霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!

お墓を購入することで、そのお墓を管理するお寺の檀家になることが一般的です。檀家制度は寺院墓地にみられる制度ですが、霊園にも檀家制度があるのでしょうか。今回終活ねっとでは、霊園でも檀家になる必要があるのか、檀家制度について解説していきます。

目次

  1. 霊園における檀家について
  2. 檀家とは?
  3. 霊園にも檀家制度があるの?
  4. 檀家になるメリットとデメリット
  5. 檀家制度を廃止するお寺が増加している?
  6. 霊園における檀家まとめ

霊園における檀家について

お墓

終活においてお墓の購入やその費用について調べている方は、檀家制度という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

一般的には、寺院が管理・運営する寺院墓地においてみられる制度であり、霊園においては檀家制度をとらない霊園が多いのが特徴です。

しかし、近年における様々な社会的ニーズに応えるためにお寺の管理運営や霊園の管理運営も新しくなりつつあり、檀家制度をとる霊園も出てきています。

では、霊園における檀家はどのような扱いになるのでしょうか?

今回は、霊園における檀家について、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 檀家とは?
  • 霊園にも檀家制度があるの?
  • 檀家になるメリットとデメリット
  • 檀家制度を廃止するお寺が増加している?
  • 霊園における檀家まとめ

終活をしている人だけでなく誰にとっても役に立つ内容となっております。

ぜひ最後までお読みください。

檀家とは?

葬儀

檀家とは、特定の寺院に所属しその寺院にお布施を支払うことで、供養やその後の葬祭についてのすべてを寺院に任せるという制度です。
この檀家制度は江戸時代の寺請制度が起源とされています。

簡単にいうと、お寺の墓地を購入してその後の供養をお寺に任せる代わりに、お布施を支払ってそのお寺を支えますよという制度で、お互いに助け合いましょうという制度です。

檀家制度は、基本的には寺院が維持管理をする寺院墓地にみられる制度であり、霊園に檀家制度はないのが一般的です。

しかし、近年では産まれて長年住んでいた地元を離れる方や都心部へ移住する方の増加と共に、お寺との関係も希薄化していく傾向にあります。

そんな現代のニーズを踏まえ、お寺によっては「墓檀家」という制度を取り入れるお寺も増えてきています。

墓檀家とは

墓檀家とは、開眼法要や納骨式など、お墓で行う法要のみをお寺にお願いする仕組みです。
特定のお寺の檀家になっているか否かを問わず、お墓で行う法要に関してだけ決まったお寺にお願いすることができます。

現在の多様なライフスタイルに応えるような制度であり、当初は墓檀家としてお墓を建てたとしても、その後の法要などをお願いするうちに、そのお寺の檀家になるケースもあります。

霊園にも檀家制度があるの?

葬儀

檀家制度は、寺院墓地にみられる制度であり、霊園には檀家制度がないことが一般的です。

ここでは、もう少し檀家制度に触れつつ、霊園に檀家制度があるのかや、寺院が運営する霊園はどうなるのかについて解説していきます。

基本的に霊園には檀家制度がない

檀家制度は墓地を購入しお墓を建てる権利を得る代わりに、そのお寺を支えていくという制度です。

したがって、宗教や宗派に対して厳しい条件を提示するお寺もありますし、そもそも仏教徒でない場合には、お墓を建てることができない場合もあります。

しかし霊園は、その運営主体が自治体であったり民間であったりし、基本的にお寺が運営主体ではありません。
そのため、基本的に霊園には檀家制度はありません

霊園は、法要や供養の際には僧侶を自分で手配しなければならないなどの手間が生じますが、檀家制度によるお布施がなかったり、宗教・宗派について不問であることが一般的です。

寺院が運営する霊園の場合

霊園のなかには寺院が運営する霊園もあります。

寺院が運営する霊園である場合、その寺院の檀家になることが霊園の契約の条件となっている場合もあります。

しかし、寺院がその管理をするお墓としてではなく、あえて霊園として運営する意図には、檀家以外の方も含めてたくさんの人を寺院に呼び込みたいという考えのもとに霊園を運営してる場合が多いです。

したがって、檀家になることを契約の条件としている霊園ばかりでなく、檀家になることを条件とはしない霊園も多くありますので、事前確認しておきましょう。

ここまででお話ししたように、霊園と一言にいっても種類が異なります。
墓地や霊園の種類については以下の記事で詳しくご説明していますので、気になる方は合わせてお読みください。

こちらも読まれています

墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!

私たちは年に何度か墓地・霊園にお墓参りに出かけます。実はこの墓地・霊園にはいくつか種類があります。この墓地・霊園の種類というのは終活をやっていく中でも実はそんなに小さくない要素でもあります。今回は墓地・霊園の種類について詳しく見ていきます。

檀家になるメリットとデメリット

お墓

ここまで、霊園と墓地の違いに触れつつ、檀家制度について解説してきました。
では、檀家になる利点はどのようなところにあるのでしょうか?
また、その反対にどのような不利益があるのでしょう。

何事も選択する場合には、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで十分比較検討し選択することが重要になってきます。

ここでは、檀家になるメリット・デメリットを整理して解説していきますので、霊園にすべきか墓地にすべきか、比較検討を進める材料として参考にしてみてください。

メリット

まずは、檀家になるメリットについてお伝えします。
檀家制度は、お布施を支払うことでその後の法要などをお寺が実施していく制度だとお伝えしました。

そのお寺の檀家となりお寺の安定的な管理運営を支援することで、檀家としては様々なメリットを享受することができます。
では、具体的にどんなメリットを享受できるのか、整理しながらみていきましょう。

手厚い供養が受けられる

メリットの一つ目として、手厚い供養が受けられるということが挙げられます。

お寺にとって檀家は非常に大切な存在であり、お寺の安定的な運営継続には檀家の存在が不可欠であり、檀家の減少はお寺の収入減少を意味し、場合によってはお寺の運営ができなくなってしまいます。

したがって、そのような檀家の年忌法要などの供養は手厚く実施されることが、檀家とお寺の間の信頼関係の構築につながり、先祖代々にわたりお寺の檀家として関係を続けていきお寺の運営は支えられることとなります。

昔は、檀家がお布施やお寺の改修費なども負担するかわりに、お寺が行う檀家の年忌法要や参詣などを義務化していたそうです。

葬儀や法要の相談ができる

一般的に葬儀や法要などについて調べたりするような機会はあまり無いので、いざ自分で調べようとすると、曖昧な内容が多く非常に複雑です。

そんな時でも、特定のお寺の檀家となっていることで、お寺のご住職に気軽に葬儀や法要の相談ができることは非常に心強いです。

したがって、いざ困ったときに相談できる存在がいるという意味でも、檀家となるメリットはあると言えるでしょう。

仏事を優先して行ってもらえる

お彼岸やお盆の時期は法要や仏事などが集中し非常に込み合いますので、なかなか法要や仏事の予約がとれないという場合があります。

そんな時期でも、特定のお寺の檀家となっていることで、優先的に法要や仏事を行ってもらえる場合もあります。

デメリット

ここまで、檀家となるメリットについて解説してきました。

それでは、檀家となることでどんなデメリットがあるのでしょうか。
メリットだけでなくデメリットもしっかり把握したうえで、判断していくことが重要です。

それでは見ていきましょう。

入檀・離檀の際にお金がかかる

檀家になるデメリットとしてまず浮かぶのが入檀・離檀の際にお金がかかるという点です。

新たに檀家となる場合、入檀料を支払う必要があります。
檀家となるための初期費用のようなイメージです。

入檀料に明確な相場はなく、また、地方や宗派によっての違いもありますが、一般的には10万円~30万円ほどが妥当な金額だといわれています。

お寺によってはお布施として扱っているところもあるので、直接お寺に相談してみるのもいいでしょう。
ただし、具体的な金額は明示されず「お気持ちで」と回答される場合もありますので、一般的な金額を把握しておくことは大事になってきます。

最終的には、親戚などと相談のうえ妥当な金額を決めるのも良いかもしれません。

また、ご遺骨を移動し改葬するような場合、そのお墓を管理するお寺の檀家を離れることとなります。
この場合、檀家を離れるためのお布施として「離檀料」を支払う場合があります。

離檀料はお布施としての性質をもつ費用であり、支払いの義務はありませんが、それまでお世話になったお寺に対する誠意を込めて、お支払いすることがマナーです。

離檀料についても決まった相場はありませんが、10万円~20万円くらいが妥当な金額といわれています。

このようにお布施として払うものがあるため、経済的に余裕がない方にとっては負担となるかと思います。

檀家にかかる費用については以下の記事で詳しく解説しています。
気になる方は参考にしてください。

こちらも読まれています

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

新たにお墓を建てる時、お寺に建てたいとお考えの人も多いと思います。お寺に建てる時には檀家になることがほとんどです。ここでは、檀家になってお墓を建てる時の費用やその後にかかる費用、檀家になるメリット・デメリットなどについて説明します。ぜひ最後までお読みください。

寄付を求められる

檀家となることで、入檀料以外に志納金やその他寄付を求められる場合があります。

入檀料は、新しく檀家となるために一度だけ支払う費用ですが、志納金はお寺の維持管理のため毎年納める必要のある費用です。

また、お寺の修繕や改修などが必要となる場合に、修繕や改修にかかる費用を寄付として求められる場合もあります。

寄付については様々な意見が出てきていますが、先祖代々にわたりお墓の管理や供養をお寺に行ってもらうことを考えると、信頼関係維持の観点からその気持ちを示すことも大事なこととも言えます。

お寺の規則に従う必要がある

特定のお寺の宗派の下に入檀することで、そのお寺の檀家となります。

したがって、檀家となるということはそのお寺の規則やしきたり等に従う必要があります。

そのため、檀家となることで、希望する形式での葬儀を行ったり、葬儀を他のお寺にお願いしたりといったことはできなくなる可能性があります。

この点については十分留意したうえで、檀家となるかどうかを検討することが重要となってきます。

檀家制度を廃止するお寺が増加している?

お墓

檀家制度を廃止するお寺が増加しているという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

近年、葬儀会社が扱う割安な霊園や納骨堂が増えてきており、お墓から割安な霊園へ引っ越すなどの理由により多くの方の寺離れが目立ってきています。

また、僧侶を呼ばずに葬儀を行う方も増えてきており、最近では急速な檀家離れ・寺離れが進んでいる状況にあります。

お寺は、檀家による経済的支援により安定した管理・運営が可能ですが、檀家離れ・寺離れが進んでいきますとお寺の収入は減少し、場合によってはお寺の管理運営自体、成り立たなくなってしまうこともあります。

昨今の社会的・経済的な状況においては、江戸時代に確立した檀家制度が合わなくなってきているのが現実です。

そのような状況において、お寺としても従来の制度に縛られて管理運営に行き詰まるくらいならと、これまでの檀家制度を廃止し、宗教・宗派だけでなく国籍も不問とする新しい管理運営の体制を作り、たくさんの人を呼び込みたいと考えるお寺が増えてきています。

新しい管理運営体制のお寺が増えてきていますので、お墓にするか霊園にするかを選択するうえではさまざまな情報収集を行い判断していくことが重要となってきます。

霊園における檀家まとめ

葬儀

今回終活ねっとでは霊園における檀家について、檀家制度の内容やそのメリット・デメリットなどに触れつつ解説してきました。

この記事のポイントは以下のようになります。

  • 檀家とは、寺院に所属することでその寺院にお布施を支払うことで、供養やその後の葬祭についてのすべてを寺院に任せる制度であり、霊園に檀家制度はないことが一般的である。
  • 近年では、さまざまな理由によりお寺との関係も希薄化しつつあるため、お墓で行う法要のみをお寺にお願いする「墓檀家」制度を取り入れるお寺も増えてきている。
  • 霊園は、その運営主体が自治体であったり民間であったりし、お寺が運営する墓地ではないため、基本的に檀家制度はなくお布施が不要で、宗教・宗派について不問であることが一般的。寺院が運営する霊園もあるため、事前の情報収集が大事。
  • 檀家になるメリットとしては、「手厚い供養が受けられる」、「葬儀や法要の相談ができる」、「仏事を優先して行ってもらえる」などがある。
  • 檀家になるデメリットとしては「入檀料や離檀料などお金がかかる」、「お寺への寄付を求められる」、「お寺の規則に従う必要がある」などがある。
  • 近年、葬儀会社が扱う割安な霊園や納骨堂へお墓から引っ越す方が増えてきており急速な檀家離れ・寺離れが進み、従来の檀家制度を廃止し新しい管理運営を行っているお寺が増えてきているので、お墓にするか霊園にするか、選択するうえではさまざまな情報収集が重要となってくる。

霊園にするのかお墓にするのか、その選択によってさまざまな事情が異り、先祖代々に渡り長い期間でお寺などと関係が続いていくこととなります。

檀家制度についての理解を深め、ご家族やご親族とご相談のうえ検討することが重要となってきます。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「檀家・霊園」に関連する記事

「檀家・霊園」についてさらに知りたい方へ

  • お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

    お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

    みなさんの中には墓地と聞くとお寺の持っている墓地のことを指し、亡くなった後に備えてそこに費用をかけてお墓に立てることを考えているという方もいるのではないでしょうか?そこで、今回はお寺でお墓を立てる場合、どのくらいの費用が必要かについて見ていきます。

  • 納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?のサムネイル画像

    納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?

    故人の遺骨を納める場所として、納骨堂を視野に入れる人も多い事でしょう。しかし、納骨堂を利用した場合、必ず檀家にならなければいけないのでしょうか?今回の記事では、檀家について解説していきたいと思います。是非最後までご覧下さい。

  • 檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

    檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

    新たにお墓を建てる時、お寺に建てたいとお考えの人も多いと思います。お寺に建てる時には檀家になることがほとんどです。ここでは、檀家になってお墓を建てる時の費用やその後にかかる費用、檀家になるメリット・デメリットなどについて説明します。ぜひ最後までお読みください。

  • 檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!のサムネイル画像

    檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

    経済的・時間的な問題で檀家をやめたいという人もいるかもしれません。 檀家をやめる場合、どのようなメリットやデメリットが想定されるのでしょうか? また檀家をやめる方法や離檀料の相場はいくらなのでしょうか? 今回終活ねっとでは、檀家をやめることについてご解説いたします。

  • お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!のサムネイル画像

    お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!

    近しい人がなくなった時、お寺にお墓を置くには? 自分がなくなった時、お寺にお墓を建ててもらうために用意することをまとめました。

  • 寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!のサムネイル画像

    寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!

    一言で墓地と言っても、その種類や形態は様々です。今回は寺院墓地で起こり得るトラブルについてご紹介します。また、寺院墓地でトラブルを起こさないためには、どのようなことに注意すればよいかについても解説していきます。

  • 檀家をやめる方法、お墓を撤去して改葬する方法を解説します!のサムネイル画像

    檀家をやめる方法、お墓を撤去して改葬する方法を解説します!

    少子高齢化が進み、お墓の管理が大変になっていませんか?現在、なかなかお墓参りに行けない、お寺との付きあいも大変、という方も多いですよね。ならばいっそ「お墓の檀家をやめる」という方法もありますよ。ここでは、お寺の檀家をやめる方法を、詳しく解説します。 手続きやお墓の撤去にいくらくらいかかるかも解説。

  • お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

    お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

    お墓を建てる時、場所や費用について疑問を抱く人も多いと思います。「お寺にお墓に建てたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。ここではお寺にあるお墓について、特徴や費用、参拝方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

    寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

    終活をすすめるに当たりどのくらいの費用がかかるのかは大きな問題です。墓地の値段は霊園なのか寺院墓地なのか、どんな墓石にするかなどによって異なってきます。今回は寺院墓地の値段の相場について、内訳などについても詳しく解説していきます。

  • 宗派が違うお墓に納骨する際に知っておきたいことを解説!のサムネイル画像

    宗派が違うお墓に納骨する際に知っておきたいことを解説!

    家族の都合によるお墓の移転や、宗派の変更考えている方、不安や疑問はありませんか?宗派の変更によって出てくる、納骨・法要・お墓・覚えておきたいしきたりや親戚付き合いなどのさまざまな問題を解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「檀家・霊園」についてさらに知りたい方へ

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?のサムネイル画像

納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!のサムネイル画像

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!のサムネイル画像

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!

寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!のサムネイル画像

寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!

檀家をやめる方法、お墓を撤去して改葬する方法を解説します!のサムネイル画像

檀家をやめる方法、お墓を撤去して改葬する方法を解説します!

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

宗派が違うお墓に納骨する際に知っておきたいことを解説!のサムネイル画像

宗派が違うお墓に納骨する際に知っておきたいことを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと