初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

目次

  1. 初七日法要の香典について
  2. 初七日法要に香典は必要?
  3. 初七日法要での香典の書き方
  4. 初七日の香典の入れ方・包み方
  5. 初七日の香典の渡し方
  6. 初七日法要の香典の金額相場
  7. 初七日の香典のお返しについて
  8. 初七日法要の香典についてまとめ

初七日法要の香典について

葬儀

初七日は一般的に親族などの身内だけで行われる法要ですので、四十九日や一周忌に比べてあまり広く知られていません。
そのため香典のマナーや金額相場について情報が足らず、不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の終活ねっとでは以下の内容を中心にして、初七日法要での香典のマナーについて詳しく解説していきたいと思います。

  • 初七日に香典は必ず渡す?
  • 初七日の香典にはどう書く?
  • 初七日の香典はどう渡す?
  • 香典のお返しはどうする?

香典の詳しい金額相場の説明やお返しの品物についても例を挙げて紹介しています。
急なご不幸で忙しくなる時だからこそ、しっかりと基本的な知識を身につけておかれることをおすすめします。
香典を渡す際のお悔やみの言葉も例文をいくつか挙げていますので、最後までご覧になり参考にしていただけると幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

初七日法要に香典は必要?

葬儀

仏教では葬儀の後に四十九日や一周忌といった法要があり、その中で一番初めに行われるのが初七日法要です。
死後7日目に行われる法要で、四十九日などと同様にご焼香があるため香典を渡すのが礼儀です。
一般的には親族などごく身内で集まりますが、故人と生前の親交が深かった友人ならご遺族からお声がけがある場合もあります。

式中初七日の場合も必要?

最近では初七日を葬儀の当日に行うことも多くなっており、式中初七日といいます。

同じ日であってもご遺骨を安置して場をあらためて行われますので香典を渡す必要があります。
通夜と葬儀は一続きで行われる儀式とされているので持参する香典は一つだけですが、葬儀と初七日は別の儀式のため同日に行われてもそれぞれに香典を用意するのがマナーです。

初七日法要での香典の書き方

葬儀

香典の重要なポイントは表書きや中袋を正しく書くことです。
宗派によってマナーも大きく違ってくるのでなるべく事前に聞いておくようにしましょう。
ここでは表書きや中袋の書き方、名前を書く際の注意点、筆記具についても説明していきます。

表書きは?

初七日の香典の表書きは不祝儀袋の表側の上段に薄墨の筆やペンで縦書きします。
中に包む金額が少ない場合は封筒になっている簡易タイプを、金額が多い場合は正式に水引がついた上包みタイプを選びましょう。

仏教で使われる不祝儀袋は蓮の花が描かれているものが多いですが、無地でも問題ありません。

正式な初七日の場合

初七日での表書きには「御霊前」「御香典」「御香料」のいずれかを書くのが一般的です。
四十九日より前に行われる法要ですので基本的に「御仏前」は使いません。
しかし宗派によって様々な決まりごとがありますので、失礼にならないようできるかぎり相手先の宗派を事前に聞いておきましょう。

式中初七日の場合

葬儀と同じ日に行われる式中初七日の場合は、葬儀のための香典と初七日のための香典、この二つの不祝儀袋を持参します。
どちらも表書きは「御霊前」もしくは「御香典」と書くため、ご遺族が後でわかりやすいようにしておきましょう。
初七日のために用意する香典には右上に「初七日」と書くのがマナーです。

浄土真宗の場合

同じ仏教でも宗派により考え方が違いますので必ず相手先の宗派にあわせて表書きを書きましょう。
浄土真宗では「御霊前」という表書きは使いません。
仏様へ供えることになるので「御仏前」と書きます。

どうしても宗派がわからない場合もあると思いますが、初七日は仏教の法要ですので迷ったら「御香典」と書いておくとどの宗派でも失礼になりません。

薄墨で書くの?

不祝儀袋の表書きは基本的に薄墨の筆記具で書きます
これは墨を自分で擦っていた時代からの慣習であり「涙で墨が薄くなる」という悲しみの意を表しています。
昔ながらに筆で書いてもいいですし、薄墨の筆ペンやサインペンなどが販売されていますので利用しましょう。

このように手書きの場合は薄墨の筆記具を使いますが、市販の不祝儀袋にはあらかじめ表書きが印刷してある物も多いです。
印刷されている文字が薄墨なら名前を書くときも薄墨で、黒ならそれに合わせて黒の筆ペンやサインペンなどで名前を書きましょう。

金額の書き方は?

ご遺族が香典返しをする際に必要になる情報ですので香典の金額を書くのもマナーの一つです。
不祝儀袋に中袋があるかないかで書き方が変わってきますので説明していきましょう。
金額が多ければ中袋のあるタイプを、金額が少なければ中袋のないタイプを選びます。

数字には「一・三・五・十」といった漢数字を使います。
旧漢字である「壱・参・伍・拾」が本来は正式とされていましたが、現代ではどちらでも問題なく使えます。
他にも「万・円」もしくは「萬・圓」とどちらで書いても構いません。

中袋がある場合

不祝儀袋に中袋がある場合は表側の中心に金額を書きましょう。
こちらは薄墨ではなく黒のペンで読みやすくはっきりと記入します。
香典返しの品物をご遺族が選ぶ目安となるため書き忘れないように注意が必要です。

中袋がない場合

中袋がなく直接お金を不祝儀袋に入れるタイプでは表面に表書きと名前を、裏面に金額を書きます。
ご遺族が香典返しやお礼状を送る必要があるので裏面には住所を書くことも忘れないようにしましょう。
裏面に書く場合でも筆記具は薄墨を使わず黒のペンで丁寧に書くのがマナーです。

名前の書き方

名前の書き方は表書きの下段にご自分の名前をフルネームで書きます。
表書きを薄墨で書いた場合は名前も薄墨で、黒で印刷してある場合は名前も黒で統一しましょう。
代理人の場合は名前の下に小さく「代」と書き添えます。

夫婦連名の場合

夫婦連名で名前を書く場合はまず中央にご主人の名前をフルネームで、その左側に奥様の下の名前だけを並べて書きます。
夫婦別姓の場合はどちらの名前もフルネームで書きます。

会社・部署名を書く場合

会社名や部署名を書く場合は中央に書いてある名前の右側に小さく書き添えます
部署で連名にする場合は代表者の名前を中央に書き、同じくその右側に部署名を書きましょう。
連名では代表者の名前の左側に「他五名」というように人数を添えます。
代表者を立てずに書く場合は中央に会社・部署名を、その下に「一同」と付けます。

大人数の連名で香典を出す場合は全員の名前を別紙に書いて不祝儀袋へ同封します。

住所は中袋に書く

香典返しは不祝儀袋に書いてある住所へ送るため住所を書き忘れないようにしましょう。
住所は郵便番号も付けて中袋の裏面左側に書きます。
中袋がない場合は不祝儀袋の裏面に記入します。
読みやすくする必要がありますので薄墨は使わず黒の筆記具を使いましょう。

ボールペンはNG?

ボールペンは香典の表書きにはふさわしくありませんが、中袋などに金額や住所といった大事な情報を書くのに向いています。
ご遺族が読みやすいように黒で丁寧にはっきりと書きましょう。
何かの拍子に消えてしまいやすいシャープペンや鉛筆はNGです。
ボールペンでも水性は水に濡れると文字が滲んでしまい読めなくなるので油性を使います。

初七日の香典の入れ方・包み方

葬儀

初七日の香典には法要にふさわしい入れ方や包み方がありますので詳しく解説していきましょう。
のし袋や水引の種類など基本的なマナーや香典の入れ方を知っておくと、今後の四十九日や一周忌などの法要にも備えられます。

のし袋に包むの?

のし袋の種類は祝儀袋と不祝儀袋の二つに分かれます。
祝儀袋は結婚式のお祝い金などを包み、不祝儀袋は葬儀や法要などの香典を包みますので間違えないようによく確認して用意しましょう。

そもそも特別なお金をそのまま手渡しするのは失礼とされていますので、必ずのし袋に包んで表書きを書いて渡します。
ご遺族は香典返しを送るために誰からの香典なのか住所や金額を把握しなければなりません。
のし袋はご遺族に負担をかけてしまわないよう名前と住所および金額を書くためにも必要です。

水引きはどうする?

水引は双銀や白黒の結び切りのものを用意します。
蝶結びはお祝い事の結び方ですので失礼にあたります。
地域によって水引の色が違う場合があるので事前に聞いておくと当日に慌てずにすみます。
例として京都などでは黄白の水引を使います。

お金の入れ方

表書きと中袋を正しく書けたらお金の入れ方にも気を配りましょう。
お金の入れ方にはいくつかの説がありますが、基本的にはお札の顔が見えないよう裏向きに入れるようにします。
お札を重ねて入れる際には向きをバラバラにせず同じ面が見えるように揃えます。

お祝い事と違い法要では新札を入れるのは失礼とされています。
時間がなく新札しか用意できなかった場合は軽く一度折り目をつけましょう。
使い古されてシワの多いお札も失礼になるので避けます。

初七日の香典の渡し方

葬儀

初七日での香典の書き方や包み方のマナーの次は、どのように香典を渡すのかを説明したいと思います。
香典をいつ渡せばいいのか、袱紗は必要なのか、渡すときの言葉はどう述べるのか、知っておくべきマナーがいくつかあります。
ご遺族へ失礼のないように香典を渡すときにも細心の注意を払いましょう。

初七日で香典はいつ渡す?

初七日では葬儀と同じように受付が設けられます。
まずご挨拶をしてから受付で渡しましょう

式中初七日では火葬場へ行く前に初七日の法要を行う繰り込み法要と、ご遺骨を安置してから行う繰上げ法要があります。
繰り込み法要では葬儀の際の受付で初七日の香典を渡します。
事前にどちらかわからない場合は葬儀の受付で確認しておきましょう。

袱紗に包んで渡すの?

袱紗はのし袋を包むための特別な道具です。
お悔やみの気持ちを込めて左開きになるよう丁寧に包みましょう
受付で渡す際は故人に敬意を表すために必ず両手をそえます。

袱紗にも注意すべきマナーが多くありますのでご遺族に失礼にならないよう気をつけましょう。
以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

お悔やみの言葉を述べて渡す

のし袋を渡す際には受付の方にお悔やみの言葉を述べます。
悲しい気持ちは隠さずに言葉につまったらそのまま言葉を濁してしまっても構いません。
多くの方が受付されるので短く簡潔に述べることが基本です。

以下のようなお悔やみが一般的です。
「謹んでお悔やみを申し上げます。」
「心からご冥福をお祈りいたします。」
「この度はご愁傷様でございます。」

受付の方が知り合いだと少し会話をしたくなることもあるでしょう。
しかしその際でも忌み言葉とされている「死」「生」という言葉は使わないよう注意します。
故人にお世話になったことを伝えたいときに使ってしまいがちですが、「ご逝去された」や「お元気だった頃に」などと表現するようにしましょう。

「次々」「重ね重ね」などの重ね言葉は同じ言葉を重ねて使うことで次のご不幸を連想させてしまうため、絶対に使わないようにするのがマナーです。

初七日法要の香典の金額相場

葬儀

香典の金額相場は故人との関係によって変わります。
ここでは関係性を挙げながら具体的に説明していきたいと思います。
葬儀と同日の式中初七日では葬儀での香典の半分ほどを包みます。

  • 親・義理の親

    三万円~五万円

  • 兄弟・姉妹

    三万円

  • 祖父母

    五千円~一万円

  • 叔父・叔母もしくは伯父・伯母

    五千円~一万円

  • 親戚

    三千円~一万円

  • 友人・知人・お世話になった方

    三千円~五千円

あくまでも一般的な目安として考えてください。
20代以前など年齢が若ければ相場の半分ほどの金額を、40代以上になれば上記の相場の倍を包む傾向があります。

沖縄での金額相場は?

沖縄では香典の金額相場は通常より低くなり友人・知人で千円~三千円です。
親等の近い身内でも五千円~一万円、親等が遠い親族では三千円~一万円です。

金額相場が低い理由は、沖縄では大勢の方が通夜・葬儀はもちろん初七日から四十九日までの7回の法要にもすべて参列して香典を渡すのが慣わしだからです。
そのため1回毎の金額は少なくても全体で考えるとほぼ全国の相場通りとなっています。

他にも沖縄独自の考え方も関係しています。
全国的には香典を多く包むほど故人との関係が深いとされていますし、包む金額が高ければご遺族の負担を軽くできるという風習が一般的です。
しかし沖縄では昔から、弔事でお金を重ねて渡すことは「不幸を重ねる」という意味に捉えられています。

このように沖縄では香典に多くお金を包むことはあまり良いこととされていません。
地域によっても違いがありますが、沖縄で広く知られている風習として覚えておきましょう。

初七日の香典のお返しについて

葬儀

初七日のお返しはあらかじめ軽い品物を全員分用意しておき、当日に渡すことが増えました。
高額の香典のお返しには四十九日の頃にあらためて金額に合わせたお返しをお礼状と共に送ります。
ここではお返しの金額相場や品物の選び方、のしの書き方を詳しく説明していきます。

お返しの金額相場は?

お返しはいただいた香典の金額の半分から三分の一が相場となります。
初七日の香典の金額相場が親戚だと三千円~五千円なので、初七日当日に全員に軽くお返しを用意しておきたい場合は千円~三千円の品物がおすすめです。
高額を包んでくれた方には四十九日の頃にあらためて送りましょう。

お返しにおすすめの品物

お返しの品物は「消えもの」が定番とされています。
これは食べ物や消耗品など食べたり使ったりすると消えて無くなってしまう品物のことです。
手元にずっと残っている品物だと法要の度に増えていくことになり困ることもあるためです。
かと言ってお返しでいただいた品物を自分から処分するのも気が進まないので、消えものを送ることも心遣いの一つなのです。

しかし消えものが定番とはいえ最近では手軽に使えるタオル類や筆記用具もお返しとして人気があります。
高額のお返しになると相手先の好みに合うものを選ぶのが難しいので、弔事用のカタログギフトを送る方も増えています。

それではお返しの具体的な例を挙げていきましょう。

  • 日持ちのするお菓子
  • 海苔やお茶
  • 石鹸や洗剤
  • タオル類
  • 筆記用具
  • カタログギフト

持ち帰ってもらう場合はなるべく荷物が重くならないようなお返しを選ぶこともポイントです。

のしは必要?

品物にお礼の気持ちを込めるためにはのし紙が必要です。
包装もしてあると見栄えが良くなりますので活用しましょう。
持ち帰りやすいよう手提げの紙袋を用意すると喜ばれます。

結びきりのものを使う

のし紙は黒白か白銀の結びきりのものを使いましょう。
あらかじめのし紙に印刷してありますので選ぶときによく確認するようにします。
水引と同じように京都などの地域によってはのし紙が黄白の場合もあります。

表書きは?

香典返しの表書きは「志」もしくは「粗供養」です。
地域によっては「満中陰志」と書く場合もあります。
可能であれば法要に詳しい親戚の方にあらかじめ確認しておきましょう。

名前の書き方は?

名前はのし紙の下段に書きます。
施主のフルネームもしくは苗字だけで「○○家」と記入しましょう。
表書きも名前も基本的には薄墨の筆記具を使いますが、のし紙を注文する際に印刷してもらう場合は黒でも構いません。
色を選べるなら薄墨で注文しましょう。

初七日法要の香典についてまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは初七日での香典の決まりごとを詳しく解説しましたが、いかがでしたか。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 初七日に香典は必ず渡す?

    初七日は法要の一つなので香典は必ず用意する。葬儀と同日に行われる式中初七日の場合でも、葬儀の香典と共に初七日のための香典も持参し、受付で渡す。

  • 初七日の香典にはどう書く?

    上段の表書きには「御霊前」もしくは「御香典」と書く。四十九日より前のため「御仏前」とは書かない。ただし浄土真宗は信条により「御霊前」は使わない。名前は下段に書き、金額と住所は中袋に書く。中袋がない場合は裏面へ。

  • 初七日の香典はどう渡す?

    香典はのし袋に入れて袱紗に包んで持参する。金額相場は親なら三万円~五万円、兄弟なら一万円~三万円、友人・知人なら三千円~五千円ほど。受付で渡す際にはお悔やみの言葉を忘れずに述べる。

  • 香典のお返しはどうする?

    香典返しの金額相場はいただいた香典の半額か三分の一。初七日当日に全員に渡したい場合は千円~三千円で消えもののお菓子やタオル類を選ぶのが定番。のし紙の上段には「志」や「粗供養」、下段には施主の名前を書く。

初七日法要でのマナーは葬儀ほど広く知られていないので、この記事を読むことで詳しく知るきっかけになり、終活の一環として心に留めていただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
香典について詳しく知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは、お通夜や葬儀で香典をいただいた方にお礼として贈る品物のことです。最近では、香典返しを郵送される方が多くなっています。そこで、香典返しを郵送する時のマナーや贈る時期について解説します。また、香典返しにどのような品物が多いのかについてもご紹介します。

「初七日・香典」に関連する記事

「初七日・香典」についてさらに知りたい方へ

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

    四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

    四十九日法要は多くの人が参加する規模の大きな法要です。年忌法要と比べて参列する機会は多いため、四十九日のマナーはしっかりと身に着けておきたいものです。中でも香典の書き方に迷う人は多いのではないでしょうか?今回は四十九日法要の香典の書き方についてまとめました。

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初七日・香典」についてさらに知りたい方へ

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと