17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

17回忌にお参りする際の服装って少し悩みませんか? 平服、喪服、略礼服など色々な言い方がありますが、そもそも平服って? など言葉自体がぼんやりしてしまっている事ってありませんか? ここでは、17回忌の服装をわかりやすく解説しています。 是非最後までお読みください。

目次

  1. 17回忌の服装について
  2. 17回忌法要とは
  3. 17回忌には略礼服を着用する
  4. 17回忌にふさわしい男性の服装
  5. 17回忌にふさわしい女性の服装
  6. 17回忌にふさわしい子供の服装
  7. 17回忌法要に必要なもの
  8. 17回忌の服装まとめ

17回忌の服装について

葬儀

法事・法要にお参りする時の服装って悩んだりしませんか。
特に、3回忌を超えたあたりから「平服でお越しください」という事もしばしばあります。

平服で、と指定してもらって安心!と思うのもつかの間です。
平服って私服?略礼服?そもそも略礼服と喪服って違うの?など、疑問が次から次へ出てきてしまう方もいるのではないでしょうか。

改めて考えてみると、こういった服装の定義ははっきりわかりにくい所がありますよね。

そこで、今回終活ねっとでは17回忌の服装について

  • そもそも17回忌法要とは
  • 平服、喪服、略礼服とはなんなのか
  • 17回忌にふさわしい服装はどんなものか
  • 17回忌法要に必要なもの

以上について順を追って説明していきます。
まとめ項目も用意しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

17回忌法要とは

葬儀

17回忌法要とは亡くなられてから16年目に行う法要のことをいいます。

1周忌(満1年)に始まり、3回忌(満2年)、7回忌(満6年)と続いて、13回忌(満12年)の次に行うのが17回忌(満16年)となります。
17回忌の後は、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌と続いていきます。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
17回忌についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“十七回忌” とは? - 終活用語集

亡くなってから満16年目に行う法要のこと。亡くなった日を1回目の回忌と数えるため、17年目ではなく16年目に行われます。13回忌の次に行われる法要です。時代の変化と共に、家族だけで行う場合や法要自体をやらない場合もあります。

17回忌には略礼服を着用する

葬儀

葬儀や法事に参列する服装としましては、正喪服・準喪服・略礼服がありますが、3回忌以降では、一般的に略礼服を着用するのが良いといわれています。

そのため、17回忌では略礼服を着用するのが良いでしょう。

しかし、地域や家系によってしきたりや決まり事が厳格な場合があります。
特に確認をせず、一般的というだけで略礼服で行ってしますと、浮いてしまう事もあるので、必ず事前に確認する事が必要です。

厳格な場合に限らずとも、不安に感じた場合は確認すると安心ですよね。

「平服」とは略礼服のこと

3回忌を超えますと「平服でお越しください」と言われることも多いですが、決して普段着で来てくださいという意味ではありません。

それこそ普段着の定義も人によってまちまちかもしれませんが、ここでいう平服は決まりがあり、略礼服のことを指します。
当然ジーンズやTシャツなど、普段着で行くのは大変失礼に当たることになります。

しかし、近しい身内のみでこじんまり行う際に本当に普段着でなどといったシチュエーションも中にはあるかもしれません。
ですが、こういう例外は除くと、基本的には「平服」は略礼服と思っておくと、失敗しにくいでしょう。

喪服と略礼服の違いは?

では、略礼服と言われた場合には、どのようなものを着ればいいのでしょう。
また、喪服と略礼服の違いとはどういったところにあるのでしょう。

喪服と言われた場合、基本的に、男性は光沢のない無地のブラックスーツ、女性は黒のワンピースや黒のアンサンブルを着用します。

これに対し略礼服では、男性であればダークスーツ、女性であれ紺色や濃いグレーの地味目なワンピースかアンサンブルなどを指します。

喪服=真っ黒
略礼服=ダークカラー

というように色の違いがあると考えるとわかりやすいでしょう。

ですが、本来喪服は実はもっと詳しく定義されています。
詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

17回忌にふさわしい男性の服装

葬儀

17回忌では略礼服を着る、ということがお分かりいただけたかと思います。

では、具体的にはどういった服装をすれば良いのでしょう。

まずは、17回忌にふさわしい男性の服装から見ていきましょう。

ダークスーツを着用する

先ほども言いましたように、17回忌でのスーツは、ダークスーツを着用するのが好ましいとされています。

しかし、ダークスーツとはどの程度までをそう呼ぶのでしょうか。

ダークという英語の意味は、暗いこと、黒みがかっていることという意味ですが、文字通り黒っぽければ問題ないようです。

具体的には、濃紺やダークグレーなどの黒に近い色なら問題なく、黒である必要はありません。
もちろん黒でも礼服でない黒のスーツであれば大丈夫です。

ダークスーツを1着もっていれば、子供の卒業式にも着ていける服装ですので便利かもしれません。

シャツは白いものを選ぶ

スーツの中にきるシャツは白いものを選ぶようにしましょう。

17回忌ともなりますと、故人の死から年月がたち悲しみが薄れてきたとはいえ、よほどの理由がない限りはカラーシャツなどでは行かないようにしてください。

白のシャツも、ボタンダウンなどがついたものはカジュアルシャツとされますので、葬儀ではNGとなりますので参考までに。

ネクタイは地味なものを選ぶ

三回忌以降の法事になりますと、ネクタイの色は黒や無地にこだわる必要はありません。
ただあくまでも法事ですので、派手すぎるものを選ぶと浮いてしまうので、ネクタイは地味なものを選ぶのが無難です。

ただ場合によっては、いざ参列してみるとほとんどが黒のネクタイをつけていた、などという厳格な場合もありますので、黒のネクタイを持参しておくと安心です。

結び方に関しましては、葬儀の際は、ネクタイにディンプルを作る(三角形の下にくぼみを作る結び方)のはNGとされていますので、法事でも控えた方が良いかもしれません。

ネクタイピンも葬儀ではNGですが、法事では問題ないとされていますが、出来れば控えたほうが無難でしょう。

フォーマルで地味な靴を選ぶ

続いて足元ですが、履物としてはフォーマルで地味な靴を選ぶのが良いでしょう。

靴の色は、黒にしておくと無難です。
また、靴の形式は内羽根式のストレートチップが良いでしょう。

この組み合わせが最もフォーマルに向いたものとされていますので、一つもって置くとよいかもしれません。

内羽根式とは、靴紐を結ぶ穴が足の甲の部分と一体になっているものをいい、逆に一体になっていないものを外羽根式といいます。
ストレートチップとはつま先に、横一文字にラインが入ったもののことをいいます。

素材がエナメルのように光沢のあるものや、金具のついている物はNGとなります。
また、ローファーも好ましくないとされていますので注意しましょう。

ベルトやバッグは地味な色で統一する

ベルトやバッグは地味な色で統一し、光沢のある素材は避けてください。

このあたりは靴と同じです。
黒か黒に近い色のものにしておくと良いでしょう。

17回忌にふさわしい女性の服装

葬儀

続いて、女性の服装について見ていきます。

男性の場合はスーツ一択であるため、さほど悩むことも少ないかもしれませんが、女性はどんな服が良いのか迷ってしまうことが多いかもしれません。

また、アクセサリー等も女性の方が身につけるものも多く、あれこれ悩んでしまうかと思います。

では、17回忌にふさわしい女性の服装はどんなものか見ていきましょう。

地味な色のワンピースかアンサンブルを選ぶ

女性の場合は、男性同様に黒に近い地味な色のワンピースかアンサンブルを選びましょう。
もしどちらもない場合は、ダークカラーのパンツスーツでも大丈夫です。

その際、インナーは黒にするのがルールとなっています。
男性の場合が白ですので、同じかと思ってしまうこともありそうですが、基本的に黒です。

また、寒い場合には上着を着ていくことになりますが、革製品や毛皮製品などは、殺生を連想する為避けなければなりません。

肌の露出を控える

葬儀の場合は、極力肌の露出を控えるように、襟はつまったものでひじはみせないように、スカートは膝下からくるぶしあたりまでのものを、などと色々決まっています。

17回忌となると、葬儀に比べると決まりもゆるくなりますのでそこまで厳格ではなくても良いとされています。

とはいえ、法事の場であることは違いありませんので、特に暖かくなる季節など、肌の露出が多い服装は避けるように心がけましょう。

靴は黒のパンプスを着用する

続いては靴です。
靴は黒のパンプスを着用するのが良いとされています。

普段使っている黒のパンプスだとカジュアル過ぎる印象になる場合もあります。
ヒールは、高すぎず低すぎず高さは約5センチ程度が向いているとされていますので、ひとつ持っておくと良いかもしれません。

もし葬儀や法要用に用意する場合は先が尖っていないもので、光沢のないものが良いでしょう。

ストッキングやカバンは地味な色で統一する

小物について、ストッキングやカバンは地味な色で統一するようにしましょう。

ストッキングは、黒のストッキングを用意しましょう。
肌色でも良いとされている場合もあるようですが、黒が無難です。

黒でも真っ黒ではなく、肌が少し透ける程度の黒がよいとされています。
そして一足予備をカバンに入れて置くと、急な伝線にも対応できるので安心です。

カバンは光沢のある素材のものを避け、黒で統一するようにしましょう。
また、装飾品などにゴールドなどがついている物は避けましょう。

アクセサリーはパールを選ぶ

葬儀と同じく、アクセサリーはパールの小ぶりのものが良いでしょう。
イヤリング、ピアスにはパールもしくはオニキスならば良いとされています。

指輪に関しては、結婚指輪以外はNGとなります。

もともと、アクセサリーに関しては、結婚指輪以外はNGとされていたようですが、涙や悲しみのイメージにふさわしいとして、パールはつけてもよいというようになったようです。

ですので、無理にパールのアクセサリーを用意するようであれば、アクセサリーは何も身につけなくても良いとされています。

17回忌にふさわしい子供の服装

葬儀

では、子供の服装はどういったものが良いのでしょう。
17回忌にふさわしい子供の服装を見ていきましょう。

子供の場合、特に学生の場合は学生服が礼服と考えて問題ないでしょう。
靴なども大人ほど決まりはありませんので、スニーカーや大人でNGであったローファーなどでも問題はありませんが、黒っぽいものが無難です。

幼児や小学生など制服のない場合は、男の子は白いワイシャツに黒っぽいズボン、女の子は白いブラウスに黒っぽいスカートなど、基本的には黒などの地味な色のものを用意しておくと良いでしょう。

子供の成長は早く、そろえた所ですぐに着れなくなってしまいますので、子供服の店で安くそろえたり、レンタルを利用したりすると便利です。

17回忌法要に必要なもの

葬儀

17回忌の法要に参列する際の服装についてはお分かりいただけたでしょうか。

では、次に17回忌法要に必要なものを見ていきます。

絶対に忘れてはいけないものですので注意しておきましょう。

香典を必ず持参する

17回忌でも法要に参列するなら香典は必ず持参しましょう。

会食に参加するなら香典の相場は1万円、欠席する場合の相場は5千円とされています。

供物を持参する

香典と一緒に、お花などの供物も持参するようにしてください。

ただこちらは地域や慣習によって違ってくる場合もありますので、確認した方が良い場合もあります。
香典に供物料を上乗せする場合や、御供物料として別で渡す場合などもあります。

17回忌の服装まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、17回忌の服装について説明してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 17回忌法要とは亡くなられてから16年目に行う法要のことをいう。
  • 17回忌では基本的に略礼服を着ていけば良い。
  • 17回忌での男性の服装は、ダークスーツを基本として、インナーのシャツの色は白、ネクタイ・靴の色・ベルトやバックは黒で統一する。
  • 17回忌での女性の服装は、黒っぽい暗い色のワンピースかアンサンブル、靴は黒のパンプス、インナー・ストッキング・カバンは黒色のものを着用し、アクセサリーはパールのもののみを用い、肌の露出を控えるように注意する。
  • 17回忌での子供の服装、制服に靴は黒っぽいもの。なければ男の子は白いワイシャツに、黒っぽいズボン、女の子は、白いブラウスに黒っぽいスカート
  • 17回忌に参列する際には香典と供物を忘れずに持っていく。

今回のポイントは、平服という表現が普段着ではないという所でした。
日本は特に様々な式典にかんしては、決まりごとが多く、わかりにくい場合も多いですよね。

しかも、言葉使いも今回の平服のように、一見して違う意味でとらえてしまいそうな表現も多いです。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法事・法要に関する記事が多数掲載しておりますので、お困りの際にはご利用いただけると幸いです。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

「17回忌・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「17回忌・服装」についてさらに知りたい方へ

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説のサムネイル画像

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「17回忌・服装」についてさらに知りたい方へ

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと