エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!

終活を行う時にエンディングノートを作成することはとても重要です。しかし書き方や書くべき内容がよくわからないという方もおられることでしょう。そこでエンディングノートの作成方法と作成する時の注意点などを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. エンディングノートの作成について
  2. エンディングノートとは?
  3. エンディングノートの作成時に書くべきこと
  4. エンディングノート作成の注意点
  5. エンディングノートの入手方法
  6. エンディングノート作成はいつすべき?
  7. エンディングノート作成代行サービスとは?
  8. エンディングノートの作成まとめ

エンディングノートの作成について

人々

最近では終活を積極的に行いたいと思われている方が増えてきています。
終活は人生の最期の時に向けての準備活動という意味ですが、決して後ろ向きな活動ではありません。
一度しかない人生をより良いものにするためにも、終活を行うことはとても重要です。

終活を行う上で、エンディングノートを用意することもとても大事なことです。
そこで今回終活ねっとのこの記事では、終活におけるエンディングノートの作成について以下の事柄を解説いたします。

  • エンディングノートとは?

    エンディングノートとはどのようなものか解説します。

  • エンディングノートを作成する時に書くべきこと

    エンディングノート作成時に書くべき内容を具体的に説明します。

  • エンディングノート作成時の注意点

    エンディングノートを作成する時にどこに注意すればよいのか解説します。

  • エンディングノート入手方法

    エンディングノートはどこで手に入るかなどをご紹介します。

  • エンディングノートを作成する時期と代行サービスについて

    エンディングノートの作成はいつから始めれば良いか解説します。代行サービスについてもご紹介します。

終活を行う時は、まずエンディングノートを作成することから始めるのが良いでしょう。
エンディングノートの作成方法や書くべき内容について知っておいた方が、良い終活を行うことができます。

ぜひこの記事を最後まで読んでいただき、良い終活を行うための参考にしてください。

エンディングノートとは?

困った人々

エンディングノートとは、人生の終わり方についてご自分の想いなどを書き記すノートのことです。
自分自身が病気などで話をできなくなった時や、死亡した後でもご家族様や身近な方々に、ご自分の希望や想いを伝えるために書き留めておくことができます。

エンディングノートを書くことによって、今までの人生を振り返ることができ、残された人生を有意義に送ることができるかもしれません。
また、言い残した事が無いようにすることで、人生を満足して締めくくることができるでしょう。

このようにエンディングノートは自分自身の為でもありますので、作成してもいいのではないでしょうか?

エンディングノートの作成時に書くべきこと

遺品整理

終活でエンディングノートを作成することはとても重要なことです。
では具体的にどのような内容を書けばよいのでしょう?

基本的にはエンディングノートに書く内容は自由です。
絶対書かなければいけないというものはありませんが、書いておいた方が良いというものはあります。
一般的にエンディングノートに書くべき内容についてご紹介します。

自分のこと

自分自身のことは、自分しか書くことができません。
どこで生まれてどのような人生を送って今に至るかなど、自分史と言えるものを書いてもいいでしょう。

趣味や宝物、楽しかった思い出などご自身しかわからないことを書き記すことで、やり残したことが見えてくるかもしれません。
残された人生を有意義に過ごすためにも、今までのご自身の人生を振り返ってみましょう。

家族・友人のこと

家族・友人のことについても書くことをおすすめします。

まずはご自身の家系図を書き上げてみるといいでしょう。
自分の親や兄弟、親戚など分かる限りでも書き残すことで、子々孫々まで正確にどのような家系であったかを伝えることができます。

またご自身にとって重要な友人の名前を書き記しておくことで、会いたい人を明確化することができる上、もしもの時に連絡が取りやすくなります。

資産のこと

ご自身の資産の詳細などもエンディングノートに書いておきましょう。

不動産や宝石・骨董など、資産になりうるものを詳細に書いておくことで、ご家族様も助かります。

権利書などの重要書類は何処にあるかなどについて書き記すことも重要です。

預貯金の通帳・カードの置いてある場所や暗証番号なども書いておくことをおすすめします。
併せてローンや借金などマイナス資産も明確にしておくことで、遺されたご家族様の負担を軽減できます。

医療・介護のこと

エンディングノートには、医療や介護についてご自分の希望を書いておくことをおすすめします。
延命治療を望むかどうかの自分の意思を提示しておけば、ご自身の希望を汲んでもらえますし、ご家族様も対応しやすくなります。

また介護が必要になった時は、誰に頼みたいか、あるいは施設を希望するなども明確にしておくことも終活の一つと言えます。

医療・介護についてはご自身だけではなく、ご本人様の身の回りの方も関わってくる問題ですので、ご自身の希望だけではなく、ご家族様と話し合って一番良い方法を探すことが大切です。

デジタルデータのこと

デジタルデータはご自身しかわからないということが多いです。
もしもの時に、アカウント名やパスワードがわからないとご家族様でも何もできなくなる可能性があります。

エンディングノートに使っているデータのことも書き記しておきましょう。
削除して欲しいデータがあれば、どこに入っているかなどもはっきりさせておいた方が良いでしょう。
パスワードやアドレスなども、はっきりとわかりやすい文字で書いておきましょう。

死後のこと

ご自分の死後についても、希望を書いておくことも大事です。
葬儀はどの形式で望むか、呼んで欲しい友人名などもエンディングノートに書いておけばご家族様も迷わずに済みます。

また自分が入るお墓についても書いておきましょう。
生前にお墓を購入していたり、納骨堂と契約を交わしているのならその旨をはっきりと書いておきます。
お墓や納骨堂の住所や契約書などがあれば、どこに置いてあるかを明確にしておく必要があります。

エンディングノート作成の注意点

お金

エンディングノートは何を書いても構わないのですが、いくつか注意点があります。
どこに注意すべきかを理解したうえで書けば、より良いエンディングノートを作成することができます。
以下からエンディングノート作成の注意点をご紹介します。

遺言書とは違って法的効力はない

エンディングノートは何を書いてもいいのですが、エンディングノートは遺言書にはなりません
つまりエンディングノートに書いたことは法的効力がないので、必ず実行されるとは限りません。

特に財産相続の件に関しては、正式な遺言書が必要となってきます。
正式な遺言書の書き方がわからない場合は、弁護士や行政書士に相談してみるのも一つの方法です。

定期的に見直す必要がある

エンディングノートを定期的に見直すことも大切です。
エンディングノートに書き記しても、日々を過ごすうちに内容が変化していってしまう場合があります。

例えば、重要書類の置いてある場所を移動したり、家族の構成が変わったりということが挙げられます。
定期的に内容を見直し、追加したい事や削除したいことを検討する必要があります。

エンディングノートを見直した時は、その都度日付を入れるようにすればいつ書いたがわかりやすく、後にエンディングノートを見た方も迷うことが少なくなります。

保管場所を信頼できる人に伝えておく

エンディングノートには重要なことが書いてありますので、他人に簡単に見られないように厳重に保管するようにしましょう。

エンディングノートは、いずれ身近な方が見るということが前程です。
エンディングノートを書いたことや保管場所がわからなければ意味がないものになってしまいます。

ご自分が入院など自宅を離れた時や、死後にきちんと発見されるようにエンディングノートの保管場所を信頼できる人に伝えておくことが大切です。
その為にも、エンディングノートの作成は自分一人で行わず、ご家族様と一緒に作成することをおすすめします。

エンディングノートの入手方法

人々

エンディングノートは何処で入手できるのでしょう?
エンディングノートはこれに書かなければいけないという決まりはありませんので、普通のノートに書いても大丈夫です。

しかしエンディングノートとして用意されているものの方が、書いておいた方が良い内容などが記載されていますので、書きやすくなっています。
中には用語の説明がされているものや、チェックを入れるだけでOKというものもあります。

以下でエンディングノート入手方法をいくつかご紹介します。

書店で購入する

最近では終活を積極的に行う方も増えてきていますので、書店でもいろんなエンディングノートが販売されています。

書店で購入する時のメリットは、実際に手に取って中身を確認し、書きやすそうなものを選ぶことができることです。
デメリットとしては実際に書店まで足を運ばなければいけないことです。

インターネットで取り寄せることもできますが、実物の大きさや厚みなどで書くことがプレッシャーになり、躊躇してしまう場合もあります。
本物を手に取って中身を確認し、これなら書けそうだというものを選んだ方がスムーズに作業が進みます。

エンディングノートアプリを使う

エンディングノートアプリを使って作成しても良いでしょう。
肌身離さず持ち歩いているスマホだからこそ、思い立った時にすぐに作成することができます。

エンディングノートアプリのメリットは、動画や写真も簡単に残せることと手軽にいつでも作成できるという点です。
デメリットとしては、まだまだ内容が充実したアプリが少ないということです。
また急にサービスが終了したり、スマホの故障でデータが無くなってしまう可能性もあります。

スマホのアプリでエンディングノートを作成した場合、本人以外はあることすらわからないことが多いです。
複数スマホがあった時にも困ったことになりかねません。
少し手間がかかりますが、アプリの内容をノートに書き写しておくことをおすすめします。

パソコンでダウンロードする

エンディングノートはパソコンでダウンロードできます。
無料な上に、一括でダウンロードすることも、必要なページだけダウンロードすることもできます。

パソコン上でのエンディングノート作成のメリットは、手で書く必要がなく、字を書くことが苦手な方でも簡単に記入できるという点です。
また拡大することもできますし、パスワードなど判別しにくい文字を正確に伝えることができます。
デメリットとしては、パソコンの操作ができなければいけないということと、パソコンが壊れてしまった時にデータが無くなってしまう可能性があるということが挙げられます。

パソコン上のエンディングノートは、存在自体が周りの人には気づきにくいです。
データを入力したらプリントアウトして冊子にしておくのも良いでしょう。

エンディングノート作成はいつすべき?

人々

エンディングノートを書き始めるのはいつが良いのでしょう?
一般的に終活は高齢になってから、あるいは余命宣告を受けてから行えば良いと思いがちです。
しかし、年齢にかかわらず、いつ何が起こるかは誰にも予期し得ないことです。

エンディングノートは何度でも更新できるものなのですから、健康であっても若くてもご自身の最期を意識して書き始めてもいいでしょう。
エンディングノートを書き始めるのに、早すぎるということはありません
書きたい、書いておきたいと思った項目から自由に始めてみましょう。

エンディングノート作成代行サービスとは?

人々

文字を書くことができず、パソコンの操作もできないがエンディングノートを作成したいという方には、エンディングノート作成を代行サービスしている会社があります。

インタビュー形式で、質問に答えるだけで代行サービスの方がすべて作成してくれます。
ひとりでは解決できない相談にのってくれますし、自分で作る手間が省けるというメリットがあります。
デメリットは申し込みが大変であるという事と、費用が発生する点です。
また個人情報が洩れる心配がないとは言い切れません。

代行サービスを受けたいと思った時は、説明の段階からご家族様と一緒に検討してみましょう。

エンディングノートの作成まとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
エンディングノートの作成について解説しましたが、参考になりましたでしょうか?
終活ねっとのこの記事では以下のような事柄を説明しています。

  • エンディングノートとは、自分の想いや希望などを書き記すためのノートのこと。
  • エンディングノートには何を書いても良いが、一般的には自分のこと、家族や友人のこと、資産のこと、医療・介護のこと、デジタルデータのこと、死後のことなどを書く。
  • エンディングノートを作成する時の注意点は、遺言書と違いノートには法的効力が無いという事、定期的に見直す必要があること、ノートの保管場所を信頼できる人に伝えておくこと。
  • エンディングノートは、書店などで購入可能。スマホのアプリやパソコンにダウンロードして手に入れることもできる。
  • エンディングノートの作成し始める時期に早すぎることはない。
  • 作成が難しいと感じた時は、エンディングノート作成代行サービスを利用してみるのも一つの方法。

エンディングノートは絶対書かなければいけないというものではありませんが、作成したほうがより良い終活を行うことができます。
すべての項目をきっちり書かなければいけないというものでもありませんので、ご自分のペースで書きたいと思った項目から始めてみましょう。

終活ねっとでは、終活を行う時に役立つ情報を多数掲載していますので、ぜひ他の記事もご覧になって終活を行う時の参考にしてくださるとうれしく思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「エンディングノート・作成」に関連する記事

「エンディングノート・作成」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「エンディングノート・作成」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!のサムネイル画像

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介のサムネイル画像

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!のサムネイル画像

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと