香典袋と中袋の裏面には何を書くの?マナーや金額についてもご紹介

香典袋の裏面を書くときに、戸惑ってしまった経験はありませんか? 香典には様々な決まり事があり、マナーを知らないと失礼に当たってしまうこともあります。 この記事では香典袋の裏面の書き方を中心に、香典のマナーについて詳しく解説します。 ぜひ、最後までご覧ください。

目次

  1. 香典袋の裏面について
  2. 香典袋と中袋の裏面の書き方
  3. 香典袋の裏に〆や緘封シールは必要?
  4. 香典袋に関するマナー
  5. 香典袋に包む金額相場はどれくらい?
  6. 香典袋の裏面まとめ

香典袋の裏面について

葬儀

葬儀に参列する際、必ず用意する物の一つに「香典」がありますよね。
香典は古くから続いている風習で、線香や花の代わりに故人様へ供養の気持ちを表すものです。
また、葬儀という急な出費に対し、ご遺族を金銭的に助けるという意味合いもあります。

長い人生の中で誰もが一度は経験する葬儀ですが、普段はなかなか縁がないもの。
突然訃報の知らせを受けたら、参列の準備に戸惑ってしまうことも多いのではないでしょうか?

特に、香典袋に文字を入れるとき、どのようなルールがあるのか詳しく知っている人は少ないかと思います。
表面に「御霊前」などの表書きを書くということは知っていても、裏面に何を書くのかわわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回、終活ねっとの記事では、香典袋の裏面について、以下の疑問点を中心に解説していきます。

  • 香典袋の裏面にはなにを書けばいいの?
  • 書き方に決まりはあるの?
  • 中袋ありと中袋なしの違いって?
  • お金はいくらぐらい包めばいいの?
  • お札の入れ方に決まりはあるの?

葬儀という大事な場に相応しい行動ができるよう、香典に関するマナーをきっちり抑えていきましょう。
香典袋の選び方についてもご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

香典袋と中袋の裏面の書き方

葬儀

単に香典袋といっても、中袋(中包み)と呼ばれる袋があるタイプと、中袋がないタイプの2つん分かれます。

包む金額が少額の場合、香典袋に直接お金を包むケースも近年では増えてきています。
また、中袋なしが正式とされる地域もありますが、一般的には中袋ありが基本と考えていいでしょう。

この中袋の有無によって香典袋の書き方が変わってきます。
では、中袋ありとなしの場合に分けて、香典袋と中袋の裏面の書き方をみていきましょう。

中袋ありの場合

まずは、香典袋に中袋がある場合です。

中袋に書くことは、金額・住所・氏名の3つです。
これはご遺族が外袋を開いて、誰からいくら頂いたものかを確認し、礼状や香典返しをする際に役立ちます。

市販されている香典袋は予め印刷されているものもありますので、その場合は記入欄の構成に沿って必要事項を記入しましょう。

ここでは、なにも印刷されていない場合の中袋について説明します。

住所・氏名の書き方

中袋の裏面、左側に住所・氏名を書きます。
郵便番号も忘れないように注意しましょう。

番地やマンション、アパートなどの建物名、部屋番号まで省略せずに書きます
ご遺族が読みやすいように、丁寧な字で書くよう心がけましょう。

金額は書くの?

中袋の表側、中央に金額を書きます。

旧字体で書くのが正式な書き方とされ、新字体で書くのが略式と言われています。
書き慣れない漢字ですので難しいかもしれませんが、旧字体を用いるようにしましょう。

また、このとき「金○千圓」のように、頭に「金」という一文字を添えて書きます。

中袋には縦書きで書くの?

香典袋はすべて縦書きが基本です。
そのため、住所の番地などは算用数字ではなく、漢数字で書きます。
ただし、ゼロは「零」ではなく「〇」を使いましょう。

地域によっては金額も裏面に書く

地域によっては金額も裏面に書くことがあります。
その場合、表側は白紙にして、裏面の右側に金額、左側に住所、氏名を書きます。

中袋なしの場合

続いて、中袋がない場合の香典袋について説明します。
上袋と中袋が2枚あることで「二重になる=不幸が重なる」と考えられる地域では、敢えて中袋なしの香典袋を販売しているところもあります。

周囲の風習を事前に確認しておくと、いざというときに安心ですね。
不安なことがあったら、葬儀を行う葬儀社に相談してみるのも一つの手です。

住所・氏名の書き方

中袋がない場合、住所・氏名は香典袋本体に書きます。

香典袋では「御霊前」などを記入した表書きの下に水引があります。
この水引の下部分中央にをフルネームで書きます。

この時、表書きよりも少し小さく書くとバランスがよくなります。

そして、住所は香典袋の裏面に書きます。

金額の書き方

金額は住所同様裏面に書きます。
書く場所は水引の左下で、住所と隣あうように書くと良いでしょう。

新字体は、線を書き足すことで数字を変えてしまうと言われているため、使われないことが多くなっっています。
基本的には旧字体を使うように心がけた方が良いでしょう。

旧字体の書き方は、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

アラビア数字 新字体 旧字体
3,000円 三千円 参千円、参阡圓
5,000円 五千円 伍千円、伍阡圓
10,000円 一万円 壱萬円、壱萬圓
30,000円 三万円 参萬円、参萬圓
50,000円 五万円 伍萬円、伍萬圓
100,000円 十万円 拾萬円、拾萬圓

中袋なしの場合は横書きでも大丈夫

市販されている香典袋の中には、記入欄が予め印刷されているものもあります。
その場合は記入欄の構成に沿って、横書きで書いても問題ありません
横書きの場合には、アラビア数字を用いて書きます。

アラビア数字もゼロを書き足すと、金額を変えてしまうことができるため、書き替えられないように「5,000円」など、コンマを忘れないよう注意しましょう。

香典袋の裏に〆や緘封シールは必要?

困った人々

香典袋は基本的に糊付けはしません
糊付けをしてしまうと、ご遺族が香典の中身を確認する際に手間がかかってしまうからです。
その代わり、香典袋の中袋の折り口に「〆」や「緘」と書くようにしましょう。

また、シールも開封の手間がかかるため基本的には用いないようにしましょう。
例外として、香典袋にはがれやすいシールが付属されている場合には、シールを使って封をしても大丈夫です。

香典袋に関するマナー

葬儀

裏面の書き方以外にも、香典袋に関するマナーはいくつかあります。

マナーの1つとして、包む金額についてが挙げられます。
香典に包む金額としては、4や9などの数字を避けなければなりません。
基本的には、1・3・5・10のつく金額が好ましいとされています。

また、包む金額によって香典袋の種類も変わります
主に4種類ありますので、以下の表を参考にしてみてくださいね。

金額 香典袋の種類
3千〜5千円 水引が印刷されている簡易香典袋
1万〜3万円 白黒か銀色の水引が7~10本ほど束になっているもの
3万〜5万円 中金封サイズで、銀色の水引が10本以上束になっているもの
10万円以上 大金封サイズで、高級和紙を使い、水引が凝ったデザインのもの

香典袋の見た目と中身の金額の差が大きいと、ご遺族が困惑してしまうことになります。
金額に相応しい香典袋を選ぶようにしましょう。

この他にも、香典袋にまつわるマナーをいくつか見ていきましょう。

ボールペンではなく薄墨で書く

香典袋は、毛筆または筆ペンを使って、薄墨で書くのが基本です。
薄墨とは薄い墨を用いたもので、専用の筆ペンやサインペンが販売されていますね。

薄墨で書くことは「悲しみの涙で字が薄くなってしまった」ということを表しています。
鉛筆で書くことはマナー違反ですが、中袋に関しては読みやすさを重視して、黒いボールペンや万年筆で書いても問題ありません。

入れるお札は上下を揃える

香典袋にお金を入れる際には、お札の上下を揃えるということを忘れないようにしなければなりません。

また、この他にも、お札の向きについて注意するポイントは二つあります。
一つ目は、向きを揃えて紙幣の顔がない側が香典袋の表にくるようにするということです。
これは「悲しみで顔が見えない」と覚えておきましょう。

二つ目は、紙幣の顔の部分を下にすること。
こちらは「悲しみで俯いている」と覚えておくと良いでしょう。

また、香典袋に入れるお金は、シワや折り目のついた古いお札を使います
これは、「不幸を予期し、新札を用意していた」という印象をご遺族に与えないためです。
その他にも、新札を避けるのは「新たな不幸を招かないように」という願いが込められているとも言われています。

手元に新札しかない場合には、わざと折り目をつけるか、誰かに交換してもらうようにしましょう。

香典袋の端の重ね方に注意する

最後に上袋の端を折りますが、ここでも注意するポイントがあります。
香典袋の場合は、裏面の下側→上側の順に折り重ねます。
ご香典袋の重ね方は、祝儀袋とは逆になるため注意が必要です。

弔事は下を向き、涙が落ちる様を、慶事は上を向き、顔を挙げる様子を表しています。

慶弔用のスタンプを使っても大丈夫?

文具店などでは、慶弔用のスタンプが販売されています。
香典に文字を入れる場合、薄墨が基本なのでスタンプは使用しない方がいいでしょう。
ご遺族の中には気にされる方もいらっしゃいますので、失礼に当たらないよう、手書きで書くのがマナーです。

香典袋に包む金額相場はどれくらい?

お金

香典袋に包む金額相場は、相手との関係性によって決まります。

両親は5万円~10万円、親戚は1~5万円、仕事でお世話になった方や友人は5千円~1万円、顔見知り程度の関係であれば3千円~1万円が一般的と言われていますが、年齢や立場によっても変わります
故人との関わりを重視して考え、困ったときは周囲に相談してみましょう。

香典のマナーは、宗教によっても異なる場合があります。
みなさん参列した経験があるのは、仏式の葬儀かと思います。
仏式葬儀の香典マナーや金額相場については、以下の記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

香典袋の裏面まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとの記事では、香典袋の裏面の書き方を中心に、香典のマナーについて以下のことを説明しました。

  • 中袋ありの場合、中袋の表側に金額、裏面に住所と氏名を書く。
  • 中袋なしの場合、外袋の表側に氏名、裏面に住所、金額を書く。
  • 香典袋はすべて縦書きが基本。
  • 金額を書くときは「金」の一文字を添え、旧字体で書く。
  • 香典袋は糊付けをせず、封筒の折り口に「〆」や「緘」と書く。
  • 香典袋は毛筆や筆ペンを使って薄墨で書く。
  • 紙幣の顔がない側が香典袋の表にくるように、下向きに入れる。
  • 香典袋の端を折るときは、裏面の下側→上側の順に折り重ねる。

香典一つにしても、たくさんのマナーや決まり事がありましたね。
しかし、いちばん大切なのは、香典袋にはっきりと住所・氏名・金額を記すこと、そして、書かれている金額と中身が一致していることです。

香典を管理するのは、ご遺族の方にとってとても重要なことです。
誰からいくら頂いた香典なのか、正確に伝わる書き方をしましょう。

香典のマナーをきちんと心得て、葬儀に参列できるようにしたいですね。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

「香典袋・裏」に関連する記事

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説のサムネイル画像

    不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説

    お葬式などに参列するときには、香典を不祝儀袋に包んで持参することになります。では、不祝儀袋の中袋とはどういうものなのでしょうか。今回は、不祝儀袋の中袋とはなにか、住所氏名・金額の書き方や包み方について解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介のサムネイル画像

    香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介

    知っている方の葬儀に出かける際に必ずといってよいほど持参するものの1つが香典袋です。香典袋といえば外側ばかり気になりますが、実は中に入っている内袋にも書き方など気を配る点があります。今回は香典袋のマナーの中でも内袋の書き方について見ていきましょう。

  • 香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

    香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

    現在では、金銭で香典をお供えすることが一般的です。そのため、お金を包む香典袋が必要ですが、包む香典金額の相場はいくらでしょうか?香典袋の書き方から香典の金額までお教えします。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「香典袋・裏」についてさらに知りたい方へ

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説のサムネイル画像

不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介のサムネイル画像

香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「香典袋・裏」についてさらに知りたい方へ

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説のサムネイル画像

不祝儀袋の中袋ってなに?名前・金額の書き方や包み方について解説

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと