7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

7回忌とは3回忌の後に行われる年忌法要で、ご家族・親族だけで集まるのが一般的です。そんな身内だけの席では、どんな挨拶を交わしたらよいのでしょう?7回忌をつつがなく終えるための挨拶の仕方、例文を交えながら詳しくご紹介いたします。

目次

  1. 7回忌法要での挨拶について
  2. 7回忌法要とは
  3. 7回忌法要で行う挨拶の例文
  4. 挨拶を考える上でのポイント
  5. 7回忌法要での参列者が行う挨拶
  6. 7回忌法要での挨拶に関するまとめ

7回忌法要での挨拶について

葬儀

「一周忌や3回忌には参列したことがあるけれど、7回忌はまだない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

49日法要や一周忌などは友人知人も集まって大きめ斎場などで行うことが多いですが、7回忌あたりから規模を小さくして、身内だけで行うようになっていきます。
一周忌や3回忌と比べるとアットホームな法事となりますが、親族だけの集まりだからこそ、感謝の気持ちを言葉にして伝えたいものです。

また、簡単なお焼香だけで済ませることもある7回忌ですが、お坊さんに来てもらってお経をあげてもらうこともあります。

お坊さんにはどんな挨拶をしたらよいのでしょうか?
施主として、あるいは参加者として、どんな言葉を交わしたらよいか悩む方もいるかと思います。

あらかじめ心積もりしておけば、7回忌当日慌てることなく、ゆったりした気持ちで故人を偲ぶことができそうですよね。
そこで、今回の終活ねっとでは7回忌法要での挨拶について、

  • 7回忌法要とは
  • 7回忌法要で行う挨拶の例文
  • 挨拶を考える上でのポイント
  • 7回忌法要での参列者が行う挨拶

などを中心に解説してまいります。

7回忌を間近に控えて挨拶に悩んでいる方も、予定はないけれど知っておきたいという方にも参考にしていただけると思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

7回忌法要とは

葬儀

挨拶を考える前に、そもそも7回忌法要とはなんなのか、簡単におさらいしておきましょう。

ここでは、7回忌の意味や、法要の段取りや流れなどについて解説いたします。

意味

7回忌の意味は正しく知っていますか。

7回忌とは、亡くなった年を含めて7年目(没後満6年)の命日に行う法要です。
没後2年の時期に行うのが3回忌で、その後、4回忌ではなく少し間をあけて7回忌法要を行います。

読み方は、仏教では「しちかいき」が正しいですが、特に厳しい決まりごとがあるわけではなく「ななかいき」と読んでも間違いではないようです。

なぜ3の次が7なのか、についてはいろいろな説があるようですが、毎年集まるのはなかなか大変です。
そこで、仏教で重要な意味を持つ「3」や「7」といった数字を重ねつつ、少しずつ間隔をあけるようになった、とも考えられています。

49日、一周忌、3回忌までは、友人知人などにも加わってもらって大勢で行い、7回忌からは規模を小さくして、家族や親族など身内だけで行うのが一般的です。

場所も、大きな斎場などではなく、お寺や自宅で行うことが多いです。
自宅では狭いし準備が大変、という場合は、斎場の小ホールやホテルの一室、公民館や集会所の貸しスペースなどを利用することもあります。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
7回忌の意味についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“7回忌” とは? - 終活用語集

七回忌とは亡くなって6年目に行う仏式の法要で三回忌の次に行う法要です。 亡くなった日を1回目の忌日として数えるため、七年目ではなく六年目に行う。 近年、親族のみや親しい人だけで行う法要も増えてきています。命日に近い土日に行われるケースが多いようです。

流れ

7回忌法要は、どのように進めたらよいのでしょうか。

法要の流れを、順を追ってご説明いたします。

  • 施主は先に会場入りし、参列者を出迎える

    身内だけの集まりだとしても、時間を割いてくれた親戚に感謝の気持ちは伝えるべきです。
    自宅以外の、寺院や斎場などで7回忌を執り行う場合は、早めに会場入りして出迎えの準備を整えておきましょう。

  • 開始の挨拶、僧侶の入場

    参列者が集まったら、施主より法要開始の挨拶を行います。
    全員着席後、僧侶が入場し、読経が始まります。

  • 僧侶の読経、お焼香

    読経が始まり、僧侶が合掌礼拝するところでは、参列者も合掌します。
    その後、僧侶の合図で施主から順にお焼香を開始します。

  • 僧侶の法話、退場

    読経の後、僧侶よりお話を賜ります。
    退場後、僧侶にお布施、お車代をお渡しします。
    この後、会食を予定している場合で、僧侶が会食を辞退した場合は、御膳料もお渡しします。

  • 墓参り、施主の挨拶

    お寺で行う場合は、ここでお墓参りをしますが、
    自宅や斎場での7回忌では、お墓参りを省略することが多いです。
    無事、法要が済んだ旨、施主より参列者に挨拶し、7回忌は終了です。
    会食の予定がある場合は、会食会場へ移動します。

7回忌法要で行う挨拶の例文

仏壇

先ほどもお伝えしたように、7回忌を迎えた頃から、法要は身内だけでこじんまりと行うのが通例となっています。

つまり、7回忌からは、施主の挨拶によって、法要が進められていくことになります。
施主の挨拶がないと、僧侶の読経も始められません。

といっても、身内だけの集まりですし、あまり堅苦しくなりすぎず、参列者の様子を見ながら進めていけば問題ありません。

また、お経をあげていただく関係上、法要は僧侶の到着の都合に合わせて行うことになるかと思います。
挨拶は行うタイミングによっても内容が変わってきます。

シーン別の7回忌法要で行う挨拶の例文と、それぞれの注意点をご説明していきますので、ぜひご参考にしてください。

受付での参列客への挨拶

まずは受付での参列客への挨拶です。
身内同士なので、あまりかしこまらず、足を運んでくれたことに対して感謝の言葉を述べましょう。

また、参列者の近況などを伺いつつ、何時ごろから読経が始まるかなど今後の段取りをお伝えし、お待ちいただく場所に誘導しましょう。

例文「本日は、ご多忙中にも関わらずお集まりいただき、まことにありがとうございます」
「ご多忙中のところお越しいただき、心より御礼申し上げます」 

法要開始前の挨拶

僧侶の読経の前には、法要開始前の挨拶を行います。
これから読経とお焼香が始まることを参列者に知らせるためと考えて、簡潔に短く済ませるのがよいでしょう。

例文「本日は亡き○○の七回忌の法要にお越しいただき重ねてお礼申し上げます。
それではこれより7回忌法要を始めさせていただきます」

この後、僧侶に黙礼し、読経を始めていただきます。

会食前の挨拶(献杯がある場合)

お焼香と僧侶の法話が終わったら、会食前の挨拶として、法要が無事済んだことを参列者に伝え、感謝の気持ちを述べます。

7回忌だと、会食を省略することもありますが、もし会食を行う場合は、会食会場へ移動した後で、法要の終了と感謝の言葉を述べましょう。
特に決まりがあるわけではないので、施主の今の気持ちなどを織り交ぜれば、参列者にも気持ちが伝わるはずです。

例文「本日はご多忙中のところ、亡き○○の7回忌法要にお運びいただきましてありがとうございました。
おかげさまで無事に営むことができました。
ささやかではございますが、食事の席を設けさせていただきました。
思い出話などしながら、ひととき、お寛ぎいただければと思います。
では、お手元のグラスをお持ちください。
献杯のご唱和をお願いいたします。」

会食後の挨拶

会食後の挨拶は、参列者に対してのこの日最後の挨拶となります。

改めて感謝の気持ちを伝え、今後の支援などを促す言葉で締めるとよいでしょう。

例文「本日はお忙しい中、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
皆様にお集まりいただき、亡き○○にとって何よりの供養となりました。
名残惜しいところではございますが、そろそろお開きとさせていただきたいと思います。
今後も変わらぬご指導、お付き合いをよろしくお願いいたします。
お気をつけてお帰り下さい。」

僧侶への挨拶

僧侶への挨拶は、読経と法話が終わり退場いただいた後、お布施やお車代をお渡しする際に行います。

何度かお経をあげていただいているお坊さんへのご挨拶となるかと思いますので、それほど形式ばらず、控えめな感じで感謝の気持ちを伝えればよいでしょう。

例文「本日は大変ご丁寧なおつとめをたまわりまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで無事、法要を執り行うことができました。
心より感謝申し上げます。
どうぞこちらをお納めください。」

挨拶を考える上でのポイント

葬儀

7回忌ともなると身内だけの集まりとなり、アットホームな雰囲気の中でこじんまりと執り行われることが多いです。

一周忌や3回忌ほど、かしこまった挨拶は必要ありませんので、基本的には、施主自身の思いを言葉にすれば問題ありません。
しかし、いざ「思ったことを言葉に」と言われても、逆に、何を言ったらいいか戸惑ってしまいそうですよね。

3回忌から数年、間があいていますので、久しぶりに顔を合わせる親戚も多いはず。
くだけすぎた挨拶では、参列者も戸惑ってしまうかもしれません。

かといって、挨拶の例文をそのまま読み上げただけでは心がこもってないように感じられます。
自分の言葉で気持ちを伝えたいですよね。

そこで、例文を活かしつつ、感謝の気持ちを自分の言葉で伝える挨拶について考えてみたいと思います。
挨拶を考える上でのポイントとして4つご紹介していきたいと思います。

感謝の気持ちを伝える

法事・法要は、家族や親戚、近しい人たちの尽力無くしては成り立ちません。
施主が行うことは、まず、故人を供養するために集まってくれた参列者へ感謝の気持ちを伝えることです。

身内といっても、仕事を休んだり、時間を作って遠方から駆けつけてくれた親戚もいることでしょう。
まずは、故人のために集まってくれたことに対して感謝することが大切です。

受付でも、法要開始の際も、会食の前後でも、挨拶の中では常に、参列者への感謝の気持ちを入れることを心がけてください。

そして、今後も変わらぬお付き合いをいただきたい、故人もそう願っているはず、と伝えることも忘れないでください。

故人のエピソードを織り込む

法事・法要の目的は、故人をしのび供養すること。
集まってくれた人たちと、故人との思い出話をすることも、施主の役目と考えていいでしょう。

故人のことを思い出してもらえるよう、故人のエピソードを挨拶に織り込むのも良いかもしれません。

親戚同士の集まりでも、お互い、何を話していいかわからず、戸惑ってしまうこともあります。
施主の挨拶をきっかけに、参列者たち同士の会話も進むようになるはずです。

好きだったお酒や食べ物の話や、趣味の話など、参列者に伝わりやすいエピソードをいくつか用意しておきましょう。

7回忌なのであまり畏まらない

7回忌ともなると、亡くなったことへの悲しみの気持ちも落ち着いて、穏やかな気持ちで法要に参列する人も多いでしょう。

しかも、3回忌から数年、間があいていますので、久しぶりに顔を合わせる親戚も多いはず。
普段あまり行き来のない親戚同士を引き合わせることも、法事・法要の目的のひとつと考えてよいのかもしれません。

身内だけでゆっくり、故人をしのびつつ互いの交流を深めてもらうためにも、施主の挨拶はあまり畏まらないほうがよいでしょう。

施主が緊張して固くなっていると、参列者にも窮屈な思いをさせてしまいがちです。

集まった人たちの表情を見ながら、堅苦しくなりすぎない挨拶を心がけてください。

忘れそうな場合は紙に書いておく

いくら身内同士の集まりだとしても、人前で挨拶するとなると、焦って言葉が出なくなってしまうこともあります。

普段あまり交流のない親戚だと、名前をうっかり忘れてしまう可能性もあります。
せっかく集まってくれた人たちに気持ちよく帰っていただくためにも、言い間違いは避けたいですよね。

大切なことなど、忘れそうな場合は紙に書いておくというのも一つの方法です。

白い紙に書いたものであれば、手元を見ながら話しても大丈夫。
失礼にはあたりません。

特に、会食後の挨拶の際には、多少お酒も入っていると思います。

メモを用意しておけば、うっかり言い忘れて後々後悔することもなくなりますし、親戚たちとの会話に集中できて有意義な時間を過ごすことができます。

お伝えしないとならないことは、メモに書いて準備しておきましょう。

7回忌法要での参列者が行う挨拶

葬儀

7回忌の場合、参列者側が挨拶を求められることは特にありません。

しかし、まったく無言で参列するわけにもいかないと思います。
受付や会食会場へ移動する際など、どんなことを言えばよいでしょうか。
7回忌法要での参列者が行う挨拶についても少しご紹介します。

施主が参列者に対して、集まってくれたことへの感謝の気持ちを持つのと同じように、参列者も7回忌に参列させていただいたことへの感謝の気持ちを言葉にします。

「本日はお招きいただきありがとうございます」
「(香典を渡しながら)心ばかりですがご仏前にお供えください」

といった挨拶がよいでしょう。

7回忌法要での挨拶に関するまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは、7回忌の挨拶についてお話ししてまいりました。

今回の記事の要点は以下の通りです。

  • 7回忌は身内だけで行うことが多いので、挨拶も畏まらずに
  • 受付、読経の前、会食の前後など、要所要所でしっかり挨拶を
  • 参列者への感謝の気持ちを込めた挨拶を心がけましょう
  • 7回忌は故人を偲ぶ場なので、故人のエピソードを忘れずに
  • 忘れそうなことはメモに書いて準備しておく

7回忌法要での挨拶など、そう頻繁にあることではないと思います。
わからないことや不安があっても、おかしくはありません。

でも、だからこそ、久しぶりに集まった家族や親せきの前では、きちんと気持ちが伝わるよう、ゆとりをもって挨拶したいものです。

故人を偲ぶ大切な7回忌。
こちらの記事でご紹介したポイントや例文がお役に立てば嬉しいです。

終活ねっとでは、法事や法要に関する記事を多数掲載しています。
7回忌の次に行われる、13回忌法要の際の案内状について、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

13回忌の案内状について知りたい!書き方や送る時期について解説

皆さんは13回忌の案内状について、どのくらいの知識がありますか?どういう風に案内状を書けばいいのか分からない、送る時期が分からないなど悩んでいる方もきっといらっしゃいますよね。今回は13回忌の案内状について、書き方から送り方まで詳しく解説いたします。

「7回忌・挨拶」に関連する記事

「7回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「7回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介のサムネイル画像

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介のサムネイル画像

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!のサムネイル画像

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!のサムネイル画像

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「7回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介のサムネイル画像

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介のサムネイル画像

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと