社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

社葬での弔電を上司から頼まれたけど、どう対応すればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか?個人で送る弔電と、社葬の弔電は何が違うのか?社葬の弔電に用いる文章の書き方は?費用はどれくらいか?送り方やマナーはあるのか?今回はそんな疑問にお答えします。

目次

  1. 社葬の弔電について
  2. 弔電ってなに?
  3. 社葬での弔電の書き方
  4. 弔電の送り方・マナー
  5. 弔電を送った方へのお返しは必要?
  6. 社葬に香典は送ってもいいの?
  7. 社葬の弔電についてまとめ

社葬の弔電について

葬儀

終活をしている、していないに関わらず、企業で働いている方は、社葬という場面に出会う可能性があります。

社葬の場に直接行くことができ、参列できればよいのですが、どうしても都合がつかず弔電など他の方法で対応しなければいけないこともあるかもしれません。

そこで、今回終活ねっとでは社葬の弔電について

  • 弔電って何?
  • 社葬での弔電の書き方
  • 弔電の送り方・マナー
  • 弔電を送った方へのお返しは必要?
  • 社葬に香典は送ってもいいの?

以上のことについて解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、社葬の対応の参考にしてください。

弔電ってなに?

困った人々

弔電とは何でしょう?

弔電とは、他界された方や、その親族(ご遺族)に対してお悔みの言葉を伝える電報のことです。

一般的に、弔電を使用するのは、通夜や葬儀に参列できない場合です。
通夜や葬儀に参列できる場合は、弔電は基本的には使用しません。

弔電などの電報を取り扱うNTTなどでは、文章が定型文で用意されているものもありますが、故人を偲び、オリジナルの言葉を弔電にすることも可能です。

弔電に使用する台紙も、シンプルなものから、装飾を使ったものなどがあります。

社葬での弔電の書き方

葬儀

では、社葬での弔電の書き方について、詳しく解説していきます。

社葬は、一般の葬儀と違い、企業が主体で故人の葬儀を行うため、社葬での弔電の書き方にはいくつかのポイントがあります。

しっかりと読んでいただき、社葬での弔電の書き方について、ぜひ理解を深めてください。

宛名・宛先と差出人について

社葬の弔電における、宛名・宛先と差出人はどのようにすればよいでしょうか?
詳しく解説します。

受取人・送り先は喪主?葬儀委員長?

社葬の弔電ですが、まずは受取人・送り先はどうしたらよいでしょうか?

一般の葬儀であれば、喪主宛てで弔電を送る場合がほとんどです。
しかし、社葬の場合、先にも触れたように、葬儀を行う主体は企業になります。

したがって、社葬の弔電の受取人は葬儀委員長のような、その社葬の責任者宛てにする場合が多いです。

社葬の責任者名がわからない場合は、受取人の記載を、例えば「△△会社 故 〇〇 〇〇 葬儀責任者様」などのようにしてもかまいません。

社葬の弔電の送り先は、通夜や葬儀の会場にするのが一般的です。

差出人の書き方

社葬の弔電の場合、差出人の書き方には注意が必要です。

一般の葬儀における弔電であれば、差出人は差し出す本人(自分が弔電を送るのであれば、自分の名前)などにする場合が多いです。

しかし、社葬の場合は葬儀を行う主体が企業になるので、差し出す側も企業名+企業の代表者名(会社名と代表取締役社長名であったり法人名と理事長名など)で差し出すようにします。

差し出す側の企業によっては、企業内で相談した結果、実務執行責任者クラスの名前(支店長や事業所長など)(この場合も、差し出す側の企業名を必ず入れる)を差出人にする場合もあります。

社葬対象となっている故人や社葬を行う企業が差し出す側にとって重要な取引先などの場合は、差し出す企業名+代表者名で弔電を1通、企業名+担当者名で弔電をもう1通、あわせて2通送る場合もあります。

場合によっては、先方に伝わりやすくするために、企業名+企業代表者名に担当者名をそえて1通の弔電で対応する場合もあります。

弔電の文例

弔電の文例について、個人で送る場合と会社名義で送る場合、各々ご紹介します。

個人で弔電を送る場合

個人で弔電を送る場合の文例を2つご紹介します。

「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。」

「突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。
すぐにでも飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。」

会社名義で弔電を送る場合

会社名義で弔電を送る場合の文例を3つご紹介します。

「故 〇〇 〇〇様のご訃報に接し、当社社員一同心よりご冥福をお祈りいたします。」

「貴社 〇〇 〇〇様ご急逝の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
生前頂きましたご厚情に心より感謝申し上げます。」

「貴法人 〇〇 〇〇様の生前の偉大なご功績に、深い感謝の意と尊敬の念をもって衷心よりご冥福をお祈りいたします。」

なお、会社名義で弔電を送る場合は「代表取締役社長〇〇 〇〇」のように、企業名+企業の代表者名も書くようにします。

忌み言葉には気を付けましょう

弔電を作成・送る際に気を付けなければいけないのが忌み言葉が入らないようにすることです。

「忌み言葉」の広義は、特定の場や辞で用いない方がよいとされる言葉をさします。

弔電にも忌み言葉があります。
弔電の忌み言葉と言われているものをいくつかご紹介します。

  • 「浮かばれない」「迷う」など成仏できないような言葉。
  • 「四」や「九」など、日本人にとって死や苦を連想させてしまう数字。
  • 「追って」「続いて」など、不幸を追いかけてしまうようなイメージをさせる言葉。
  • 「再び」「重ねて」「再三」など、繰り返しをイメージさせる言葉。

以上のような言葉が弔電に記載されないように、特にオリジナルの文で弔電を作成する場合は注意してください。

また、弔電では、先方の事情に立ち入る内容は避けるようにしてください。

忌み言葉が含まれた弔電や、先方の事情に立ち入った内容を含む弔電は、マナー違反ととらえられてしまう恐れもあるので必ず注意するようにしてください。

弔電の送り方・マナー

困った人々

弔電には、送り方・マナーがあります。

特に社葬の弔電の場合は、送り方やマナーをまちがえると故人や遺族に対して失礼になるのはもちろんのこと、先方企業にも失礼にあたり今後の取引などに悪い影響をおよぼす場合があるので、より慎重になる必要があります。

では、弔電の送り方・マナーについて解説していきます。

どこに弔電を依頼するの?

弔電の依頼先として、最も一般的なのはNTTです。

NTTに弔電を依頼する際は、局番なしの「115」へ電話をすると、電報発送の申し込みができます。
115に電話して、お悔やみや弔電と伝えて、依頼します。

この他NTTでは「D-MAIL」という、インターネットから弔電を依頼する方法もあります。

社葬の弔電の場合は、あらかじめ法人として会員登録しておくと弔電の文例、台紙の種類、支払い方法が選びやすくなります。

弔電を送るタイミングは?

弔電を送るタイミングは、葬儀の前日(多くは通夜を行っています)の、通夜が始まる前に届くのがベターです。

弔電は訃報が届いてから依頼しますが、訃報の第一報のときには、通夜・葬儀の日時や場所が決まってない場合があります。

仮にこのタイミングで、故人の会社などに弔電を送ってしまうと、先方より「最初から、通夜・葬儀に参列する意思がない」とマイナス印象にとらえられてしまう場合があります。

また社葬の場合は、他企業からも多数の弔電が先方に届くことが予想されます。

そのため、社葬の運営側は通夜・葬儀の場面で届いた弔電を読み上げる順番や、名前の紹介だけに代えさせていただくかなどを決めなければいけません。

社葬の運営側が困らないためにも、弔電は早すぎず遅すぎずのタイミングで送りたいものです。

弔電にかかる料金は?

弔電にかかる料金は「電報の文字数」と「使用する台紙」、この2つの要素の組み合わせによります。

電報の文字は、25文字より510円~(インターネットで「DーMAIL」会員登録をした場合)となり、文字数が増えると料金も増えます。

台紙は500円~1万数千円するものまで幅広くあります。

電報全体でみた場合、安ければ文字数と台紙で1000円程度から依頼可能ですが非常にシンプルになってしまうため、社葬への弔電の場合は送る企業として格好がつかないことも考えられます。

社葬の運営側とこちら(送る側)との関係にもよりますが、社葬への弔電は、台紙は2000円~3000円程度のものを使用し、文字数とあわせて4000円~数千円程度の弔電を送るのがベターです。

弔電を送った方へのお返しは必要?

葬儀

弔電を送った方へのお返しですが、お礼状で対応するのが一般的です。

香典返しのような品物を用意する必要まではありませんが、弔電と香典の両方を送ってきた方には香典返しを用意して、お礼状ではなく直接お礼の挨拶に行くとよいでしょう。

弔電へのお礼状の書き方と例文

弔電へのお礼状の書き方ですが、例文をご紹介します。

「謹啓
弊社 故 〇〇 〇〇儀 に対して、丁寧な弔電を頂き誠にありがとうございます。
お心遣いと温かいお言葉に故人もさぞ感謝していると思います。

ここに滞りなく葬儀が済みましたことをご報告申し上げます。
略儀ながら書中にて失礼いたします。

敬白」

社葬の弔電に対するお礼状のポイントは「弊社代表取締役社長」のように、会社名と役職名を記載することです。

社葬に香典は送ってもいいの?

お金

社葬に香典を送っても良いのでしょうか。

社葬の場合、近年では、特定の取引先と密な関係になってしまう懸念から「香典辞退」の社葬も増えてきました。
この場合、香典を送ってしまうと、社葬の運営側を困らせることになるので避けるべきといえます。

社葬に香典を送る場合、もし事前に社葬運営側が香典を受け付けるのか辞退するのかがわかれば、それにしたがって対応するのがベターです。
わからない場合は、弔電だけにとどめておくのがベターといえます。

社葬の弔電についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、社葬の弔電に関係する以下のことについて解説してきました。

  • 社葬の弔電を送る場合の受取人は、葬儀委員長のような、社葬の責任者宛てで送る
  • 社葬の弔電の場合、一般的には受取人、差出人ともに企業名を記載し、差出人には企業の代表者名を記載する
  • 弔電に忌み言葉は使わないように気をつける
  • 弔電には送り方・マナーがあり、特に社葬の場合、送り方・マナーをまちがえると、企業の取引に影響をおよぼす場合がある
  • 社葬の香典は、先方が香典を辞退している場合もあり、できれば事前に確認のうえ対応する

社葬の弔電の場合、企業対企業のやり取りになる点をぜひ忘れずに、今回解説した内容を参考に失礼のない対応を心がけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「社葬・弔電」に関連する記事

  • 弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!のサムネイル画像

    弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

    遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

  • 家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

    家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

    近年増えている家族葬。弔電はどのように送ればよいのでしょうか?また、どのようにお断りをすればよいのでしょうか?家族葬での弔電について、送り方やマナー、断り方などを解説していきます。弔電のマナーを学び、いざという時に困らないようにしておきましょう。

  • 葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

    葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

    弔電という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?弔電とは故人にお悔やみの言葉を送ることです。今回はこの弔電の手配について紹介していきます。

  • 家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

    家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

    故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

  • 社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

    社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

    個人葬を行う場合での喪主は長男などの近親者が務めることが主流となっています。では、社葬を行う場合には誰が喪主を務めるのでしょうか?今回は、社葬での喪主は一体誰が務めるのかということや弔電を送る際の宛先などについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説しますのサムネイル画像

    家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説します

    家族葬のマナーやルールについて良く分からないこともたくさんありますよね。では、家族葬を行うときに弔電を断るにはどうしたら良いのでしょうか?今回は、家族葬の場合の弔電の断り方を文例も含めて解説したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • キリスト教の葬儀のとき弔電はどうする?マナーについても解説のサムネイル画像

    キリスト教の葬儀のとき弔電はどうする?マナーについても解説

    葬儀と聞くと多くの方が仏式をイメージしますが、キリスト教式の葬儀も件数は少ないものの行われています。キリスト教の葬儀について疑問がたくさん出てくるでしょうが、中には弔電を送れるのかどうかというものもあります。今回はキリスト教の葬儀での弔電について見ていきます。

  • 社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

    社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

    社葬とは、創業者や社長などの会社の功労者、勤務中の不慮の事故などで亡くなった社員などのために遺族と会社が主催者として行う葬儀のことをいいます。社葬には一般葬とは異なる特有のマナーがありますので、ここでは社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介します。

  • 社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

    社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

    会社の社長などが亡くなった際に会社が主催する形で行われる葬儀が社葬です。しかし、社葬にはなかなか参加するという経験がなく、そのためどのような服装で参列すればよいかわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、社葬に参列する際の服装のマナーを見ていきましょう。

  • 社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

    社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

    社葬とは、故人が所属していた企業(法人)が主催して執り行う葬儀のことです。社葬にはいろいろと準備も必要ですが、皆さんが一番気になるのはどのくらい費用がかかるのかということではないでしょうか?今回は社葬の費用について、税法上の捉え方も含め詳しく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「社葬・弔電」についてさらに知りたい方へ

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!のサムネイル画像

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説しますのサムネイル画像

家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説します

キリスト教の葬儀のとき弔電はどうする?マナーについても解説のサムネイル画像

キリスト教の葬儀のとき弔電はどうする?マナーについても解説

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「社葬・弔電」についてさらに知りたい方へ

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!のサムネイル画像

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと