家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

家族葬は家族や近しい人のみで行う葬儀で、手軽に執り行うことができるイメージがあります。手軽な葬儀として人気ですが、一般の葬儀と違い喪主側で人数や呼ぶ範囲を決めるので、今後の付き合いを考えると難しいところがあります。今回は家族葬の参列者の人数について紹介します。

目次

  1. 家族葬での参列者の人数について
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬のお葬式に参列する人数の平均
  4. 家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまで?
  5. 家族葬で予定の参列人数を超えた場合の対応
  6. お坊さんなしでも家族葬はできる?
  7. 家族葬の後日に弔問する場合のマナー
  8. 家族葬での参列者の人数のについてまとめ

家族葬での参列者の人数について

葬儀

最近は、「家族葬で見送りました」「家族のみで見送るので参列はご遠慮ください」などと訃報と共に案内を貰うことが多くなりました。

家族葬は家族や親族、近しい人のみで故人を見送る葬儀です。
一般の葬儀と違い手軽にできますが、家族葬での参列者についてわからないことが多くありますよね。

今回、終活ねっとでは家族葬での参列者の人数について、

  • 家族葬での参列者の人数について
  • 家族葬とは?
  • 家族葬のお葬式に参列する人数の平均
  • 家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまで?
  • 家族葬で予定の参列人数を超えた場合の対応
  • お坊さんなしでも家族葬はできるのか
  • 家族葬に参列しない場合のマナー

以上のことを紹介していきます。
家族葬を考えている人に興味深い記事となっています。
ぜひ、最後までご覧ください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは?

葬儀

家族葬とは家族や親族、近しい人だけで行う葬儀のことを言います。
密葬と似ているように感じますが、密葬は家族葬とは違い本葬を行います。
しかし、家族葬は身内で送って終わりになります。

家族葬は自宅で行う場合と、葬儀場などの会場を借りることがあります。
一般的な葬儀と違い故人と縁があった人が誰でも参列できるのではなく、遺族が招いた人のみの葬儀となります。
そのため、葬儀が終わってから、参列できなかった人にお詫びを兼ねた挨拶状を送る必要があります。

家族葬は近しい人だけの葬儀なので、精神的に疲労しているご遺族にとって負担の少ない葬儀と言えます。

また、家族葬は費用負担が少ないと考えられていますが、香典を辞退することが多く、収入が見込めないため考えていたよりも負担が増えることがあります。

家族葬のメリットとデメリットについて、もっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

家族葬のお葬式に参列する人数の平均

葬儀

家族葬は近親者のみで行う葬儀なので、誰を招待するかを決めるのは故人の遺志や家族の考えになります。

しかし、実際には何人くらいが家族葬に参列するのでしょうか。
ここからは、家族葬に参列する人数の平均やここ最近の家族葬の参列人数の変化について紹介していきたいと思います。

全国の平均

家族葬に参列する人数の全国平均は10人~30人程度とされています。
これには、会場の広さも関係します。

自宅で行う場合は、10人程度が一般的で、故人の配偶者や子供、孫などの血縁者が葬儀に参列します。
10人以上になると自宅よりも斎場などを借りることが多く、この場合は故人の配偶者や子供、孫に加えて親族や故人と特に親しかった友人も参列します。

家族葬の参列人数が減ってきている?

以前は、斎場などで葬儀を行わずに自宅で行う自宅葬が一般的でした。
自宅葬の場合は近隣の人が参列に訪れていましたが、最近はご近所付き合いが希薄になっている地域も増えていることから、葬儀に参列しない人が増えてきました

また、核家族化や少子化の影響で、親戚づきあいも希薄になったことが、家族葬の参列者減少に関係しています。
家族葬に親戚を呼ばないことや、高齢化に伴い葬儀の参列が困難になったことも参列者減少の理由に挙げられます。

他にも、故人やご遺族の意志によって、「静かに見送りたい」「金銭的に余裕がない」「付き合いが煩わしい」などの理由から参列を断ることもあるので、家族葬の参列者が減少しています。

家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまで?

葬儀

上記では家族葬に参加する人数について紹介しましたが、一方でここからは家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまでなのか紹介していきたいと思います。

家族葬は、「静かに見送りたい」「故人の友達も参列してもらいたい」など故人やご遺族の考えで参列者の範囲を選べます。

家族葬は故人の意思とご遺族の考えを尊重して参列者に案内をしますが、会場の広さなども考慮に入れます。

家族葬は故人の生き様によっても参列者が変わります。
例えば、ずっと地元に住み続けていた人なら、地元の人に参列してもらいたいと考えます。
また、遠い親戚であっても故人が会いたいと考えていた人なら、参列してお別れをしてもらいたいと思います。

家族葬で参列者の範囲に悩んだ場合は、会場の広さよりも、「故人が誰に見送ってもらいたいか」を考えて故人の気持ちに寄り添うことが大切です。

しかし、本当に家族だけで送る場合以外は今後の付き合いも勘案して、参列者の範囲を決めます。
特に、近隣の人や故人の友人などに声をかける場合は、周囲との兼ね合いや友人関係を考慮して後に角が立たないようにしましょう。

家族葬で予定の参列人数を超えた場合の対応

葬儀

家族葬を行う場合は、近隣の人や予定の参加人数を超え、葬儀に呼ばなかった人への配慮が必要になります。
特に近隣の人へは「故人の遺志により家族葬で見送ることになった」など事前に知らせておきます。

また、葬儀に呼ばなかった方へも同じように案内をして参列を丁重にお断りしますが、それでも葬儀に来る人がいます。

その場合は、参列者の人数が増えて通夜振る舞いの食事や会葬御礼品が足りなくなりますが、もともと想定していなかったことなので、特に渡さなくても失礼に当たりません。
香典は辞退するべきですが、渡された場合は日を改めてお礼の品を送るようにします。

予定してない人数が参列するのはご遺族にとって困りますが、故人を見送りたいという意思を尊重して、喪主の方は家族葬に呼ばなかったことの理由とお詫びを伝えることがマナーです。

お坊さんなしでも家族葬はできる?

葬儀

家族葬はお坊さんなしでも葬儀を行うことができます

お坊さんを呼んで読経や戒名を行うのは仏式の葬儀です。
ですから、神道式の葬儀やキリスト教式など仏式以外の宗教で葬儀を行う場合は、お坊さんを呼ぶ必要はありません。

また、家族葬ではお坊さんを呼ばない自由葬や無宗教葬で葬儀を行うことができます。
自由葬や無宗教葬では、宗教や伝統にしばられない自由な葬儀をすることができ、故人や遺族の希望に沿った葬儀をすることができます。

家族葬の後日に弔問する場合のマナー

葬儀

葬儀が終わると、ご遺族は家族葬で行ったことや無事に終わったことを、はがきで知らせます。

はがきを貰ってから、慌てて弔問に行こうと考える人もいますが、家族葬を終えたご遺族の気持ちを考えて行動することが大切です。

ここでは家族葬に参列しなかった場合の弔問に行くタイミングやマナーなどを紹介します。

  • 弔問したいと考えたら、まずご遺族に連絡して訪問してよいか確認する
  • ご遺族から香典を辞退されたら、無理に渡さない
  • どうしても弔意を示したいのであれば、供花やお供えを持参してよいか確認する
  • 弔問では平服を心掛ける
  • はがきなどで知った場合は、すぐに連絡しても構わない
  • 弔問は亡くなってから四十九日以内にするのが良い
  • 弔問に訪れた場合は、家の中に招かれない限り上がらずに挨拶をする
  • 家の中に招かれた場合は、お線香をあげてお悔やみの言葉とご遺族にねぎらいの言葉を述べて長居しない

以上が後日、弔問に訪れるときのマナーになります。
ご遺族から連絡がなくても事前に訃報を知ることもありますが、参列を依頼されない限りは葬儀に参加することを控えます。

故人やご遺族の考えによって、葬儀を行わないこともありますが、参列を控える場合も弔電を送って弔意を示すことはできます。

家族葬の弔電についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

近年増えている家族葬。家族葬に弔電はどのように送ればよいのでしょうか?また、どのようにお断りをすればよいのでしょうか?家族葬での弔電について、送り方やマナー、断り方などを解説していきます。弔電のマナーを学び、いざという時に困らないようにしておきましょう。

家族葬での参列者の人数のについてまとめ

葬儀

最近、注目されている家族葬と参列者の人数や範囲などについて解説しました。
今回、わかったことは

  • 家族葬とは家族や親族、親しい人だけで見送る葬儀である。密葬と似ているが、家族で見送ったあとに本葬を行わないのが家族葬である
  • 家族葬では喪主や遺族が参列する人数を確定できる。人数は10人から30人程度で行うことが一般的である
  • 自宅で行う場合は10人以内で故人の配偶者や子供、孫程度の範囲となる
  • 最近は少子化や高齢化、近所付き合いが希薄となったことで参列者の人数が減っている
  • ご遺族は家族葬の終了後に参列しなかった方にはがきで知らせる
  • 葬儀後に弔問に行く場合は、ご遺族に連絡をしてから訪問する。また、香典を辞退されたら、持って行かない
  • 葬儀後に弔問する際は服装に気を付けて、手短にする。

家族葬は近年において人数を確定することがたやすく、費用などもわかりやすいためご遺族の負担を減らすことができる点で注目を集めています。

故人やご遺族が静かに送りたいと考えた場合の、最適な葬儀が家族葬です。
参列者の人数や範囲や参列しないときのマナーを知って、故人を静かに見送ることが、家族葬を選んだご遺族に対する配慮になります。

終活ねっとでは、家族葬についての記事を多数掲載しています。
ぜひ、他の記事も併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・人数」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・人数」についてさらに知りたい方へ

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や費用を安くする方法、注意点まで解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・人数」についてさらに知りたい方へ

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説のサムネイル画像

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと