葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

目次

  1. 葬儀のときの香典について
  2. 香典とは?
  3. 香典の書き方について
  4. 香典のお札の入れ方
  5. 葬儀での香典の渡し方・マナーについて
  6. 香典の金額相場はどれくらい?
  7. 香典を辞退するとき
  8. 香典を頂いた場合のお礼について
  9. 葬儀のときの香典についてまとめ

葬儀のときの香典について

葬儀

突然の訃報に際して、香典の準備であわてた経験はありませんか?

お葬式はそう何度もあることではありません。
不祝儀袋の書き方やお札の入れ方のマナーがどうだったのか、記憶が曖昧になってしまうこともありますよね。

最近では香典を辞退されることもありますが、多くの場合はお葬式に出かけるときに香典が必要になります。

今回終活ねっとでは、葬儀のときの香典について

  • 香典とは?
  • 香典の書き方について
  • 香典のお札の入れ方
  • 葬儀での香典の渡し方・マナーについて
  • 香典の金額の相場について
  • 香典を辞退するとき
  • 香典を頂いた場合のお礼について

という順番で解説していきます。
香典について詳しくわかる内容になっていますので、どうぞ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典とは?

困った人々

香典には二つの意味があります。

一つは、香典は線香の代わりとして霊前のお供えにするというものです。

お香は仏教が伝来したときに日本に持ち込まれました。
もとは、お釈迦様が荼毘に付された時に弟子たちが香木を持ち寄ったことに由来するともいわれています。

仏教では四十九日の間、お香が焚かれ続けることになります。
香典はその為のお香を差し上げる代わりになっているので、「香」の文字が使われています。

今はお香だけでなく、故人に捧げるお花やお供え物をこのお金を使ってお求めくださいと、お供え物に代わる弔慰金としての意味があります。

もう一つには、香典には相互扶助としての意味です。

かつては人が亡くなると、その家族は喪に服して家に籠っていました。
地域の方々が食べ物や飲み物を持ち寄り、僧侶や会葬者、また家族への食事としていたのが香典の形になったともいわれています。

実際に、日本の葬儀にかかる費用は高額です。
急なことで葬儀での物入りにお役立てください、という助け合いの気持ちが香典という形で表れています。

香典の書き方について

葬儀

一般的に売られている香典袋(不祝儀袋)には、水引きの下に挟みこむ付箋がついていることが多くなりました。

香典袋には既に表書きが印刷されて、あとは名前だけ書けば済むように簡略化されてきています。
しかし、香典袋の表書きのどれを使えばいいのか悩むことはないですか?

これから香典の書き方も見ていくことにしましょう。

香典袋の表書きの書き方

香典袋の表書きは宗教によって書き方が異なります。
事前に葬儀がどの宗教で行われるかを確認しましょう。

宗教がわからない場合や無宗教の場合は「御供物料」にすることもできます。

また香典袋は、基本的には黒と白または銀の水引きを使います。
地域によっては、白と黄色の水引きがついたものを使います。

仏式の場合

仏式で使う表書きは、御香典(御香奠)・御香料・御霊前です。
仏式では、故人が仏になるとされる四十九日までは「御仏前(御佛前)」は使いません。

浄土真宗の場合

浄土真宗では、御香典(御香奠)・御香料・御仏前(御佛前)です。

浄土真宗は即身仏の考えに基づいています。
亡くなればすぐに仏とみなされるため、「御霊前」は使いません。

神式の場合

神式は、御玉串料・御榊料・御神前・御霊前です。

神式でよく使われる香典袋は、双銀や双白と呼ばれる銀や白の水引きがついたものです。
なければ、一般的によくある黒と白のものでも構いません。

キリスト教の場合

キリスト教では、御花料・献花料が表書きとしては一般的です。

香典袋は水引きがなく、十字架やユリの花の印刷や型押しがある専用の封筒を使います。
白封筒もしくは一般的な香典袋でも差支えはありませんが、無地のものに限られます。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
宗教別の葬儀の種類についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

香典袋の名前の書き方

次に香典袋の名前の書き方を見ていきます。

名前はフルネームで表書きの下に記入します。
夫婦や複数名の場合などは書き方にはきまりがあるので、これから見ていきましょう。

夫婦で香典を出す場合

夫婦で参列する場合には夫の名前だけでも構いません。
故人とのご縁が深い場合は、夫婦連名で書きます。

連名で書くときは、夫の名前が中央になるようにします。
妻は下の名前だけを夫の名前に添えるように書きます。

また親戚に出す場合など、妻側の親戚であっても夫の名前で出すことが慣例となっています。

複数人で香典を出す場合

複数名で香典を出す場合は、名前の記入は3名までとします。
右から目上や年配者になるように連名で書きます。

4名以上になる場合には、代表者の名前を中央に書きます。
そしてその横に「外一同」もしくは「外〇名」と記入します。

兄弟やグループなどでまとめる場合には、代表名を書かずに「〇〇一同」とします。

香典袋に書かれていない方の名前は中袋に書くようにします。
中袋を利用しない場合には、名前を書いた手紙をいれておくとよいでしょう。

会社で香典を出す場合

会社で香典を出す場合は、会社の正式名称・代表者の肩書・代表者の名前の順で記入します。
その際、代表者の名前が中央になるようにします。

また、会社の部署でまとめて出す場合は「〇〇会社▽▽課一同」と書きます。
名称だけでも構いませんが、中袋には全員の名前を書きます。

中袋の書き方

中袋には、金額や住所氏名の記入欄があればそれに従って記入します。
記入欄がなければ中袋の表に金額を、裏には住所氏名を書きます。

誰がいくら包んだのかを明らかにするのは、ご遺族の方が葬儀後に整理しやすくするためです。
慣例では金額を漢数字で記入することになっていますが、算用数字でも問題ありません。

香典のお札の入れ方

お金

香典のお札の入れ方にも、ある程度のきまりがあります。

新札は前もって準備していたような印象を与えるので、香典では使わないのがマナーです。
新札しかなければ折り目を付けてから使います。

不祝儀袋の中に入れるお札は向きを揃えます。
封筒の裏に対してお札の表が、またお札の肖像画が封筒の下にくるようにします。

香典はお供えですから、お札の向きを揃えるのはマナーです。
お金を出した時、すぐにお札の顔がでないように顔を隠すという配慮をしたほうが良いためです。

葬儀での香典の渡し方・マナーについて

葬儀

香典の書き方やお金の入れ方にマナーがあることがお分かりいただけたでしょうか。
次にお渡しする時のマナーについても見ていきましょう。

香典はお渡しするときにもある程度のきまりがあるのです。

受付で記帳するときに渡す

一般的なお葬式の受付には芳名帳か芳名カードが用意されています。
香典は、受付で記帳をするときに渡すことになります。

受付が用意されていない家族葬などでは、喪主かご遺族の方に直接香典をお渡しします。

お悔やみの言葉とともに香典を渡す

香典を渡すときには、お悔やみの言葉を添えるのもマナーになります。

一般的には「ご愁傷さま」や「お悔やみ」という言葉が使われます。
キリスト教ではお悔やみではなく、「安らかに」といった言葉が使われます。

袱紗に包んで渡す

香典は袱紗に包んで持ち歩くのがマナーであり、包み方にも決まりがあります。

香典は弔事用のちりめん袱紗を使い、包み方は以下の通りです。

  • 袱紗の角を下に向けて置く
  • 袱紗の中央からやや右寄りに香典を置く
  • 袱紗の四隅を右→下→上→左の順番で折りたたむ

お渡しする時には、袱紗から香典を出して畳んだ袱紗の上に置き、相手に香典袋の正面を向けて両手で渡します。

略式ですが、金封袱紗という袋状になった袱紗も一般的になってきています。
包み方が難しいと感じられる方は、利用してみてはいかがでしょう。

香典袋の袱紗での包み方について詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

お葬式の際、香典袋の包み方や表書きのマナー、袱紗の使い方など、知っているようで実は自信が無かったりしませんか?いざという時に、迷わない正しい香典袋の包み方について詳しく解説します。袱紗の包み方や使い方などもスマートに出来ると、一層品格が上がります。

葬儀に参列出来ない場合は?

お通夜・告別式ともに参列できない場合は、代理の者をたてるのが一般的です。

ですが、後日に郵送で香典を送ることができます。
この場合は、現金書留で香典を郵送する方法が一般的です。

香典の金額相場はどれくらい?

お金

ここでは香典に包む金額についてみていきます。

香典の金額は故人の関係性によって変わってきます。
香典の金額は多くても少なくても失礼にあたることがありますので、相場を参考にしてください。

また、地域によっても金額が変わってきます。
つながりが強い地域の場合は、親しい方にお伺いするのが賢明です。

親族への相場

親族への香典の金額相場は以下のようにうなっています。

故人との関係 両親 兄弟姉妹 祖父母 その他親族
金額 5~10万円 3~5万円 1~3万円 1~5万円 5千~1万円

友人・会社関係者への相場

友人・会社関係者への香典の金額相場は以下の通りです。

故人との関係 友人・知人 勤務先 勤務先(家族) 取引先 ご近所
金額 5千~1万円 5千~1万円 3千~5千円 5千~1万円 3~5千円

上記の金額はあくまでも一般的なものです。

亡くなった方が家族の生活を支えていた場合やとても親しい間柄であった場合は、上記の金額よりも多くなります
一般的には、年配の方は相場の多い方を、若い方なら少ない方の金額を用意するようです。

また、香典では4と9が付く額は慣例として使わないことになっています。

香典の金額はちゃんと確認するようにしましょう。

香典を辞退するとき

葬儀

香典にはお供えや相互扶助の役割があると前述しました。

しかし最近では、以下の理由で香典を辞退するご遺族が増えてきています。

  • 参列者の負担を減らしたい
  • 香典のお返しの手配が負担である
  • 家族葬や直葬など身内だけで葬儀を行う

香典は一時所得とはみなされませんので税金はかかりません
また、一般的に行われる規模の葬儀で辞退すると、その分の葬儀費用の負担が大きくなります。

香典辞退にはお金の問題もありますが、それだけでなく故人の地域や人とのつながりもあります。
地域の人々との関係性も考慮して判断するようにしましょう。

それでは、ここから遺族側の香典辞退の対応について見ていくことにします。

香典辞退を伝えるには

香典の辞退は、出来るだけ葬儀前に参列者に知らせるようにします。

そのためには以下の方法を取ります。

  • 訃報の連絡や葬儀の案内状などで辞退することを伝える
  • 葬儀の受付の看板で辞退を伝える

香典だけでなく供花や供物なども辞退する場合には、その旨もあわせて記載します。

それでも故人との関係で香典を渡したいと言われたら、御厚意はありがたく受け取るのが礼儀です。
逆に、参列者側はご遺族側の香典辞退の意向をできるだけ汲んであげましょう。

親族からの香典は受け取りましょう

お葬式では香典辞退であっても、親族からの香典は受け取るのが一般的です。

お葬式での香典辞退を親族にも告げておき、一般参列者からは見えないところで頂くようにします。

香典を頂いた場合のお礼について

葬儀

相互扶助の意味をもつ香典ですが、頂いた方にはお礼のお返しをすることが慣例となっています。

香典返しには、二つの種類があります。
葬儀の当日にお渡しする場合と、後日に弔事を終えた報告を兼ねて贈る場合があります。

会葬返礼品は四十九日を過ぎてから贈ります。
会葬返礼品は挨拶状とともに配送することが多いですが、もとは喪主が直接持参する習わしがありました。

最近では、一般的な香典の額をもとにした予算で香典返しを用意し、参列者全員に当日返しとしてお渡しするケースが多いです。
高額の香典を頂いた方のみ、後日に個別対応するという方法もとられています。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀をいつ行うのか、お布施や香典返しの時期やタイミングについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!

誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

葬儀のときの香典についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは葬儀のときの香典について解説しましたが、いかがでしたか?

当たり前のように渡される香典には、実は深い意味があることもお分かりいただけたかと思います。
香典にはお供えや相互扶助の役割だけでなく、人と人との繋がりや喪家に対しての心配りなど、どこか日本人の持つおもてなしの精神にも繋がっているようにも感じます。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 香典は故人へのお供えと相互扶助の役割がある
  • 香典の書き方は宗教宗派によって違いがある
  • 香典袋の名前の書き方に決まりがある
  • 香典のお札の入れ方にも決まりがある
  • 香典には渡し方やマナーがある
  • 香典を辞退することもできる
  • 香典を頂いたらお礼をする

訃報はいつも突然です。
突然のことでも遺族、参列者ともに香典一つに込められる思いなど、お互いに汲み取れる余裕があるのは悪いことではありません。

いざという時のために、終活などで事前に準備をしておくことをお勧めします。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・香典」に関連する記事

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

    葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

    葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

  • 香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

    香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

    お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

    香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

    香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・香典」についてさらに知りたい方へ

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・香典」についてさらに知りたい方へ

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと