告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介

告別式の連絡を受けたとき、出席すべきか迷ったことはありませんか?また、出席する場合は何を準備し、当日どのように振る舞えばよいかご存知ですか?今回は、告別式への出席における考え方や必要な準備、マナーについてご紹介します。

目次

  1. 告別式への出席について
  2. 告別式とは?
  3. 告別式に出席する範囲
  4. 告別式に出席する際のマナー
  5. 告別式に出席する際の服装・持ち物
  6. 告別式出席者へのお礼について
  7. 告別式の連絡・訃報への返事について
  8. 告別式への出席のまとめ

告別式への出席について

葬儀

突然の訃報を受けた際、何を準備すればよいかと慌てたことはありませんか?
頻繁にあることではないですし、連絡も急に来るものなので、対応の仕方に不慣れな場合が多いですよね。

中でも告別式が行われる場合、葬儀とはどのような違いがあるのか、出席した方がいいのかと迷われた経験がある方もいるかと思います。

また、服装はどのようにしたらいいのか、どういったマナーがあるのかなど気になる方も多いのでhないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは告別式への出席について、以下の点から解説していきたいと思います。

  • 連絡を受けた時は、どのように対応すればいいの?
  • 自分は出席したほうがいいの?それとも出席を控えたほうがいいの?
  • 告別式に出席する時のマナー
  • 告別式のスケジュール
  • 当日の服装や持ち物
  • 告別式の連絡を受けた時の返事はどうすればいい?

訃報の連絡を受けてから当日出席するまでにおいて、注意すべきことなど分かりやすく記載しましたので、最後までぜひご覧ください。

告別式とは?

葬儀

そもそも、告別式とは何のために行う儀式なのでしょうか?

混同されがちな「葬儀」とは何が違うのでしょうか?

告別式の本来の意味と、どのように行われているかについてご説明いたします。

意味

告別式を行う意味とはどのようなことなのでしょう。

葬儀が遺族や親族が故人が成仏できるよう、冥福を祈る宗教的な儀式なのに対し、告別式は、生前親交のあった人が、故人の家族とともに最後のお別れをする社会的な儀式と言われています。

本来は、会葬者全員が火葬場まで行って、ご遺骨を墓地に埋葬する前に行っていました。
しかし最近では、忙しい現代人のライフスタイルに合わせて、葬儀の後に引き続き執り行われるのが一般的になっています。

一日の流れ

では、葬儀と告別式が同時に行われる場合、どのような流れになるのでしょうか。

告別式の一日の流れを見ていきましょう。

  • 受付

    受付でお悔やみの言葉とともにお香典を手渡し、記帳をした後、返礼品(会葬御礼品)を受け取ります。

  • 遺族・親族・会葬者の着席

    遺族・親族が定刻の10分前に着席し、続いて一般会葬者が着席します。

  • 僧侶の入場

    会葬者全員が着席したら、僧侶が入場します。
    会葬者は起立するか軽く頭を下げて迎えます。

  • 葬儀式開式の辞

    僧侶が着席したら、司会者が開式の言葉を述べます。

  • 僧侶の読経・引導

    読経の間に僧侶が故人に引導を渡します。
    「引導」とは、死者を仏道に導き入れることです。

  • 弔辞の朗読・弔電の紹介

    故人と特に親しい人が弔辞を読みます。
    また、司会者が弔電を紹介します。

  • 遺族・親族の焼香

    僧侶の読経中、僧侶または司会者からの案内で、喪主から遺族・親族の順に焼香します。

  • 僧侶の退場・葬儀式閉式の辞

    僧侶の退場時、遺族・会葬者は黙礼して見送ります。
    司会者が葬儀式閉式の言葉を述べ、引き続き告別式に移る場合はその旨も伝えます。
    休憩をはさまない場合は、僧侶の入退場を省く場合もあります。

  • 僧侶の入場・告別式開式の辞

    僧侶が再び入場し、着席後に司会者が開式の言葉を述べます。

  • 僧侶の読経・一般会葬者の焼香

    僧侶の読経とともに、会葬者の焼香が始まります。
    会葬者は焼香の前後に一礼し、遺族はそれに合わせて軽く頭を下げます。

  • 僧侶の退場

    焼香が終わったら、僧侶は読経を終えて退場します。
    一同は黙礼して僧侶を見送ります。

  • 喪主の挨拶

    喪主が会葬のお礼を述べます。
    告別式の終了時に行うのが一般的ですが、出棺のお見送りの際に行う場合もあります。

  • 告別式閉式の辞

    司会者が閉式の言葉を述べ、出棺の案内をします。

  • 出棺(別れ花・釘打ちの儀式)

    棺を祭壇から下ろし、遺族や近親者が故人と最後のお別れをします。
    その後、会葬者が祭壇の生花を一輪ずつ遺体の周りに置く「別れ花」をします。
    そして、棺の蓋を閉じ、喪主・遺族・近親者による「釘打ちの儀式」を行います。
    (浄土真宗では行いません。)
    棺を式場から運び出し、霊柩車まで運びます。

  • 喪主の挨拶

    喪主が会葬者にお礼とお別れの挨拶を述べます。
    霊柩車の扉が閉じられ、クラクションの音とともに火葬場へ出発します。
    一般会葬者は合掌して見送ります。

大体の流れがお分りいただけたでしょうか。

告別式に出席する範囲

葬儀

訃報の連絡を受けると、告別式に出席すべきか悩む場合がありますよね。
例えば、故人が遠い親戚である場合、親交がそれほど深くない友人・知人である場合、それから面識はあるけど同じ職場の人間である場合などのケースでは、告別式に出席するものなのでしょうか?

一般的に、告別式へはどのような立場にある方が出席するものと考えられているのでしょうか。

ここでは、告別式に出席する範囲がどれくらいなのか見ていきます。

参列する親族の範囲

告別式に参列する親族の範囲は、一般的に「3親等以内」と言われています。
具体的に「3親等以内」とは、自分を中心にして、0親等である配偶者、1親等である両親、子供、2親等である兄弟姉妹、祖父母、孫、3親等である曾祖父母、叔父叔母、甥姪、曾孫を指します。(それぞれの配偶者を含みます。)

つまり、この3親等以内にある方が故人である場合は、ご自身は告別式に参列したほうがよいということになります。

また、近年増えている家族葬で葬儀が執り行われる場合は、上記に挙げたすべての親族を呼ぶことができない場合もあります。

そのため、ご自身が参列するべきか判断が難しい場合は、喪主に連絡して確認することをおすすめします。

故人の友人・知人の場合は?

故人が友人・知人である場合、参列するべきかどうかは、生前のお付き合いの深さから判断することになります。

故人と生前親しい関係であった場合

故人と生前親しい関係であった場合は、通夜や葬儀・告別式のすべての式に出席することが多いです。

また、通夜の前に遺族から直接連絡を受けた場合や、近隣で親交が深かった場合は、すぐに弔問して手伝いを申し出ましょう。

普通の知人程度の関係であった場合

近隣でも特に親しくなかった場合や、普通の知人程度の間柄であった場合は、できるだけ告別式に出席しましょう。

もし、葬儀と告別式の時間が分かれている場合は、告別式から出席するようにしましょう。

これらはあくまで一般的な考え方であり、正解はありません。
告別式に参列するかどうかの境界線は、人それぞれの価値観によるところが大きく、悩むケースも多いでしょう。

判断が難しい場合は、ご自身が故人とお別れをしたいのか(故人を悼む気持ち)や、直接連絡を受けたかどうか(遺族の意向に沿う)、面識の有無(故人との直接的間接的な関係の有無)などを基準に考えてみるとよいかもしれません。

故人の会社関係者の場合は?

次に、故人の会社関係者の場合はどうでしょう。

自分と直接関わりがなくても告別式に参列したほうがよいケースがあり、判断が難しいですよね。
訃報の連絡を受けたら、まず上司や関連部署に報告して指示を仰ぎ、会社の方針に従うとよいでしょう。

以下に、一般的な例を挙げますので、ご参考にしてください。

故人の上司・部下・同僚である場合

故人の上司・部下・同僚である場合など、ご自身が職場において故人と直接関わりのある立場にある場合は、通夜か葬儀・告別式のいずれかに参列しましょう。

また、直接関わりのある会社関係者の親族が亡くなった場合は、両親・配偶者・子どもの場合のみ、同様にお通夜か葬儀・告別式のいずれかに参列したほうがよいでしょう。

さらに、面識はあるけど本人とほとんど関わりがない場合は、弔電を送るか、後日お香典を渡すなどして対応しましょう。

故人の取引先関係者である場合

故人の取引先関係者である場合は、会社の規定によりお香典や供花、弔電の手配などに決まりがある場合が多いです。
また、参列においても、上司が同行したり、代表者を出すなど会社で対応を決める場合があるため、会社の指示に従うのが無難です。

会社とは別に個人的にお悔やみを伝えたい場合も、まずは会社に確認したうえで参列したほうが間違いないでしょう。

告別式に出席する際のマナー

葬儀

次に、告別式当日は、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

告別式に出席する際のマナーを見ていきましょう。

開始時間20分前に受付する

告別式は式場の使用時間が決まっており、時間通りに執り行われます。
そのため遅刻をしてしまうと、故人に最後のお別れをすることができなくなる可能性もありますし、遅れて入室することにより、遺族や他の参列者に迷惑をかける可能性もあります。

そのため、特別な事情がない限りは時間厳守がマナーです。

当日混雑する可能性も考慮して、遅くとも開始時間20分前に受付を済ますようにしましょう。

遅刻する場合はどうする?

先に述べたとおり時間厳守が基本ですが、それでも当日、どうしても事情により遅刻してしまう場合は、葬儀場の担当者の案内に従いましょう。

また事前に、やむを得ず遅刻することが分かっている場合は、会場に連絡を入れておくとよいでしょう。

出席できない場合は弔電を送る

出席できない場合は弔電を送るのが良いでしょう。

弔電商品には様々な台紙や、忌み言葉を使わないように配慮した文例が多数用意されていますので、その中から選ぶのも良いかもしれません。
最近では、インターネットでも申し込みが可能となっています。

弔電を送る際には、欠席の連絡をあらかじめした後、遺族や喪主宛てに告別式の前日までに送るようにしましょう。

また、弔電とあわせてお香典を送る場合は、お香典の送付先に注意しましょう。
お香典は現金書留扱いとなり、本人受け取りが必要になるため、当日斎場へ送ると、忙しい喪主の手を煩わせてしまいます。
そのため、お香典の送付先は遺族宅としておきましょう。

告別式に出席する際の服装・持ち物

葬儀

告別式にそう頻繁に出席するという方はなかなかいないでしょう。
そのため、直前になって何を持っていったらいいのだろうと焦ってしまう方も多いかと思います。

また、急なことですので服装もどうしたら良いのかと迷ってしまうこともあるかと思います。

そうならないためにも、告別式に出席する際の服装・持ち物を確認しておきましょう。

服装

まずは告別式に出席する際の服装について見ていきましょう。

急ぎ駆け付けるお通夜と違い、告別式までは時間があるので、喪服を着用することがマナーとなっています。

男性の場合

まずは男性の場合の服装を見ていきましょう。

男性は黒のスーツに、白いワイシャツ、黒のネクタイ、黒の靴、黒っぽい靴下を着用します。
黒っぽいビジネススーツであっても、喪服とは色味が異なるため、きちんと喪服のスーツを用意しておきましょう

また、夏の暑い時期であっても上着を着用して出席するようにしましょう。

女性の場合

続いて女性の場合の服装です。

女性は和装の場合は黒無地染め抜き五つ紋つき、洋装では黒のスーツやアンサンブル・ワンピースに、黒のストッキングを着用します。

ワンピースなどを選ぶ際には、ノースリーブやレース地の物、光沢のある素材は避けるようにしましょう。
靴やバッグなどの小物も黒で統一し、光沢がなく、動物の革を使っていないものを選ぶようにしましょう。

また、メイクも控えめにするよう心がけましょう。

幼児・学生の場合

幼児や学生の場合、通園通学の制服が正装となります。

制服がない場合は、男子は白いワイシャツに黒、紺、グレーのブレザー、半ズボンを着用し、女子は、白いブラウスに黒か紺のスカートを着用しましょう。

幼児の場合も基本的には黒・白・グレーなどが好ましいですが、手持ちにないという場合には、できるだけ派手でない淡い色を選ぶようにすると良いでしょう。

告別式の服装について、男性・女性・子供に分けて解説していきましたが、終活ねっとでは、礼服と喪服の違いや種類などより詳しくご紹介した記事を用意しています。

これから喪服を準備される方や、喪服って黒であれば大丈夫よね?と少し自信のない方は、以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

持ち物

次に、告別式に出席する際の持ち物について見ていきましょう。

告別式に出席する際、特に準備が必要なものは以下の3点となります。

  • お香典

    線香や花の代わりに故人の霊前に供えるもので、不祝儀用の水引を結んだ袋(香典袋)に現金を入れます。

  • 袱紗(ふくさ)

    お香典を包んで持ち運ぶために使用する絹製の布。
    袱紗がない場合は、白いハンカチや地味な色合いの小風呂敷を代用してもよいです。
    受付でお香典を渡す際に袱紗から取り出すようにすると、丁寧な印象になります。

  • 数珠

    ご自分の宗教によっては数珠を持っていない場合もあるので、必ずしも必要ではありません。
    ただ、身内であっても貸し借りはマナー違反となる場合があるため、仏教であれば、ご自分の宗派に適した数珠を一本、用意されておくと安心です。

小物類も、地味な色で無地のものを用意しましょう。

  • バッグ

    色は黒。女性は必須です。
    男性はスーツのポケットがあるため、あまり必要ないかもしれませんが、もし持つ場合にはクラッチバッグにしましょう。

  • ハンカチ

    白や黒の無地のものを用意しましょう。

アクセサリー類は、基本的に外すのが無難です。
女性は結婚指輪と真珠のみにしましょう。

  • 時計

    外すのが無難です。
    派手なものや、金時計など光るものは外しましょう。

  • ネクタイピン

    金属のものが多いため外しておきましょう。

  • 指輪

    結婚指輪に限ります。

  • ネックレス

    真珠または黒真珠のものに限ります。
    不幸が連らないためという意味から、一連のものを選ぶのがマナーです。

  • イヤリングまたはピアス

    真珠が一粒のみのシンプルなもの(ぶら下がるタイプはNG)であればつけてもよいですが、ネックレスとセットでつけると華美な印象になりますので、必ずしもつける必要はないでしょう。
    また、ピアスは外したほうが無難です。

以上、一般的な持ち物について記載しましたが基本的には葬儀に出席する際と同様になります。

葬儀や告別式に出席する際には、立場によっても準備するものは違ってきます。
以下の記事では、葬儀に必要なものをさらに詳細に説明しています。
気になる方は是非ご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説

突然の訃報に、驚き悲しむ間もなく執り行われるご葬儀。いろいろと守らなければならないマナーや必要なものがあり、準備をしながら頭の中が真っ白になってしまいますよね。ここではご葬儀に参列する場合やお手伝いをする場合に、それぞれ必要なものやマナーについて説明します。

告別式出席者へのお礼について

葬儀

告別式を行なった場合、告別式出席者へのお礼を渡す場合があります。

告別式へ出席すると、「会葬御礼品」が渡されます。
「会葬御礼品」とは、通夜や葬儀・告別式に参列した人すべてに渡される500~1000円程度の返礼品のことです。

お香典の金額に合わせて渡される「香典返し」と混同されやすいのですが、「香典返し」とは別物ですので注意しましょう。

告別式の連絡・訃報への返事について

葬儀

告別式の連絡・訃報への返事はどのようにしたらいいのでしょう。
急なことなのでびっくりして返事をどうしたらいいのかと困ってしまうことも多いでしょう。

訃報を受けたときはまず、お悔やみを伝えましょう。
突然の連絡で慌てていることも多いので、「心からお悔やみ申し上げます。」や「突然のことで、なんと申し上げてよいか…」などの言い方を覚えておくとよいでしょう。

亡くなられた方との関係性が深い場合には、お悔やみの言葉に加えて、「お手伝いすることがありましたら、なんなりとお申しつけください」と手伝いを申し出るとよいでしょう。

また、遺族以外の方から連絡を受けた場合は、すでに知っていたとしても、連絡をくれたことに対してお礼を述べましょう。

そして、出席する際には少なくとも以下の5点について確認しましょう。

  • 故人の姓名
  • 喪主の姓名、および故人との続柄
  • 通夜及び葬儀・告別式の日時と場所
  • 宗派
  • 供花・供物が可能かどうか

告別式への出席のまとめ

葬儀

以上終活ねっとでは、告別式への出席の際に準備しなければならないことやマナーについて説明してきました。

今回の記事の内容をまとめると 以下のようになります。

  • 告別式は会葬者が故人と最後にお別れする儀式で、最近は葬儀と同時に執り行われる。
  • 葬儀・告別式の一日の流れ
  • 参列するのは、親族は「3親等以内」を目安とし、取引先関係者は会社に確認する。
  • 参列する場合は、開始20分前に受付を済ましておく。
  • 出席できないときは遺族当てに弔電を送って弔意を表す。
  • 告別式に出席する際には喪服を着用した上で小物は黒色で統一し、アクセサリー類は外しておく。
  • 告別式に出席する際の持ち物としては、お香典・袱紗・数珠の3つを準備する。
  • 告別式参列後には「会葬御礼品」と呼ばれるお礼品が渡される。
  • 訃報の連絡を受けたら、慌てずお悔やみの言葉を伝え、親しい関係性であれば手伝いを申し出ると良い。

いかがでしたか?

告別式への出席は慣れない分、緊張するものです。
この記事により、少しでも告別式への理解が深まれば幸いです。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関するたくさんの情報が満載です。
突然の連絡に慌てず対応できるように、これからも終活ねっとを是非お役立てください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「告別式・出席」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「告別式・出席」についてさらに知りたい方へ

告別式の受付はいつ済ませたらいい?時間や流れ、マナーについてのサムネイル画像

告別式の受付はいつ済ませたらいい?時間や流れ、マナーについて

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!のサムネイル画像

沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

いざという時に慌てないために、告別式に必要な持ち物はこれだ!のサムネイル画像

いざという時に慌てないために、告別式に必要な持ち物はこれだ!

訃報が届いたら…知っておくとよいお悔やみごとのマナーとは?のサムネイル画像

訃報が届いたら…知っておくとよいお悔やみごとのマナーとは?

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「告別式・出席」についてさらに知りたい方へ

告別式の受付はいつ済ませたらいい?時間や流れ、マナーについてのサムネイル画像

告別式の受付はいつ済ませたらいい?時間や流れ、マナーについて

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!のサムネイル画像

沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと