ブータンにはお墓がない?お墓がない理由やお葬式事情について解説!

ブータンにお墓がないということは日本人にとっては不思議なことです。 実はブータンにお墓がないということを知ることは、ブータンの人々の考え方の根本を知ることでもあります。 今回はブータンにお墓がない理由を切り口として、ブータンの文化についてご紹介します。

目次

  1. ブータンのお墓について
  2. ブータンについて
  3. ブータンにはお墓がない
  4. ブータンのお葬式について
  5. ブータンのお墓についてまとめ

ブータンのお墓について

ブータン

ブータンは国民の幸福度が世界で最も高いと言われています。
ブータンは長きに渡って他国との接触をしない政策をとっていました。
1971年になり国際連合に加盟したので、2018年現在からみると比較的最近になって他国との交流を図るようになった国と言えます。

最近になり開かれた国であるため、人々の関心も比較的高い傾向にあります。
ブータンの文化や特産品、制度など紹介したいことはたくさんありますが、今回終活ねっとではブータンのお墓について解説します。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • ブータンの宗教や死生観について
  • ブータンにお墓がない理由
  • お墓に似た役割を持つダルシンとツァツァのご紹介
  • ブータンのお葬式について

日本人にとっては馴染み深いお墓ですが、馴染み深いからこそブータンにはお墓がないというところに不思議さを感じてしまいますよね?

実はブータンにお墓がない理由などを探ることで、ブータン独自の考え方などを知る機会になりますので、是非最後までお読み頂ければ幸いです。

ブータンについて

ブータン

まずは、ブータンについて見ていきましょう。

ブータンの国教はチベット仏教です。
チベット仏教は、日本と同じ大乗仏教に属します。

また、ブータン国民の生活は宗教と密接に関係しています。
ブータンの地を歩けば仏教由来のものに多数出会います。

例えば、マニ車がそのひとつです。
マニ車は筒状になっており、中にはお経を書いた紙がセットされています。
このマニ車を一回転させればお経を一度唱えたことになり、徳が積めると信じられています。

また、ルンタというものもチベット仏教と深く関わりを持っています。
ルンタとは青、白、緑、赤、黄の5色の布からなっており、それぞれが空、雲、水、火、地を意味しています。
ルンタはチベット仏教の宇宙観に影響を受けています。

それぞれの布にはお経が書かれており、風に揺られる度にお経を一回唱えたことになると信じられています。

このようにチベット仏教を信仰しているブータンは、その死生観も宗教の影響を受けています。
ブータンでは輪廻転生が信じられており、死んでもまた別の何かに生まれ変わると考えられています。
そのため、現世の命に執着しないという姿勢が死生観の中に見られます。

ブータンにはお墓がない

ブータン

生に執着せず、輪廻転生を願うブータンだからこそお墓というものがありません。
ここでは、ブータンにはお墓がない理由と、お墓と近しい役割をするものについてご紹介します。

お墓がない理由

まずは、お墓がない理由について見ていきましょう。
ブータンでは生や死は輪廻転生の中に起きる、ほんの小さな一部分として捉えられています。
ですから生や死に特別な意味合いはあまりなく、自然なものとされています。
そのため、死者を弔うお墓というものが存在しないのです。

それに加えて死者は49日経つと、輪廻転生によって別のものに生まれ変わるとされているため、ひとつの場所に死者を留めて弔うお墓は必要とされていません。

では、ブータンで死者はどのように弔われるのでしょうか?

乳幼児や子どもが亡くなってしまった場合、水葬や鳥葬が行われます。
水葬とは遺体を川に流すことをいいます。
鳥葬とは遺体を放置し、鳥にその遺体を食べさせることをいいます。

日本人にとっては少し残酷な方法に思えるかもしれませんが、ちゃんとした理由があり、このような方法が取られます。

若くして亡くなる子には、前世の良くない行いによって業(カルマ)をもって生まれてきてしまったと考えられています。
その穢れを水葬や鳥葬によって浄化するために少し残酷に思える弔いが行われるのです。

一方、ある程度の年齢以上の人が亡くなった際には火葬が行われます。
火葬では参列者の目の前で遺体を焼きます。
ご遺体が焼かれ、その姿が変化していくさまを目にすることによって、亡くなった人への執着が消えていくと信じられています。

お墓に似た役割をするダルシンやツァツァ

ここではお墓と似た役割を果たすダルシンとツァツァについてご紹介します。

まず、ダルシンとは高さ5メートルほどの棒に縦長の布を取り付けた旗のようなものです。
その布にはお経が書かれており、布が風でなびくたびにお経が唱えられたことになると信じられています。
ダルシンは1本だけではなく最大27本まで立てられます。

次に、ツァツァは小さな三角錐型の仏塔を模した置物です。
このツァツァには亡くなり火葬された人のご遺灰を練り込んで作られます。
ひとりが亡くなるとツァツァは108個作られ、聖地に置かれます。

そして時が経つと共にツァツァは土に還ります。
日本のお墓とは違い、残るものではありません。
このあたりも輪廻転生や執着しないという死生観が反映されているのが分かります。

ブータンのお葬式について

葬儀

ブータンで行われるお葬式もまた独特なものです。
ブータンでは人が亡くなってから49日後までに5回の法要が行われます。

それぞれの法要には15~20人近くの僧侶が参加します。
僧侶それぞれには笛を吹く役や読経する役、鐘を鳴らす役などが割り当てられています。
また、法要は10時間以上続くことがあります。

さらに驚きなのは、お葬式の費用です。
僧侶へのお布施で数百万円を渡し、お参りにも数百万円を使い、参列者には少しのお金を渡すのです。
その費用はブータンで個人が一生で稼ぐお金のほとんどに相当すると言われています。

ブータンのお墓についてまとめ

ブータン

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、ブータンのお墓についてご紹介しました。

  • ブータンではチベット仏教の信仰が厚く、チベット仏教の影響を受けたマニ車やルンタがある。
  • チベット仏教は人々の考え方の基にもなっており、輪廻転生や物事に「執着しない」という死生観を持っている。
  • 輪廻転生や生や死を運命の一部と考え、それらに執着しないという死生観からお墓を必要としない。
  • 水葬や鳥葬、火葬の方法にまでチベット仏教の考え方が反映されている。
  • お墓と似た役割を果たすものとしてダルシンとツァツァがあり、ダルシンは旗のようなもので布にお経が書かれている。ツァツァは故人のご遺灰を練り込み、仏塔を模した小さな置物。
  • ブータンのお葬式は僧侶が15~20人参加し、費用はブータンの人の一生の稼ぎに相当する額が費やされる。

今回ブータンではチベット仏教の教えが深く文化に根付いていることがよくわかりましたね。
そのひとつの証拠としてお墓が存在しないということもわかりました。

終活ねっとではお墓、お葬式に関する様々な記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「ブータン・お墓」に関連する記事

「ブータン・お墓」についてさらに知りたい方へ

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

お墓も代替わりがあります。お墓を承継するときに、本当は誰が承継すると良いのでしょうか。そのときの

お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!のサムネイル画像

お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!

近年お墓を撤去する人が増えていますが、お墓の撤去をするにはどういったことに気を付けるのか、またど

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓の継承の問題は、一家のお墓を今後うまく持続させていけるかどうかにも大きく関わってくる重要なも

お墓にカロートを設置するのにかかる費用は?リフォーム費用についてのサムネイル画像

お墓にカロートを設置するのにかかる費用は?リフォーム費用について

お墓の主なスペースして挙げられるのが、亡くなった方のご遺骨を納骨しておくためのカロートというスペ

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!のサムネイル画像

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!

お墓は専門的用語が多い!ただでさえ分かりにくいのに、石材店によって見積もり価格が大きく異なったり

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと