お墓の霊標ってなに?霊標の用途や費用についても解説します!

お墓の霊標を建てるか考えたとき、そもそも霊標とはなにか?という疑問が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。お墓だけでなく霊標も建てる意味や、霊標に関する費用などについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お墓の霊標について
  2. お墓の霊標とは
  3. 霊標の用途
  4. 霊標の文字彫りにかかる費用
  5. 霊標に文字彫りをする場合の流れ
  6. お墓の霊標まとめ

お墓の霊標について

お墓

お墓を建てるとき、霊標が必要なのか悩む方も多いのではないでしょうか。

しかし、改めて必要なのか考えたとき、霊標という名前を聞いたことはあっても、実際にどういうものなのか知らないという方もいるかもしれません。

霊標とはなんのためにあるものなのでしょう。
また、霊標を建てるとなった場合には、どのくらいの費用がかかるのでしょう。

今回終活ねっとでは、お墓の霊標について

  • お墓の霊標とは?
  • 霊標の種類
  • 霊標を建てるのにはどんな意味がある?
  • 霊標にかかる費用
  • 霊標に文字を彫るまでの流れ

以上のことを中心に解説していきます。
霊標を建てるかを決める際や実際に霊標を建てる際に参考にしてみてください。

お墓の霊標とは

お墓

そもそもお墓の霊標とはなにか知らない方も多いかと思います。

霊標とは、故人の名前や戒名を刻み、家系のつながりを記録するための石の板です。
続柄や略歴、家紋や印象的な言葉などを刻むこともあります。

霊標には色々な呼び方がある?

霊標には色々な呼び方があります

これは、地域や宗教による違いで、「霊標」以外にも「墓標」「墓誌(ぼし)」「戒名板」「法名碑」「墓碑(ぼひ)」とも呼ばれます。

霊標の種類

霊標の種類にはいくつかのものがあります。

選び方はとくに決まりはないため、宗教や好みに合わせてデザインを選んで設置します。
主な種類として、以下にあげてご紹介します。

  • 屋根付き型

    スペースが広くとれる場合に選ぶことが多いです。名前の通り、屋根がついた家のような形です。

  • ゲタ型

    二つの足で支えるような形です。和型の石碑ときに選ばれます。

  • 横置き型

    石碑の前に置かれているのがこの形です。洋型に合わせます。

  • 本型

    名前の通り、本の形をしています。洋型にあわせて建てられます。

  • コンパクト型

    狭いスペースに建てたいときにおすすめの形です。

  • 剣型

    竿石の頭が尖がっている形です。神道のお墓に合わせて、霊標もこの形にします。

霊標の用途

お墓

それでは、霊標とは何のためにあるのでしょうか。

霊標の用途について、刻む内容と合わせてご説明します。

霊標は先祖の歴史を伝えることができる

お墓に眠るご先祖様がどういった方々か、みなさんご存知ですか?
名前すら知らないという方も多いでしょう。

霊標には俗名や命日、略歴などが刻まれます。
そのため霊標を見ると、何という名前のご先祖様がどの時代に生きたのかが一目でわかります。
霊標があることでその家の歴史をたどり、今ここにいる自分のルーツであるご先祖様とのつながりの感じることができるのです。

また、自分がこの時代に生きていたのだということを、自分の後世に伝えることもできます。
過去から未来へと、霊標は先祖の歴史を伝えることができる存在なのです。

霊標に刻む内容

霊標に刻む内容は宗派によって異なります。

仏教、キリスト教、神道の一般的なものは以下のようになります。

仏教の場合

まずは仏教の場合から見て来ましょう。

仏教では、戒名・命日・俗名・行年(享年)の4つを刻むことが多いです。

戒名(法名)とは、亡くなった後にお坊さんからいただく名前です。
命日は、亡くなった年月日を刻みます。

また、俗名とは生前の名前のことで、行年は亡くなった当時の、数え年の年齢のことを指します。

キリスト教の場合

次に、キリスト教の場合について見て行きましょう。

キリスト教では、ホーリーネーム・誕生日・没年月日の3つを刻むことが多いです。

ホーリーネームとは、キリスト教で洗礼を受けていただく名前のことです。

キリスト教では、誕生日や没年月日は西暦で刻みます。
また、一般的に横書きで刻むということも、特徴の一つです。

神道の場合

最後に、神道の場合では、おくり名・没年月日・年齢の3つを刻むことが多くなっています。

おくり名とは、戒名と似た意味を持つもので、名前の後ろにつけられます。

霊標の文字彫りにかかる費用

お金

では実際に霊標かかる費用はいくらくらいでしょうか。

霊標の文字彫りにかかる費用について、新たに霊標を建てる場合と、すでに霊標がある場合に分けてみていきましょう。

新しく霊標を建てて文字彫りをする場合

新しく霊標を建てる場合、霊標を新たに購入する必要があります。
霊標は、使う石材の種類や大きさ、デザインによって費用が異なります。

石材は中国産などの安いもので10万円程度、国産だと30万~50万円ほどかかります。
中にはインド原産の黒御影石など国産より高い石材もあります。

一般的に、サイズは大きくなるほど、デザインは凝ったものほど高くなることがほとんどです。
また、霊標をお墓と一緒に建てると安くなることがあります。

これらの霊標自体の値段に加え、さらに工事費と彫刻代がかかります。
工事費は墓地の状況によって値段が変わります。
彫刻代はだいたい1名あたり3万円前後になります。

追加で文字彫りする場合

つぎに、追加で文字掘りをする場合の費用についてです。

彫刻の一般的な相場は、5万円程度です。

またこの時、霊標を移動して店舗で彫刻する場合と、現地に来てもらって彫刻してもらう場合があります。
店舗に移動する場合、運送費がかかるためプラスアルファで費用がかかることがあります。

移動の際に霊標に傷がつくことがないように気を付ける必要もあるため、最近では現地での追加の文字掘りが増えています。

霊標を建てることで費用を抑えられることも

霊標は建てる費用がかかりますが、追加彫刻などの費用を考えると、結果的に霊標を建てることで費用を抑えられることがあります。

お墓に追加で戒名を彫刻する場合、お性根抜き(魂抜き)をすることが一般的です。
お墓にはご先祖様の魂が宿っていると考えられるため、魂が宿ったままお墓を移動することは仏教上タブーです。
そのためお墓から魂を抜き、お墓をただの石にする必要があります。
この魂を抜く儀式をお性根抜きと言います。

一方、霊標はいわばただの部材であるため、お性根抜きの必要がありません。
そのため追加彫刻する場合、お性根抜きにかかる費用が抑えられる場合があります。

また、お墓よりも霊標の方が彫刻できる人数が多くなります。
だいたい8名以上の戒名を刻む予定がある場合、お墓だけではスペースが足りなくなる可能性が高いため、霊標を建てた方が良いでしょう。

また、以下の記事では、お墓のお性根抜きの費用について解説しております。
詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の魂抜きに費用はいくら必要なの?相場や内訳を解説

いざ、お墓の魂抜き(お性根抜き)をしなければならなくなったとき、その費用であるお布施料はどれくらいかかるものなのか。実際のお墓の魂抜きに必要なお布施の相場や金額の決め方などの費用に関する情報や、お布施を渡すときの基本的な作法についてわかっておくと安心ですね。

霊標に文字彫りをする場合の流れ

お墓

最後に、霊標に文字彫りをする場合の流れを見ていきましょう。

基本的な流れは以下のようになっています。

  • 石材店にお問い合わせする

    霊標が欲しいことやその理由を伝えましょう。

  • 石材店に見積もりをしてもらう

    すでにお墓がある場合は、現地に来て見てもらいましょう。
    石のサイズ、石材の種類などを選んでもらい、見積もりをしてもらいます。

  • 霊標に使う石材の種類を決める

    選んでもらった石材の中からどれを使うか決めます。

  • 彫刻する内容を伝える

    彫刻してしまうと修正がきかないので、内容はしっかり吟味して伝えましょう。

  • 霊標に文字彫りをしてもらう

    石材店に文字掘りもしてもらいます。

  • 完成

    以上で完成です。

お墓の霊標まとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お墓の霊標について以下の内容を説明してきました。

  • 霊標とは、故人の戒名を刻みその家の歴史を記録するもの。
  • 霊標を見ることで、どの時代にどんなご先祖様がいたのかを知ることができる。
  • 霊標を新しく建てる場合にかかる費用は、使う石材によっても異なるが、15万円〜40万円程度が相場である。
  • 霊標への追加の文字入れは、一般的に5万円ほどかかる。
  • 霊標はお墓と違いお性根抜き(魂抜き)が必要なく、またたくさん刻むことができるため、お墓より費用を抑えることができる場合がある。

霊標は必ずしも必要なものではありません。
しかし霊標があることで、自分のご先祖様を知り、思いをはせることができます。

必要ないからいらないと言ってしまうのではなく、近年霊標を建てる方が多いのは、こうして霊標を通してご先祖様とつながることができるからかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・霊標」に関連する記事

「お墓・霊標」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・霊標」についてさらに知りたい方へ

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介のサムネイル画像

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!

真言宗における戒名の位号とは?戒名のつけ方や相場も徹底解説しますのサムネイル画像

真言宗における戒名の位号とは?戒名のつけ方や相場も徹底解説します

一周忌のお花に何を選ぶ?お花を贈る際のマナーについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお花に何を選ぶ?お花を贈る際のマナーについても解説します

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!のサムネイル画像

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!

お墓に名前を追加彫りしたい!費用の相場はどのくらい?のサムネイル画像

お墓に名前を追加彫りしたい!費用の相場はどのくらい?

先勝の日に法事をしてもいいの?法事と六曜の関係について解説しますのサムネイル画像

先勝の日に法事をしてもいいの?法事と六曜の関係について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・霊標」についてさらに知りたい方へ

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介のサムネイル画像

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!

真言宗における戒名の位号とは?戒名のつけ方や相場も徹底解説しますのサムネイル画像

真言宗における戒名の位号とは?戒名のつけ方や相場も徹底解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと