中原中也のお墓はどこにある?記念館などのゆかりの地も紹介!

山口県出身の詩人である中原中也。そのお墓はいったいどこにあるのでしょうか?ゆかりの地はどこにあるのでしょうか?気になる中原中也のお墓とそのゆかりの地について、詳しくご紹介していきます。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

目次

  1. 中原中也のお墓について
  2. 中原中也とは
  3. 中原中也のお墓は山口県にある
  4. 中原中也ゆかりの地
  5. 中原中也のお墓まとめ

中原中也のお墓について

お墓

「墓マイラー」という言葉を耳にしたことがありますか?
墓マイラーとは、文字通りお墓参りをする人のことですが、その中でも歴史上の人物などのお墓参りを行う人を指します。
中には海外まで著名人のお墓参りに行く人もいるようです。

今回終活ねっとでは、中原中也のお墓について解説します。
みなさんも一度は名前を聞いたり、作品を読んだことがあるのではないでしょうか?

この記事では

  • 中原中也とは
  • 中原中也のお墓は山口県にある
  • 中原中也ゆかりの地

について詳しく見ていきたいと思います。

中原中也とはどのような人物で、お墓はどこにあるのでしょうか?
さっそく中原中也という人物について知っていきましょう。

中原中也とは

困った人々

中原中也は明治40年、山口県山口市に生まれました。
日本の文学史上に様々な作品を残した文豪として有名です。
初めは医者を目指していたそうですから、やはり幼いころから頭がよかったのですね。

文章を書く仕事を目指したきっかけは、幼い弟の死でした。
8歳の中原中也は弟を亡くした悲しみを詩に綴ったのです。
それから中原中也は新聞に自分の詩を投稿したり、他の歌人と交友を深め、歌人としての道を歩み始めます。

ランボーやヴェルレーヌ、宮沢賢治などに影響を受けた中原中也の作風は世間に高く評価されました。
残念ながら30歳という若さで亡くなってしまいますが、世の中にたくさんの作品を残しました。

山口県には中原中也記念館も建てられ、多くの人が来館しています。
記念館の詳細に関しては、後の項でご紹介していきます。

中原中也のお墓は山口県にある

お墓

それでは本題に入りましょう。
なぜ中原中也のお墓が山口県にあるのでしょうか?
場所はどこなのでしょうか?

中原中也のお墓が山口県にある理由

中原中也のお墓は、山口県山口市にあります。
ですが実は中原中也は東京で亡くなっているのです。
では中原中也のお墓が山口県にある理由はなんでしょうか?

山口県出身の中原中也は、1923年に山口県の中学校から京都府にある立命館中学へ転校しています。
その後東京へ移り、しばらくは東京を拠点に過ごしますが、ずっと故郷に帰りたいという思いを持っていたようです。

しかし、ついに亡くなるまで中原中也は故郷に帰ることはできませんでした。
そのような経緯と彼の思いがあり、お墓が故郷である山口県に建てられたというわけです。

中原中也のお墓へのアクセス

続いて、中原中也のお墓へのアクセスについて紹介します。
中原中也のお墓は住宅街の一角にあります。

最寄りの駅であるJR山口線湯田温泉駅から中原中也のお墓までは少し距離があるので、タクシーなどを利用されるとよいでしょう。

中原中也のお墓
中原中也のお墓

所在地〒753-0813 山口県山口市吉敷中東4丁目16−1

利用料金なし

吉敷郵便局のすぐ近くに墓地までの案内板があります。
それを見ながら進んでいくと、中原中也のお墓がある墓地があります。
墓地に向かう道は舗装されていない場所もあり、非常に狭いので注意が必要です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
多くの著名人が眠る多磨霊園について知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!

有名人が眠ることで有名な多磨霊園は、終活中の方以外でもご存知の方は多いのではないでしょうか。多磨霊園には、どんな方々が眠っていらっしゃるのでしょうか。今回は、多摩霊園に眠る有名人(芸能人や著名人)の紹介とともに、多磨霊園の特徴についてもお話していきます。

中原中也ゆかりの地

null

山口県には中原中也記念館や歌碑が建てられた公園など、ゆかりの地がたくさんあります。
最後に中原中也ゆかりの地の場所を見てみましょう。

中原中也記念館

中原中也記念館では、期間ごとに様々なテーマで展示が行われています。

中原中也の生活に触れたり、作品を身近に感じることができる記念館です。
朗読会が行われていたり、アニメとコラボしたグッズが販売されていたりと若者にも人気のスポットとなっています。

中原中也記念館
中原中也記念館

所在地山口県山口市湯田温泉1-11-21

営業時間5月~10月 9:00~18:00(入館は17:30まで)
11月~4月 9:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜日、毎月の最終火曜日は休館。
月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休館。
年末年始(12月29日~1月3日)休館。

利用料金一般320円、大学生・専門学校生210円、18歳以下無料。
団体(20名以上)一般270円、団体大学生・専門学校生162円、18歳以下無料。
年間パスポートもあり。

井上公園

井上馨の生家であった井上公園には中原中也の歌碑が建てられており、「山羊の歌」の中にある「帰郷」という作品の一部が書かれています。
近くには中原中也や作品について解説した掲示板もありますので、彼のことをよく知らない人でも作品を味わうことができます。

公園内には無料の足湯もあり、リラックスした時間を過ごすことができます。

井上公園
井上公園

所在地山口県山口市湯田温泉二丁目5番

営業時間10:00~22:00(足湯)
4月~10月10:00~17:00(公園内休憩所「何遠亭」)
11月~3月10:00~16:00(公園内休憩所「何遠亭」)

湯田温泉

湯田温泉は、高杉晋作、坂本龍馬など多くの著名人が立ち寄り、未来を語り合ったとされている山陽路一番の温泉街です。
中原中也の生家である中原病院もこの湯田温泉街にあります。

ホテルや旅館が立ち並ぶ湯田温泉は、俳人種田山頭火が愛し、一時期暮らした温泉街としても知られており、山口市内の観光拠点として賑わっています。

湯田温泉
湯田温泉

所在地山口県山口市湯田温泉

営業時間施設によって異なる。

利用料金350円~1,600円程度。

中原中也のお墓まとめ

お墓

今回の終活ねっとの記事はいかがでしたでしょうか?

日本を代表する文豪、中原中也のお墓とゆかりの地について見てきました。
ここでもう一度記事の内容を振り返ってみましょう。
この記事では以下のことを紹介してきました。

  • 中原中也は明治40年山口県山口市に生まれ、日本の文学史上に様々な作品を残した文豪として有名である。
  • 幼い弟の死に立ち会った悲しみを詩にしたことがきっかけで、文学の道を歩み始めた。
  • 生前故郷に帰りたいと望んでいたが、ついに30歳の若さで東京で亡くなるまで帰ることができなかったため、彼の思いを尊重し、亡くなってから故郷である山口県山口市にお墓が建てられた。
  • お墓の近くには中原中也記念館があり、様々な展示やイベントが行われているので、彼を身近に感じることができるスポットとして親しまれている。
  • 井上公園には、「山羊の歌」の中にある「帰郷」という作品の一部か書かれた中原中也の歌碑が建てられている。
  • 中原中也誕生の地である湯田温泉は、高杉晋作や坂本龍馬も立ち寄った山陽路随一の温泉街として有名である。

中原中也のお墓について、分かっていただけたでしょうか?
たくさんの作品を残し、以後愛され続けた中原中也。
30歳という若さで亡くなっていなければ、もっとたくさんの名作が生まれていたかもしれません。

今もなお多くの人の心に響き続ける作品を生み出した中原中也。
この機会にぜひお墓やゆかりの地を訪れてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓参りをする手順や気をつけたいマナーなどについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「中原中也・お墓」に関連する記事

「中原中也・お墓」についてさらに知りたい方へ

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • お墓巡りについて都内や海外のおすすめスポットやマナーを紹介!のサムネイル画像

    お墓巡りについて都内や海外のおすすめスポットやマナーを紹介!

    最近、お墓巡りがブームとなっています。 中でも有名人や著名人のお墓は大人気で、絶えず人が訪れている場所もあります。 今回終活ねっとでは、お墓巡りのおすすめスポットやマナーをご紹介します。 ぜひ有名人のお墓を巡る際の参考にしてみてください。

  • どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!のサムネイル画像

    どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!

    「自分の死後、どのようなお墓に入りたいか」について考えていらっしゃる方は少なくないことでしょう。今はどんなお墓が人気があるのか、新しいお墓としてどのようなスタイルがあるのか、この記事で詳しく説明していきます。人気の傾向情報も含めてぜひ参考にしてください。

  • 終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

    終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

    終活と聞くと多くの方は最期を迎えたときに備えていろいろとやっておくことというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際のところ、お墓にまつわることも終活の中では大切な要素の1つです。今回は終活でお墓についてどのように考え行動するかを見ていきます。

  • お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

    お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

    終活をするにあたってお墓作りを考えている方は多いかと思います。しかし実際に準備するとなると何から始めていいのか困惑してしまうことは珍しくありません。今回はお墓作りのポイントとお墓にまつわる知識をご紹介します。ぜひご覧ください。

  • 誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

    誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

    自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

  • お墓について知りたい時に読む本を目的ごとにまとめました!のサムネイル画像

    お墓について知りたい時に読む本を目的ごとにまとめました!

    知りたい情報はインターネットで簡単に手に入る現在ですが、知りたいテーマについて網羅した本の存在はいつの時代も心強いものです。お墓についての本を手元に置くことは、皆様の終活の役に立ちます。今回はお墓についての本を目的別にまとめてご紹介します。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

    現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

    終活を始めた時に、まず考えるのはお墓のことでしょう。しかし、昔と違い現代は様々な選択肢があるので悩みが尽きません。そこで今回は、現代のお墓事情の変化について、その問題点・原因・解決策を説明します。お墓の悩みを解決する道筋が開けますので、是非お読みください。

  • 変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!のサムネイル画像

    変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!

    個人墓の増加とともにお墓が自由に選べる時代になった今、墓石に自分の趣味や仕事にちなんだデザインを取り入れるなど、一風変わったお墓を作る方が増えてきています。これって本当にお墓?そんな個性あふれる斬新なデザインの変わったお墓をご紹介します!

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「中原中也・お墓」についてさらに知りたい方へ

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

お墓巡りについて都内や海外のおすすめスポットやマナーを紹介!のサムネイル画像

お墓巡りについて都内や海外のおすすめスポットやマナーを紹介!

どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!のサムネイル画像

どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓について知りたい時に読む本を目的ごとにまとめました!のサムネイル画像

お墓について知りたい時に読む本を目的ごとにまとめました!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!のサムネイル画像

変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと