同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

自分はどのお墓に入ろうかと悩むことってありますよね。そもそも、同じお墓に入れる人に決まりなんてあるの?と疑問が生じることもあるとおもいます。そこで、今回は同じお墓に入れる人の決まりや入れるお墓がない場合について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. お墓に入れる人について
  2. お墓に入れる人に決まりはあるの?
  3. 友達と同じお墓に入れる?
  4. 入れるお墓がない場合
  5. お墓に入れる人数は?
  6. お墓に入れる人まとめ

お墓に入れる人について

お墓

お墓に入れる人について決まりはあるのでしょうか?

親族同士でしか同じお墓に入れないの?苗字が違う人同士でも同じお墓に入れるの?などの疑問をお持ちの方も多いはずです。
また、お墓に入れる人について誰に相談したらいいかわからないと困っている方もいらっしゃることでしょう。

そこで、今回終活ねっとでは、お墓に入れる人について解説します。

  • お墓に入れる人の決まりについて
  • 友達と同じお墓に入れるかについて
  • 入れるお墓がない場合について
  • お墓に入れる人数について

以上のことを中心に解説していきたいと思います。

詳しくご説明しますので、入ることのできるお墓について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

お墓に入れる人に決まりはあるの?

困った人々

そもそも、お墓に入れる人の決まりはあるのでしょうか?

結論から言うと、法律上お墓に入れる人に関する決まりはありません
関連する法律として墓地、埋葬等に関する法律というものがありますが、墓地の管理者についての定めはあるものの、誰がお墓に入れるかに関する規定はありません。
したがって、基本的には誰でも入ることができるということになります。

ただし、お墓に入るには永代使用権者と墓地の管理者の同意が必要になります。
ここでいう永代使用権者とは、通常お墓の所有者であり、墓地の管理者とは住職などであることが多いです。

というのも、まず、お墓を使用する際には、永代使用権という権利が必要になります。
この永代使用権によってお墓の所有者は墓地にお墓を立て、お墓を使用することができるようになります。
永代使用権は住職などの墓地の管理者が墓地の貸し手となり、永代使用権者が墓地の借り手となる契約といえます。

そして、お墓に誰を入れるかは借り手である永代使用権者の判断が必要になりますから、永代使用権者の承諾が必要になります。
また、墓地によっては宗派やお墓に入れる人などの決まりがありますから貸し手である墓地の管理者の承諾も併せて必要ということになります。

したがって、永代使用権者と管理者の同意があれば誰でもお墓に入ることができるといえます。

通常は親族のお墓に入ることが一般的ですから、以下では主に親族の範囲でお墓に入れるかどうかについて解説していきます。

次男が入るお墓について

ここでは、次男が入るお墓について見ていきましょう。

まず、次男が未婚の場合には実家のお墓に入ることが一般的です。

次に、次男が既婚者で子供がいる場合には、新しく建てたお墓に入ることが一般的です。
既婚者で子供がいない場合には、実家のお墓にはいることもできますし、新しいお墓に入ることも可能です。

次男の場合にあわせて、長男の場合についても解説していきます。

まず、長男で未婚の場合には、実家のお墓に入ることが一般的です。

次に、長男が既婚者で子供がいる場合には一般的には実家のお墓に入ることが多いです。
もっとも、長男であっても新しいお墓を建て、そこに入ることも可能です。

既婚者で、子供がいない場合には一般的には実家のお墓に入ることが多いです。
この場合にも、新しく建てたお墓に入ることは可能ですが、実家のお墓の承継問題が生じることには注意が必要です。

苗字の違う親族同士は同じお墓に入れる?

結婚して苗字が変わってしまった場合など苗字が違う場合でもは同じお墓に入れるのでしょうか?

すでに述べてきましたように、永代使用権者と墓地の管理者の同意があれば、苗字の違う親族同士であっても同じお墓に入ることはできます。

ただし、苗字の違う親戚が同じお墓に入る場合には埋葬者が多くなることがあるため墓誌を立てた方が良いケースもあります。

墓誌とは亡くなった方の名前や日付が入った石のことで、墓石の棹石の背面では埋葬者の名前が収まらない場合などに立てらることが多いです。
墓誌をたてることで、埋葬者が多い場合や苗字が違う場合であっても、故人の名前や日付が残されるため、遺族の方がきちんと故人を供養することができるといえます。

宗教が違っても同じお墓に入れる?

宗教が違う場合でも永代使用権者と管理者の同意があれば同じお墓に入ることができます。

もっとも、埋葬者間の宗教の違いがある場合には埋葬者の意思を尊重する必要がありますし、特に墓地によってはお墓に入ることのできる宗教が決まっていることがあるので注意が必要です。
そのため、宗教が違う場合には墓地の管理者に相談することをおすすめします。

もし、墓に入ることのできる人に宗教的な制限があった場合は、宗教不問の民営霊園や公営霊園であれば信教にかかわらず同じお墓に入れますので、宗教不問の民営霊園や公営霊園を検討することをおすすめします。

夫と同じお墓に入りたくない場合

夫の親族との人間関係や宗教の違いから夫と同じお墓には入りたくないと思う方もいらっしゃるでしょう。

夫と同じお墓に入りたくない場合には、同じお墓に入らないことは可能です。
その際、実家のお墓に入る場合は、実家のお墓の永代使用権者やお墓の管理者の同意が必要になります。
特に、管理者によっては妻が実家のお墓に入れないケースもありますから、管理者に相談することをおすすめします。

実家のお墓に入れない場合であっても、新しいお墓を立てたり、共同墓などの方法もありますからご自身が望む埋葬方法を選ぶことが可能です。

夫は妻の実家のお墓に入れる?

最後に、夫は妻の実家のお墓に入れるのでしょうか。
夫が長男である場合には、妻の実家のお墓に入ることは一般的ではありませんが、永代使用権者と管理者の同意があれば可能です。
もっとも、長男の場合にはお墓の承継問題も生じることから永代使用権者や管理者だけでなく親族同士の話し合いもあわせて必要になることが多いです。

夫が次男で妻が実家のお墓を承継しているような場合には、夫が妻の実家のお墓に入ることは選択肢の一つといえます。
もっとも、この場合にも永代使用権者と管理者の同意が必要になります。

友達と同じお墓に入れる?

人々

親族以外である友人と同じお墓に入ることはできるのでしょうか?

結論から述べると、親族以外の友人であっても同じお墓に入ることは可能です。

最近では、墓友という関係も定着しつつあります。
墓友とは、他人同士であるが、一緒にお墓に入る関係のことをいいます。
親しい友人と共に共同でお金を出し合って一つのお墓を購入する場合や、NPO法人などの団体が運営するサークルで親交を深めた友人と、その団体が管理する共同墓に一緒に入る場合があります。

墓友のメリットとしては、交友関係の広がりや精神的安心感が得られることがあげられます。
特に、高齢で一人暮らしの方は墓友を作ることで大きな安心感が得られることが多く最近では増えてきているようです。

ただし、墓友の場合には管理会社が墓地等の管理をすることから、管理会社については慎重に選択する必要があります。
特に、墓地の管理会社の管理体制や管理費については会社によって様々ですし、管理会社が倒産したような場合にも適切に管理がなされるのかなど様々な事項について慎重に検討することをおすすめします。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
共同墓地についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

共同墓地の費用の相場はどれくらいなの?永代供養って?

共同墓地の利用が広まりつつあります。少子高齢化や費用の問題から、共同墓地が求められていることはもう珍しいことではないようです。共同墓地の申し込み、永代供養、管理費用などについて調べてみましょう。

入れるお墓がない場合

海

入れるお墓がない場合であっても、新しくお墓を建てたり、共同墓、散骨、手元供養などの供養方法をとることができます。
以下ではそれぞれの供養方法について解説していきます。

まず、「共同墓」とは「共同墓地」の略称であり、供養塔の内部にご遺骨を納めるスペースが作られており、そのスペースに他人同士である人々のご遺骨を共同で納める合祀型のお墓のことをいいます。

共同墓のメリットとしては、個人ごとに石材のお墓を建てる必要がないので、お墓の建設費用がかかりません。
また、個別にお墓がないので管理の必要がなく管理費もかかりませんし、お墓の後継者がいなくても問題ありませんからお子さんのいない方でも安心して入ることのできるお墓といえます。
ただし、共同墓はご遺骨を骨壷から取り出して埋葬することから、後になってからご遺骨を個別に取り出して改葬するなどといったことはできませんので注意が必要です。

次に、散骨とは、故人のご遺骨を粉末状にし海、山中などに撒く埋葬方法のことをいいます。
散骨においては、お墓を建てる必要がないことから費用を抑えることができ、管理の必要もありません。
自然に還ることを望む故人を供養する場合には、散骨が選ばれる事が多いようです。

手元供養とは、ご遺骨・遺灰を自宅で保管する供養方法のことをいいます。
手元供養には、自宅で遺骨・遺灰の全部を保管する方法と、墓地に納骨した上で一部だけ自宅で保管する方法の2つの選択肢があります。

手元供養のメリットとしては、何より故人を身近に感じられることがあげられます。
また、遠方に行かずに身近で供養できることから、墓地が遠方にある場合や高齢の方にとっては供養がしやすくなります。
加えて、墓地等を建てる必要がないため費用が抑えられるなどの利点もあげられます。
手元供養においては、故人を身近に感じられ、身近で供養できることが他の供養方法にはない特徴といえます。

お墓に入れる人数は?

お墓

一般的に、お墓に入れる人数に決まりはありません。
したがって、基本的には何人でもお墓に入ることができるといえます。
ただし、お墓に入れるのは物理的な納骨室の大きさに限られますから、納骨室の大きさによって入れる人数が決まることになります。

最も大きく納骨室の広さが必要となるのは、骨壷ごとに埋葬する場合です。
その場合であれば、標準的な納骨室としては骨壷が6から8個入りますから、夫婦で入る場合には3~4代あたりがお墓にはいることができます。

しかし、お墓に骨壺が入りきらなくなった場合にも、納骨室の床に骨壺から取り出したお骨を並べるなどの方法をとることで、新たな骨壺の入るスペースを確保することができます。
そのため、基本的はお墓に入れる人数には制限はないといえます。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓に入れる人数についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

お墓に入れる人まとめ

お墓

いかがだったでしょうか?

今回終活ねっとでは、お墓に入れるひと同じお墓に入れる人の決まりや入れるお墓がない場合など以下のことを解説してきました。

  • お墓にはお墓の所有者などの永代使用権者と墓地の管理者の同意があれば誰でも入ることができる。
  • 親族以外の友人同士であっても同じお墓に入ることができる。
  • 入れるお墓がない場合には、新しくお墓を建てたり、共同墓、散骨、手元供養などの埋葬方法がある。
  • お墓に入れる人数は、骨壺で納骨する場合、一般的なお墓では夫婦で3~4代であるが、基本的に入ることのできる人数に制約はない。

お墓に入れる人に決まりはなく、基本的には誰でも入ることができたんですね。

どのお墓に入るかというのは自分をどのように供養してもらうかということと密接に関係しますから、前もってどのお墓に入るか考えておくといいかもしれませんね。

終活ねっとでは他にもお墓に関する多数の記事を掲載しております。
ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・入れる人」に関連する記事

「お墓・入れる人」についてさらに知りたい方へ

  • 違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

    違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

    お墓には法律だけでなく、寺院・霊園の規約や故人・親族の気持ちなど、考えることが多くあります。お墓の悩みの中でも、違う苗字の人は同じお墓に入る事ができるのか?という悩みを抱く方もいると思います。この記事では違う苗字の人同士が同じお墓に入れるのかどうか解説します。

  • 誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

    誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

    自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • 夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

    夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

    夫婦生活を続けているけど、お墓まで一緒に入りたくないと考える方も増えてきているようです。とはいっても、そんなことできるのかと疑問を感じている方もいるでしょう。そこで、ここでは夫婦で別のお墓に入ることができるのか、その理由、別のお墓に入る方法も紹介します。

  • よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

    よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

    お墓に関して詳しいという方はなかなかいないでしょう。もしお墓について疑問があっても、周りに聞いても誰もわからないということもあるでしょう。そこで今回終活ねっとでは、よくあるお墓に関する疑問を一挙に解決しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

    お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

    「自分はどのお墓にはいるんだろう」と考えたとき、気になってくるのがお墓のルール。実家のお墓には誰でも入れるの?何人まで入れるの?夫と一緒には入りたくないのだけど!誰が引き継ぐの?お墓に刻む文字は?気になるお墓のルールについて詳しく説明していきます。

  • 嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

    嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

    「私は将来どのお墓に入るのか?」と誰もが一度は疑問に思うでしょう。ご結婚されている方は特に、嫁の立場ではどこのお墓に入るのかなど、嫁がお墓に入る場合は、特別な決まりがあると思っておられる方も多いと思います。今回は、嫁はどこのお墓に入るのか解説していきます。

  • 先祖のお墓には誰が入れる?墓じまい・改葬方法やお墓の探し方を紹介のサムネイル画像

    先祖のお墓には誰が入れる?墓じまい・改葬方法やお墓の探し方を紹介

    先祖代々のお墓がある方も多いでしょう。お墓参りに行くときは意識しなくても、先祖代々のお墓に親戚一同で行くことが多いのではないでしょうか。しかし、先祖のお墓には誰が入れるのかご存知ですか。この記事では先祖のお墓について詳しく解説します。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・入れる人」についてさらに知りたい方へ

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

先祖のお墓には誰が入れる?墓じまい・改葬方法やお墓の探し方を紹介のサムネイル画像

先祖のお墓には誰が入れる?墓じまい・改葬方法やお墓の探し方を紹介

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと