納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

様々な事情で、契約済みの納骨堂を解約したと思われている方は多いと思います。納骨堂は返却できるのか、納めた契約金は返金されるのかという疑問にお答えします。また、ご遺骨を納骨する前と後で返却の手続きや条件は変わるのか、といった疑問についても解説します。

目次

  1. 納骨堂は返却できるのかについて
  2. 納骨前なら納骨堂は返却できる?
  3. 納骨後でも納骨堂は返却できる?
  4. 納骨堂を返却した後の手続き
  5. 納骨堂を返却した後の選択肢
  6. 納骨堂の購入前に気をつけること
  7. 納骨堂の返却まとめ

納骨堂は返却できるのかについて

葬儀

少子化や都市部への人口流入に伴い、先祖のお墓やご遺骨を、お墓ではなく納骨堂で管理・供養される方が増えています。

また納骨堂を購入したものの、様々な理由で一度購入した納骨堂が必要なくなったという方も増えていると思います。

そこで終活ねっとでは今回、納骨堂の返却について以下の内容を解説します。

  • 契約した納骨堂は、納骨前なら返却できるのか?
  • ご遺骨を納骨した後に納骨堂を返却することは可能か?
  • 納骨堂を返却した後に必要な手続きは?
  • 納骨堂を返却した後のご遺骨管理の選択肢は?
  • 納骨堂を購入する際に注意することは?

気になる納骨堂の価格や返却時の返金についても解説します。

納骨堂を購入済みだが返却するか迷っている方、これから納骨堂を購入しようと考えている方にお読みいただきたい内容です。

ぜひ最後までお付き合いください。

また、終活ねっとでは全国の納骨堂を比較検討することが可能です。
ぜひ終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨前なら納骨堂は返却できる?

お墓

納骨前の段階なら、購入済みの納骨堂を返却できるのではないか?
そう考える方は多いことでしょう。
納骨前の納骨堂の返却は可能なのか、支払い済みの費用は返却されるのかどうかについて解説します。

納骨堂との契約内容による

購入した納骨堂の返却が可能かどうかは、購入時の納骨堂との契約内容によって異なります

納骨堂には寺院や自治体が管理・運営しているほか、宗教法人、財団法人、社団法人などの民間で管理・運営されているものもあります。
契約の条件や内容は契約する団体によって異なるため、返却が可能とも不可能とも言い切れないのです。

しかしながら、基本的には納骨堂であれば、契約時にかならず契約書を取り交わしているはずです。
まずはその契約書の内容をよく読むことが大切です。
不明な点は納骨堂へ直接連絡して確認しましょう。

自治体や民営の納骨堂ではなく、寺院など先祖代々檀家として付き合いがある納骨堂の場合、納骨時に契約書面を取り交わしていないケースがあります。
その場合は直接寺院に連絡をして契約内容を確認する必要があります。

支払い済みの費用は返金される?

返金について解説する前に、納骨堂の購入時に支払う料金について解説します。
納骨堂により多少の違いはありますが、一般的に納骨堂の購入費用には以下のような料金が含まれています。

  • 使用料(永代使用料)
  • 管理費(年間管理費、永代管理費)
  • 供養料(永代供養料)

契約時に項目別の詳細を説明している納骨堂もあれば、項目別の料金明細はなく諸費用をすべて含んだ金額として提示している納骨堂もあります。

こうした購入費用の一部または全部の返金が可能かどうかも、納骨堂との契約内容により異なります

納骨のタイミングにかかわらず購入費用の返金が不可能な場合には、契約書に明記されていたり、購入時に説明されたりしますので、よく確認しておく必要があります。

納骨堂によっては、納骨してから毎年かかる費用を購入時に先払いするシステムを採用している場合があります。
この場合、先払いした料金の中の未使用期間分のみ返金してもらえることが多いです。

いずれにしても契約内容をよく確認し、不明な点があれば直接納骨堂に問い合わせるようにしましょう。

納骨後でも納骨堂は返却できる?

困った人々

いったん納骨をした後になってから、お墓を作ったり引っ越しをしたりといった事情があり、ご遺骨を移動させる必要が出てくることもありますよね。
ご遺骨を納骨堂に納骨した後でも、納骨堂を返却することは可能なのでしょうか?

結論から申し上げますと、こちらも納骨堂との契約内容によって異なります

納骨堂からご遺骨を取り出すことについては特に制約がなく、改葬手続きをすれば持ち出せる納骨堂がほとんどです。
しかし返金を受け付けていない納骨堂が多く、管理費などについても違約金が発生する場合があります。

また、納骨堂の購入費用を分割で支払っていて、未納金を残して納骨堂を返却する場合には、未納分の一部または全部を違約金として請求される場合もあります。

逆に年間管理費を先払いしている場合、納骨堂によっては未使用期間の管理費が返金されることもあります。

納骨後に納骨堂を返却する際には、ご遺骨移動の手数料も発生します。
契約書の内容をよく確認することはもちろんですが、後の手続きのことも含めて納骨堂へ直接相談するのがよいでしょう。

納骨堂を返却した後の手続き

お墓

納骨後に納骨堂を返却するならば、ご遺骨を移す場所やその後の供養について考えなければなりません。
納骨堂から取り出したご遺骨の手続き・供養方法について、いろいろなパターンに分けてみていきましょう。

新しいお墓や納骨堂に移す場合

現在ある納骨堂からご遺骨を取り出して、別のお墓や納骨堂へ移すことを改葬といいます。
改葬の際は、複数の申請書や許可証を発行する必要があります。
改葬する際の手続きの流れと内容について、以下で詳しく解説します。

改葬手続きの流れ

改葬手続きの流れは以下の通りです。

  • ご遺骨の移動先を決める

    まず、納骨堂から取り出したご遺骨を次にどこに納めるかを決めます。
    改葬先となる納骨堂にて書類を作成していただくこともあります。
    改葬の可能性が出てきたら、早めに検討しておきましょう。

  • 現在の納骨堂から埋葬証明書をもらう

    改葬元となる現在の納骨堂にて、埋葬証明書(埋蔵証明書ともいいます)を発行してもらいます。
    埋葬証明書とは、改葬されるご遺骨が故人のもので、たしかにそこに埋葬(納骨)されていると証明するための書類です。
    複数のご遺骨を移動させる場合には人数分の証明書が必要なので注意してください。

  • 新しいご遺骨の移動先から受入証明書をもらう

    改葬先となる墓地や納骨堂にて、受入証明書を発行してもらいます。
    改葬元となる現在の自治体によっては、改葬許可申請時に添付する必要があります。
    申請前に各自治体にて確認しておきましょう。

  • 現在の納骨堂のある市町村に改葬許可申請をする

    現在の納骨堂がある自治体へ、改葬許可申請書を提出します。
    申請書のフォーマットは、自治体役場の窓口やウェブサイト上で取得することができます。
    申請の際は申請書に加えて埋葬証明書と、自治体によっては受入証明書が必要となります。

  • ご遺骨を取り出す

    納骨されているご遺骨を取り出します。
    お墓の場合には自分で取り出すのが大変なこともあります。
    納骨堂はご遺骨が骨壷に入った状態で納められているので、改葬者または納骨堂の方であれば容易に取り出すことができます。

  • 新しいご遺骨の移動先に納骨する

    改葬先の墓地や納骨堂へ改葬許可証を提出し、ご遺骨を移動・納骨します。
    改葬先がお墓の場合には、納骨時に石材店に依頼したり、墓石の開眼供養を行ったりする必要があります。

改葬にかかる費用

改葬の手続きについて見てきましたが、改葬にかかる費用は実際にはどれくらいなのでしょうか?
通常であれば改葬はそう何度も行うものではありませんが、あまりに改葬費用が高額ですと経済的負担が大きくなりますよね。
改葬手続きの流れに沿って、必要な費用について解説します。

改葬先の契約に必要な費用

改葬先のお墓や納骨堂との契約費用が発生します。
改葬先がお墓の場合は、墓地と墓石の費用として、100~300万円ほどの費用がかかります。
改葬先が納骨堂である場合には、30~100万円ほどの費用がかかります。

改葬先の受入証明書の発行に必要な費用

改葬先の受入証明書の発行に必要な費用は、改葬先との契約内容によって異なりますので、確認が必要です。
契約する際に改葬する旨を伝えておけば、受入証明書の発行には別途料金がかからないこともあります。

埋葬証明書の発行に必要な費用

埋葬証明書の発行に必要な費用は、改葬する前の納骨堂に支払うものです。
埋葬証明書の発行に際して決まった料金はありません。
納骨堂によっては事務手数料程度の金額を請求される可能性があります。

改葬許可証の発行に必要な費用

改葬許可申請書の書式を入手するのには、特別費用はかかりません。
ウェブサイト上で書式をダウンロードすることができます。
改葬許可申請を行い許可証が発行される際に、数百円~千円程度の手数料がかかります。
また手数料は自治体によって異なります。

ご遺骨の移送と納骨・埋葬にかかる費用

改葬先がお墓で改葬者自身で納骨を行えない場合は、ご遺骨の移送や納骨と埋葬は、石材店などに依頼する必要があります。
一般的な料金は3~4万円程度です。

改葬先がお墓の場合には、更に墓石に魂を入れる開眼供養を行います。
供養料は寺院宗派によっても違いますが、平均的な必要費用は1~5万円程度です。
霊園の場合には納骨時に手数料がかかることもあります。

ご遺骨をお墓に移さず自宅で保管する場合

納骨堂から取り出したご遺骨を、お墓や別の納骨堂に入れるのではなくご自宅で保管するという方法もあります。

仏壇を作り子孫に受け継ぎつつ保管・供養する場合もあれば、後々お墓や納骨堂、永代供養墓などに納める予定で、一時的に自宅で保管することもあるでしょう。

自宅でご遺骨を保管する場合には改葬許可証は不要です。
しかし、いつまで管理できるか分からない、ゆくゆくはお墓に入れる可能性があるといった場合も多いはずです。

しばらく自宅で保管した後でも、お墓や納骨堂に納骨する場合には改葬許可証が必要になります。
すぐには不要でも納骨堂からご遺骨を取り出す際には、念のために改葬許可証を発行し、保管しておくのがよいでしょう。

納骨堂を返却した後の選択肢

仏壇

納骨堂から取り出したご遺骨を別の納骨堂やお墓に移したり、自宅で保管したりする以外の方法で供養するのにはどうしたらよいのでしょうか?
納骨堂を返却した後の選択肢についてご紹介します。

永代供養墓

永代供養墓とは、寺院や霊園などが建てたお墓です。
家族親族ではない他人と一緒のお墓に入り、期間の定めなくご供養してもらえるというものです。
費用は10万円~と安価で、家族・親族がお参りに来られなくなっても、無縁仏などにならないという安心感が魅力です。

永代供養墓の注意点は、合祀墓の場合ご遺骨を骨壷から取り出して埋葬するという点です。
一度合祀墓に入ってしまうと、もう故人のご遺骨のみを取り出して供養することができなくなります。

永代供養の料金相場について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

散骨

散骨とは粉砕したご遺骨を、散骨が可能な海や山、故人の思い入れのある土地などへ撒く方法です。
墓地や寺院との付き合いがない、管理費用やお布施などの費用がかからない、お墓参りをしなくてよい、ご遺骨やお墓を子孫に受け継ぐ必要がないというメリットがあります。

一方で散骨にはデメリットもあります。
散骨した場所が海や山となると、故人がどこに眠っているのか不明で、一度散骨したご遺骨は回収不可能となり、その故人のためにお墓を建て直すことができません。

手元供養

手元供養とは、ご遺骨の一部をペンダントや小型の祭壇などに組み込み、身近なところに置いて供養をする方法です。

ご遺骨の一部を身近に置く方法は多岐に渡り、リング、ブレスレット、ペンダント、ブローチといった身につけられるものから、ミニ骨壷、メモリアルオブジェといったものまで、ニーズに応じて様々な形状にすることが可能です。

手元供養は、お墓や納骨堂での供養も行いつつ、ご遺骨の一部を加工するというケースが多いです。

樹木葬

樹木葬は散骨にやや近いのですが、ご遺骨を埋葬し、墓標・墓石の代わりに樹木を植えるというものです。
骨壷に入った状態のご遺骨を埋葬するものと、骨壷から取り出して合祀するものがあります。

サクラや菩提樹などの樹木をメモリアルツリーとして植える霊園も多いのですが、バラなどの低木で美しいガーデンを作っている霊園もあります。

骨壷に入ったご遺骨を個別に埋葬している霊園もあるのですが、数年経過すると合祀するという霊園も多く、埋葬方法によっては故人のご遺骨を回収することが不可能となります。

樹木葬の場合どれくらいの費用がかかるのか、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

納骨堂の購入前に気をつけること

人々

ここまで、納骨堂の返却や返金の有無、改葬について解説してきました。
けれど費用を払って契約する納骨堂ですから、できるなら長く利用したいものです。

ここでは、納骨堂の購入前に気をつけておくべき注意点をまとめました。

家族・親族と話し合う

家族・親族とお墓についてよく話し合うことは大事なことです。
何の相談もなくお墓がなくなっていた、あるいは納骨堂に眠っていると思っていた故人のご遺骨が散骨されてどこに向かってお参りすればいいのかわからなくなっていた、などということが起きないために、親族含めた話し合いは必要です。

お墓に関することでは親族全員が満足するような形でとりおこなうことが、やはり理想的といえますね。

契約内容をよく確認する

納骨堂の契約費用は、お墓を建てることに比べれば負担は軽いかもしれません。
しかし、決して安くはない金額だと思います。

契約内容をただ漠然と確認するのではなくて、確認するべきポイントを絞ることで、より正確に契約内容を把握しておくことができます。
納骨堂の契約の際に確認しておくポイントを以下に挙げました。

  • 利用期限

    永代利用料という名目ですが33回忌を境に合祀・合葬となる場合があります。

  • 利用価格

    条件によって価格が異なります。
    また戒名、ネームプレートなどのサービスによっても異なります。

  • お参りの仕方

    対面式と非対面式など、ご遺骨を直接見られる形式とそうでない形式があります。

  • 供養の有無

    利用料に永代供養料が含まれる契約と、別途供養料が発生する契約があります。

  • 管理費の有無

    利用契約料とは別に納骨をした時から年間管理費が発生する場合があります。

  • 納骨可能な人数

    納骨するご遺骨の人数によって価格が変わってきます。
    上限がある納骨堂もあります。

  • 合祀・合葬

    33回忌を境として合祀・合葬する納骨堂もあります。
    合祀・合葬後は故人のご遺骨だけを分けて取り出すことは不可能となります。

  • 返却と返金について

    契約書記載事項をよく確認しておきましょう。

納骨堂の返却まとめ

葬儀

いかがでしたか?

お墓よりも身近で手軽、お参りがしやすいと人気が出ている納骨堂ですが、返却や返金についてはご存知でないことも多かったのではないでしょうか。

今回、終活ねっとでは納骨堂の返却と返金、その手続きについて、以下のようなことを解説しました。

  • 契約した納骨堂の返却に関しては、納骨前・納骨後ともに契約内容を確認するとよい。
  • 納骨後であっても納骨堂を返却することが可能な場合もある。
  • 納骨堂を返却した後、お墓や別の納骨堂へご遺骨を移すには改葬手続きが必要。
  • 納骨堂から出したご遺骨は自宅管理・散骨・手元供養などの方法でも供養できる。
  • 納骨堂を購入する際には家族・親族とよく話し合うことが必要。
  • 納骨堂を購入する際には契約内容をよく確認することが大切。

より良い供養の形を見つけられるよう、今回の記事がお役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・返却」に関連する記事

  • 納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

    納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

    最近では、お墓の選択肢の一つとして納骨堂が選ばれています。 では、納骨堂を選ぶとどんなメリット・デメリットがあり、購入手続き、改葬手続きは具体的にどうするのかご存知でしょうか。 今回は納骨堂の具体的な手続きの方法についてまとめてみましたのでご覧ください。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

    納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

    納骨堂のご遺骨を移転することは生涯に何度もあることではないため迷う人も多いです。そこでお墓や納骨堂からご遺骨を移転する際に必要になる手続きや費用についてまとめます。納骨堂からお墓、お墓から納骨堂などの移転の際には必見になる内容となっています。ぜひご覧ください。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「納骨堂・返却」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・返却」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと