7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

目次

  1. 7回忌法要の香典金額について
  2. 7回忌法要とは?
  3. 故人との関係別の香典金額
  4. 7回忌に参列できない時に香典は送る?
  5. 7回忌の香典袋の書き方
  6. 7回忌法要の香典金額に関するまとめ

7回忌法要の香典金額について

葬儀

日本では、人が亡くなると四十九日や3回忌、7回忌といった法要が行われます。
いくつかの区切りに故人の冥福を祈る良き文化ですが、その度に香典を渡すことになります。

年忌法要の度に今回の香典にはいくら包むべきなのかといったことに不安になり、相場金額を調べたりすることがよくあると思います。
親族などが集まる場ですが、できれば常識に沿った金額を包み、恥ずかしい思いをすることは避けたいですよね。

そこで今回終活ねっとでは7回忌法要で香典はいくら包めば良いのかについてご紹介します。
今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • そもそも7回忌法要とは何なのか?
  • 故人との関係別の香典金額の目安
  • 7回忌に参列できない時に香典はどうすればいいのか
  • 7回忌の香典袋の書き方について

今回は7回忌に焦点を当てた記事となっておりますので、ぜひ7回忌の香典について迷っているという方がいらっしゃれば参考になるかと思います。

ぜひ最後までお読みいただき、お困りごとの解決に役立てれば幸いです。

7回忌法要とは?

困った人々

まず初めに7回忌そのものについてご説明します。

7回忌は故人が亡くなった6年目に行われる法要です。
7回忌と言いながら、なぜ7年目に行われないかと言うと亡くなったその年を1年目として数えているためです。
そのため例えば2018年に亡くなった方の7回忌は2024年に行われます。

7回忌を行う意味としては3回忌などの年忌法要と同じ意味があります。
それは故人を偲び、冥土への旅立ちを無事に終え、新たなものに生まれ変わることを祈るということです。


7回忌に呼ぶ人達は親戚・親族というのが一般的です。
ただ親戚全員に声をかけなければいけないかというと、そういった決まりはありません。
故人との付き合いの深さや呼ぶ人などの年齢などを考慮して決めるといいでしょう。

例えば7回忌の会場と親戚との距離がだいぶあり、親戚の年齢が80歳といった場合は招待したとしても相手が来られない場合もありますし、迷惑もかけてしまいます。
こういった場合は遠方の親戚は若い人たちに声をかければいいと考えられます。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しております。
7回忌についてもっと知りたいという方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“7回忌” とは? - 終活用語集

七回忌とは亡くなって6年目に行う仏式の法要で三回忌の次に行う法要です。 亡くなった日を1回目の忌日として数えるため、七年目ではなく六年目に行う。 近年、親族のみや親しい人だけで行う法要も増えてきています。命日に近い土日に行われるケースが多いようです。

故人との関係別の香典金額

お金

本題になりますが、7回忌の法要に呼ばれた場合にどのくらいの金額の香典をお渡しするのが妥当な金額なのでしょうか?
一律で香典の金額は決まっておらず、故人と自分の関係性や故人と自分の付き合いの深さによって金額は変化してきます。
そのため以下でご紹介する目安を参考にして自分が包む香典の金額を決めるといいでしょう。

なお香典に包む金額は4や9といった死や苦しみを連想させる数字の額を包むのは避けるようにしてください。

故人が祖父、祖母だった場合

ここでは故人が祖父、祖母であった場合を想定してご紹介します。
祖父、祖母に限定せずに自分と血縁関係にあるかどうかという点でご覧頂ければ、祖父母に限らない目安ともなります。

自分ひとりで法要に参加する場合は5千円~1万円が相場の金額となります。
もし自分と自分の妻で7回忌に参加する場合は1万5千円~3万円が相場の金額となります。

故人が親族だった場合

次に親族の場合の7回忌の香典金額の目安をご紹介します。
親族には、親しい間柄であった親族と、一般的な付き合い程度の親族まで幅があると思います。
こういった関係性も香典の金額に反映されます。

  • 親しい親族:1万円~2万円(夫婦で参加する場合は2万円~5万円)
  • 一般的な付き合いの親族:5千円~1万円(夫婦で参加する場合は1万5千円~3万円)

親族の場合でも祖父母の例の時と同様に、やや金額相場が割増になる点には注意が必要です。

故人と友人だった場合

次に友人・知人という場合の香典金額の目安をご紹介します。
ここもやはり上記の親族の時と同様に親密度によって香典金額が変化してきます。

  • かなり親しい友人・知人:1万円~3万円
  • 一般的な友人・知人関係:5千円~1万円

今回は省略しましたが、もし夫婦で7回忌に参加する場合は上記の金額に1万円~2万円追加するといいでしょう。

会食に参加する場合の上乗せ料に注意

上記では、故人と自分の関係性による7回忌の香典金額の目安をそれぞれご紹介しました。
注意が必要なのは、上記の金額はあくまでも法要のみに参加する場合の香典金額です。

一般的には7回忌は法要の後に親族などで集まり、会食を行います。
その会食に参加するという場合には香典の金額も変わってきます。
食事などの準備をしてもらうのですから当然といえば当然となりますね。

会食に参加する場合は、上記でご紹介した金額に一人あたり5千円~1万円追加します。

子どもも会食に参加するが大人と同じ計算でもいいのかという疑問が浮かぶ方がいらっしゃるかもしれませんが、参加する子どもが小学生未満であれば、一般的には追加する金額は考えなくても問題ありません。

ただし、小学生~中学生未満であれば大人の半額程度を追加して包みます。
中学生以上であれば大人と同等の金額を追加しましょう。

7回忌に参列できない時に香典は送る?

困った人々

仕事や致し方ない理由により7回忌に参列できないという場合には香典はどのようにすればよいのでしょうか?

できれば大切な故人の7回忌には参列したいものですが、どうしても参加が難しいという場合もあるでしょう。
そのような場合には香典だけでも送っても構いません。
しかし、その際には今回7回忌に参列できなかったことを詫びる手紙とともに香典を送ったほうが良いです。
また香典の金額は実際に足を運ぶ時よりも、やや金額を減らしても失礼には当たりません。

ちなみに自分は7回忌に参列することはできないが、妻などに代理で参列をお願いすることも可能です。
その際には香典には自分の名前を書き、名前の左下に「内」と記載すれば問題ありません。

7回忌の香典袋の書き方

葬儀

香典に包む金額については上記で詳細にご説明しました。
金額以外にも香典のことで迷ってしまう人がいますが、それは香典袋の書き方でしょう。

そこで、ここでは香典袋の書き方についても詳細にご説明しますので、参考にしてください。

表書き上段の書き方

表書き上段の書き方ですが、仏教であれば「御仏前」、宗派がわからない場合には「御供物料」や「御香料」と書きます。
香典の表書きに一般的なものとして「御霊前」がありますが、通夜~初七日までしか使わないものなので注意しましょう。

のし袋と水引きの選び方

のし袋には蓮の花が描かれたものがありますが、これは仏教専用のものですので確実に仏教形式の法要だと分かる時だけに使うようにしてください。

水引きは黄白・双銀・黒白のいずれかの水引きを選べば問題ありません。
結び方は結び切りかあわじ結びのものを選びましょう。

氏名の書き方

自分の氏名は香典の下段中央にフルネームで書くようにしましょう。

そもそもマナー違反ではありますが、親族の方が集まる場所ですので、名字だけ記載しては誰の香典か後でわからなくなってしまいますので、絶対に避けましょう。

夫婦や複数人で渡す場合

夫婦や複数人で同じ香典を出すこともあるかと思いますが、そういった場合には氏名の書き方に注意が必要です。

まず夫婦の場合は一般的には夫の名前のみ記載すれば良いです。
香典は1世帯でひとつと世間では認識されているため、わざわざ妻の名前を記載することは違和感を感じさせてしまいます。

しかし、故人が妻側の親族である場合や、妻とも付き合いが深かった場合などには妻の名前も記載しても構いません。
その場合は夫の名前の左隣に名字は省略して名だけ書くようにします。

また世帯は関係ないが複数人のお金をひとつの香典にまとめる場合には以下のように氏名を書きます。

まず2人で一緒にお金を包む場合は、下段中央に対して線対称となるように2名の名前を記載します。
3人の場合は下段中央に1人の氏名を書き、その両隣に残りの2名の氏名を書きます。
4名以上になる場合は代表者の氏名を下段中央に記載し、「他○名」と左下に書き添えると良いです。

もし孫数人で同じ香典袋に金額を包む場合は「孫一同」といった書き方もあります。

墨の色は濃い黒で分かりやすく書く

香典の表書きですが、四十九日を過ぎれば薄墨で書かなくても良いです。
正式には筆で濃い黒の墨を使い書くのが良いとされていますが、7回忌では筆ペンなどを使って書いても問題ありません。

通夜や葬儀で薄墨で表書きを書いたのは、墨が悲しみの涙で滲んでしまったことを表すためのものでしたが、それは四十九日を過ぎればやらなくてもいいとされているのです。

7回忌法要の香典金額に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは以下のことをご紹介しました。

  • そもそも7回忌法要とは何か?

    故人が亡くなった6年目に行われる法要で、故人の冥福を祈るために行われる。
    一般的には親族・親戚が呼ばれることが多い。

  • 故人との関係別の香典金額

    故人が祖父母の場合:5千円~1万円(妻も一緒に参列する場合は1万5千円~3万円)

    故人が深い付き合いのある親族の場合:1万円~2万円(夫婦で参加する場合は2万円~5万円)

    故人が一般的な付き合いの親族である場合:5千円~1万円(夫婦で参加する場合は1万5千円~3万円)

    故人が親しい友人・知人である場合:1万円~3万円

    一般的な友人・知人関係の場合:5千円~1万円

    会食に参加する場合は上記の金額に5千円~1万円追加する。
    小学生未満であれば追加金額は不要。
    小学生~中学生未満であれば大人の半額程度を追加。
    中学生以上であれば大人と同等の金額を追加する。

  • 7回忌に参列できない時には香典はどうするか

    香典を送ると共に参列できなかった詫た内容の手紙を一緒に送る。
    香典の金額は実際に参列する時のものより若干減らしても問題ない。

  • 7回忌の香典袋の書き方

    表書き上段:仏教であれば「御仏前」、宗派がわからない場合には「御供物料」や「御香料」と書く。

    のし袋と水引き:蓮の花が描かれたのし袋は仏教専用。水引きは黄白・双銀・黒白のいずれかを選び、結び方は結び切りかあわじ結びのものを選ぶ。

    表書き下段:フルネームで名前を書く。妻と連名にする場合は妻も付き合いが深いことが前提。2~3名の連名であればそのまま名前を書き、4名以上は代表者名を書く。

    上記の表書きは濃い黒で書くと良い。

7回忌の香典に関して詳細な情報をまとめたので、香典の金額や書き方について困っていた方にとっては役立つ内容になっていたのではないかと思います。

この記事のおかげでお困りごとが解決し、故人の冥福をお祈りすることに集中できれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
香典袋の包み方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

お葬式の際、香典袋の包み方や表書きのマナー、袱紗の使い方など、知っているようで実は自信が無かったりしませんか?いざという時に、迷わない正しい香典袋の包み方について詳しく解説します。袱紗の包み方や使い方などもスマートに出来ると、一層品格が上がります。

「7回忌・香典・金額」に関連する記事

「7回忌・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

    3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

    皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「7回忌・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「7回忌・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと