お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓を建てる手順はご存知ですか?いつから準備を始めるのか・どのように建てるのか・費用はいくらかかるのか、気になることが多いかと思います。今回の記事ではお墓を建てるときの流れやポイントを解説していきます。相場についてもご紹介しますので、ぜひお読みください。

目次

  1. お墓を建てるにはいくら費用がかかる?
  2. お墓を建てるのにかかる費用と相場
  3. お墓を建てるまでの流れ
  4. お墓を建てるときのポイント
  5. お墓に関する気になる疑問を解決!
  6. お墓を建てることについてまとめ

お墓を建てるにはいくら費用がかかる?

お墓

終活のためにお墓を建てようと考えても、何から始めればいいのか困惑してしまう方は多いのではないでしょうか。

お墓の建て方は通常、誰かに教えてもらえることではありません。
ご自分で行動して情報を集めなければ、せっかく建てた大事なお墓が納得のいかないものになってしまうかもしれません。

お墓は家族に残し、受け継がれていくかけがえのないものです。
しっかりと下調べをして備えたいものですね。

今回終活ねっとでは、お墓を建てることについて、以下の点を中心に詳しくご説明していきます。

  • お墓を建てるのにかかる費用と相場
  • お墓を建てるまでの流れ
  • お墓を建てるときのポイント
  • お墓に関する気になる疑問

今回の記事がみなさんの終活の手助けになれば幸いです。
お墓にかかる具体的な費用についても解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓を建てるのにかかる費用と相場

お金

まずは、お墓を建てるのにかかる費用と相場について解説していきます。

費用の内訳ごとに順番に確認していきます。

永代使用料

永代使用料は墓地・霊園にお墓を建てるために必要な土地代のことです。

永代「使用料」が示す通り、あくまで「使わせてもらう」ことに発生する料金であるため、支払いが済んでも所有地になるわけではありません。
したがって、土地の転売などはできないのでご注意ください。

永代使用料は地域や環境によって価格に大きな差が出ます。

  • 交通の便が良い
  • 都市部に近い
  • 墓地の区画が広い
  • 霊園の設備が整っている

以上のような特徴がある墓地は、永代使用料が高額となっている傾向があります。

永代使用料の相場は、前述の通り地域差が大きいため一概にはいえませんが、全国平均では60万円~80万円ほどとなっています。

しかし、人気のある墓地は400万円を超えるところもあります。
あくまで参考までにご覧ください。

管理料

管理料は墓地の環境や設備を維持する目的で使われる費用です。

各墓地霊園に、年間管理料として年ごとに支払う形が多くなっています。
永代使用料とは異なり、払い切りではなく毎年払う必要があります。

支払いが滞ると、永代使用権が失効され、無縁仏になってしまうこともありますので注意が必要です。
管理料の相場は年ごとに5千円~1万5千円ほどです。

以下の記事では今回紹介した、お墓の管理費の相場のほか、管理費の支払い方法や滞納した場合にどうなるのかなどについて紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

お墓にはいろいろと費用がかかってきます。その中でも長期的に発生するのがお墓の管理費で、長期的であるだけにその相場や支払いについては誰もが気になる話題ではないでしょうか。今回は、お墓の管理費について、その相場や支払い方、そして滞納した場合の対処法を見ていきます。

墓石代・墓石工事費

墓石代・墓石工事費は、墓石にかかる費用と、墓石を加工し、墓地に設置するための費用です。

墓石の値段は以下のような要素で変わってきます。

  • 使用する石材
  • 石材の大きさ・型
  • 加工方法
  • 彫刻の内容

工事にかかる費用は、墓地区画の広さや環境、墓石の大きさなどによって変化していきます。

墓石はお墓の顔であり、最も費用がかけられるポイントです。
相場は120万円〜175万円で、個人差が大きい部分でもあります。

既製品を使えば費用を抑えられることがありますが、それにちなんだトラブルも報告されていますので、ご注意ください。

戒名代

戒名とは、仏教において、故人に付けてもらう名前のことです。

戒名はお寺から付けてもらうものですが、つけてもらう際にお布施を払います。
戒名代2万円~100万円程度となっています。

名前をつけてもらうのにどうしてこんなに料金差が大きいのか、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
戒名代の料金差が大きいのは、戒名には「格」があるからです。

お布施の金額が多いほど、格の高い戒名がもらえるため、支払う額は個人によって差があるのです。
戒名代の基準は宗派やお寺ごとに異なるため、事前に調べておくことをお勧めします。

開眼供養

開眼供養とは、お墓が完成したときに行う法要のことです。

開眼供養の際にもお布施は必要で、1万円~5万円程度が相場です。

このほかに、お坊さんがタクシーなどで来られる場合はその費用も包んだほうがよいでしょう。
お布施は不要と言うところもあれば、規則として先方から求められる場合もあります。
失礼のないようにお寺の方針は把握しておきましょう。

また、お墓の値段を抑えるための方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

お墓を建てる時にまず最初に気になるのは、そのお値段ではないでしょうか。お手頃な値段でお墓を購入できても、安いお墓は色々な面で心配だと思われる方も少なくありません。今回終活ねっとでは、安いお値段でも満足のいくお墓を建てるためのポイントについて詳しく解説します。

お墓を建てるまでの流れ

人々

次は、お墓を建てるまでの全体の流れをご紹介します。
どのような手順で進んでいくのか把握しましょう。

墓地・霊園を選ぶ

お墓作りは墓地・霊園を選ぶことから始めます。
なぜ墓地・霊園から決めていくのかというと、どの墓地・霊園を選ぶかによって、墓石やお墓の構成が決まるからです。

墓地区画の広さによって、どのような付属品がつけられるのか・工事費はいくらかかるのか・管理費がいくらかかるのか、といったお墓全体の規模や予算がきまります。

墓地・霊園選びはお墓作りの最初の一歩であり、多くのことに影響する大事な一歩です。
後悔のないように慎重に考えましょう。

石材店に見積もりをとる

墓地を決めたら、次に墓石を作るために石材店に見積もりを依頼します。

墓地を決めるために霊園に下見に行くと、待機している石材店のスタッフが応対に出てきて園内を案内してくれます。
そして、その霊園で墓地を決めると、この時に担当したスタッフの所属する石材店で墓石を発注することになります。

墓石を決める・墓石の設置工事

石材店に見積もりをとったら、次は墓石を決める・墓石の設置工事をする必要があります。

墓石を決めるために考えることは大きく分けて以下のものになります。

  • 使用する石材
  • 墓石の型
  • 刻字やデザイン
  • 香炉や外柵などの構成

特に使用する石材選びは、お墓全体の予算に大きく影響します。
選んだ石材によってお墓の値段は大きく上下するので、ご予算や石質を考慮して決めてください。
これらを決めたら発注をします。

墓石が完成したら墓地に設置するための工事を以下の流れで行います。

  • 地盤を整える基礎工事
  • 外柵などの取り付け
  • 墓石の設置工事
  • 完成検査

このような流れで行い、工事期間はおおよそ2か月ほどかかります。

開眼法要を行う

開眼法要(供養)とは、お坊さんを招いてお経をあげる法要です。
魂入れとも呼ばれ、この法要を以ってお墓は完成します。
仏像作りの仕上げに目を入れることが由来です。

例外として、浄土真宗では開眼法要は行われず、御移徙(おわたまし)という慶事の法要を行います。
参加するにあたっての服装は、派手なものをさけていただければ問題ありません。

以下の記事では開眼法要についてさらに詳しく解説しています。
開眼法要をするタイミングやマナーなども紹介しているので参考にして見てください。

こちらも読まれています

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説します

お墓の開眼供養って何のことでしょう?お墓の開眼供養を経験したことがある方はあまりいないのではないでしょうか。そこでお墓の開眼供養を、いつ、どのような時に、どんな風に行えばよいのか、わかりやすく解説します。

お墓を建てるときのポイント

人々

ここでは、お墓を建てるときのポイントをご紹介します。
周りから勧められるがままにお墓作りを進めると、あとになって出来栄えに違和感を覚える事になりかねません。

しっかりとした知識をもってお墓作りに臨みたいですね。

墓石を選ぶときのポイント

まずは、墓石を選ぶときのポイントを紹介します。
墓石はお墓の顔となる部分であり、多くの方が最も注目される部分です。
見栄え以外にも、長く残るものであることも意識して選びましょう。

墓石の耐久性

墓石を選ぶ際には、墓石の耐久性は非常に重要なポイントになります。
墓石は何十年も天風にさらされるものです。
そのため、長くお墓を保つためには耐久性は無視できません。

耐久性は、使用する石材に依存するところが多くなっています。
使う石の硬度と吸水性が重要となってきます。

水を内部に貯めこみやすいと墓石の劣化が促進され、早いうちからもろくなってひび割れたりしてしまいます。
墓石に使う石材は、硬度が高く吸水性が低い、長持ちする石を選びましょう。

墓石の色

続いて、どんなお墓を作るかによって墓石の色も考慮する必要があります。

墓石の石材の色は様々な色から選択することが可能です。
一般的には、白・グレー系・黒系・赤系の色が使われることが多くなっています。
そのほかにも、青や緑の石もあります。
同じ系統の色でも、石ごとに色合いは異なっており、選択肢は多岐にわたっています。

和型の墓石には白やグレーの石が使われることが多かったり、洋型には黒の石が使われることが多いなどデザインに合わせて色が選ばれています。
また、関東では黒系が多くつかわれ、関西では白系が多いといった地域性による傾向もあります。

赤や黒は縁起が悪いと言われることがありますが、実際には色による縁起の良し悪しというものありません。
そのため、気に入った色を選んでいただいても問題ないです。

墓石の産地

墓石の品質にこだわりたいという方は墓石の産地にも目を向けるといいでしょう。

現在墓石用の石材は数百種類が流通しています。
その多くが海外産の石なのですが、石にこだわる方には日本国産の石が人気です。

文化というものは、その土地の風土や資源に沿って発達いきますので、日本のお墓には日本で採れる石が相性がいいと言われています。

国産の石は品質のいいものが多いのですが、その分価格も高めになっていますので、ご予算に合わせてお選びください。

実際に建てられているお墓を見てみる

お墓が完成したら、自分の目で実際に建てられているお墓を見てみるようにしましょう。
事前に作られていた図面と違う、または加工が雑でイメージと違うものに仕上がっている、といったトラブルも発生しています。

墓石は高い買い物ですので、失敗することがないように最終確認は怠らないようにしましょう。

お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

墓地を選ぶときのポイント

墓石と同様に、墓地を選ぶときのポイントがあります。
項目ごとに見ていきましょう。

立地・交通アクセス

お墓は多くの人が訪れる場所です。
立地・交通アクセスは墓地選びに重要な条件となります。

ご自宅からの距離も重要ですが、お墓には親族や親しい知人も訪れることを考慮しましょう。
駅やバス停から近い・車で行きやすい・駐車場の有無といった点にも気を配りましょう。

宗旨・宗派

墓地寺院の項目でも触れましたが、墓地・霊園選びにおいて、宗旨・宗派の問題は避けては通れません。
ご家族全員に関わることでもありますので、きちんと相談をして、慎重に決めましょう。

宗旨・宗派不問の墓地・霊園も多くあります。
後々のトラブルを防ぐために宗旨・宗派不問の墓地を探すことも一考の余地があると言えるでしょう。

環境・設備

環境・設備は霊園ごとに異なります。

急な坂や長い階段があると、ご高齢の方には負担となります。
車いすを使われる方がいらっしゃる場合は、バリアフリーであることは必須条件となるでしょう。

また、墓地の水はけが悪いと墓石に悪影響を及ぼすといったこともあります。
実際に見てみなければわからないことも多いので、ご自身のご都合に合った墓地をじっくりと探してみてください。

終活ねっとでは、実際にお墓を比較検討することができます。
ぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓に関する気になる疑問を解決!

困った人々

お墓を建てることを検討している方の中には、お墓について疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、お墓に関する気になる疑問を解決していきます。

お墓を建てる時期は?

まずは、お墓を建てる時期についてご紹介します。

お墓建てるタイミングに決まりはあるのか、いつから準備をすればいいのか見ていきましょう。

お墓を建てる時期に決まりはある?

実はお墓を建てる時期について決まりはありません
生前にご自分のお墓を建てる方もいらっしゃいますし、亡くなった後にご家族の方がお墓を建てる場合もあります。

一般的には、法要に合わせてお墓を用意するケースが多いです。
四十九日、年忌、お彼岸などで親族や親しい方が集まる時に、やはりお墓があったほうがいいですよね。

時期に決まりがないとはいえ、ご遺骨をはやくご供養してあげたほうが故人も安心してお休みできるでしょう。
亡くなってからお墓を建てるまでに長い期間が空くようであれば、菩提寺にお預けしてしっかりとお守りしてもらうということも選択肢となります。

お墓を建てるのに必要な期間

先に結論を述べますと、一般的にお墓を建てるのに必要な期間2~3か月ほどとなります。
これは、石材の発注・石の加工・刻字・墓石を作るための期間・墓石を墓地に設置するための期間です。

法要に間に合わせたいなどの具体的な期限が決まっている場合は、余裕をもって準備を始めることをお勧めします。

お墓の納期を短くする方法もあります。
以下のことを意識することでお墓作りの期間を短縮できることがあります。

  • 墓石をオーサーメイドせずに、既製品を購入する
  • 取り寄せに時間のかかる石材を使用しない
  • 複雑なデザインや彫刻にしない
  • 石材店の繁忙期であるお盆やお彼岸の時期を避ける

しかし、焦ってお墓を用意するとトラブルに会いやすくなったり、お墓に納得できず後悔する、ということにつながりかねません。
あらかじめ余裕をもって、十分な準備時間を確保しておくことが重要と言えるでしょう。

生前にお墓を建てる

生前にお墓を建てること生前建墓・寿陵(じゅりょう)といいます。
寿陵は、家族に幸福を招き、長寿につながると言われています。

墓地や霊園で、朱色で名前が刻まれているお墓をご覧になったことはありませんか?
それが寿陵です。
近年では、生前からお墓を求める方が増えていると言われています。

ご自分が亡くなった後、残されたご家族に負担をかけたくない。
お墓は自分で用意して、理想の環境でゆっくりと眠りたい。
以上のような考えの方が増えています。

ちなみに、お墓は祭祀財産にあたりますので、相続するにあたって相続税や不動産取得税・固定資産税などはかかりません。
しかし、建墓したときから掃除などの手入れが必要となり、管理費が発生しますのでその点はご留意ください。

お墓を建てる場所は?

お墓を建てるための墓地・霊園に種別があることをご存知でしょうか。
ここではお墓を建てる場所についてご紹介します。

墓地・霊園の種類は主に、公営霊園・民営霊園・寺院墓地の3つです。
それぞれの墓地・霊園について良い点・悪い点を含めて詳しく解説していきます。

公営霊園

公営霊園は地方公共団体が運営する霊園です。

他と比較したときに、土地料金が安く済む傾向があり、行政が運営するという信頼感からも高い人気があります。

しかし、公営霊園は希望すれば誰でも利用できるというわけではありません。
その人気ぶりから、希望者の中から抽選となることが多くなっています。

そして、抽選を申し込むには要件を満たす必要があります。
要件の内容は各霊園ごとに異なりますが、共通する内容として以下のものが挙げられます。

  • 希望する霊園の行政管轄内に一定期間以上居住していること
  • 申し込めるのは1世帯につき1区画のみ
  • 埋葬するご遺骨は1度も埋葬されたことがないものであること
  • 決められた期間内にご遺骨を埋葬すること
  • 申し込むのがご遺骨の祭祀の主催者であること

これらのほかに各霊園ごとに要件があります。

また、申し込みの期間が決められているので、その期間が過ぎるとその年度は応募することができません。
興味のある方は早いうちから情報を集め準備したほうがよいでしょう。

民営霊園

民営霊園は公益法人が運営する霊園です。

他と比べると、申込みの際の制限が少なく、どなたでも利用しやすい点が特徴です。
民間経営のため、サービスが豊富で質の高い霊園が多くなっているのもメリットです。

一方で、土地の料金が高くなりがちであったり、管理料金も高めに設定されているところが多く、全体的に利用コストが高い傾向があります。

寺院墓地

寺院墓地はお寺が運営する墓地です。

お寺の境内にあることも多く、法事の専門家の手厚いお世話が受けられるため、安心してお墓をお任せできることが特徴です。
法要の手配や進行を代行してくれるところも多く、そういったことに慣れていない方には特に心強いかと思います。

また、お墓を管理する親族がいなくなってしまった場合でも、お寺が永代供養をしてくれるので、長い目で見ても安心できると言えるでしょう。

ですが、寺院墓地を希望するには、そのお寺の宗派に帰依することや、お寺の檀家になることが条件となっている場合が多いことには気をつけなければなりません。

お家の宗派と希望する寺院墓地の宗派が違う場合は改宗も考える必要があります。
また、ご家族に別の宗教に入信した方がいた場合、その方は同じお墓に入れなくなる可能性があります。
新たに檀家となる場合は入檀料が必要となり、その後もお布施などを含めた、「菩提寺と檀家」としての付き合いが始まります。

お墓を建てたときのお祝い金は必要?

最後に、お墓を建てたときのお祝い金についてご紹介します。

生前に、新しくお墓を建てた際は建碑祝いをすることがあります。
お墓は死者の眠る場所であり、お墓を建てることは死を連想させるため、弔辞と思われがちです。
しかし、この記事で説明した通り、生前にお墓を建てる寿陵はとても縁起のいい慶事法要なのです。
お祝い事なので、喪服は着なくても大丈夫です。

建碑祝いに参加する際には、お祝い金を包むのがマナーとされています。
金額は地域や主催者との関係にもよるのですが、1万円~3万円くらいが相場となっている事が多いです。

お墓を建てることについてまとめ

お墓

今回終活ねっとではお墓を建てることについてお墓を建てるまでの流れや費用などに触れながら見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓を建てるのにかかる費用と相場

    お墓を建てるのにかかる費用である永代使用料・管理料・墓石代・工事費・戒名代・開眼供養などでのお布施について概要や費用の相場を紹介。

  • お墓を建てるまでの流れ

    ①墓地を選ぶ→②石材店に見積もりをとる→③墓石を決める・墓石の設置工事をする→④開眼法要を行うというのがお墓を建てるまでの流れである。

  • お墓を建てるときのポイント

    お墓を建てるときのポイントとして、墓石を選ぶときは耐久性・墓石の色・墓石の産地・実際に建てられているお墓を見てみることが重要である。
    墓地を選ぶ際は立地・交通アクセスや宗旨・宗派、環境・設備に気に配ったほうがよい。

  • お墓に関する気になる疑問

    お墓を建てる時期について決まりはなく、お墓を建てるのに必要な期間は2~3か月ほど。
    生前にお墓を建てる寿陵は、縁起の良いこととされている。
    生前に新しくお墓を建てる場合、建碑祝いをすることがある。
    建碑祝いに参加する際は、お祝い金を包むのがマナーとされており、お祝い金の相場は一般に1万円~3万円程度。
    お墓を建てる場所について、公営霊園・民営霊園・寺院墓地を取り上げ、それぞれのメリットとデメリットを解説。

終活ねっとでは他にもお墓に関する詳細な情報が掲載されております。

以下の記事ではお墓を購入した際や購入後のトラブルについて紹介しています。
事前にどのような問題があるのかを知っていることで、お墓を建てる際にトラブルを回避するのに役立つかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

出来ることなら避けて通りたい、巻き込まれたくないお墓の問題やトラブル。実際のところ、一体どのような問題やトラブルがあるのでしょうか?起こり得る問題やトラブルを知っておくことは、有効な自己防衛策にもなります。お墓の問題やトラブルについて知っておきましょう!

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・建てる」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・建てる」についてさらに知りたい方へ

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の買い方についてその流れやポイント、注意点などをご紹介のサムネイル画像

お墓の買い方についてその流れやポイント、注意点などをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・建てる」についてさらに知りたい方へ

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと