お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

時代の変化に伴い、お墓はいらないと考える人が増えています。そのような中、墓石を建てない埋葬方法として樹木葬に注目が集まっています。そこで今回はお墓がいらない樹木葬についてさまざまな面から解説していきます。樹木葬のメリットや費用の全国的な相場などもご紹介します。

目次

  1. お墓がいらない樹木葬について
  2. お墓がいらない樹木葬とは
  3. 樹木葬のメリット・デメリット
  4. 樹木葬の種類と費用
  5. 樹木葬の契約までの流れ
  6. 樹木葬と間違えやすい用語
  7. 全国の樹木葬ができる墓地
  8. お墓がいらない樹木葬まとめ

お墓がいらない樹木葬について

葉っぱ

お墓について考えて決定することは終活の大きな柱のひとつです。

時代とともにお墓についての考え方も大きく変わりつつあります。
これまでは親から引き継いだお墓を子や孫の代へ引き継いでいくのが一般的でした。
しかし、近年ではお墓の承継者のいない単身者の増加や、遺される子孫に負担をかけたくないと考える方が増えるなど、お墓に対する考えがこれまでとは変わってきています。

そういった方々から注目をされているのが樹木葬です。
今回終活ねっとでは、お墓がいらない樹木葬についてさまざまな面から解説をいたします。

次の項目が今回の記事のポイントです。

  • お墓がいらない樹木葬とは?

    樹木葬の定義についてご説明します。

  • 樹木葬のメリットとデメリット

    メリットとデメリットを3点ずつ挙げてご説明します。

  • 樹木葬の種類と費用

    樹木葬の種類別に費用の相場をご説明します。費用の内訳もわかります。

  • 樹木葬の契約までの流れ

    前もって流れを知っておくことで契約までにかかるだいたいの日数がわかります。

  • 樹木葬と間違いやすい用語

    樹木葬と散骨、樹木葬と樹木墓地といった樹木葬と似ている用語についてご説明します。

注目を集める樹木葬について、ひととおりご理解いただける内容となっております。
少し長い記事ですがぜひ最後まで目を通していただければと思います。

お墓がいらない樹木葬とは

葉っぱ

お墓がいらない樹木葬とはどのような埋葬方法なのでしょうか。

これまでのお墓ではご遺骨を埋葬する場所とご供養するための標(しるし)として、石でできた墓標を建てるのが一般的でした。
しかし、樹木葬は樹木や草花が墓標となるため、墓石を建てる必要はありません。

また、これまでのお墓は代々引き継がれていくものでしたが、樹木葬でのお墓は原則的に一代限りです。

樹木葬は永代供養となっていて、後継者を決める必要がありません。
子どもがいない方や、子どもにお墓に関する負担をかけたくないという方を中心に樹木葬を選ぶ方は増えています。

そして、ご遺骨が年月を経るうちに自然に還ることができるという考えから、樹木葬は自然志向の方に多く選択されています。

樹木葬のメリット・デメリット

葉っぱ

実際に樹木葬を選択した方が身近にいらっしゃればよいのですが、そうでない場合は樹木葬の内容についてなかなか聞く機会がないのが事実です。

そこで、樹木葬のメリット・デメリットをそれぞれ3つずつ挙げてご説明します。
メリットとデメリットの両面を知ることは樹木葬を検討するうえで大いに役立ちます。

メリット

樹木葬を行なうメリットは主に次の3点です。

費用が安い

樹木葬は墓石を建てる一般のお墓に比べて費用が安いことで知られています。
一般に墓石の購入費用は墓石代と工事代を合わせて約100万円から300万円が平均とされています(2014年全優石アンケート調査より)。
そして一般の墓石のお墓では、このほかに土地代となる永代使用料がかかります。

しかし、樹木葬では墓石を建てる必要がないため、こういった墓石代や工事代が一切かかりません。
また、樹木葬は墓石にまつわる費用が一切かからないため、従来のお墓と比べると費用がかなり安くなります。
経済的な負担が軽く済むことは樹木葬の大きなメリットです。

相続する必要がない

これまでのお墓は承継者を決めて子や孫の代に引き継いでいくものでしたが、樹木葬の墓地ではほとんどの場合一代限りとなっています。

また、樹木葬には永代供養が付いていて子や孫がお墓を引き継ぐ必要がありません。
子どもが遠方に住んでいるためお墓の管理などで負担をかけたくないという方にも樹木葬は適しています。

代々お墓を相続する必要がないことは樹木葬の大きなメリットです。

自然にやさしい

樹木葬は一般的なお墓とは違い、木や草花を墓標としてご遺骨を埋葬します。
ご遺骨は粉状にして埋葬したり、土に分解される特殊な袋に入れたりして埋葬する方法があり、長い年月をかけてご遺骨は土に還っていきます。
そのため樹木葬は自然にやさしい埋葬の方法と言えます。

自然にやさしい埋葬方法であることから、樹木葬は別名で自然葬と呼ばれることもあります。
承継者である子どもを持たない方の他にも、自然の中を最期の住みかにしたい、最後は土に還りたいといった自然志向の方からも樹木葬が支持されています。

デメリット

メリットが多い一方で樹木葬には次のようなデメリットがあります。
メリットだけではなくデメリットも知っておくことで、より納得したご自分らしい樹木葬を選ぶことができます。

埋葬できる場所が限られている

自然に還る葬送方法として人気を集める樹木葬ですが、当然にどこの場所でも埋葬できるわけではなく、埋葬できる場所は限られています。

樹木葬の墓地として埋葬できる場所は墓地埋葬法という法律に基づいて限られています。
樹木葬の墓地は広い面積を必要とするため主に郊外にあります。
埋葬できる場所が限られていることで、お墓がお住まいの地域から遠い立地になってしまうことはデメリットと言えます。

埋葬後にご遺骨を取り出せない

樹木葬ではパウダー状に粉骨したご遺骨を直接土にまき埋葬します。
あるいはご遺骨を土に分解されやすい布や紙の袋に入れて埋葬します。
このように樹木葬では、ほとんどの場合お一人ずつの骨壺を使いません

骨壺を使っていれば埋葬後にご遺骨を取り出せますが、樹木葬の場合ではいったん埋葬した後はご遺骨を取り出す改葬は困難となります。
埋葬後にご遺骨を取り出せないことは樹木葬のデメリットのひとつです。

自分で手入れすることができない

樹木葬では墓地によっては墓標となる木や草花をご自分で選ぶことができます。
墓標の木はシンボルツリーと呼ばれ、サクラやハナミズキ、モミジなどがよく選ばれています。
しかし、それらの樹木が大きく育ってしまうとご自分や残されたご家族の方が手入れをすることは難しくなってしまいます。

墓石を建てる従来のお墓と異なり、こまめに出かけて掃除や手入れをすることはなかなかできません。
樹木の手入れは運営管理者の側で行われます。
自分で手入れができないことは樹木葬のデメリットと言えるでしょう。

樹木葬の種類と費用

葉っぱ

樹木葬はその立地条件によって、公園型・都市型・里山型の3つの種類に分かれます。
そこで、ここでは樹木葬の種類と費用について見ていきます。
種類別の平均的な費用の相場を知ることでおおまかな予算を考えることができます。

種類別の費用相場

樹木葬の費用の相場は樹木葬の墓地がどのような立地なのか?設備がどの程度充実しているのか?
など大体の費用が決まってきます。

ここでは、樹木葬の種類別の費用相場を見ていきます。

公園型・都市型

樹木葬ができる墓地は全国各地で増えてきています。

中でも、特に増えているのが公園型・都市型と呼ばれるタイプです。
都市に比較的近い立地が特徴です。

樹木葬の墓地では、お一人のご遺骨につき一本の樹木を植える場合と一本の樹木の周りに複数の方のご遺骨を埋葬する場合とがあります。
公園型・都市型は山あいに位置する樹木葬と比べて墓地の面積に限りがあります。
一本の樹木を墓標として複数のご遺骨を埋葬する方法が多いと言えます。

公園型・都市型の樹木葬では約20万円〜80万円が全国的な相場です。
大都市に近いほど費用が高い傾向にあります。
また、公園型・都市型の樹木葬では亡くなった方のお名前を彫った石のプレートを設置する場合もあります。
その場合は石の代金と設置工事代がかかります。

里山型

里山型では自然のなかに樹木葬の墓地が設けられています。
樹木葬としてはこちらの里山型を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
緩やかな山の斜面をそのまま利用して墓地としたものや静かな山あいの立地の墓地などです。

里山型の樹木葬は約5万円〜20万円が全国的な相場です。
一本のシンボルツリーの周りに複数の方のご遺骨を埋葬する場合は比較的費用が抑えられます。

一方でお一人のご遺骨に一本ずつ樹木を植える場合は費用の平均はもう少し高くなります。
その場合は約15万円〜50万円が費用の相場です。

里山型の樹木葬についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

里山型の樹木葬ってどんなもの?メリット・デメリットや費用を紹介!

埋葬方法が多様化する中で、自然の中に埋葬される樹木葬が注目されています。樹木葬の一つである里山型の樹木葬は、より自然に近い形で埋葬されたいという方に人気がある埋葬方法です。この記事では、里山型の樹木葬についてご紹介します。

樹木葬にかかる費用内訳

お墓選びは一生に一度の買い物です。
墓石を建てるお墓に比べて樹木葬では費用が安く済みますが、十分に納得したうえで支払いを行いたいものです。

ここでは、樹木葬にかかる費用内訳について、ここでは費用の項目を一つずつご説明します。

  • 永代使用料

    ご遺骨を埋葬してシンボルツリーを植える土地を永代にわたって使用できる代金です。
    土地の所有者は墓地や霊園ですが、その土地を借りて使用することができます。

  • 永代供養料

    樹木葬でのお墓は継承者はいりません。
    一代限りのお墓ですが、永代にわたってご供養してもらえるため安心です。
    そのための費用が永代供養料です。
    納骨のための費用はシンボルツリーを植える費用もこちらに含まれます。

  • 管理費

    樹木葬の墓地の共有部分を維持管理するための費用です。
    樹木葬の契約の際に一括して支払う場合と年間管理費として一年ごとに支払う場合があります。

樹木葬にかかる費用をもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

樹木葬の契約までの流れ

葉っぱ

樹木葬の墓地を選ぶ時はまずいくつかの候補を選んでからご自分に最も合った墓地を決めるとよいでしょう。
前もって手続きの流れを知っておくと、契約をスムーズに済ませることができます。

そこで、樹木葬の契約までの流れをご説明します。

  • 樹木葬を扱っている墓地を探す。
    樹木葬の墓地は全国各地にあります。
    いまお住まいの場所の近くで探すことはもちろん、見晴らしのよい高台や雄大な自然を感じる山の中での樹木葬を希望する方もいます。
    富士山が見える場所を希望する方も多いようです。
    インターネットを使って多くの墓地の情報を見ることができます。
  • 資料請求をする。興味を惹かれる樹木葬の墓地が見つかったら資料を取り寄せます。
    資料請求はフリーダイヤルやインターネットから受け付けています。
    いくつかの墓地の資料を見比べることでご自分の希望が明確になります。
    樹木葬の墓地の資料請求は無料です。
    気になった墓地の資料をまずは取り寄せてみましょう。
  • 見学をする。取り寄せた複数の資料を検討して樹木葬の墓地の具体的な候補を絞ります。
    2カ所または3カ所は現地で見学をしたいものです。
    墓地によっては現地見学会としてバスツアーを行なっている場合もあります。
    百聞は一見に如かずということわざのとおり、現地で気付く点は多いものです。
  • 見積もり・手続きの詳細を確認する。
    見積もりを取ってからすぐに契約をするという決まりはありません。
    見積もりの段階までは複数の墓地から取ることができます。
    見積書には費用の内訳が記載されています。
    見積書を比べたうえで最終的に一カ所に絞ればよいでしょう。
  • 契約をする。最終的に樹木葬の墓地が決まったら申し込みをして契約書を記入します。費用を納めると契約が成立します。墓地の管理者側から使用許可証が交付されます。使用許可証は大切な書類です。紛失しないようきちんと保管しておきましょう。
  • 納骨をする。ご遺骨を埋葬する日付は墓地の管理者と事前に決めておきます。
    納骨の当日はご遺族の方がご遺骨を持参します。
    なお墓地によってはご遺骨を粉骨する必要があります。
    納骨をする日付とともに粉骨についても管理者に確認しておきます。

以上が樹木葬の墓地を契約する時のおおまかな流れです。

ご自分のお墓選びについて時間をかけて検討できるのは終活を始めるメリットでもあります。
ご家族とも話し合いながらゆっくりと検討して、ご自分に一番合った樹木葬の墓地を見つけてはいかがでしょうか?

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

樹木葬と間違えやすい用語

葉っぱ

樹木葬という言葉を耳にする機会が増えた中、最近では似ている言葉と間違いやすくなっているようです。

ここでは特に、樹木葬と間違いやすい用語である散骨、樹木墓地と樹木葬の違いについて簡単にご説明します。

樹木葬と散骨の違い

まずはじめに、樹木葬と散骨の違いについてです。

自然の中にご遺骨を還す葬送の方法としては、樹木葬のほかに散骨があります。
散骨の中でも一番多い散骨の方法は海洋散骨です。
海洋散骨ではパウダー状に粉砕したご遺骨を海上にまいてご供養します。
また、行える場所は少ないものの山地に専用の散骨場を設けている専門の会社もあります。

散骨ではご遺骨をまくため、後になってからご遺骨を葬送した場所を特定することが困難です。
一方樹木葬ではご遺骨を葬送した場所が明確にわかります。
葬送された場所が特定できるかという点において、樹木葬と散骨には大きな違いがあります。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
散骨についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

樹木葬と樹木墓地の違い

続いて、樹木葬と樹木墓地の違いについて紹介します。

樹木葬ではご遺骨一体につき一本のシンボルツリーを植栽することが多いですが、樹木墓地では一本のシンボルツリーの下に複数の方のご遺骨を埋葬する合葬の形が取られます。
合葬である樹木墓地と違い、樹木葬ではご遺骨を埋葬した場所が明確にわかります。
樹木葬と樹木墓地は似ている言葉ですが、合葬か個人葬かという点で違いがあります。

全国の樹木葬ができる墓地

葉っぱ

お墓はいらないと考える方を中心に樹木葬を希望する方は増えています。
そうした中でここ最近の傾向としては、都市に比較的近い立地の樹木葬の墓地が登場してきています。

ここでは、全国の樹木葬ができる墓地の中でも、東京都、神奈川県、埼玉県にある樹木葬の墓地から代表的なものをご紹介します。

東京都「西東京墓苑」

東京都「西東京墓苑」は、八王子市に所在する樹木葬の墓地です。

中庭には2千株のバラが咲く明るいガーデニング型の墓地となっています。
樹木葬の墓所使用料は20万円で別途プレート彫刻代がかかります。
西東京墓苑では一般墓所や永代供養墓の区画もあります。
宗教宗派不問で駐車場を完備しています。

終活ねっとでは、西東京墓苑に資料請求することも、見学予約することも以下のページより可能です。
ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。

霊園詳細情報
にしとうきょうぼえん

西東京墓苑

バラが咲き乱れる自然豊かなガーデニング墓苑
西東京墓苑
  • 民営霊園
  • 在来仏教
住所

東京都八王子市上恩方町1040

供養形態

お墓

樹木葬

永代供養

地図

GoogleMapで表示する


神奈川県「横浜三保浄苑」

神奈川県「横浜三保浄苑」は、横浜の三保市民の森や新治市民の森の中にある緑豊かな立地です。

樹木葬はサクラの木のもとで永眠できるさくら葬と芝ざくらの丘で永眠できる芝ざくら葬があります。

宗旨・宗派不問で管理主体は浄願寺です。
都心から約1時間で到着というアクセスの良さにも定評があります。
休憩所や法要室などがあり、完備されたエレベーターがあるなど管理棟の設計はバリアフリーです。
樹木葬さくら墓苑の費用は65万円です。

横浜三保浄苑
横浜三保浄苑

所在地神奈川県横浜市緑区三保町987番地の1

JR横浜線中山駅よりバス、梅田バス停徒歩3分
第三京浜道路新桜ヶ丘I.Cより車17分

埼玉県「やすらぎの花の里 所沢西武霊園」

埼玉県「やすらぎの花の里 所沢西武霊園」は、所沢にあり東京ドーム1個分の広い敷地が特徴です。

季節の花々に囲まれたガーデニング型の霊園です。
広く整備された歩道は車いすの方でも安心してお参りができます。
樹木葬の費用は25万円です。
霊園内には樹木葬の墓地のほかデザイン墓石の永代供養墓もあります。
宗派不問の民営霊園です。

終活ねっとでは、やすらぎの花の里 所沢西武霊園に資料請求することも、見学予約することも以下のページより可能です。
ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。

霊園詳細情報
やすらぎのはなのさとところざわせいぶれいえん

やすらぎの花の里 所沢西武霊園

さくらとバラが彩る首都圏の樹木葬庭園
やすらぎの花の里 所沢西武霊園
  • 民営霊園
  • 宗教不問
住所

埼玉県所沢市下富972-1

供養形態

樹木葬

永代供養

地図

GoogleMapで表示する


お墓がいらない樹木葬まとめ

葉っぱ

お墓がいらない樹木葬についてさまざまな面から詳しく解説してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは以下の点がポイントを中心に樹木葬について説明しました。

  • 樹木葬とは墓石の代わりに樹木や草花を墓標としてご遺骨を埋葬する方法である。
  • 樹木葬は原則的に一代限りで承継者は必要なく、永代供養が付いている。
  • 樹木葬のメリットは、費用が安い、相続する必要がない、自然にやさしいの3点である。
  • デメリットは、埋葬できる場所が限られている、埋葬後にご遺骨を取り出せない、自分で手入れをすることができないの3点である。
  • 公園型・都市型の樹木葬での費用の相場は約20万円から80万円。里山型の樹木葬での相場は約5万円から20万円である。
  • 樹木葬にかかる費用内訳として、永代使用料・永代供養料・管理費がある。
  • 樹木葬の契約は、資料請求、現地の見学、見積もりと手続きの確認、契約書の記入と費用の支払い、納骨をするといった流れで行われる。
  • 樹木葬と同じ自然葬である散骨は、パウダー状のご遺骨を撒く方法であるため葬送された場所を特定できない。
  • 樹木葬と似ている用語として樹木墓地があるが、樹木墓地はシンボルツリーの下に複数の方のご遺骨を埋葬する合葬である。
  • 樹木葬ができる墓地は、東京都の西東京墓苑、神奈川県の横浜三保浄苑、埼玉県のやすらぎの里所沢西武霊園などがある。

子どもや孫にお墓を維持管理していく負担をかけたくないという方、あるいはお墓の承継についての心配を抱えたくないという方に樹木葬は特におすすめの埋葬方法です。
樹木葬のメリットとデメリットを理解したうえで樹木葬について具体的に検討することで、より納得したご自分らしい墓地選びが可能となります。

今回の記事をきっかけに皆様の終活で樹木葬もご検討していただければと思います。
終活ねっとではほかにも樹木葬に関するさまざまな記事を掲載しています。
それらの記事もご参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・樹木」に関連する記事

「お墓・樹木」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・樹木」についてさらに知りたい方へ

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!のサムネイル画像

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!

墓石のない樹木葬ってなに?通常のお墓との比較、費用なども解説!のサムネイル画像

墓石のない樹木葬ってなに?通常のお墓との比較、費用なども解説!

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

樹木葬にも問題点がある?樹木葬をする前に注意しておきたいことのサムネイル画像

樹木葬にも問題点がある?樹木葬をする前に注意しておきたいこと

今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介しますのサムネイル画像

今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介します

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと