家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説

家族と親族を中心にゆったりと故人を見送ることができる家族葬。一般的なお葬式とは形式が異なるため、どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか。家族葬における流れや時間について詳しく説明します。ぜひご覧ください。

目次

  1. 家族葬に関する時間について
  2. 家族葬の所要時間と流れ
  3. 一般のお葬式との所要時間の違い
  4. 家族葬の日程はどう決める?
  5. 後日弔問する場合の日にち・時間について
  6. 家族葬に関する時間のまとめ

家族葬に関する時間について

お墓

家族葬でゆったりと故人を見送りたい、そう考える方も少なくありません。
では、家族葬にはどのくらいの時間がかかるのでしょう。

一般的なお葬式とは違って、家族と親族だけと参列者が限られています。
また、家族の希望を叶えやすく、お通夜をしないスタイルを取る方もいるようです。
一般的なお葬式より時間は短くなるのでしょうか。

家族葬を行いたいと考えていても、家族葬の時間や流れ、そして日程の決め方といった知識が必要です。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬に関する時間についてを中心に、参列できなかった時のマナーなども解説していきます。
今回解説する内容は、以下の通りです。

  • 家族葬にかかる時間はどれくらい?
  • 一般のお葬式にかかる時間と変わるの?
  • お通夜やお葬式の開始時間は?
  • 家族葬に参列できなかった時は?

家族葬の流れを理解し、ぜひ家族葬を行う時の参考にしてください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬の所要時間と流れ

葬儀

家族葬の流れと所要時間を見てみましょう。
一般的なお葬式としては、ご家族がお亡くなりになってから会場の手配・打ち合わせ、周囲への連絡から、お通夜、お葬式・告別式、火葬・骨上げまでの流れになります。

家族葬は、基本的にはお通夜があり、お通夜の翌日にお葬式や告別式を行うので、一般的なお葬式と流れはほとんど変わりません。

ですが、やはり一般的なお葬式と家族葬ではかかってくる時間は少し異なってきます。
以下では流れと所要時間をまとめました。

お通夜 約40分程度
お葬式・告別式 約40分~50分程度
火葬 1時間~1時間半程度

お通夜

お通夜にかかる時間や開始時間などについて説明します。

所要時間はおよそ40分程度

家族葬でのお通夜にかかる時間は、およそ40分程度です。
参列者が少ないため、焼香にかかる時間が短くなるためです。
また、身内だけということもあり、受付が省略される場合があります。

開始時間は午後6時前後

お通夜の一般的な開始時間は午後6時前後で、仕事終わりの時間帯で設定されることが多く、通常のお通夜とほとんど変わりはありません。

家族葬の場合、家族の希望を叶えやすくなっていますので、親族同士で相談し早めの時間帯に設定することも可能です。

お通夜をしない場合

ご家族の意向によっては、お通夜をしないという選択をする方もいるようです。
家族や親族だけなので、参列者の都合が合わないことや、参列者の負担を減らしたいこと、費用を抑えたいという理由があります。

その場合、お通夜の日がなくなるので、お葬式・告別式や火葬を行う1日だけの負担になります。
いわゆる「一日葬」というスタイルです。

葬儀・告別式

お葬式・告別式にかかる時間や開始時間について説明します。

所要時間はおよそ40分~50分

家族葬のお葬式・告別式にかかる時間はおよそ40分~50分です。
お通夜同様、参列者が少なく焼香にかかる時間が短くなるので、通常よりやや時間は短くなります。

開始時間は午前10時~11時頃

お葬式・告別式の一般的な開始時間は午前10時~11時で、火葬時間から逆算して決められます。
こちらも通常のお葬式・告別式の開始時間と変わりありません。

地域によっては、火葬を先に行う場合もあるようですが、その場合のお葬式・告別式の開始時間は午後2時となることが多いようです。

一日葬の場合

一日葬とは、お通夜を行わずにお葬式・告別式から火葬までを1日で執り行うスタイルです。
家族葬は基本的にお通夜をして、お通夜の翌日にお葬式・告別式、火葬を執り行うので、一日葬とは別のスタイルです。

ですが、家族葬の場合、家族の希望によりお通夜を行わない方もいます。
そうするとお葬式・告別式から火葬までを1日で行うことになるので、家族葬でもありながら一日葬にもなり得るのです。

家族葬で行う1日葬については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また家族葬では葬式で二日かかってしまい、遠来者に負担をかけてしまうことから1日葬という葬儀も提案されています。今回、家族葬と1日葬の違いや葬儀の流れやメリット・デメリットを解説いたします。

一般のお葬式との所要時間の違い

葬儀

一般的なお葬式も家族葬も、開始時間はほとんど変わりませんが、所要時間は変わります。

参列者の数が少ないことにより、家族葬の方が進みがやや早くなることの方が多いようです。

工程 一般葬 家族葬
お通夜 約1時間~1時間半程度 約40分程度
お葬式・告別式 約1時間程度 40~50分程度
火葬 約1時間~1時間半程度 約1時間~1時間半程度

上の表を見てわかるように、所要時間の違いについて、お通夜ではおよそ20分前後の差があり、お葬儀・告別式もおよそ10分~20分ほど早くなっています。
火葬の時間は、どのスタイルを選ばれてもほぼ変わることはありません。

所要時間の違いの理由は、お通夜の際も、お葬式・告別式の際も、家族や親族だけと少人数で行われるため、焼香にかかる時間が短くなるからです。

家族葬では、告別式の後に出棺の儀式や喪主の挨拶などが省略されたり、火葬後の法要などを省略したりするなど、家族の意向によってはさらに短くなることもあります。

また、受付も家族や親族のみの場合だと省略されることもあるので、より短くなります。

一般のお葬式は予測でしか人数を把握できない上、友人や会社関係の方など大勢の参列者が来るので、その対応に追われたり周囲に気を遣ったりなど、とても気が休まるものではありません。

家族葬では準備にかかる時間も、一般のお葬式より抑えることができます。
家族や親族のみと少人数で、誰が参列するのかを把握できるからです。

お通夜やお葬式・告別式をするために、会場の手配や食事の手配、香典返しなど様々な準備の必要がありますが、人数を把握できることで格段に準備がしやすくなります。

ご家族が亡くなられてから気持ちの整理がつく間もなくやるべきことが舞い込んできますが、事前に必要な準備や当日の対応を考えても、精神面にも少し余裕ができそうですね。

家族葬の日程はどう決める?

人々

家族が亡くなった後、まず葬儀社とお通夜やお葬式・告別式の日程を決めなければなりません。
会場や火葬場の空き状況を速やかに確認し、打ち合わせをするようにしましょう。

一般的なお葬式の日程の決め方

まずは、一般的なお葬式の日程の決め方について見ていきましょう。

故人の知人・友人・会社関係の方などたくさんの方に参列していただく場合は、参列していただく方が来やすい日程を選ぶなどの配慮が必要になってきます。

たくさんの方に参列していただく場合や、遠方から来ていただく場合にも、仕事などに影響がないよう土曜日・日曜日に設定されることが一般的です。

そのため、亡くなった日から数日後にお通夜やお葬式などを行うことが多いようです。

家族葬の日程の決め方

次に、家族葬の日程の決め方について見ていきましょう。

家族葬でお通夜やお葬式・告別式を進める場合は、家族の都合が優先されます。
その上で、参列していただく親族と相談し合い、集まりやすい日程にすることができます。

一般的にお葬式は「友引」は避けるように言われていますが、家族葬の場合は友引を気にする必要はないとされています。

ただし、友引の日は避けるように言われていることから、特に火葬場は「友引」がお休みになっているところもあるようなので注意が必要です。

こちらも読まれています

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

葬儀の形が多様化している昨今、家族葬を選ばれる方も増えています。家族葬と一般葬では、四十九日法要の仕方も違ってくるのでしょうか?ここでは、家族葬を営んだ場合の四十九日法要について、服装や香典を含め、詳しくご説明をします。

後日弔問する場合の日にち・時間について

お墓

お通夜やお葬式・告別式に参列できなかった場合、後日あらためて弔問に訪れる方もいらっしゃると思います。

弔問のマナーは、一般的に、弔問する場合はお葬儀後、数日後から四十九日までの間に伺うのが良いとされています。
お葬式の直前直後を避けるのは、準備や後処理で忙しいためです。

家族葬での弔問のマナーは、家族葬の場合は、式に参列しない方は弔問や香典も遠慮するのがマナーとされています。
ご遺族が家族や親族のみで済ませたいという希望が強いため家族葬を選択しているので、それに添うためです。

それでも、どうしても弔問に訪れたい方もいらっしゃるでしょう。
基本的には、お葬式後1週間を目安に、ご遺族に弔問に訪れたい旨、都合の良い日時などをあらかじめ伺うようにしましょう。

家族葬に関する時間のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、家族葬に関する時間について以下のことを解説してきました。

  • 一般のお葬式にかかる時間より家族葬にかかる時間はやや短くなる
  • お通夜やお葬式の開始時間は、一般のお葬式と同じ
  • 基本的にお通夜やお葬式の流れは同じだが、家族葬では家族の希望や意向が叶いやすいため、省略される工程もある
  • 家族葬の日程は、家族の都合を優先して決めることができる
  • お通夜やお葬式では、家族や親族だけでゆったりと故人の最期を見送ることができるが、後日弔問客の対応に追われる可能性がある
  • お通夜を行わず、一日葬として進めるスタイルもある

一般葬にしてたくさんの方々に見送られるのも遺族としては励まされるものですが、家族葬でゆったりと見送るのもいいですよね。

家族葬にかかる時間としては、一般のお葬式と大きく変わってくるものではありません。

家族葬は、お通夜を行わない、お別れの時間を長くしたい、この日程で行いたいという希望が叶いやすいので自由なスタイルとも言えます。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・時間」に関連する記事

  • 一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

    一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

    一日葬というお葬式を耳にしたことはありますか?一般的なお葬式とはどんな点が違っているのでしょう。メリットの他にもデメリットがあれば、知っておきたいと思いますよね。 今回は、一日葬のメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。ぜひご一読ください!

  • 家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!のサムネイル画像

    家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

    近年では、親族とごく親しい知人のみで済ませる家族葬も増えてきました。お通夜も時代に合わせた形式となっていますが、初めての方は対応に困る事が多いです。今回の記事では、家族葬のお通夜について、開くべきか参列すべきか、そして実際の流れに至ついても要点をまとめました。

  • 家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

    家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

    近年、葬儀のスタイルは多様化していると言います。中でも、家族葬は特に注目をされています。家族葬とはどんな葬儀で、どのように執り行うのでしょうか?この記事では家族葬の特徴、流れやマナー、費用相場の詳細と共に解説していきます。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

  • 家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

    家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

    葬儀の際に故人とゆっくりお別れができず、後悔したことはありませんか?親族10人だけで葬儀ができれば、落ち着いた時間を確保できそうですよね。実際、家族葬は何人からできるのでしょうか。今回は10人での家族葬の流れや費用について、注意点も含めてご紹介します。

  • お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!のサムネイル画像

    お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!

    突然のお葬式の知らせ。お通夜と告別式の連絡がきたとき、どちらに参列しますか?どちらか一方だけの参列だと失礼にあたるのでしょうか。今回はお通夜と告別式の意味合いの違いや参列の仕方、また、お葬式に参列できない場合はどうすれば良いのかなどを紹介していきます。

  • 家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

    家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

    最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

  • 家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

    家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

    最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また家族葬では葬式で二日かかってしまい、遠来者に負担をかけてしまうことから1日葬という葬儀も提案されています。今回、家族葬と1日葬の違いや葬儀の流れやメリット・デメリットを解説いたします。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・時間」についてさらに知りたい方へ

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!のサムネイル画像

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!のサムネイル画像

お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「家族葬・時間」についてさらに知りたい方へ

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!のサムネイル画像

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと