お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

家のお墓を継がなければならなくなった時、具体的にどのような手続きを行えばよいのでしょうか?また、継ぐ人が誰もいないお墓はどうすればよいのでしょうか?お墓を継ぐことについて気になる点を分かりやすく解説していきます。

目次

  1. お墓を継ぐことについて
  2. お墓を継ぐとはどういうことか?
  3. お墓は誰が継ぐもの?
  4. お墓は継ぐ人がいないと撤去されてしまう
  5. お墓を継ぐ人がいない・継ぎたくない場合
  6. お墓を継ぐことについてまとめ

お墓を継ぐことについて

お墓

現在のお墓の管理者が亡くなり、お墓を継ぐことになった時どうすればよいのでしょうか?

実は、お墓を継ぐ際にはたくさんの手順を踏まなければなりません。

お墓を継ぐことと遺産を継ぐことは違います。
遺産は土地などと共に相続財産という財産に分類されるのに対し、お墓は祭祀財産と呼ばれ区別されます。
これはお墓が、家系図や仏壇、仏具などと同じで先祖を祀るための特別な財産だからです。

しかもお墓を継ぐことは、前管理者と新しい管理者だけの問題ではありません。
家族も巻き込んだ、大きな出来事となるのです。

そのため、誤った知識を持っていると、大きなトラブルを引き起こしてしまう危険があります。

そこで今回の終活ねっとではお墓を継ぐことについて

  • お墓を継ぐとはどういうことか?
  • お墓は誰が継ぐもの?
  • お墓は継ぐ人がいないと撤去されてしまう
  • お墓を継ぐ人がいない・継ぎたくない場合

を中心に解説していきたいと思います。

先述した祭祀財産は、数人で分けて継ぐことができません。
資金を出し合うことはできても、実際に継承者となるのは1人なのです。
そのことで負担を感じている人もかなり多いようです。
ぜひこの記事を読んで、いざという時に備えてくださいね。

お墓を継ぐとはどういうことか?

困った人々

まず早速、お墓を継ぐとはどういうことなのか見ていきましょう。

継承者が何をすればよいのか、実際に手続きはどうすればよいのか、費用はどのくらいかかるのかを解説していきますので一緒に考えて生きましょう。

お墓の承継者がする必要のあること

お墓を継ぐことになると、やらなければならないことがたくさんあります。

お墓の承継者がする必要のあることとして、まず継承手続きが挙げられます。

手続きといっても、法的な手続きを行う必要はなく、お墓のある墓地管理者に名義変更の届出をすればよいのです。
そう聞くと簡単なようですが、継承手続き申請をするためには、墓地を継承するための申請書や戸籍謄本など書類を用意する手間がかかります。

さらに申請が通り実際にお墓を継ぐことになると、その後もお墓の掃除や管理料の支払いも行わなければなりません。
継いだらそれでおしまいではないので、実際には手続きなどの手間だけでなくお金もかかることなのです。

お墓を継ぐ際に必要な書類

さきほど、継承者がお墓を引き継ぐ際に行う手続きにはいくつかの書類を用意する必要があるとお伝えしました。

では、お墓を継ぐ際に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょう。

手続きの内容は利用する寺院や霊園によって異なりますが、ここでは一般的な例を見てみましょう。
用意する必要のある書類は主に以下の4種類です。

  • 墓地使用権承継承認申請書
  • 永代使用許可書
  • 全管理者と新管理者の繋がりが確認できる戸籍謄本
  • 申請者の住民票か戸籍謄本

戸籍標本などは市区町村の役場やホームページからのダウンロードなどで入手できます。
また、公営の墓地の場合、墓地使用権承継承認申請書も各市町村から入手し申請する必要があります。

管理料を引き落とす都合上、銀行口座の振替用紙も提出を求められることもあります。

また、前管理者の遺言などで新管理者が指定されている場合は、その遺言書も提出します
子どもや家族ではない、親族以外の人がお墓を継ぐことになった場合は、同意書や協議成立確認書の提出も必要です。

これだけ見ても、かなり煩雑な手続きであることは分かって頂けると思います。
もし継承を巡って家庭裁判所に審議を依頼したのであれば、その証明書も用意しておきましょう。

お墓を継ぐのに必要な費用

お墓を継ぐのには手間だけでなくお金もかかる、と先ほどお伝えしました。
では、お墓を継ぐのに必要な費用はだいたいどれくらいなのでしょう。

お墓の名義変更費用も寺院や霊園によって異なります。
公営墓地の場合は比較的安価で、数百円~数千円程度です。
民営墓地の場合は5千円~1万円程度となっています。
中には3万円を超えるところもあるようですので、事前に確認することをおすすめします。

また、寺院墓地の場合は檀家をきちんと管理していることが多いので、葬儀の時のお布施に名義変更料も含まれていることがあります。
寺院墓地に建てられているお墓を継ぐ場合、檀家も引き継ぐことになりますので檀家の行事や法要などにも参加していくことになります。
名義変更の際にお布施を包むこともあるようです。

お墓は誰が継ぐもの?

お墓

では次に、お墓は誰が継ぐものなのかということについて見ていきましょう。
そもそもお墓というものは、代々継承されることを想定して建てられていることが多いと思います。

しかし、法律では継承者の指定はありません。
民法に記載はありますが、かなり抽象的な表現となっています。

一般的には長男が継ぐ

お墓は一般的に長男が継ぐとされています。
というのも、日本の伝統的な文化が影響しています。

日本には以前「家制度」と呼ばれる制度が存在しました。
家は統率者である戸主とその家族によって構成され、戸主が一番高い身分であるとされていました。
戸主は家族が結婚する際などに許可を出したり、家族を家から除外する権限なども持っていました。

戸主が死亡したとき、次に家を継ぐ権限があるのが長男です。
男子がいない場合はまれに女子が継ぐこともあったようですが、ほとんどの場合長男が家を継いでいました。
家制度は日本国憲法の施行時に廃止となりましたが、この名残が今でも残っているのです。

現在家制度の考え方は薄まってきてはいますが、古くからの慣習にしたがって相続者を決めている家族が多いと言えます。
家制度では代々のお墓に入ることができるのは、お墓を継ぐ人とその配偶者に限られていました。
しかし現在、お墓を継ぐのは長男であっても、次男や長女も同じお墓に入ることができるようにもなりました。

遺言によって決める場合

お墓の継承者は、以前の管理者が遺言によって決めることができます。
遺言による指定があった場合、最も優先して相続人が決定されることになります。
遺言書のように正式な書面がなくても、以前の管理者が口伝えで伝えていた場合もある程度の効力はあるのです。

家族以外の人を継承者に指定したい場合などは、遺言書を書いておくとよいかもしれません。

遺言書上でお墓のことについてどのように指定すればいいのかについては以下の記事で解説しています。
気になったかたは合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓のことを遺言書に書く?お墓に関して法的効力をもたせる方法とは

終活においてお墓をどうするのかという問題は、多くの方が悩まれるのではないでしょうか。ある程度の方向性で動いた後、念を入れて遺言書という形で法的拘束力を持たせる方もいらっしゃいます。お墓について遺言書を用意する上でのメリットや注意点を解説していきます。

決まらない場合は家庭裁判所の指示で

話し合いでも遺言書でも決まらない場合は家庭裁判所に指示を委ねることも可能です。
家族間で相続について揉め事が起こった場合も同じです。

家庭裁判所の判断でお墓を相続することになっても、その後の管理や手入れは義務ではありません。
もし無理であると考えるならば、永代供養に切り替えたり、お墓を手放すことも可能なのです。
どうしても相続者が決まらない場合は、家庭裁判所に相談しましょう。

お墓は継ぐ人がいないと撤去されてしまう

お墓

継承者になってもお墓の管理は義務ではないということは、前項で説明しました。
ではもし何の手続きもせずに、継承したお墓を放置した場合はどうなるのでしょうか?
また、継ぐ人を決めないまま放置したお墓はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、お墓は継ぐ人がいないと撤去されてしまうのです。

お墓を放置すると掃除などが行き届かなくなったり、年間管理費が支払われなくなったりします。
寺院や霊園にとっても不都合となるため、だいたいの場合は立て札などで管理者に勧告文が出ます。
勧告を受けても返答がない場合、お墓は「無縁墓」とされてしまうことがあります。

無縁墓になると、墓地の管理者側がそのお墓を撤去する権限を持ちます。
お墓は撤去され、ご遺骨は合同供養場などで供養されることになります。
合同供養になるとほかのご遺骨と合祀されるため、後から個別に取り出すことができなくなってしまいます。

できる限りお墓は誰が継ぐのか、決めるようにするのが一番ですね。

お墓を継ぐ人がいない・継ぎたくない場合

お墓

無縁墓を作ってしまうことは、家族にとっても寺院や霊園にとってもよいことではありません。
しかし少子高齢化などの影響でお墓を継ぐ人が減り、無縁墓は年々増加する傾向にあります。
特に都市部ではその傾向が強く、これからも増加していくと考えられています。

それでは、無縁墓を作らないためにはどうするのがよいのでしょうか?

お墓を継ぐ人がいない・継ぎたくない場合どうしたらいいのか、いくつかの例を見てみましょう。

永代供養を行う

最も一般的な例が、永代供養です。
永代供養は寺院や霊園などが故人のご遺骨を預かってくれ、永代に渡って管理をしてくれる供養方法のことです。
お墓を建てる必要がない供養方法として、近年注目を集めています。

永代供養とひとことにいっても、いくつかのタイプに分けられます。
そのなかでも、管理に手間やお金のかからない方法を詳しく取り上げてみていきましょう。

納骨堂で永代供養を行う

一つ目は納骨堂で永代供養を行うという方法です。

納骨堂は個人や夫婦などでご遺骨を納めることができる、お墓とはまた違った供養方法です。
基本的には室内にあり、1つの建物の中にいくつもの納骨スペースが設けられています。

継承者がいなくなったという理由だけではなく、お墓が遠方でなかなかお墓参りができない人などにも好んで利用されているようです。
納骨堂の利用は年々増え続け、抽選に当たらないと申し込みができない納骨堂も多くなっているようです。

利用者が多いこともあり、「永代供養」と言っても「永遠に」供養してもらえるわけではないことは覚えておいたほうがよいです。
大体の場合、○回忌などのタイミングで他のご遺骨と合祀されることになります。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養墓に合祀する

二つ目は永代供養墓に合祀するという方法です。

永代供養墓は納骨堂とは違い、霊園や墓地の一角にあることが多いです。
ほかのご遺骨と一緒に合祀されることになるので、合祀墓とも呼ばれます。
個人で墓石を建てる必要がないので、管理料だけの支払いで永代供養を行ってくれます。

宗教や宗派に関わらず受け入れてもらえることも多いので、比較的購入しやすいこともメリットです。

しかし、合祀されるとほかの人のご遺骨と混ざってしまうので、もし後から個別に供養したいと思っても、ご遺骨を取り出すことが不可能になります。
そのあたりは事前に家族と話し合っておくことが必要になりそうです。

永代供養のお墓はほかにも様々あります。
永代供養について、またその種類や費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

散骨する

故人のご遺体を火葬した後、お墓に納骨するのではなく細かく砕いて自然の中に撒くことを散骨と言います。
海や山などその場所は様々で、近年ではバルーンで空へ飛ばしたり、ロケットで宇宙へ飛ばしたりすることもできるようです。
この散骨も永代供養同様、墓石を建てない供養方法として注目を集めています。

散骨は新しい供養方法ということもあり、まだはっきりとした法律による取り決めがありません。
そのため、撒く場所の選択はあくまで常識の範囲内、ということになるのです。
私有地や生活圏の近くに散骨してしまうと、近隣の住民などから思わぬ苦情を受けることもあります。
場所選びには十分注意が必要です。

また、撒く際には必ずご遺骨を粉状にしなければなりません。
ご遺骨とわかる形のまま散骨を行ってしまうと死体等遺棄罪に問われてしまう可能性があります。

もし不安であれば、散骨専門業者に依頼するのもよいと思います。

また、海外での散骨を考えている場合は、その国の決まりに従うようにしましょう。

樹木葬する

樹木葬は墓石のではなく生きた木を墓標とする埋葬方法です。
霊園や墓地の敷地内、自然の山々などの植物の下にご遺骨を埋葬します。

樹木葬の種類は主に2種類あります。
1つは墓地として整備された場所の区画内に埋葬する「公園型」です。
もう1つは山の中の許可を受けた場所に埋葬する「里山型」です。

この樹木葬は散骨と異なり、埋葬してよい場所は明確に決められています。
きちんと墓地として法的に許可を受けている場所で行うようにしましょう。
自宅の庭や許可を受けていない自然の中に埋葬すると、法律違反とされる可能性も出てきます。

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、樹木葬の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

手元供養する

手元供養とは、ご遺骨をお墓に納骨したり散骨したりという方法を取らず、自宅で保管し供養する方法です。
この手元供養には、全てのご遺骨を自宅に保管する方法と、一部を納骨し、一部を保管する方法があります。

手元供養も墓石を必要とせず、また、手元というだけあってお墓参りに行く必要もありません
お墓を持つことにこだわりを持たない方などを中心に、新しい供養方法として近年注目を集めています。

この手元供養は費用面でもかなり抑えることができます。
極端に言えば、骨壺1つあれば供養することが可能なのです。

故人を近くに感じることができるという理由で、ご遺骨を使ってアクセサリーなどのメモリアルグッズを作る人も増えています。
ご遺骨を混ぜてダイヤモンドを作ったり、ご遺骨を入れるペンダントを購入したり、その種類は様々ですのでそれぞれ自分にあった手元供養の形をみつけることができます。

お墓を継ぐことについてまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回の終活ねっとでは、お墓を継ぐことについて解説していきました。

ここで記事の内容を振り返ってみましょう。

  • お墓は祭祀財産と呼ばれる財産で、相続するためには様々な手続きが必要となる。
  • 名義変更費用は寺院や霊園によって異なるが、だいたい数千円~1万円程度でできる。
  • 古来からの「家制度」の名残から、基本的にお墓は長男が継ぐという慣習がある。
  • 遺言がある場合は遺言が優先され、遺言もなく話し合いでも決まらない場合は家庭裁判所に判断を委ねることもある。
  • 管理する人がいなくなったり、放置されたお墓は無縁墓となり、撤去されることがある。
  • お墓を継ぐ人がいない、または継ぎたくないと考える場合、永代供養や散骨、樹木葬、自宅供養など新しい供養方法も検討可能。

ここまででお分かりの通り、お墓の相続は大変なことです。
最近では子ども達に迷惑をかけたくないと生前にお墓を処分しておく人も増えているようです。

しかし代々受け継がれてきたお墓ですから、もし相続することになれば心を込めてお世話をしたいものですね。
いつか訪れるかもしれないお墓の相続時に備え、今から色々と知っておくのもよいかもしれませんね。
この機会にお墓についてご家族と話し合ってみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・継ぐ」に関連する記事

  • お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

    お墓を建てたり維持管理したりするには、多額の費用が発生します。その費用負担は長男がするべきなのでしょうか?それとも長男以外に任せてもよいものなのでしょうか?気になるお墓の継承についての疑問を解決します。

  • お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?のサムネイル画像

    お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?

    現在、皆さんの中でお墓の継承者だけど、継ぎたくない、継げないという方はいらっしゃいませんか。様々な理由や事情で継ぎたくない、継げないということと存じます。ここでは、お墓の継承辞退に関わる諸事例を紹介します。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

    お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

    お墓の継承者がいない、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、お墓を持たない選択をする人が増えています。お墓を持たないことは可能でしょうか。今回はお墓を持たない選択に至る背景と、お墓を持たない場合の供養方法について詳しく解説していきます。

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

    お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

    お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・継ぐ」についてさらに知りたい方へ

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?のサムネイル画像

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・継ぐ」についてさらに知りたい方へ

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?のサムネイル画像

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと