葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介

喪服に合わせる葬儀用の靴。 色やデザイン、素材など迷うことはありませんか? 服装や髪型には気を配ったのに、靴でマナーがなっていないと思われるのは嫌ですよね。 「黒っぽい靴ならなんでもいいか。」ではなく、男性も女性も葬儀用に相応しい靴を履いていきましょう。

目次

  1. 葬儀用の靴について
  2. 男性の葬儀用の靴について
  3. 女性の葬儀用の靴について
  4. 葬儀用の靴の注意点
  5. 子どもの葬儀用の靴について
  6. 足が悪いときはどうすればいい?
  7. 葬儀用の靴についてまとめ

葬儀用の靴について

葬儀

突然の訃報で葬儀に行くことになったとしましょう。

「服装も髪型も大丈夫。カバンも黒で。香典も持った。これで準備万端!」と思っても、最後に迷うのは靴ですよね。
慌てて用意した靴が失礼にあたるなんてことは避けたいものです。

足元は意外と目立つものです。
おしゃれは足元から…なんていいますよね。
そのくらい靴は重要なアイテムです。

「この人マナーがなってないな。」と思われて、葬儀で恥をかくのは嫌ですよね。

そこで今回終活ねっとでは、

  • 男性の葬儀用の靴について
  • 女性の葬儀用の靴について
  • 葬儀用の靴の注意点
  • 子どもの葬儀用の靴について
  • 足が悪いときはどうすればいい?

など、葬儀の靴のマナーについてご紹介します。
ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

男性の葬儀用の靴について

null

せっかくお参りに行ったのに、非常識な靴のせいで恥をかくのは嫌ですよね。
特に男性は職場から駆けつけることも多いと思いますし、大事な取引先の社葬など会社を代表して行くこともあります。
お悔やみのシーンを台無しにしないよう、靴にも気を配れる紳士でいたいものです。

男性の場合は、以下の条件を満たしている黒の革靴にしましょう。

内羽根式のものを選ぶ

靴紐を通す部分のことをいいます。
外羽根式よりも、靴紐が内側に向かって通されている内羽根式のものを選びましょう。
内羽根式は礼装用の靴として昔から普及されてきたそうで、外羽根式は戦闘用ブーツが起源だそうです。
そのため、内羽根式の方が一般的にフォーマル向けとされています。

金具がついているものは避ける

金属など光るものがついている靴は避けましょう。
靴紐を通す部分に金具がついている靴は避けた方がいいです。
例え色が黒でも、デザインが内羽根式でも、NGです。

ローファーは避ける

学生のときにはよく履いていたローファーも、葬儀用の靴としては相応しくありません。
ローファーは英語では「怠け者」という意味です。
靴紐を結ぶ必要がなく簡単に脱ぎ履きできるのが名前の由来だそうです。
その名のとおりカジュアルなものですので避けましょう。

つま先がデザインがかっているものは避ける

デザイン性の高いウイングチップやUチップは避けましょう。
飾り穴のついたものも葬儀用には不向きです。
慶事のときには華やかでOKですが、弔事はNGです。

ストレートチップまたはプレーントゥのものを選びましょう。
ストレートチップの方が格上なので、迷ったらストレートチップが良いでしょう。

葬儀用の靴は、シンプルで落ち着いたものが基本です。

女性の葬儀用の靴について

葬儀

女性の場合も、男性と同じく色は黒で、シンプルなパンプスを選びましょう。
ヒールの高さや太さにも気をつけましょう。
シンプルなものは冠婚葬祭で活躍するため使い勝手もいいので、葬儀用の靴を準備しておくと、もしもの時も焦りませんね。

シンプルなデザインのパンプスを選ぶ

黒のプレーンのパンプスが無難です。
ワンポイントのデザインがついているものや、男性同様金具のついているもの、派手な飾りのついているパンプスは避けましょう。
女性用のパンプスにはリボンなどのちょっとした飾りがついているものが多くありますが、何もついていないシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

つま先は、ラウンドトゥ、スクエアトゥ、アーモンドトゥなどとがっていないものが無難です。

素材は天然皮革、合成皮革、布製のものを選びましょう。

ストラップ付きのパンプスは着用できる?

パンプスで歩きなれていない人は、安定感のあるストラップがついているパンプスが良いでしょう。

ストラップ付のものには賛否ありますが、デザインがシンプルで金具が目立たないものなら着用しても問題はないようです。
ゴールド・シルバーなどの金具ではなく、黒など目立たないものにしましょう。
しかし、脱ぎ履きのしにくいものや、大きい飾りがついているものは避けた方が良いでしょう。

3~5cmの高さで太いヒールのものを選ぶ

ヒールの高さは3~5㎝が良いとされています。
ピンヒールやウェッジソールは避けましょう。

ヒールが全くないものもカジュアルに見えてしまうためよくありません。
多少ヒールのある靴の方が、立ち姿が綺麗に見えます。

歩いたときに音が気になるようなヒールもNGです。
式場・斎場の床は、大理石やフローリングが多く静かな場所のため、音は意外と目立ちます。
細いヒールは音も出やすいため、太いヒールのものを選びましょう。
ピンヒールとわかる細さでなければ、見た目は問題ありませんが、細いヒールは疲れやすく、移動が多いと負担になります。

靴が合っていなくかかとが浮く場合は、パッドなどを使用すると良いでしょう。

着物のときは”喪履き草履”を着用する

着物のときの正式な履物は草履となります。
喪履き草履とよばれるものを着用します。
台も鼻緒も黒になっています。

葬儀用の靴の注意点

null

男性も女性も、葬儀用の靴を選ぶときに共通して注意しなければいけない重要なポイントを一緒に見ていきましょう。

黒色の靴を着用する

基本的に、黒色の靴を着用します。
ビジネスシーンではよく茶色やグレーなどの暗い色の靴もありますが、葬儀用としては相応しくありません。
また、黒が並ぶ中、他の色の靴は大変目立ちます。
急なお通夜で駆けつける場合などやむを得ないこともあるかもしれませんが、できるだけ避けましょう。

光沢のある靴は避ける

合皮や本革、布の生地の靴が良いです。

本革は「殺傷」を意味するため、わになど爬虫類の皮は避けるのが無難です。
またスエード素材のものもやめましょう。
それ以外の革製品は着用しても問題ありません。

エナメルなどの光沢が強い素材の靴は避けましょう。

カジュアルなサンダル・スニーカーは避ける

サンダル・スニーカーはマナー違反です。
女性の場合は、ミュールやバックストラップサンダル、パンプスでもつま先の出るオープントゥなどもいけません。
肌の露出はNGです。
つま先やかかとが出ないものを選びましょう。

中敷きは黒色でなくてもよい

中敷きは黒色である必要はありません。
靴を脱いだ時に気になる方は、100円ショップなどでも購入できます。
しかし、キャラクターのプリントがあるものなど、派手すぎる中敷きは避けるようにしましょう。

子どもの葬儀用の靴について

子ども シルエット

子どもは大人と違い、葬儀においても必ずしも革靴である必要はありません。
小さい子どもは靴の選択肢も少ないため、履きなれているスニーカーでもかまいません。
また目立たないものでしたら、多少金具などがついているものでも大丈夫です。

子どもはすぐにサイズも変わってしまいますし、準備しておくのが難しいですよね。
色も黒がない場合は、暗めの色を着用しても大丈夫です。

また、学生の場合はローファーでもよいです。
しかし、派手すぎるスニーカーやカジュアルなサンダルなどは避けるようにしましょう。

足が悪いときはどうすればいい?

雪

雨の日など、足が悪い時は、必ずしもマナーに沿った靴でなくてもかまいません。
その場合は黒色の布製のものであれば大丈夫です。
布製のものは、撥水加工がされているものを選ぶと、突然の雨や雪でも安心です。

「ブーツや長靴はマナー違反」と書いてあることが多いですが、雪国では急な通夜で準備ができず、ブーツで参列しているのをよく見かけます。
車で移動する場合は、パンプスを着用していけますが、急な通夜で職場から駆けつけ、公共交通機関を利用する場合、ブーツのことも多いですよね。

天候不順でやむを得ない場合は、会場で履き替えるのも良いと思います。
無理して悪天候の中をパンプスで歩き、足元がびっしょり濡れている状態で式場へ入るのも印象があまりよくないですよね。

最寄りの駅で履き替えてブーツをコインロッカーに預けるのも良いかもしれません。
葬儀場にもコインロッカーがある場合もあります。

葬儀用の靴についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回、終活ねっとでは葬儀用の靴について詳しく解説しました。

  • 男性の葬儀用の靴について

    男性の場合は、内羽根式・ストレートチップまたはプレーントゥのものを選ぶ。

  • 女性の葬儀用の靴について

    女性の場合は、シンプルな高すぎず太いヒールのパンプスを選ぶ。

  • 葬儀用の靴の注意点

    靴の色は黒!光沢の強いエナメルのものは避ける。

  • 子どもの葬儀用の靴について

    子どもの場合は、派手すぎなければスニーカーでもOK。

  • 足が悪いときはどうすればいい?

    天候不順の場合は、必ずしもマナーに沿った靴でなくても大丈夫。

葬儀用の靴は注意したい点が多く、靴はサイズも細かく分かれているので、急に用意するのは大変かもしれません。
何があっても良いように、一足用意しておくと便利ですね。
また清潔感があるよう、久しぶりに履く場合は、手入れもしっかりしてくださいね。


お葬式は故人を偲ぶ場所です。
自分の好みではなく、マナーを心得て相応しい靴で参列しましょう。

終活ねっとでは、他にも服装や持ち物、アクセサリーについてのマナーなども多数掲載しております。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀用・靴」に関連する記事

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀用・靴」についてさらに知りたい方へ

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?のサムネイル画像

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

介護職員にオススメの靴は?介護職員用の靴を選ぶ時のポイント紹介!のサムネイル画像

介護職員にオススメの靴は?介護職員用の靴を選ぶ時のポイント紹介!

法事にブーツを履いていっても大丈夫?服装のマナーについても解説のサムネイル画像

法事にブーツを履いていっても大丈夫?服装のマナーについても解説

キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介します

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこうのサムネイル画像

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀用・靴」についてさらに知りたい方へ

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?のサムネイル画像

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

介護職員にオススメの靴は?介護職員用の靴を選ぶ時のポイント紹介!のサムネイル画像

介護職員にオススメの靴は?介護職員用の靴を選ぶ時のポイント紹介!

法事にブーツを履いていっても大丈夫?服装のマナーについても解説のサムネイル画像

法事にブーツを履いていっても大丈夫?服装のマナーについても解説

キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと