葬儀と火葬の順番は?火葬の流れや所要時間から参列者についても解説

一般的な火葬は葬儀当日に行われますが、地域によっては別の日に行うことがあります。葬儀の流れは理解していても、火葬の流れや所要時間、誰が火葬に参列するかなどについて知らないことがあります。今回は火葬にまつわる疑問を解決します。

目次

  1. 葬儀と火葬について
  2. 葬儀と火葬の順番について
  3. 火葬の流れと所要時間
  4. 火葬には誰が参列する?
  5. 火葬炉について
  6. 火葬のみ行う直葬について
  7. 葬儀と火葬についてまとめ

葬儀と火葬について

葬儀

葬儀が終わると、ご遺族の方が火葬場に行って葬儀を終了するのが一般的ですが、地域によって葬儀と火葬が同じ日に行われない場合もあります。

葬儀の手順などは知っていても、火葬の流れや所要時間、火葬に参列する人、火葬炉について知らないことは数多くありますよね?

火葬について知っておくことで、いざという時に役に立つのではないでしょうか。

今回、終活ねっとでは葬儀と火葬について

  • 葬儀と火葬の順番について
  • 火葬の流れと所要時間
  • 火葬には誰が参列する?
  • 火葬炉について
  • 火葬のみ行う直葬について

を中心に解説していきます。

葬儀と火葬について、疑問に思っていることが解消する内容になっています。
ぜひ、最後までご覧ください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀と火葬の順番について

葬儀

通夜から告別式までを葬儀と言い、葬儀を終わらせてから火葬を行うのが一般的な流れです。

しかし、葬儀と火葬の順序が異なる地域があります。

関東、近畿では葬儀が先で火葬が後になる遺体葬が中心となっています。
ですが、他の地域は、葬儀と火葬の順序が混在していることがわかりました。

地方の葬儀に参列した時は、葬儀や火葬の順序が違っても地域の風習やしきたりを守る必要があります。

一般的な後火葬

後火葬とは、一般的な順序で葬儀を終えてから火葬することを言います。
葬儀を終えてから、ご遺族と火葬場に行って火葬を行い、お骨上げをして日を改めてから納骨する流れとなっています。

別日で火葬を先に行う前火葬

葬儀に先立ち、火葬を行うことを前火葬、骨葬と言います。
前火葬では火葬を先に済ませてから葬儀を執り行うので、火葬のタイミングで通夜も前火葬になります。

葬儀と火葬の順序の違いは、葬儀を行う土地の事情があると考えられます。
例えば、雪深い地方では訃報を受けても参列することが困難で、雪が溶けてから葬儀を行うため先に火葬を行うようになったと言われています。
そのため、前火葬は北海道や東北地方、沖縄地方を中心に多く残る風習となっています。

沖縄の告別式についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!

国内でも本州などとは別の歴史を持つ沖縄では、その分独特の文化が受け継がれてきました。その独特さは告別式にも表れており、そのためか本州などに比べて異なる部分も少なくありません。沖縄にお知り合いがいるという方は沖縄の告別式について知っておくとよいでしょう。

火葬の流れと所要時間

葬儀

ここでは、お骨上げまでの火葬の流れと所要時間について詳しく解説します。

告別式が終わるとご遺体は霊柩車で火葬場に向かいます。
死亡届を提出してから、お骨上げまでには数多くのプロセスがあります。

死亡届を提出し、埋火葬許可証を発行する

人が亡くなると、それに伴う数多くの手続きや届け出が必要になります。
そのひとつに死亡届を提出し、埋火葬許可証を発行する手順があります。

亡くなってから7日以内に死亡診断書または死亡検案書を持って、死亡地か本籍地または住所地のいずれかの役所に提出します。
例外として、国外で亡くなった場合は、その事実を知った日から3か月以内なら受理してもらえます。

死亡診断書を提出すると、同日に埋火葬許可書が発行されるので必ず受け取ります。
また、埋火葬許可書には手数料がかかりません。
埋火葬許可書がないと火葬や埋葬ができないので注意が必要ですが、ほとんどの場合は葬儀社が代行してくれます。

出棺

一般的に告別式が終わると出棺になりますが、その時は棺の中を故人の愛用品や思い出の品と生花で飾り、最後のお別れします。

棺は家族や友人の手で霊柩車に運び込まれて喪主の挨拶が済んだら、火葬場に向かいます。
このとき、火葬許可書(埋葬許可書)は必ず持参します。

喪主は霊柩車に同乗するか後続車に乗りますが、どちらに乗るかは決められていません。
火葬場に到着すると、埋葬許可書を係員か受付に提出します。

納めの式

故人と遺族が火葬場に到着しましたら、火葬炉の前で納めの式を行います。

納めの式とは、小さな祭壇を火葬炉の前に設けて、故人の遺影や位牌を安置してご僧侶の読経と焼香で最後のお別れを行うことです。

火葬

「納めの式」が終わると棺は火葬炉の中に搬入されて、扉が閉じられてから火葬が始まります。
火葬時間は炉の種類によって異なりますが、およそ60分から90分ほどで、その間は控室でお茶を飲みながら歓談します。

また、地方によっては精進落としの食事会を行う場合もあります。

お骨上げ

火葬が終わると係員から終了の知らせが入るので、ご遺族は火葬炉の前に集まります。
ご遺骨が火葬炉から出されるとお骨上げを行います。

お骨上げとはご遺骨を骨壺に収納する儀式のことで、ご遺骨の拾い上げは故人と縁の深い順に行います。
必ず二人がペアになって一本ずつ箸を使い、最初に歯を納め、次に足の部分から体の上部のお骨を骨壺に入れていきます。

故人と縁の深い順に骨上げするのは、三途の川を渡る橋渡しをする意味があると言われています。
そして、最後に喉ぼとけを故人と最も縁が深かったご遺族が骨壺に納めます。

また、お墓以外の場所にもご遺骨を安置しておきたい場合は、この儀式のタイミングで分骨します。
お骨上げには30分から1時間程度かかります。

火葬には誰が参列する?

葬儀

では火葬には誰が参列すれば良いのでしょうか?

火葬に同行するのは家族や親族、そして故人と特に親しい関係にあった友人となります。

また、火葬場に同行したい場合は、事前にご遺族に申し出て許可を得る必要がありますが、同行する車両の数によって人数は限られます。

ご遺族から同行を依頼されても、参加は自由なので丁重に断ることもできます。
火葬に同行しなかった人は解散をするか、式場に残って片付けなどをします。

火葬炉について

火葬炉

次に火葬炉について解説をします。

日本での火葬の歴史は古く、大宝律令が施行された紀元700年ごろからと言われています。
現在では、およそ99%のご遺体が火葬されていますが、過去には火葬が禁止された時や奨励されるなどの歴史がありました。

火葬は当初、山間地の窪地や河原などでされていましたが、その後は専門の建屋に火葬炉を設置して火葬するようになりました。

火葬炉の種類

火葬炉の種類は台車式とロストル式があります。
現在の火葬炉は排出ガスや匂いも少ない全自動の台車式が多くなって全体の97%を占めています。

  • 台車式

    耐熱性の高い台車に棺を載せて火葬するので、ご遺骨がきれいな形で残ります。台車式は炉前室あるので、棺を火葬炉に収納するところを見ることがありません。日本では一般的な火葬方法です。

  • ロストル式

    ロストルは火格子のことを言い棺をロストルの上に置いて火葬するので、網の上で焼くというイメージです。
    この方式は、ご遺骨が火格子からもれ落ちて形が崩れてしまいますが、火葬時間が短いので大都市の火葬場で利用されています。

火葬炉内の温度は?

火葬炉の燃料は、重油や灯油、都市ガスがあります。
台車式やロストル式であっても、ダイオキシンなどの排出を防ぐなどの公害防止の観点から炉内温度は800℃から1200℃という高温に設定されています。

火葬炉の仕組みについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

火葬のみ行う直葬について

葬儀

葬儀の形も多様化している現在は直葬という葬儀もあります。

直葬は宗教的儀式や通夜、告別式を行わずに近親者のみで火葬を行う形式です。

法律的には死後24時間経過しなければ火葬はできないので、その間はどこかに安置しておく必要があります。
24時間経過した後は、ご遺族の都合の良い日に最後のお別れをして火葬場に送ります。
直葬は費用が安いことから注目されており、葬儀のおよそ2割を占めています。

しかし、直葬は弔問できなかった方からの苦情に苦慮するなどの欠点もあります。
また、寺院の檀家でお寺にお墓があるのに僧侶を呼ばずに直葬したために、埋葬を断られるというケースもありますので注意が必要です。

直葬についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事ををご覧ください。

こちらも読まれています

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

葬儀と火葬についてまとめ

葬儀

今回、終活ねっとでは葬儀と火葬の順番や火葬の流れについて解説しました。

  • 葬儀と言うと通夜、告別式を行ってから火葬と言うイメージがあったが、地方によっては火葬が先になる
  • 火葬を先に行う場合は「骨葬」と呼ばれ、葬儀を先にする場合は「遺体葬」と呼ばれる
  • 骨葬は主に北海道や東北地方に見られ、遺体葬は関東から近畿にかけて多くて、他は混在している
  • 一般的な後火葬は葬儀の後に火葬を行う
  • 前火葬は火葬を先に行い、別の日に葬儀を行う
  • 人が亡くなると7日以内に死亡届を役所に提出して埋火葬許可書を受け取る
  • 一般的に葬儀の後は、出棺となって喪主を始め親族や特に親しかった人と火葬場に向かう
  • 火葬場で埋火葬許可書を提出して納めの式の後、火葬となる
  • 火葬を待つ時間は控室で歓談や精進落としを行うことがある
  • 火葬が終わると全員でお骨上げを行う
  • 火葬場に同行する人は家族や親族、特に親しかった人だけで、残った人は葬儀の片づけなどを行う
  • ご遺族に火葬場への同行を依頼されても、断ることができる。
  • 火葬の歴史は古く紀元700年ごろから始まったと言われている
  • 火葬炉は台車式とロストル式があるが、現在は97%が台車式となっている
  • 火葬炉内の温度は公害防止の観点から800度から1200度に決まっている
  • 通夜、葬儀を行わずに火葬場に直行する直葬と言うものがある

と言うことがわかりました。

葬儀と火葬の順序は地方やしきたりによって違うので、その地方の風習に従うことが大切です。
また、火葬には死亡届提出からお骨上げと決まった流れがあるので、必要に応じてうまく対応することは、亡くなった方への供養になります。

終活ねっとでは、他にも葬儀の流れや葬儀費用についての記事を多数掲載しています。
ぜひ、他の記事も併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・火葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・火葬」についてさらに知りたい方へ

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介のサムネイル画像

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介

火葬の時間はどのくらい?平均時間や待ち時間の過ごし方について紹介のサムネイル画像

火葬の時間はどのくらい?平均時間や待ち時間の過ごし方について紹介

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?のサムネイル画像

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介のサムネイル画像

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!のサムネイル画像

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・火葬」についてさらに知りたい方へ

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介のサムネイル画像

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介

火葬の時間はどのくらい?平均時間や待ち時間の過ごし方について紹介のサムネイル画像

火葬の時間はどのくらい?平均時間や待ち時間の過ごし方について紹介

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?のサムネイル画像

火葬場の仕事の中身ってどのようなものなのでしょうか?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと