17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!

法要とは、故人の冥福を祈り供養するための儀式です。最近では、時代と共に、略式で簡素に行うご家庭も増えてきました。身内で行うことが多い17回忌の場合、お供えはどうするべきでしょうか。今回はそんな17回忌法要のお供えについて、金額相場なども含めて解説します。

目次

  1. 17回忌でのお供えについて
  2. 17回忌法要とは?
  3. 17回忌法要でのお供えの金額相場
  4. 17回忌法要にオススメの供物
  5. 17回忌でののしに関するマナー
  6. 17回忌でのお供えのまとめ

17回忌でのお供えについて

葬儀

一周忌や3回忌は多くの人を招いて供養を行うことが多いですが、17回忌ともなると、内々だけで略式で済ませる、というご遺族もいらっしゃいます。

外孫やいとこなどの立場では、お供えなど大袈裟に持参しないほうがよいのだろうか、など考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

結論を先に述べてしまうと、17回忌法要にお供えは持っていくべきです。
地域やご家庭によって違いはありますが、基本的には、お供えは持っていくものとされています。

では、どのような品物を用意すればよいのでしょうか。
いくらぐらいのものがよいのか、金額の相場も気になりますね。

そこで今回の終活ねっとでは、17回忌のお供えについて、以下のような内容を中心に解説してまいります。

  • 17回忌のお供えの金額の相場
  • お供えにオススメの品物とは
  • お供えにかける熨斗(のし)について

よりよいご供養のためにも、お供えのマナーについて理解を深めておきたいものですね。
ぜひ最後までお読みいただき、ご活用いただければ幸いです。

また、よりお安くお坊さんを手配されたい方は、こちらをご覧ください。

17回忌法要とは?

仏壇

極楽浄土へ旅立った故人を、さらなる善の道へ導くために営まれる仏事を年忌法要といいます。

故人が亡くなられて丸16年経過して行われる年忌法要が、17回忌法要です。

3回忌以降は7回忌、13回忌と、3と7にちなんだ節目に法要を行います。
地域によっても異なりますが、17回忌はご遺族やご親戚など、お身内だけで行うことが多いです。

お寺かご自宅の仏壇に僧侶を呼んで読経、焼香を行い、場所を移して会食を行う、というのが一般的な流れです。
しかし最近では、ホテルなどの会食のみで簡単に済ませるというケースも増えています。

17回忌法要でのお供えの金額相場

お金

法要とは先祖代々、その地域に根付いて受け継がれてきた儀式です。
そのため、決まり事やしきたり、金額についても、土地によって違いが生じます。

前に述べたとおり、17回忌法要は、身内だけで行うことが多いです。
そのため、法事や法要の香典、お供えについては事前に相談し金額を申し合わせて決めている、というご家庭もあります。

しかし一方で、たとえ身内同士でも香典や供物の金額を明らかにすることはよろしくない、と考える人も多いです。
お供えとして失礼にあたらない、一般的な金額相場とは、一体いくらなのでしょうか。

ここでは、「香典として現金を包む場合」と「供物として品物を渡す場合」、「香典と供物を両方渡す場合」の金額相場について解説します。

香典(現金)で渡す場合

香典とは、葬儀や法事の際に故人に供える金品のことです。

昔の仏事は、親戚やご近所など個人に縁のある人々によって支えられていました。
花や線香を持ち寄ってお供えをしていたところから「香典」と言われるようになった、とも伝わっています。

長い歳月を経て、香典袋(不祝儀袋)に現金を入れて渡す、という形に変わっていったのです。
そのせいか、金額は特に決まっておらず地域による違いも生じるのです。

では、17回忌法要の香典の金額は、いくら包めばよいのでしょうか。

金額は、多ければよいというわけではありません。
受け取る側に気を使わせるような金額は不適切です。

香典として現金を渡す場合は、5千円~2万円を目安に包むとよいでしょう。
会食に出席するのであれば、その分、少し多めに包みましょう。

供物で渡す場合

法要の席にはお金ではなく供物を渡す、という地域も少なくありません。

仏壇に供える品物があると、ご家族にも喜ばれます。

品物を渡す場合も、高額だからいい供養になる、というわけではありません。
受け取る側が困るような値の張るものは、お供えには不向きです。
また、かさばるものや重いもの、必要以上に目立つ品物も避けたほうがよいでしょう。

では、17回忌法要のお供えとして品物を渡す場合、いくらぐらいのものを用意すればよいでしょうか。

5千円~1万円の範囲で、華美になり過ぎない商品を選ぶとよいでしょう。

現金で渡す場合も品物でも、施主や他の参列者に気を使わせない、ということが重要です。

香典と供物のどちらも渡す場合

香典とお供えものは別物であり、法要には両方持参する、という地域もあります。

また、17回忌法要がご自宅で行われる場合、仏壇にすぐお供えできる品物も持参すると大変喜ばれます。

ただし、「お供え物は不要です」など、施主側から申し出がある場合はその限りではありません。

では、もし、香典と供物のどちらも渡す場合は、金額はいくらぐらいと考えるべきでしょうか。

一般的には、香典として1万円ほど包み、3千円前後の品物を用意するのがおすすめです。

施主に気を使わせ過ぎない範囲で、気持ちが伝わるよう心掛けましょう。

17回忌法要にオススメの供物

仏壇

次に、17回忌法要にお供え物を持参する場合について、具体的に考えていきましょう。
どんな品物がよいのでしょうか。
17回忌法要にオススメの供物を紹介していきます。

まず、避けたほうがよい品物について解説します。

高価なもの、かさばるもの、重いものは不適切とは先ほど述べたとおりです。
そのほかでも、生ものや、肉・魚・卵など殺生を連想させるような動物性の生鮮食品もお供えには向きません。
花であればトゲのあるものや尖ったもの、匂いのきついもの、色彩が派手なものも当然ながら避けるべきです。

では、どういったものがお供えに適しているのでしょうか。

まずは、すぐ仏壇にお供えできるものがおすすめです。
食べ物ならしばらくお供えすることを考慮し、ある程度日持ちするがよいでしょう。

また、法事のお供え物は当日、参列者に分配して持ち帰ってもらうことが多いので、小分けできるものが喜ばれます。

さらに、形が残るものより消耗して無くなるものがおすすめです。
17回忌のような弔事に関するものは「後に残さない、引きずらない」ことが基本と考える地域も少なくありません。
高齢の方の中には、供物は食べ物、飲み物が当たり前と考える方も多いので、心に留めておきましょう。

お花

仏壇にはお花が欠かせません。
ご自宅で読経を執り行うなら、お花がおすすめです。

17回忌法要のお花は、白色の花を中心に紫や黄色、薄いピンク色などの花を混ぜた、落ち着いた色合いの花束がよいでしょう。
白菊、小菊、白ユリ、トルコキキョウ、リンドウ、カーネーション、蘭の種類などが17回忌のお花に適しています。

また、花瓶の用意が無いお宅でも手軽に飾ることができる、フラワーアレンジメントも喜ばれます。
生花店で「17回忌法要のお花」であると伝えれば、適したものを用意してくれるはずです。

もし、故人が好きだった花がわかっているようなら、盛り込むとよいでしょう。
ただし、たとえ故人の好みでもバラやひまわり、ヒガンバナはお供えの花には向かないので、別の機会に持参したほうがよさそうです。

お菓子や果物

法要の後のお茶請けとしても喜ばれるのがお菓子です。
上記でも説明した通り日持ちするもの、個別包装されているもの、味や匂いがきつすぎず、子供やお年寄りでも食べやすいものを選ぶとよいでしょう。

クッキー、マドレーヌ、バームクーヘンなどの焼き菓子がおすすめです。
せんべいやあられ、らくがん、パウチ包装された一口ようかんなども好まれます。
夏の暑い時期なら水ようかんやプリン、ゼリーもよいでしょう。

また、お花と同じくらい、仏壇のお供え物として喜ばれるのが果物です。
桃やぶどう、小玉スイカ、プラム、オレンジやグレープフルーツなどが、供物として喜ばれます。

デパートや果物店で頼めば、木箱やバスケットに、季節の果物を見繕って詰めてくれるはずです。

線香などの消耗品

果物やお菓子より、もう少し小さな包みの品物を持参したい場合は、線香がおすすめです。
かさばらず、さりげなくお渡しできるお供えとして大変人気があります。

仏壇で使っていただける品物なので、お供えとして渡すと大変喜ばれます。
色や香りも豊富ですし、可愛らしい入れ物に入ったギフト用の線香も豊富です。

また、仏壇用のロウソクも、お供えとして人気があります。
線香とロウソクがセットになったものも、喜ばれる一品です。

17回忌でののしに関するマナー

困った人々

17回忌法要に、香典またはお供えの品物を持参するとき、のし紙はどうしたらよいでしょうか。
身内だけの法要でも、香典には不祝儀袋を、供物にはのし(掛け紙)が必要です。

以下に、のしに関するマナーや注意点について解説します。
参考になさってください。

表書きの書き方

まずは表書きの書き方です。

現金を包む場合は、不祝儀袋の結び目の上に「御仏前」と書きます。
品物の場合は、掛け紙の結び目の上に「御供」と書くのが一般的です。

墨は薄墨ではなく濃い墨を使って書きます。

突然のことで墨をする時間もなかった、というところから、通夜や葬儀では香典袋の表書きを薄墨で書く習慣があります。
しかし四十九日法要以降では、気持ちも落ち着き十分に準備をして法要に向かうことができる、ということで濃い墨で書きます。

参列者の人数が少なくても、身内だけの集まりだったとしても、贈り主の名前はきちんとわかるようにしておくべきです。
誰からのお供えかすぐわかるよう、結び目の下に贈り主の名前を書いておきましょう。

17回忌ですと、参列者の大半が同じ苗字、という可能性もあります。
表書きはフルネームで書いておくのがおすすめです。

水引の色が双銀・白黒のものを選ぶ

お供えにかけるのしは、どのようなものを選べばよいでしょうか。

17回忌法要の香典は、ご仏前用として売られている不祝儀袋を使います。
白黒または双銀の5本線の水引のみのもので、結び目は「結び切り」のものを選びましょう。

お供え物にかける掛け紙も、白黒または双銀の、水引だけのものを用います。
結び目はやはり「結び切り」です。

17回忌でのお供えのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、17回忌でのお供えについて解説いたしました。

  • 香典やお供えの金額相場は、地域や家によって異なる
  • 現金を包むなら5千円~2万円が目安、会食に出席するなら多めに
  • 品物を持っていくなら5千円~1万円の範囲が目安
  • 現金と品物を両方持っていくなら、1万円前後包み、3千円前後の品物を添える
  • おすすめのお供え物は「花」「お菓子」「果物」「線香やロウソク」
  • 水引の色が双銀か白黒で結び切りののし紙を使う

身内だけの法要ですと、規模は小さくなりますが、その分、参列者ひとりひとりのマナーや振る舞いが目立つようになります。

持参するお供え物も、施主ご家族のことを第一に考え、よりよいものを選びたいものです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

「17回忌・お供え」に関連する記事

「17回忌・お供え」についてさらに知りたい方へ

  • 13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

    13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

    法事や法要の際のお供え物。13回忌ともなると、ほぼ、身内だけのこじんまりとした集まりになるかと思いますが、だからこそ、失礼のないようしっかりとマナーを押さえておきたいものです。今回の終活ねっとでは、13回忌のお供え物について考えてみたいと思います。

  • 33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

    33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

    33回忌法要とは故人が亡くなってから30年以上が経過した時期に行われます。長い年月を経て行われる儀式には、どんなものをお供えしたらよいでしょうか。今回は33回忌のお供えにふさわしい品物や金額の相場についてご紹介します。ぜひ参考になさってください。

  • 23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

    23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

    大切な方がこの世を去った22年後に23回忌法要が営まれます。法要に持参するにはどのようなお供えが好まれ、どのような熨斗を選べば良いのでしょうか。今回は23回忌のお供えや熨斗のマナーについて詳しく解説いたします。

  • 7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説のサムネイル画像

    7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説

    みなさんは7回忌法要のお供えものには何を選べばいいのかご存知でしょうか?7回忌になにを供えればいいかは故人を偲ぶ際や出席者への配慮を考える際に重要なものです。ここではお供えものにふさわしいものや逆にお供えものとしてNGとされているものについて解説していきます。

  • 3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

    3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

    皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 三回忌法要のお供え物は何にしたら良い?のしの書き方も解説のサムネイル画像

    三回忌法要のお供え物は何にしたら良い?のしの書き方も解説

    仏教の年忌法要の中に一周忌、三回忌、七回忌と仏様をお祭りする儀式があります。人生の中で法事の回数はそれほど多くありませんので、お供えのマナーも身に付きません。復習の意味で、法要三回忌のお供えについて、マナーやルールを学んでいきましょう。

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「17回忌・お供え」についてさらに知りたい方へ

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説のサムネイル画像

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

三回忌法要のお供え物は何にしたら良い?のしの書き方も解説のサムネイル画像

三回忌法要のお供え物は何にしたら良い?のしの書き方も解説

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「17回忌・お供え」についてさらに知りたい方へ

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説のサムネイル画像

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと