社葬のときの香典は誰が受け取るの?マナーや金額の相場も解説!

社葬に参列することになった時や勤務している会社で社葬が行われた時、香典はどうすれば良いでしょうか。今回の記事では、「香典を受け取るのは誰か」「香典の金額相場は」など社葬の香典についての具体的なマナーや注意点について解説します。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 社葬のときの香典について
  2. 社葬とは?
  3. 社葬のときの香典は誰が受け取るの?
  4. 社葬のとき香典は辞退されることも
  5. 社葬のときの香典マナー
  6. 社葬の香典の金額相場はどれくらい?
  7. 社葬のとき供花は贈ってもいいの?
  8. 社葬のときの香典返しはどうする?
  9. 社葬のときの香典についてまとめ

社葬のときの香典について

葬儀

皆さんは、社葬の香典は誰に対して渡すものなのかご存知でしょうか?
会社が受け取るのでしょうか、それとも故人のご家族が受け取るのでしょうか?

社葬は、通常の個人のお葬式とは違う点が多くありそうなイメージですよね。
いざ自分が社葬に参列することになってみると、戸惑ってしまうことも多くあります。
特にお香典については、どのようにすれば良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回終活ねっとでは、社葬の香典について

  • 社葬の香典は誰が受け取るのか?

  • 香典を辞退されたらどうすれば良いか

  • 社葬の香典のマナー(金額や香典袋など)

  • 社葬で供花を贈る場合の注意点

  • 社葬の香典返しについて

以上のことを中心に解説します。
詳しくご説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

お坊さんを手配したい方はこちら

社葬とは?

葬儀

社葬とは、会社にとって大きな功績があった人が亡くなった際に、会社が主体となって行うお葬式の形態です。

故人への悼みと業績への尊敬を表し、残った者たちが故人の意思や業績を受け継ぐということを表明する場でもあります。
自社の社員が社葬に参列することで、社内の結束を固める場にもなります。

対外的には、会社の体制が揺るがないことのアピールでもあり、次代を担う人材の紹介の場です。

社葬とは、内容次第で会社自体が評価されるという側面があり、失敗ができない儀式でもあります。
社葬を執り行う場合は、充分な準備や配慮が必要となります。

社葬のときの香典は誰が受け取るの?

お金

社葬のときの香典は誰が受け取るのでしょうか。
「会社」なのか「故人のご親族」なのか、それぞれの場合について見ていきましょう。

ご親族が香典を受け取るのが一般的

香典には、「葬儀にかかる費用を補う」という弔意も含まれています。
会社が執り行う社葬では、「葬儀の費用を負担している会社が受け取る」という見方ができます。
そのため、ごく一部では香典を会社が受け取る場合もあります。

一方で、香典が故人への弔意という意味では、「故人のご親族に対して渡されたもの」という見方もできます。
この解釈では、香典を故人のご親族が受け取ることになります。

結局、どちらが香典を受け取るかは社葬を行う会社やご親族の判断になります。

しかし現在は、ご親族が受け取る場合が一般的になってきました。
次に解説しますが、ご親族が受け取る方が税務上有利という点があります。

また、社葬の対外的なアピールという側面では、香典は故人のご親族に贈った方が会社のイメージが良くなるという理由もあります。

会社の収入とするときは税務上の処理が必要

会社が香典を受け取った場合の税務上の処理についてみていきましょう。

まず、香典は雑収入となり課税の対象となります。
そして、香典返しの費用は会社の経費として認められません。
結果的に、香典と香典返し両方に税金がかかり、会社の税務上の負担が大きくなります。

会社で香典を受け取り、後からご親族に渡した場合はどうでしょうか。

一度会社の手に渡った場合、香典を受け取ったご親族に贈与税がかかる場合があります。
これは、香典の額が「社会通念上相当と認められるか」によって課税されるかどうか違ってきます。
この場合、香典返しの費用はご親族の負担になります。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
社葬の費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!

社葬とは、会社に功績を残した人物を会社を挙げて弔うお葬式のことで、社会にとって必要であるとされた場合に執り行うことができます。社葬の費用は、会社の経費として計上できるものと認められないものがあります。今回はご遺族との合同葬や、社葬費用の経費について解説します。

社葬のとき香典は辞退されることも

困った人々

「税務上の問題」や「香典返しの労力を省く」等の事情で、社葬では香典を辞退されることが増えています。

しかし辞退と言われても、本当に香典が必要ないのか迷ってしまいますよね。
大切な点は、ご親族の意思を尊重することです。

もし辞退されているのに香典を持って行き受け取って貰えた場合は、受け付けが預かりご親族にお渡しするという形になることが多いです。
辞退しているのにもかかわらず香典を渡すと、準備されていない香典返しの手配など、ご親族に余計な負担をかけてしまうことにもなりかねません。

迷惑にならないよう香典については事前にしっかり相手の意思を確認し、その意思を尊重しましょう。

社葬のときの香典マナー

葬儀

それでは社葬で香典を出す場合のマナーとして、どんな点に注意すれば良いでしょうか。

香典の額は、社葬が行われる状況や相手の会社との関係、付き合いの度合いなどによって変わってきます。

具体的な注意点をみていきましょう。

社員は香典を出す必要があるの?

自分の勤めている会社で社葬が行われた場合、社員は香典が必要でしょうか。
香典については、それぞれの会社のルールや慣習によって異なってきます。

会社によっては「香典の必要なし」と決められている場合や、具体的な金額まで決まっている場合もあります。
ルールが予め決まっている場合は、それぞれのルールに従います。

はっきりしたルールが無い場合は上司や先輩に尋ねたり、同じような立場の人と相談したりするのが良いでしょう。
また、担当者がいる場合は事前に問い合わせましょう。

後になって「非常識な人だ」と思われないよう、周りからしっかり情報を得る必要があります。

香典袋の表書きの書き方

表書きは宗教によって異なります。

仏式の場合は、御香典または「御香料」です。
神式の場合は、「御神前」「御玉串料」「御榊料」です。
キリスト教式は、「御花料」「御ミサ料」です。

区別がつかない場合は、「御霊前」とすればよいでしょう。
ただし、香典袋に蓮の花が描かれているものは仏式専用なので注意しましょう。

表書きに書く差出人の名前は、フルネームで書きましょう。

連名の場合、表書きに書く名前は三名ぐらいまでにとどめます。
それより多い場合は、表書きには「○○一同(または○○有志)」と書き、別紙に全員の名前を書いて香典袋の中に同封しましょう。

社葬のときの香典袋の包み方

香典袋の包み方は社葬の場合も、一般のお葬式と変わりません。

訃報を受けたら、仏式なのか神式なのか等の宗教を確認し、ふさわしい香典袋を用意し通夜かお葬式に持参します。

中にいれるお札は新札を避けましょう。
どうしても新札を入れる場合は、折り目をつけて使いましょう。
新札に折り目をいれると、「突然なことで取り急ぎ準備をしました」という気持ちを表します。

香典袋は通常のものを使用する

香典袋は通常のものでかまいません。
表書きの文字は、弔意を表す意味で薄墨を用います。
また、水引きは黒白か銀色のものを使いましょう。

香典を受付などで直接渡す場合のマナーに気を付けます。

まず受付でふくさに包んだ香典袋を取り出し、その上に香典袋を乗せて差し出しましょう。
香典袋の向きは、受け取る人からみて正面になるように渡します。

通夜とお葬式と両方に参列する場合は、最初にお悔やみを述べる通夜で渡すのが自然です。
受付の記帳については通夜とお葬式共に行いますが、香典はどちらか一度だけで構いません。

取引先の社葬に参列する場合に香典は必要?

取引先から社葬の案内があったら、まず香典辞退の案内がないかを確認します。
辞退の案内がある場合は相手の意思に従い、香典は持っていきません。
辞退の案内がない場合は、参列者が通夜かお葬式に持参します。

取引先の社葬に誰が参列するかという点も問題になります。
付き合いの深さにもよりますが、大切な取引先の場合は社長や会長という会社の代表者が参列することが一般的です。
基本的には故人より役職が下の人間は出席しないようにしましょう。

また、上司の代理として参列する場合は必ず受け付けで「誰それの代理である」旨を伝えましょう。
受付での記帳の際も上司の氏名と下に「代」と書き添えましょう。

取引先の社葬に参列する場合の香典袋の表書きは、会社名と役職と氏名を2行に分けて書きます。
代理が出席する場合は、上司の役職、氏名を書き、その下か横に「代」または「代理」と小さく書きます。

社葬の香典の金額相場はどれくらい?

人々

香典の額は、通常は1~3万円程度、また社長名で香典を包む場合は3~10万円くらいです。
最高でも20万円までということが一般的です。

しかし、実際には故人の社内での立場によっても変わりますし、社葬そのものの規模によっても違ってきます。

その上に、相手との付き合いの深さや、会社の業種や、慣習、また社長の個人的な関係などいろいろな要素が加わって金額がそれ以上になる場合もあります。

社葬のとき供花は贈ってもいいの?

葬儀

社葬の案内状や社外通知などに「誠に勝手ながら香典・ご供物の儀は固くご辞退申し上げます」との記載がある場合、供花を贈ることができます。
「香典・ご供花・ご供物はご辞退申し上げます」と記載されている場合は、供花も受けないという意味です。

最近では香典を辞退する社葬が多いので、代わりに供花を贈って弔意を表すことが増えています。

またどうしても参列できない場合に供花を贈る、ということもあります。
代表者が参列できない場合に、代表者名で供花を贈り代理が参列するというケースもあります。
供花は宗教にしばられず弔意を表すことができます。

供花を贈る場合、葬儀社によって祭壇の花のアレンジを決めていることがよくあります。
贈る側で勝手に花を決めないで、事前に葬儀社に確認しましょう。

また、案内状に供花の問合せ先が記載されている場合は必ず事前に連絡しましょう。

金額は一般的には1万5千円前後です。
段取りがつけられるよう早めに手配をするようにします。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
供花についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

供花と花輪の違いとは?贈る際のマナーや値段の相場を解説します!

葬儀にはさまざまな役目の花があります。誰もが目にする花ですが、供花・花輪・枕花・献花などの違いを知っていますか?また贈る際のマナーや値段も気になるところです。供花と花輪の違いや、注文の仕方などを詳しくご紹介します。

社葬のときの香典返しはどうする?

葬儀

個人のお葬式よりも多種多様な人が参列すること考えられます。
香典返しは例えばカタログギフト等の幅広い年代の方に対応するものが良いでしょう。

先に解説したように税務上の問題もあり、最近は「事前にご親族が行う密葬で香典を受け付け、ご親族が香典返し行う」というケースが増えています。
香典返しの費用はご親族負担になります。

また、本葬である社葬では会社は香典は受け取らず、香典返しもしません。

社葬のときの香典についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、社葬のときの香典について以下のことを解説してきました。

  • 社葬時の香典は、ご親族が受け取るのが一般的
  • 香典を会社が受け取ると会社の収入になり、課税される
  • 香典のマナーはその会社との関係によって異なる。事前に会社に確認をする
  • 香典を辞退された時は相手の意思を尊重する
  • 自分の会社の社葬の場合、香典は社内のルールや慣習に従う
  • 取引先の社葬の香典の金額相場は、一般的には1万円~20万円まで
  • 取引先の社葬には基本的には会社の代表が参列
  • 香典返しは会社で行う場合とご親族が行う場合がある。会社が行う場合は、香典返しの費用は経費として認められない

終活ねっとでは「社葬のときの香典」に関する記事以外にも、社葬の費用全般や参列のための具体的なマナーなどについて詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もあわせてご覧ください。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

「社葬・香典」に関連する記事

「社葬・香典」についてさらに知りたい方へ

  • 社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

    社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

    社葬とは、故人が所属していた企業(法人)が主催して執り行う葬儀のことです。社葬にはいろいろと準備も必要ですが、皆さんが一番気になるのはどのくらい費用がかかるのかということではないでしょうか?今回は社葬の費用について、税法上の捉え方も含め詳しく解説します。

  • 社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

    社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

    社葬とは、創業者や社長などの会社の功労者、勤務中の不慮の事故などで亡くなった社員などのために遺族と会社が主催者として行う葬儀のことをいいます。社葬には一般葬とは異なる特有のマナーがありますので、ここでは社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介します。

  • 社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!のサムネイル画像

    社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!

    社葬とは、会社に功績を残した人物を会社を挙げて弔うお葬式のことで、社会にとって必要であるとされた場合に執り行うことができます。社葬の費用は、会社の経費として計上できるものと認められないものがあります。今回はご遺族との合同葬や、社葬費用の経費について解説します。

  • 社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

    社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

    個人葬を行う場合での喪主は長男などの近親者が務めることが主流となっています。では、社葬を行う場合には誰が喪主を務めるのでしょうか?今回は、社葬での喪主は一体誰が務めるのかということや弔電を送る際の宛先などについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

    社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

    会社の社長などが亡くなった際に会社が主催する形で行われる葬儀が社葬です。しかし、社葬にはなかなか参加するという経験がなく、そのためどのような服装で参列すればよいかわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、社葬に参列する際の服装のマナーを見ていきましょう。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

    葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

    葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

    香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

    香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「社葬・香典」についてさらに知りたい方へ

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!のサムネイル画像

社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「社葬・香典」についてさらに知りたい方へ

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!のサムネイル画像

社葬の費用は経費として計上できる?勘定科目についても解説します!

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと