一周忌の案内状はどう書くの?送り方や返信はがきについても解説

一周忌の案内状はどう書くのか、書くべき事項や書き方のマナーをご存じですか。 案内状は分かりやすくきちんと書いて送らなければ、受け取った方にとって失礼となります。 この記事では、一周忌の案内状について、送り方や返信はがきを含め、書き方を分かりやすく解説します。

目次

  1. 一周忌の案内状について
  2. 一周忌法要とは
  3. 一周忌の案内状の書き方
  4. 案内状の送り方
  5. 案内状の印刷料金はいくら?
  6. 案内状への返信はがきの書き方
  7. 案内状で平服を指定された場合
  8. 一周忌の案内状についてまとめ

一周忌の案内状について

葬儀

一周忌の案内状は、どんなことをどのように書いたらよいのか、ご存じでしょうか。

案内状に書くべき事項や書き方のマナーが分からないと、受け取られた方にも失礼になります。
案内状を受け取った方に気持ちよく法要に出席していただくためには、案内状を分かりやすく、かつ礼節をもって書くことが大切です。

そこで今回この記事では、一周忌法要の案内状について、送り方や返信はがきの書き方を含め、以下の事項を分かりやすく解説します。

  • そもそも一周忌法要とは?
  • 一周忌法要の案内状の書き方(案内状に書く内容、時候の挨拶など)
  • 案内状の例文(仏教・キリスト教・神道の場合)
  • 案内状の送り方での注意点(送る時期・封筒・切手など)
  • 案内状の印刷料金の相場
  • 返信はがきの書き方や注意点(欠席の場合・返信の仕方)
  • 案内状で平服を指定されたときはどうするか?

ぜひ最後までお読みください。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

一周忌法要とは

葬儀

はじめに一周忌法要とは、そもそもどういうものか、その意味を簡単に説明しておきます。

一周忌法要とは、故人が亡くなってから満一年目の祥月命日の法要です。
ご遺族・親族、故人の親しかった友人・知人などが集い、会食もします。

一周忌法要では、僧侶による読経、遺族などの焼香の後、僧侶の法話があります。

法要の後にお墓参りをする場合や、お墓を建てたときは開眼法要や納骨式が行われることもあります。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集をご用意しております。
一周忌についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“一周忌” とは? - 終活用語集

亡くなってから一年後の、亡くなった日と同じ月日に行われる法要のことをいいます。 法事や法要は一般的には参加しやすいように、平日にあたる場合は日にちをずらして土日に行われることが多いですが、一周忌は日にちをずらさずその月日にする方が望ましいようです。 一周忌法要では、僧侶にお経をあげてもらい、その後会食をとります。 一周忌に参加する人は、一般的には家族や親族の他、特に親しかった友人の場合が多いですが、家庭や地域により異なります。

一周忌の案内状の書き方

葬儀

それでは、本題の一周忌の案内状の書き方について、説明しましょう。

案内状を書くときは、案内状に書くべき内容と書き方のマナーに注意しましょう。

まず案内状を受け取った方が、いつ・どこで・何を行うか、すぐ分かるように書くことが大事です。
また、書き方にはマナーがありますので、受け取った方に失礼のないようにしましょう。

案内状に書く内容

一周忌法要の案内状の大事なポイントは、法要の内容、日時・場所、会食の有無などの事項を明確に書くことです。

法要に引き続きお墓参りなどを予定しているときは、その予定もきちんと明示しておきましょう。

案内状の主な記載事項と注意点は、次のとおりです。

  • 差出人と故人の関係と氏名

    誰の法要か分かるように、差出人(施主)と故人の関係、故人の氏名を明示します。
    例えば、「亡(父) 〇〇(氏名)」と書きます。
    何回忌の法要なのかも、きちんと書いておきましょう。

  • 頭語と結語

    通常の案内状と同様に、拝啓・敬具などの、頭語と結語を忘れずにきちんと書きます。

  • 時候の挨拶

    頭語に続けて時候の挨拶も、季節にふさわしい言葉を書きましょう。

  • 法事の日時と場所

    大事なポイントですので、分かりやすくかつ正確に書きましょう。
    場所が分かりやすいように地図などを添付するとよいでしょう。

  • お斎(法事後の食事)について

    法要に引き続きお斎(会食)を行うときは、その旨と場所を書いておきます。
    法要の会場とお斎の会場が離れているときは、特にはっきり明記しましょう。

  • 差出人の氏名・住所

    差出人は通常法要の施主となる方です。
    ご兄弟やご夫婦連名で出すこともあります。
    氏名・住所だけでなく、連絡先となる電話番号も書いておいたほうがよいでしょう。

  • 宛名・宛先

    案内状の宛名・宛先は、通常、お招きしたい方の氏名を書き、「様」とします。
    ご夫婦に出席をお願いしたいときは、連名にした方がよいでしょう。
    ご家族あての時は、(世帯主)様の横に「皆様」と添えてもよいでしょう。

  • 返信の依頼と宛先

    出欠の返信の依頼と期限、返信先の住所・氏名・電話番号を明示しておきます。
    往復はがきでないときは、返信用のはがきも同封します。

時候の挨拶(季語)の例

案内状の書き方にはマナーがあります。
時候の挨拶もその一つです。

時候の挨拶は、手紙の冒頭の頭語に続ける季節感をあらわす言葉です。
一般に「初春」などの季語を使い、○○の候・○○の折・○○のみぎり、などとします。

以下に時候の挨拶で一般的によく使われる季語の例をまとめておきます。
時候の挨拶は、季語を間違いのないように使うように注意しましょう。

  • 1月

    初春・新春・迎春・小寒・大寒・酷寒・極寒・寒冷・寒風・厳冬

  • 2月

    立春・寒明・季冬・余寒・春寒・残寒・残雪・立春

  • 3月

    早春・浅春・春暖・春雪・・水ぬるむ・山笑う・菜種梅雨

  • 4月

    陽春・桜花・陽炎・暮春・花曇り・花冷え・春風駘蕩

  • 5月

    新緑・薫風・惜春・暮春・立夏・余花・軽夏・若葉

  • 6月

    初夏・向暑・梅雨・麦秋・黄梅・首夏・薄暑・梅雨寒

  • 7月

    盛夏・猛暑・大暑・炎暑・酷暑・灼熱・猛暑

  • 8月

    晩夏・立秋・残暑・残炎・新涼・秋暑・納涼

  • 9月

    初秋・新秋・新涼・白露・秋冷・野分・仲秋

  • 10月

    秋涼・秋雨・秋晴・夜長・紅葉・秋麗・初霜

  • 11月

    晩秋・暮秋・深秋・深冷・落葉・向寒・霜寒

  • 12月

    初冬・師走・寒冷・木枯・新雪・短日・歳晩

案内状の例文・文例

それでは一周忌の案内状の例文・文例を見ておきましょう。

宗教により一周忌の正式な言い方や行事内容に違いがありますが、記載事項はほぼ同じです。

行事内容、日時・場所、出欠確認依頼、会食の有無は、必ず明示しましょう。
差出人の氏名と連絡先(住所・電話番号)も、必ず記載しておきましょう。
文例では、一部を省略しましたが、必須です。

宗教別の案内状の書き方の注意点と例文・文例は、次のとおりです。

仏式の場合

仏式の案内状は、一般に縦書きにします。
頭語・結語や時候の挨拶は、通常の案内状と同様にきちんと書きます。

法事の案内状では、句読点は用いないのが一般的なマナーです。
文例で句読点を入れている例も見られますが、用いない方がよいでしょう。

【仏式の案内状の文例】

「謹啓 ○○の侯  皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます
このたび亡父○○ の一周忌にあたり左記のとおりささやかな法要を営みたいと存じます
つきましては ご多忙中まことに恐れいりますが ご臨席賜りますようご案内申し上げます
敬具  

日時 平成〇〇年〇月〇日(〇曜日)午前〇〇時〇〇分より
場所 〇〇   (住所・電話)
※法要後に供養の粗宴をご用意いたしております(場所・住所・電話)

平成○○年○月
(差出人) 氏名(住所・電話)
※お手数ではございますが〇月〇日までに返信にてご都合をお知らせ下さい。

キリスト教の場合

キリスト教にも法事に相当する儀式はありますが、故人を供養する行事ではありません
キリスト教では、死は悲しむものとされていないので、意味合いが違うのです。

亡くなって1年後の命日の集いのやり方などは、カトリックとプロテスタントで違いがあります。

カトリック

カトリックでは、教会に親族や知人、友人を招き、追悼ミサ(死者記念ミサ)を行います。
カトリックの追悼ミサは、故人が亡くなられて3日目、7日目、30日目に行われます。

1年後の命日には死者記念ミサを行い、その後も毎年の命日に追悼ミサを行います。

追悼ミサでは、聖書朗読や祈祷などが行われます。
ミサの終了後は、仏式ど同様に会食のようなお茶会が開かれることがあります。

プロテスタント

プロテスタントは、追悼ミサではなく記念集会(昇天記念日)を行います。

カトリックはミサを教会で行いますが、プロテスタントの記念集会は自宅で行うことも多いです。
自宅のときは、祭壇に十字架などを飾り、牧師と親族、知人、友人などが集まり祈りを捧げます。

記念集会は、亡くなって1週間目か10日目、あるいは1カ月後の命日に行われます。
その後も1年目、3年目、5年目、7年目の命日に記念集会が開かれます。

記念集会の礼拝が終わった後は、引き続き教会や自宅で故人を偲び茶会を行います。

【キリスト教の案内状の文例】

故〇〇が神様に召されてから はや1年が経とうとしています
故人を偲び お世話になりました皆様への感謝の意味を込めまして
〇月〇日〇時から 記念ミサ(記念集会)を行うこととなりました

ご多忙中とは存じますが 是非ご来席いただきたく ご案内申しあげます
なお ささやかではございますが ミサ(集会)後 〇〇(場所)にてお茶会を予定しております

上記の文例中の、「ミサ」はカトリックの場合で、プロテスタントの場合は「集会」にします。

神道の場合

神道では、故人が亡くなって1年後に行う祭祀のことを一年祭と言います。

神式の法要は、故人が亡くなられた日から数えて十日ごとに、霊祭(みたままつり)行います。
五十日祭は、仏式の四十九日に相当し、忌明けとなります。
百日祭も重要です。

その後の節目が一年祭で、喪が明けます。
一年祭は、故人の祥月命日に、故人と親しかった方を招いて行います。

一年祭の場所は、祖霊舎の前あるいは霊園の施設や墓前などで行います。
祖霊舎(それいしゃ)は、祖先の霊をまつる神棚で、仏壇に相当するものです。
通常、一年祭を区切りに祖霊舎に合祀して、その後は家の守り神として祀っていきます。

一年祭では、神職による献饌・祝詞奏上・玉串奉奠などの神事に続き、参会者が玉串を奉奠します。
一年祭の式後には、通常、直会という酒食の席が設けられます。

一年祭の案内状は仏式とほぼ同様の記載内容になります。
ただ神式では「法要」、「冥福」などの仏教用語は使いませんので注意しましょう。

【神道の案内状の文例】

謹啓
〇〇のころ 皆様にはお障りもなくお過ごしのこととお喜び申しあげます
早いもので この度 (亡父)○○(故人の氏名)の一年祭を迎えることとなりました
つきましては 左記の日時にて一年祭を執り行いたいと存じます
ご多用中のところ恐縮に存じますが ご臨席を賜りたくお願い申し上げます
敬具  
なお、一年祭終了後、会食の席を設けております
※お手数ではございますがご出席の有無を〇月〇日までご一報いただけますれば幸いです

往復はがきを使う場合

往復はがきを使う場合、出欠の確認だけでなく、他にも確認できることがあります。
そのため最近は、往復はがきを使う方も増えています。
往復はがきでも失礼ではありません。

人数を確認する

一周忌には、ご夫婦やご家族で参加される方もいらっしゃると思います。
食事の準備の都合もありますので、出席者の人数はあらかじめ確認しておきたいものです。

ただ、出欠人数を直接質問するのは失礼だという考えの方もいらっしゃいます。
その場合は、返信用はがきの出欠欄は、「ご出席(  名様)」と印刷しておくとよいでしょう。

卒塔婆を付けるか質問する

卒塔婆は、宗派により付けないこともあり、必須ではありません。

卒塔婆を付ける場合は、事前に準備しておいた方が当日スムーズに進められます。
その場合は、返信用はがきに「卒塔婆をお付けになりますか」などと記して確認しておきましょう。

案内状の送り方

葬儀

次に、一周忌法要の案内状の送り方について、説明しておきましょう。

案内状を送る時期は?

案内状を送る時期は、法事の1ヵ月前までに送るのが一般的です。

案内状には、返信用はがきを同封し、出席・欠席のどちらかに○をつけるようにしておきます。
会食の準備なども考えると、2週間前をめどに出欠確認の返信を頂くようにするとよいでしょう。

案内状は封筒に入れて送りましょう

案内状は封筒に入れて送りましょう。
ただ2重封筒は縁起が悪いとされるので、用いないようにしましょう。

往復はがきの方がいいの?

往復はがきの場合、返信面に確認したいことを印刷しておけますし、封筒も必要ありません。
そのため、最近は往復はがきを使う例も増えています

封筒を使った方が礼儀正しいですが、ご案内先にもよりますので、どちらがよいということはありません。

案内状の切手はどうする?

案内状の切手は、普通の切手でも問題ありません
郵便局には弔事用の切手もありますので、これを用いてもよいでしょう。
返信用はがきにも切手を貼っておくのが礼儀です。

案内状は郵便局に依頼するの?

案内状の印刷や送付は、必ずしも郵便局に依頼する必要はありません

案内先が親族などに限られるときは、メールや電話で連絡したほうがよい場合もあるでしょう。
また法事の案内状は、ご自分で手書きした方が丁寧で良いと思われる方も多いでしょう。

しかし、案内状を出す人数が多い場合は手書きでは大変ですので、印刷でも全く問題ありません。
最近は、案内状の作成・印刷は、テンプレートも多く、ご自分でもできます。

ただ案内状を親族以外の方に出すときは、一般に郵便局を利用されることが多く、無難でしょう。

案内状の印刷料金はいくら?

葬儀

案内状の印刷料金は、インターネットで注文を受けるサービスもあり、印刷業者によって違います。
また、案内状のタイプや印刷枚数などにより違います。

ここでは、郵便局の印刷料金の例を見ておきましょう。
郵便局の案内状は、はがき・シングルカード・ダブルカード・返信はがきの4つのタイプがあります。

印刷料金は、1枚~20枚が同額で、21枚以上は枚数が増えると10枚ごとに料金が加算されます。
文面の背景に絵柄を入れるときは、印刷料金は若干高くなります。

カードタイプは、封筒の切手面に「料金別納」のマークを印刷することができます。
「料金別納マーク郵便」といいますが、10枚ごとに100円の追加料金が必要です。

はがき・返信はがきは、私製はがきと通常はがきかのどちらかを選びます。
通常はがきを使うときは、はがき代金(1枚62円)が別途かかります。

  • はがきタイプ

    私製はがきと通常はがきかのどちらかを選びます。
    印刷料金は、1枚~20枚2350円、21枚以上は10枚ごとに料金が変わり、191枚~200枚で7350円です。
    絵入りは、1枚~20枚は3630円、以降10円刻みで、191枚~200枚が1万910円です。

  • シングルカード

    シングルカード(はがきサイズ)と封筒の印刷になります。
    印刷料金は、1枚~20枚5450円、以降10枚刻みで、191枚~200枚は1万4350円です。
    絵入りは、1枚~20枚は5850円、191枚~200枚は1万4750円です。

  • ダブルカード

    ダブルカード(はがき2枚分のサイズで2つ折り)と封筒の印刷になります。
    印刷料金は、1枚~20枚7020円、以降10枚刻みで191枚~200枚は1万9120円です。
    ダブルカードは、絵入りはありません。

シングルカードとダブルカードは、返信はがき付きのタイプがあります。
その場合セット料金となり、割安になります。
返信はがきセット料金は、1枚~20枚がシングルカードは6450円、ダブルカードは7420円です。

案内状への返信はがきの書き方

葬儀

案内状への返信はがきの書き方について、簡単に注意点を説明しておきましょう。

住所・氏名の書き方

返信はがきには「御住所・御芳名」と印刷されています。
ご自分の住所・氏名を書くときは、「御」の字を二重線で消します

欠席の場合はお詫びの手紙を書く

出欠は、通常「御出席・御欠席」と印刷されている欄がありますので、どちらかに〇をつけます。
「御」の字は二重線で消しておきましょう。

欠席の場合は、お詫びの言葉を一言添えて返信するのが礼儀です。

【欠席のお詫びの文例】
「この度は○○様の一周忌法要のご案内を頂き有り難うございます
誠に申し訳ありませんが 都合により出席できません
お許しください」

案内状が届いたら早めの返信を

相手の準備の都合もありますので、案内状が届いたら早めに出欠を返信しましょう。

案内状で平服を指定された場合

葬儀

一周忌の法要のやり方は、招待の範囲や集まる人数、法要の場所などで違いもあります。
平服でと指定されているときは、落ち着いて目立たない黒系統の平服にした方がよいでしょう。

一周忌の案内状についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、一周忌法要の案内状について、送り方や返信はがきを含めて、書き方を解説してきました。

この記事の要点は、次のとおりです。

  • 一周忌法要とは

    一周忌は、故人が亡くなられた日から満1年後の祥月命日に行う法要である。
    通常、ご遺族、親族、親しい友人や知人が集まって法要を行った後、会食する。

  • 一周忌の案内状の書き方

    案内状は、書く内容と書き方のマナーに注意する。
    書く内容は、法要内容、日時・場所、会食の有無などは必須である。
    時候の挨拶などを間違いのないように書く。

  • 案内状の例文

    宗教により多少違いがあるが、盛り込む事項はほぼ共通である。

  • 案内状の送り方の注意点

    案内状は法事の1ヵ月前までに送り、出欠の返信は2週間前をめどに依頼する。

  • 案内状の印刷料金

    印刷料金は印刷業者によって違うほか、案内状のタイプや印刷枚数によっても違う。

  • 返信はがきの書き方や注意点

    欠席の場合はお詫びの言葉を添えて返信するのが礼儀である。
    準備の都合もあるので、早めに出欠を返信する。

  • 案内状で平服を指定されたとき

    目立たない黒系統の平服にするとよい。

一周忌法要の案内状の書き方は、いろいろ注意すべき点があります。
案内状を受けとった方に分かりやすく、失礼の無いようにしましょう。
この記事を参考にして頂ければ幸いです。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法要のことなど終活に関する分かりやすい記事を掲載しています。
分からないことがあれば、ぜひ参考にして下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「一周忌・案内状」に関連する記事

「一周忌・案内状」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「一周忌・案内状」についてさらに知りたい方へ

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介のサムネイル画像

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介

13回忌の案内状について知りたい!書き方や送る時期について解説のサムネイル画像

13回忌の案内状について知りたい!書き方や送る時期について解説

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説しますのサムネイル画像

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説します

お墓に関する案内状について、書く内容や送り方など紹介します!のサムネイル画像

お墓に関する案内状について、書く内容や送り方など紹介します!

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介します

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介しますのサムネイル画像

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介します

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説しますのサムネイル画像

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説します

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介しますのサムネイル画像

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと