」が用いられます。
関西では「満中陰志」とすることもあります。

引出物と香典返しを一緒に渡しても大丈夫?

上で引き出物と香典返しについて触れましたが、これら2つは贈るタイミングがほぼ同時期となるため、混同してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
2つ一緒にまとめてお渡ししても…と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかしあくまで四十九日法要の引き出物は、法要の際にいただいた「お供え」や「御供物料」に対する御礼の品です。
一方、香典返しは通夜・葬儀の際にいただいた「香典」への御礼の品で、四十九日法要を終えた忌明け後にお渡しするものです。

よってこれら2つは全くの別物ののため、同じ方から通夜・葬儀時の香典と四十九日法要の香典・お供え物をいただいた場合には別々に両方用意する必要があります。

四十九日法要でののし紙の包み方

最後に四十九日法要でののし紙の包み方についてお話ししたいと思います。

のし紙のかけ方には外のしと内のしの二種類があります。

外のしは商品を包装し、その外側にのし紙をかける方法です。
内のしは包装紙で包む前に商品の箱に直接のし紙をかけ、その上から包装する方法です。

地域やその土地の風習などによる違いもあるため一概には言えませんが、一般的に四十九日法要のお供え物や引き出物は外のしにすることが多いようです。
香典返しについては、直接お渡しする場合は外のし、郵送する場合は配送中の汚れや破れを避けるため、内のしが好んで選ばれます

仏教以外の宗教ののし紙の書き方

神棚

上では、仏教の四十九日法要で使われるのし紙についてお話ししましたが、こちらでは神道やキリスト教など仏教以外の宗教での、のし紙の書き方について説明いたします。

神道の場合

神道で仏教の四十九日法要に当たるのが五十日祭です。
仏教同様これをもって忌明けとされます。

仏教における法要のことを、神道では霊祭とよびますが、五十日祭は霊祭のなかでももっとも重要なもので、盛大に行われます。
その際、参列者はお供え金やお供えの品を持参するのがマナーであり、それに対し祭主は引き出物を準備します。

そしてこれらには弔事用ののし紙をかけますが、お供え物の表書きは「御供物」「御供」などと記入します。
また引き出物については表書きを「志」「偲び草」などとし、名前は「姓」のみ記入します。

さらに水引の色は、地域によって違いはありますが、お供え物も引き出物も「黒白」「黄白」などの結び切りが一般的です。
墨の色は五十日祭以降は濃墨でも構わないとされています。
なお、ハスの花が印刷されていないものにしましょう。

キリスト教の場合

次にキリスト教の場合ですが、キリスト教にも仏教における法要にあたる儀式があります。
儀式はカトリックとプロテスタントで内容が異なり、前者では「追悼ミサ」後者では「記念集会」などといいます。

簡単にキリスト教の儀式について下に記載致しました。

カトリック

カトリックでは死後3日目、7日目そして1ヶ月目に教会で遺族や友人・知人を招いて追悼ミサを行い、1年目の死者記念のミサは盛大に行われます。
その後は特にこれといった決まりはなく、毎年の命日や、10年目20年目などの区切りの良い年に追悼ミサを行う場合が多いようです。

記念集会

プロテスタントでは亡くなってから30日目の召天記念日に、自宅か教会または墓前に牧師を招いて、遺族や友人・知人が集い記念集会が行われます。
そしてその後の記念集会に特に決まりはありませんが、多くの場合は1年目、3年目、7年目の召天記念日に記念集会が開かれるようです。

そもそもキリスト教にはお供えをするという風習がありません
よって、追悼ミサや記念集会に出席する場合も、現金を包んだりお供え物を贈ることは不要とされているようです。

それでもどうしてもお供え物を贈りたいという場合は、のし紙はつけず、故人の好きだった日持ちのする食べ物などを、あくまで手土産のようにお渡しすると良いかもしれません。
また、白百合を基本とした生花を贈っても喜ばれます。

引き出物にかけられるのし紙は「黒白」「黄白」などの結び切りが一般的です。
その際の表書きは「志」「偲び草」などとし、名前は「姓」のみ記入します。

四十九日法要ののしに関するまとめ

仏壇

今回終活ねっとでは、四十九日法要ののしについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 一般的には「のし」とはお祝い事における贈答品に添える飾りのことである。
    のしおよび水引がつけられた袋を「のし袋」、紙を「のし紙」という。
    のし袋とのし紙には慶事用と弔事用があり、それぞれ水引の色と結び方が異なるため、用途にふさわしいものを選ぶことが大切である。
  • 法要に持参するのし袋は、仏教や神道の場合、水引の色が黒白、黄白、双銀などの結び切りのものを選ぶ。
  • 四十九日法要に持参するのし袋の表書きは、一般的に「御仏前」「御佛前」「御香料」「御供物料」「御香典」などを使用する。
    神式の五十日祭に持参するのし袋の表書きは、「御霊前」「御玉串料」「御榊󠄀料」「御饌料」「御神前」などが用いられ、キリスト教式の場合は「御花料」が使われる。
  • 四十九日法要で準備される引き出物と香典返しは全くの別物ののため、同じ方から通夜・葬儀時の香典と四十九日法要の香典・お供え物をいただいた場合には別々に両方用意する必要がある。
  • 神道では五十日祭が仏教の四十九日法要に当たる。
    キリスト教にも仏教における法要にあたる儀式がある。

四十九日法要は、故人が来世、少しでもよいところに生まれ変われるようにと願う大切な法要です。
故人に対し精一杯の祈りをささげるとともに、施主側としても参列する側としてもマナーを守り、気持ちよく故人を送り出してあげましょう。

いざというときの参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
水引の種類について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

冠婚葬祭でよく見かける飾りのついた袋をのし袋といいますが、その飾りの部分のことを水引といいます。おめでたいことであれば紅白、お悔やみごとであれば黒白と場によって使う種類が異なるのはご存知でしょう。実はのし袋の水引の種類は他にもたくさん存在します。

「四十九日・のし」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・のし」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!のサムネイル画像

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説のサムネイル画像

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説のサムネイル画像

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナーのサムネイル画像

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・のし」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!のサムネイル画像

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説のサムネイル画像

四十九日にお供えする時の熨斗(のし)って?書き方や水引の色を解説

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと