香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

訃報は突然やってくるもので、香典袋も用意も急ぎます。 コンビニでも手軽に買える香典袋ですが、御霊前や御仏前など表書きは様々。 御霊前を使うタイミングなどを理解していないとどれを選んでいいのかわからないものです。 今回はそういった迷いを解決してくれる記事です。

目次

  1. 香典袋と御霊前について
  2. 御霊前とは?
  3. 香典袋に御霊前と書く場合
  4. 香典袋の表書きの種類
  5. 香典袋を書く際の注意点
  6. 香典袋の選び方
  7. 香典袋を持参するのはお通夜?告別式?
  8. 香典の金額相場や入れ方について
  9. 香典袋を包む袱紗について
  10. 香典袋と御霊前のまとめ

香典袋と御霊前について

葬儀

親しい友人や親族、会社の取引先の重役などが亡くなり、お通夜・告別式に参列しなければいけないということは誰しも一度は経験することです。

突然の訃報ですので、香典袋などは用意していないのが普通です。
今はコンビニや大型スーパーで香典袋を買うことができますが、店頭には「御霊前」「御仏前」「御香典料」など様々な表書きが書かれた香典袋が並んでいます。
何の知識もないまま、それらを見てもどれを買って良いものか頭を抱えてしまいますね。

表書きは受付などで香典を渡す時に、まず目に留まるものです。
その部分を常識外れな表書きで出すと、ご遺族に失礼になりますし、自分自身も恥ずかしい思いをします。

そのようなことがないように、今回終活ねっとでは香典袋と御霊前について以下の内容をご紹介します。

  • 御霊前の意味や、御香典と御仏前との違い
  • 香典袋に御霊前と書く場合はどんな時か
  • 香典袋の表書きの種類を宗教別にご紹介
  • 香典袋を書く際の注意点
  • 宗教・宗派別の香典袋の選び方
  • 香典袋を持参するタイミング

この記事を読んで頂ければ、香典袋にどんな時に御霊前と書けばいいのかといったことや、宗教・宗派ごとに正しい表書きを知ることができます。

最後までお読み頂ければ幸いです。

御霊前とは?

困った人々

香典袋に御霊前と書く時がどういった時なのかを解説する前に、そもそも御霊前とはどういった意味なのかご存知でしょうか?
ここでは御霊前という言葉が持っている意味について解説していきます。

意味

御霊前とは故人の御霊に対して、お供えする金品のことを意味しています。

昔は葬儀をやるとなると近隣の住人や親族などを集めて、食事を振る舞う習慣がありました。
かなりの人数に食事を提供するため、その負担は遺族にとって大きなものでした。
そのため葬儀に招待された人達は食料を持ち寄って葬儀を行っていました。

それから明治時代になり香典としてお金を渡すようになり、香典袋が使われるようになりました。
そして、葬儀の時には故人は亡くなってまだ霊の状態であると考えられていたため、香典袋には「御霊前」と書くようになったと言われています。

御香典と御仏前との違い

香典袋の表書きに御霊前と同じように使われる言葉として御香典と御仏前があります。
これらの意味についてはご存知でしょうか?

まず御仏前とは霊の状態から成仏した故人に対して、お供えされる金品のことを言います。
そして、御香典は故人にお供えする金品のことを指します。

それぞれの言葉の意味を見比べると御仏前は「成仏した故人」に供える物の時に使えるため限定的です。
一方、御香典は「故人」という霊か成仏した状態からは言葉の意味には含まれていません。

つまり御香典の意味は御霊前も御仏前も含んでいることになります。

香典袋に御霊前と書く場合

葬儀

御霊前や御香料、御仏前の言葉の意味を理解できたところで、次は香典袋に御霊前と書く場合について解説します。

仏式では49日法要までの香典

香典袋に御霊前と書く場合は仏式であれば四十九日法要までの時です。

では、なぜ四十九日法要を境にして御霊前を書かなくなるのでしょうか?

人は亡くなると閻魔大王のところで7日毎に判決を受けます。
そして49日目には極楽浄土に行けるかどうかの判決が言い渡されます。
そのため四十九日法要は故人が極楽浄土に行けるようにお祈りをし、僧侶の読経によって成仏させるために行われます。

四十九日法要を終えると霊から成仏したことになるため、成仏した故人に対するお供え物として御霊前を使うことは誤りになるのです。

四十九日法要後であれば御仏前あるいは御佛前という表書きを使うことが正しいです。

宗教・宗派がわからないとき

もし故人の宗教・宗派がわからない時は御霊前と書いて問題ないのかと言うと、基本的には御霊前という表書きはほとんどの宗教・宗派で使うことができます。

ただし、例外として浄土真宗・曹洞宗などは御霊前は使いません。

新盆や三回忌の香典は御霊前?

新盆や三回忌の際には香典袋には御霊前と書いても問題ないのでしょうか?

新盆でも三回忌でも既に四十九日法要が終わっているので、故人の霊魂は成仏していることになります。
そのため御仏前という表書きを書くことが正しいです。

ただし、新盆に限っては地域によっては御霊前と書く場合があります。
これはお盆には亡くなった人がこの時期だけ霊となって自宅に帰ってくると信じられているためです。

もし自分の地域の風習に自信がないという場合は御供物料という表書きであれば気にせず使うことができます。

香典袋の表書きの種類

葬儀

仏教だけ数えても、その宗派は両手では足りないほどの数があります。
仏教に加えて宗教はキリスト教や神道もあります。

宗教・宗派が多いほど、「今回の香典袋の表書きは何を書けばいいのかわからない」と混乱する方もいらっしゃるかと思います。

ここでは代表的な宗教・宗派ごとに香典袋の表書きの種類をご紹介します。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合は上記で少しご説明した通り、御霊前という表書きは使いません。
浄土真宗では四十九日法要以前・以降など関係なく、表書きとして「御仏前」や「御佛前」を使うのが一般的です。

浄土真宗では人が亡くなると霊の状態はなく、即座に成仏して仏になると考えられています。
そのため御霊前という表書きを使うことは浄土真宗の教義とはミスマッチになります。

曹洞宗や臨済宗の禅宗の場合

曹洞宗や臨済宗といった禅宗の教えでは霊という概念は持っておらず、人が亡くなると即座に仏になると考えられているため、浄土真宗と同様に御霊前という表書きは使いません。

禅宗の場合は香典袋には「御仏前」か「御佛前」を使うのが一般的です。

天台宗や真言宗のその他の仏教

浄土真宗と曹洞宗などの禅宗の例外を除けば、天台宗や真言宗といったその他の仏教では四十九日法要前であれば御霊前を使います。
四十九日以降は御仏前・御佛前を使えば問題ありません。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は御霊前か御花料を使うのが適切です。
ただ、キリスト教の宗派によっては御霊前を使うことは不適切と考えているものもあるため、御花料を使うのが無難な選択と言えるでしょう。

終活ねっとでは仏教だけでなくキリスト教の香典に関してフォーカスした記事も掲載しています。
キリスト教の場合の香典の書き方や葬儀のマナーなどを詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教の葬儀で渡す香典の書き方とは?マナーなども紹介します!

キリスト教の葬儀に参列する際に香典は持参するのでしょうか、またその際に袋はどういったものを使えばいいのでしょう。表書きはどうすればいいのでしょう? 終活中の方でもほとんど知らないキリスト教のお葬儀、香典の準備、マナーについて解説します。

神式の場合

神式の際には表書きとしては御霊前や御玉串料を使うのが一般的です。
神道では仏という概念はないため、くれぐれも御仏前という表書きは使わないように注意しましょう。

ちなみに香典袋には蓮の花が描かれているものがありますが、それは仏式の時だけに使える香典袋です。
決して神式の際には使わないでください。

香典袋を書く際の注意点

葬儀

御霊前の使い分けや宗教・宗派ごとの表書きは上記でご理解いただけたと思います。
理解ができたから、いざ香典袋に書こうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、書き方についても注意が必要なことがあります。

下記も一度ご覧になって書き方のマナーもマスターしてください。

できるだけ薄墨で書く

香典袋に書く文字は四十九日法要以前であれば、できるだけ薄墨で書くようにします。
なぜ薄墨を使うのかと言うと突然の訃報で焦って硯を擦ったということや、悲しみの涙が墨に落ち霞んでいることを表すために使います。

また、「できるだけ」薄墨で書くというのはあくまでも読みやすさを最も優先的に考えるためです。
遺族に判読しづらい香典袋を渡すぐらいであれば通常の濃い墨を使っても問題ありません。

四十九日法要以降であれば、いつ法要が行われるかは把握できるため薄墨をあえて使う必要はありません。

表書きを印刷するのは大丈夫?

忙しくて丁寧に表書きを手書きする時間がなかったり、筆ペンの用意が家になかったり、字に自信がないという場合には印刷した表書きを使っても問題ありません。

ただ印刷する場合にはフォントは手書きに近いものを選びましょう。
手書き風のフォントはインターネット上で無料で公開されているため、インストールすることをオススメします。

表書きは手書きであれば尚良いというものですが、大事なことは故人の冥福を祈るための法要できちんとお祈りをするということですので、そこまで心配することはないです。

香典袋の選び方

葬儀

突然の訃報でも、今はコンビニでも香典袋を販売しているため安心できます。
ただ置かれている香典袋も複数種類あり、どれを選べば良いのか迷ってしまうということもあるでしょう。

そんな時に迷わないように宗教・宗派によって適した香典袋の選び方をまとめましたので、香典袋選びの際に活用してください。

  • どの宗教でも使える香典袋

    表書きは御霊前。水引は黒白か双銀の結び切り。白無地の包み。

  • 仏式の香典袋

    表書きは御香料か御香典、御霊前(ただし浄土真宗・禅宗の場合は御霊前は不可)。
    水引は黒白か双銀の結び切り。白無地か蓮の絵柄が書かれた包み。

  • 神式の香典袋

    表書きは御玉串料か御榊料、御霊前。
    水引は双白か双銀、黒白の結び切り。白無地の包み。

  • キリスト教の香典袋

    表書きは御花料。水引きは付けない。
    白無地か十字架や白百合の包み。

香典袋を持参するのはお通夜?告別式?

葬儀

香典袋に関連する情報として、持参するタイミングについてもご紹介しておきます。

香典袋を持っていくのはお通夜か、告別式の時になります。
そのどちらか1回で香典袋を渡せば、2回とも持っていく必要はありません。

香典の金額相場や入れ方について

お金

香典で頭を悩ますことのひとつに金額やお金の入れ方があります。

故人との関係性や自分の年齢といった点で香典に包む金額は変わってきます。

終活ねっとには香典の金額や包み方、書き方といったことを詳細にまとめた記事もあります。
香典に包む金額などで不安という方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

香典袋を包む袱紗について

葬儀

香典袋はお通夜や告別式に裸の状態で持っていくのは、ご遺族に失礼にあたります。
マナーとしては袱紗(ふくさ)に包んで香典袋を持参します。

袱紗を持っていなくて、どんな色のものを選んで良いのかわからないといったことに悩んでいらっしゃるようでしたら、下記の記事が参考になります。

これさえ読んで頂ければ袱紗に関する知識は十分という内容になっておりますので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

香典袋と御霊前のまとめ

葬儀

いかがでしょうか?

今回終活ねっとでは香典袋と御霊前について以下のことをご紹介しました。

  • 御霊前の意味や御香典と御仏前の違い

    御霊前とは故人の御霊に対して、お供えする金品のことを言う。
    御仏前とは霊の状態から成仏した故人に対して、お供えされる金品のことを言う。
    御香典とは故人にお供えする金品のことを言い、最も広い意味を持つ。

  • 香典袋に御霊前と書く場合

    四十九日法要が終わるまでは御霊前と書く。
    また宗教・宗派がわからない時にも使える。
    新盆や三回忌では御霊前を使う。

  • 宗教別の表書きの種類

    浄土真宗と曹洞宗などの禅宗は御仏前を使い、その他の仏教では四十九日前は御霊前、四十九日以降は御仏前。
    キリスト教は御霊前か御花料で構わないが、御花料が無難。
    神式の場合は御霊前や御玉串料。

  • 香典袋を書く際の注意点

    できるだけ薄墨で書くようにする。
    また印刷でも構わないが手書き風のフォントを使う。

  • 香典袋の選び方

    宗教・宗派によって適した香典袋は異なるため注意が必要。

  • 香典袋を持参するタイミング

    お通夜か告別式のどちらかに一度持っていけば良い。

香典袋に御霊前を使う時や、宗教・宗派別の表書きなど詳細にご紹介しましたので、これで書き方などに迷うことも減るのではないでしょうか。

香典袋の書き方は常識としては知っておかなければいけないことですが、大切なことは故人との別れを偲んだり、冥福を祈る気持ちです。
あまり書き方などに気を取られすぎないように、良い永遠の別れの儀式が行えればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「香典袋・御霊前」に関連する記事

  • 香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?のサムネイル画像

    香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

    ある程度の年齢になると香典袋を使う機会が増えるものです。しかし、香典袋の表書きは自分が思っている常識が、相手にとっては非常識に映る場合もあります。宗派や地域性も大きいので、一度表書きの書き方をチェックしておきましょう。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

    香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

    お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。

  • 法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

    法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

    法事の際に必ず持参していくことになるものの1つが香典ですが、その表書きの書き方にも「御霊前」や「御仏前」などいろいろあります。表書きが「御仏前」の場合の書き方やマナーの面などでどこに気を付ければいいのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「香典袋・御霊前」についてさらに知りたい方へ

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?のサムネイル画像

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「香典袋・御霊前」についてさらに知りたい方へ

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?のサムネイル画像

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと