3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

目次

  1. 3回忌の香典の相場について
  2. 香典とは
  3. 3回忌に包む香典の金額相場
  4. 他の回忌法要でも同じ金額でいいの?
  5. 香典袋の書き方
  6. 3回忌の香典の相場まとめ

3回忌の香典の相場について

葬儀

3回忌は故人が亡くなって2年目に行われる法要です。
仏教では故人が亡くなった時を1日目と数え、亡くなって1年目を1周忌、2年目を3回忌と数えます。

一般的に家族、親族以外の人が法要に参列できるのは、概ね3回忌の次となる6年目の7回忌までとなりますが、最近では3回忌までとなることが多いようです。

では、3回忌の葬儀や法要に参列する際に包む香典の相場はいくらなのでしょうか。
実際に香典を包む前に相場を知っておきたいですよね。

そこで今回終活ねっとでは、3回忌法要での香典について

  • 香典の意味
  • 3回忌での香典の相場
  • 3回忌以外の回忌法要での香典の相場
  • 香典袋の書き方・注意点

以上の内容に焦点を当てて解説していきます。
ぜひ最後までご覧いただき、3回忌法要に参列する際の香典の準備の参考にしてください。

香典とは

葬儀

香典は、故人への供養の気持ちとして、供花や線香の代わりに故人の霊前に供える「金品」です。
また香典には、突然の不幸に見舞われた故人の遺族に対し、葬儀や法要での出費を経済的に助けるという意味合いがあります。

香典を受け取った遺族(施主)は、お礼として受け取った金額の半額相当(半返し)の品物を返礼する「香典返し」に使用し、残った金額は葬儀や法要の出費を補填することに使用します。

それでも残った金額がある場合はお墓の購入費用や次の法要への費用とします。
また遺族の生活費に使用するなど、施主の裁量によるところとなります。

3回忌に包む香典の金額相場

お金

では、3回忌に包む香典の相場はいくらなのでしょうか?

一般的に法要は通夜・告別式とは異なり、遺族(施主)によって行われ方も様々です。
お寺で僧侶(住職)の読経による法要を行った後、そのお寺の会場や料理屋へ移動して会食を行う場合もあれば、お寺での法要後は自宅に移動して会食を行う場合もあります。

香典はこの法要の規模(出費)に見合った金額を包むのが妥当と言えますが、法要の費用を事前に確認することは気が引けてなかなかできないですよね。

そこで、一般的な3回忌の法要での香典の相場を、故人との関係性や法要の後の会食の有無で分類して解説していきます。

故人が親族の場合

故人と血縁関係となる親族の場合の相場は、次のようになっています。

自身および配偶者の両親の場合 1万円~5万円
自身および配偶者の兄弟姉妹の場合 1万円〜3万円
自身および配偶者の祖父母の場合 5千円~1万円

3回忌の法要をお寺(菩提寺)で行う場合、僧侶への「お布施」がかかります。
また、施主は法要にかかるお金以外にも、普段からお墓の管理費用等も負担していますので、これらの出費に対して援助するという気持ちを込めた金額を包むことになります。

また、夫婦で参列する場合は、単純に2人分(2倍)の金額を包むのがよいでしょう。
夫婦のどちらかにとっては義理の関係となりますが、2人分を包むのが礼儀となります。

故人が親族以外の場合

故人と血縁関係でない友人や知人の場合の相場は5千円〜1万円となります。

近年では、3回忌の法要から親族のみで行われることが多くなってきているため、3回忌の法要に親族以外の人が参列することは珍しくなってきています。

しかし、もし参列することになった場合は、親族のように施主のかかる様々な出費を考慮する必要はなく、純粋に法要にかかる出費分のみを考慮すればよいとされています。
あとは故人との関係性や自身の年齢、社会的立場等から包む金額を決めればよいでしょう。

会食が含まれる場合

お寺での法要後に会食が行われる場合には、プラス5千円〜1万円が相場となります。

3回忌の法要の後に会食に参加する場合は、上記の香典の金額では足りませんので、会食代分をプラスする必要があります。
一般的に法要の後の会食では、5千円~1万円の懐石料理が振る舞われることが多いようです。
よって、香典にはこの金額をプラスするようにしましょう。

さらに、会食まで準備してくれた施主への感謝の気持ちを込めたいのであれば、親族であれば総額で上限5万円、親族以外であれば上限3万円程度の金額を包んでもよいとされています。
この範囲の金額であれば、施主にもそれほど気を使わせずに気持ちを伝えることができるでしょう。

避けるべき金額

不祝儀となる香典では、「4」や「9」など、「死」や「苦しみ」を連想させる金額は避けるべきだと言われています。
また、「偶数」の金額も結婚等のおめでたい場で使用されることから、避けるべきとされています。
ただし、「2万円」は例外として認められているようです。

他の回忌法要でも同じ金額でいいの?

お金

ここまでは3回忌の香典の相場を解説しましたが、他の回忌法要でも同じ金額でよいのでしょうか。

仏教での回忌法要は3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌で「弔い上げ」となり終了となります。

しかし50回忌(49年目)まで法要を行うことは、施主も世代交代していく中、残された遺族にとっては複数の故人(両親や祖父母)の法要をいくつも行う必要があります。

そのため、遺族にとってはとても大きな負担となります。
よって、一般人の法要の場合は、33回忌まで行えば十分と考えられています。

また近年では、33回忌まで法要を行うことは経済的にも体力的にも相当の負担がかかることから、7回忌~17回忌で「弔い上げ」として終了することも多く見られるようになってきています。

では、これらの回忌法要での香典の金額は全て同じでよいのでしょうか?

一般的に法要での香典の金額の相場は、喪明けとなる1周忌までと、回忌法要となる3回忌以降とで変わります。
また、それぞれの回忌法要での香典の金額相場については、特に変更はなく同じ金額でよいようです。

しかし、親族が友人・知人かで香典の金額は変わりますので、上記の内容を参考にして下さい。

香典袋の書き方

葬儀

次に、最初に香典を包む際、誰しも悩む香典袋の書き方を解説します。

香典袋は黒と白もしくは双銀の水引の付いた「不祝儀袋」を使用して毛筆書きします。
水引には必ず「結び切り」のものを使用します。
この「結び切り」の水引には、不祝儀が続かないようにとの意味が込められています。

香典袋の書き方は宗教によって異なりますが、ここでは仏教での香典袋の書き方について説明します。

表書きの書き方

まずは表書きの書き方から解説します。

仏教では、喪明けとされる四十九日法要までは、故人の魂(御霊)がこの世に留まっていることから、香典袋は「御霊前」を使用します。
ただし、浄土真宗では四十九日以前でも「御佛前」を使用しますのでご注意下さい。

しかし3回忌では、故人の魂(御霊)は既にあの世へ旅立ち「仏様」になっていますので、香典袋の表書きは「御佛前」を使用します。

具体的には、上段(水引の上)に「御佛前」と書き、下段(水引の下)には、香典を包む人の氏名前をフルネームで書きます。

また、「御佛前」は「御仏前」としても構いません。

名前の書き方

次に表書きの名前の書き方を解説します。

  • 個人の場合

    下段(水引の下)の中心に、名前をフルネームで書きます。

  • 連名の場合

    下段(水引の下)の中心に一番目上となる人の氏名をフルネームで書き、その左側に次の人の氏名をフルネームで書いていきます。

    また夫婦の場合は、中心に夫の氏名をフルネームで書き、その左側に夫の下の名前に揃えて、妻の下の名前を書きます。

    <注意点>
     ・中心の右側には氏名を書かない
     ・連名で氏名を書く場合は3名までとする。
     ・4名以上の人数となる場合は、中心に代表者の氏名をフルネームで書き、
      その左下に「外一同」と書くとともに、全員の氏名、住所、金額を記載した
      「紙」を同封する。

  • 会社で出す場合

    下段(水引の下)の中心より右側に「会社名」を書き、中心に役職名、氏名をフルネームで書きます。
    また連名や一同の場合は、上記「連名の場合」と同様になります。

墨の種類

四十九日の法要までは薄墨を使用します。
薄墨は故人への悲しみを表すとされており、四十九日までは故人の魂(御霊)がまだこの世に留まっているため「悲しみの気持ちを」込めて薄墨を使用します。

四十九日より後の1周忌の法要以降は黒墨を使用します。
よって、3回忌では黒墨を使用することになります。

金額の書き方は?

金額を書くときは漢数字を用います。
漢数字は主に旧字体を使用します。

頭に「金」と書き、次に「金額」、「圓(円)」、最後に「也」と書いて締めるのが正式な書き方となります。
近年では現在の漢数字を使用したり、最後の「也」を省略することが多く見られるようになってきています。
しかし、礼儀としての気持ちを込められるので、正式な書き方がおすすめです。

 (正式記載例) 1万円 → 金壱萬圓也

ご参考まで、現字体と旧字体の漢数字の対応例は次の通りです。

1 2 3 5 10
現漢数字
旧漢数字

3回忌の香典の相場まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは、仏教での3回忌の香典の相場について以下のことを解説してきました。

  • 香典は、故人への供養の気持ちとして、供花や線香の代わりに故人の霊前に供える「金品」であるとともに、葬儀や法要を行う施主(遺族)への経済的援助という意味合いがある。
  • 香典の金額は親族か親族以外かで異なるとともに、故人との関係性や自身の年齢や社会的立場等を考慮して包む金額を決める必要がある。
  • 3回忌の法要での香典の相場は、親族の場合で1万円~5万円、親族以外の場合で5千円~1万円であり、会食がある場合には、それぞれにプラス5千円~1万円する。
  • 他の回忌法要でも香典の金額相場は同じである。
  • 3回忌の法要での香典袋の表書きは、上段(水引の上)に「御霊前」ではなく「御佛前」として「黒墨」で毛筆書きする。
  • 香典袋の下段(水引の下)には、中心に氏名をフルネームで書き、連名等の場合は中心より右側には記名してはいけない等の注意点がある。
  • 香典袋に金額を書く時は、旧漢数字を使用することが礼儀ある正式な書き方である。

3回忌の法要に限らず、香典は故人への供養の他、施主を経済的に助けるという温かい気持ちが込もったものであることがわかりました。

今回は、3回忌の法要での香典の金額の相場について説明してきましたが、一番大切なのは故人や施主を思う自身の気持ちであると思います。

この相場の金額はあくまでも迷った時の一般的な目安であります。

この相場を元に自身の気持ちから、施主が気にしない程度の範囲で香典に包む金額を決めてみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも法事・法要に関する記事を多数掲載しております。
香典袋についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介

知っている方の葬儀に出かける際に必ずといってよいほど持参するものの1つが香典袋です。香典袋といえば外側ばかり気になりますが、実は中に入っている内袋にも書き方など気を配る点があります。今回は香典袋のマナーの中でも内袋の書き方について見ていきましょう。

「3回忌・香典・相場」に関連する記事

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「3回忌・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「3回忌・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと