13回忌のネクタイの選び方!ふさわしい色や結び方について解説

13回忌法要に参加する際、ネクタイはどんなものを選びますか?13回忌は亡くなって10年以上経過した法要ですので、平服で参加するよう言われることがあります。しかし、失礼があってはいけませんよね。記事では、色や素材、柄など失礼のないネクタイの選び方を解説します。

目次

  1. 13回忌のネクタイについて
  2. 13回忌法要とは
  3. 13回忌のネクタイの選び方
  4. 13回忌でのネクタイの結び方
  5. 13回忌でネクタイピンはつけてもいい?
  6. 13回忌の男性の服装
  7. 13回忌のネクタイについてまとめ

13回忌のネクタイについて

ネクタイ

皆さんは13回忌の法要に参加する際、どのようなネクタイを選びますか?

法事・法要のネクタイといえば、黒色のイメージがありますよね。

しかし、13回忌は亡くなって10年以上経過した法要です。
親族のみで集まり、ホテルで食事をとるなど簡易的に済ませる家庭も増えています。
年忌の回数を重ねるにつれ、マナーや法要の執り行い方も変わってきます。

法要では「平服で」と言われたとしても、どのようなネクタイをしていくのが正しいのか悩んでしまいますよね。
また、めったに会わない親戚同士で集まる場ということもあり、マナーには困ってしまいますよね。

今回終活ねっとでは、13回忌のネクタイについて

  • そもそも13回忌とは
  • ネクタイの選び方
  • ネクタイの結び方
  • ネクタイピンはつける?
  • 13回忌の男性の服装に、ネクタイは必要なのか

以上のポイントを中心に解説していきます。

13回忌法要では、男性のネクタイは必須です。
「平服」や「ラフな服装」と言われた場合でも、ネクタイは必ずつけましょう。

集まるのが親族のみの場合でも、13回忌は故人を偲ぶ場です。
きちんとネクタイを身に着けることは、社会人として最低限のマナーと言えます。

ぜひ最後までお読みください。

13回忌法要とは

葬儀

13回忌法要とは一体どのような法要なのでしょうか?

13回忌とは、故人がなくなって満12年の命日に行われる法要のことです。
近年では命日に集まることが難しい場合、その前後で行われることも少なくありません。

年忌法要は、13回忌まで行うという家庭が多くなっています。

年々、法要への参加は減っていくものです。
しかし法要の日は、大切な家族や友人と久々に会い、一緒に故人を想うことができる日です。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌のネクタイの選び方

ネクタイ

では、13回忌法要にはどのようなネクタイを選ぶべきなのでしょうか?

法要は毎年何度もあるものではありません。
参加する機会が少ないため、法要の際の服装選びには悩んでしまいますよね。
特に「ラフな格好で」と言われた場合は、本当にラフな格好でいいのか迷ってしまいます。

男性の場合はスーツの柄や色だけではなく、ネクタイ選びにも悩むことでしょう。
13回忌法要のネクタイは黒でなければならないのか、柄は避けるべきかなど疑問に思いますよね。
また、ネクタイピンの有無なども気になります。

13回忌などの法要・法事は、年を取るごとに参加回数が増えていきます。
年を取って責任のある立場になったとき、法要のマナーについて知らないと恥ずかしいですよね。

13回忌法要は親族のみで集まる家庭も多いとはいえ、亡くなった方やご先祖様を偲ぶ機会です。
故人やお寺に失礼のないようにしましょう。

次の項目から、13回忌法要におけるネクタイの選び方について詳しく説明していきます。

ここでは一般的な法要のマナーについて述べていきます。

しかし法事の服装は、地域や家系によって異なるものです。
服装が心配な場合は、一度親族に相談すると良いでしょう。

地味な色のネクタイを選ぶ

13回忌の男性のネクタイは、地味な色のものを選ぶようにしましょう。

黒でなくても問題ありませんが、赤や青などの派手な色のものは避けます。
黒に近い色、濃紺や濃いグレーなどの色を選ぶようにすると良いでしょう。

しかし、紺色のネクタイをつけていったとき、まわりが全員黒ネクタイだったという場合もあります。
後でネクタイをつけようとして、うっかり忘れてしまったという方もいらっしゃいます。
いざというときのために、黒いネクタイを1本持って置くと安心かもしれません。

また濃いグレーは良いですが、明るい色のグレーは控えます。
明るいグレーは、慶事のときに着用するというイメージがあるためです。

同じように、白いネクタイやシルバーのネクタイはおめでたい場で身に着けるものです。
弔事に慶事をイメージさせるものは避けましょう。

控えめな柄のネクタイを選ぶ

13回忌法要には、控えめな柄のネクタイを選びます。

一般的に3回忌以降は、柄の入っているネクタイを選んでも問題ないとされています。
柄物を選ぶ際は大きな柄は避け、地味なものや目立たないものにしましょう。

また、柄物を避けて無地のものを選ぶのが一番無難です。

黒い無地のネクタイは、コンビニや100円ショップでも取り扱われています。
すぐに用意することも可能であるため、黒い無地のネクタイを持っていない人は1本持っておくと便利です。

光沢のある素材は避ける

黒に近い色で無地のネクタイでも、光沢があるものは避けてください。

光沢のある素材のものは、弔事全般で避けたほうが良いです。
綿素材など布のものを選ぶと無難です。

13回忌でのネクタイの結び方

ネクタイ

13回忌に参加する際には、ネクタイの結び方にもマナーがあります。
ここでは2種類の結び方を紹介します。

プレーンノット

まず1つ目は、プレーンノットと呼ばれる結び方です。

プレーンノットはシンプルな結び方で、ビジネスシーンでも使われる結び方です。
多くの男性がまず最初に身に着ける結び方ではないでしょうか。
結び目は、固く小さな結び目になります。

ウィンザーノット

2つ目は、ウィンザーノットと呼ばれる結び方です。
ウィンザーノットは、プレーンノットよりも結び目が幅広で、ボリュームを出せる結び方です。
顔や体格の大きな方は、ウィンザーノットの方が自然にバランスよく見えます。

ほかにもネクタイには様々な結び方があり、おしゃれでネクタイにくぼみをつける方法もあります。

しかし、13回忌は法要の場です。
シンプルに、自分がバランスよく見えるように結びましょう。

13回忌でネクタイピンはつけてもいい?

困った人々

13回忌法要では基本的にネクタイピンはつけません。

場合によってはつけてもいいとされることもあります。
ネクタイピンをつけようと思っている方は、事前に施主やお寺に確認をしましょう。

ネクタイピンをつける場合は、地味なものに限ります。
アクセサリーのような派手なものや、光り物は避けましょう。

13回忌の男性の服装

困った人々

13回忌法要において、男性は地味目なスーツを着ていくのが無難です。

「平服で」と言われた場合に戸惑う人もいるかもしれません。
このような場合の「平服」とは、喪服ではなくていいという意味です。
ラフな服装でいいのかと勘違いせず、法要に適した地味なスーツを着ていきましょう。

服装に迷った時は、黒に近い色のスーツに黒いネクタイ・黒いベルト・黒い靴下、黒い靴でまとめれば良いです。
全身を黒でまとめていれば、マナーに厳しい親族がいた場合にも問題ないでしょう。

ですが、法事の執り行い方などによって異なる部分もあります。
法要に喪服に近い格好で行ったとき、周りがラフな服装で逆に浮いてしまったということもあるようです。

念のため、服装やマナーについて事前に親戚と相談しておくと安心です。

13回忌のネクタイについてまとめ

null

いかがでしたか?

今回の記事では、13回忌のネクタイについて

  • 13回忌のネクタイは、黒か黒に近い濃紺が無難
  • 13回忌のネクタイは、控え目な柄でもよいが、無地のものが無難
  • 13回忌のネクタイは、光沢のないものを選ぶ
  • 法要のネクタイの結び方は、プレーンノットとウィンザーノットの2種類がある

以上のポイントを中心に解説しました。

13回忌のネクタイは地味なスーツに合わせますので、落ち着いたものを選ぶのが無難です。
また、いざというときのためにも黒いネクタイを1本用意しておくと良いでしょう。

13回忌は、家族や故人の友人で故人を偲ぶ会になります。
法要で気持ちよく昔話に花を咲かせるためにも、場にあったネクタイを選ぶようにしましょう。
また故人や先祖に感謝し、失礼のない服装で参列しましょう。

終活ねっとでは、他にも様々な記事を紹介しています。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「13回忌・ネクタイ」に関連する記事

「13回忌・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

  • 7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

    7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

    冠婚葬祭ごとで服装は重要な要素ですが、中でもネクタイは比較的人目に付きやすい部分です。特に葬儀などの弔事では黒を着用するのが常識とされていますが、故人没後6年で行う7回忌の場合はどうすればよいのでしょうか。この機会に7回忌に適切なネクタイを見ていきましょう。

  • 葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識のサムネイル画像

    葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

    四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

    四十九日は故人の死後の行き先を決める特別な法要です。その際の服装(ネクタイや服)について、知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか?今回終活ねっとでは、四十九日のネクタイについてピックアップし解説させていただきますので、ぜひ、最後までご覧ください。

  • 一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

    故人が亡くなって1年目には一周忌法要を行うため、その服装を用意する必要がありますよね。では、一周忌法要にはどのような服装やネクタイをすればいいのでしょうか?今回は、一周忌の服装やネクタイについてと色や柄、他の法事の服装も紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?のサムネイル画像

    お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

    お通夜に出席する服装にはさまざまなマナーがあります。スーツ着用時の男性の必需品となるネクタイにもマナーがあります。今回はお通夜で付けるネクタイについて詳しく紹介していきます。

  • 27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

    27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

    27回忌になると小規模になり、服装も喪服にすれば良いのか違う服装が良いのか迷いますよね?そこで今回は27回忌にふさわしい服装をご紹介します。香典などその他のマナーもご紹介するのでぜひ最後までお読みください。

  • 33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

    33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

    33回忌にもなると、長い月日を感じますね。出席の際には普段着に近い服装でもよいという意見も聞かれますが、弔い上げにあたる場合は違ったルールがあるのでしょうか。ここでは、33回忌における服装等について様々な疑問を解消していきますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

    23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

    大切な方が亡くなり22年が経ち、23回忌法要に向けての準備を始めている頃でしょうか。皆さんは、23回忌の服装についてご存知ですか?今回は服装について男性、女性、子供に分けてご紹介します。最後に、服装に関する注意点にも触れているので、ぜひ最後までお読み下さい。

  • 7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

    7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

    7回忌は死後7年目に実施する法要です。7回忌は時間がだいぶ経っているため、どのような服装で参加すれば良いか悩む方もいらっしゃるでしょう。喪服なのか平服でいいのかなど悩む点が多いですよね。そこで今回は7回忌の服装について、男性と女性に分けて解説していきます。

  • 17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

    17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

    17回忌にお参りする際の服装って少し悩みませんか? 平服、喪服、略礼服など色々な言い方がありますが、そもそも平服って? など言葉自体がぼんやりしてしまっている事ってありませんか? ここでは、17回忌の服装をわかりやすく解説しています。 是非最後までお読みください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識のサムネイル画像

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介しますのサムネイル画像

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!のサムネイル画像

7回忌のネクタイの選び方とは?適切な色や結び方についてもご紹介!

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識のサムネイル画像

葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説のサムネイル画像

四十九日にはどんなネクタイを選べばいい?柄や素材まで詳しく解説

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介しますのサムネイル画像

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと