墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

お墓を建てるにあたって、どのくらいの予算が必要か考えたことはありますか?いざというときに困らないために、前もってお墓の情報を集めておくことは重要です。墓石の値段はどのくらいなのでしょうか?墓石の値段を抑える方法や注意点も解説していきます。最後までご覧ください。

目次

  1. お墓の値段について
  2. お墓を建てるための値段の内訳
  3. お墓を建てるための値段の相場
  4. お墓の値段を決める要因
  5. お墓の値段が高いと感じた時の選択肢
  6. お墓の値段まとめ

お墓の値段について

お金

お墓を購入するのにどれくらいの費用が必要かご存知ですか?

お墓に限らず、大きな買い物をする上では相場を知っておく、ということが重要な役割を担うことがあります。
相場を知らないが故に、思っていたよりも高く費用が足りないなんてことや、悪徳な業者に法外な値段の者を買わされてしまう、なんてことが起こらないとは言えません。

また、お墓にはどのような費用がかかるのかご存知の方も少ないのではないでしょうか。
お墓の費用と聞くと、墓石について特に重きを置いて考える方も多いかと思います。
墓石は、お墓を購入する上で値段を大きく左右する要素となります。

ですが、お墓の値段を決める上では、ほかにも様々な要素が存在します。

お墓の値段について詳しく知っておくことは、お墓選びの上でとても役立つポイントとなります。

今回終活ねっとでは、お墓の値段について以下の点に注目して詳しくご説明していきます。

  • お墓を建てるための値段の内訳とは
  • お墓を建てるための値段の相場について
  • お墓の値段を決める要因は?
  • お墓の値段が高いと感じた時の選択肢を考える

この記事を読んでお墓購入の際の参考にしていただけると幸いです。
お墓の値段を抑える方法についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

またお墓を建てるために必要な費用をもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てるための値段の内訳

お金

お墓を建てるための値段の内訳について考えたことはありますか?

墓石だけを見ても、費用を左右する要素は多岐にわたります。
墓石以外にも付属品、墓地、維持のためのコストなど気にすべき点はたくさんあります。

費用のおおよその目安と一緒に見ていきましょう。

墓石に関する費用

お墓の費用について考えるとき、まず墓石に関する費用のことを思い浮かべる方は多いかと思います。

墓石はお墓に関して最も多くの費用をかけられる部分であり、お墓の顔となる大切なものです。

モデルケースとして、総額61万円の一般的な墓石を購入した場合の費用の内訳について見ていきましょう。

石材費

石材費の相場は30万〜数百万円と非常に幅がある要素となります。

というのも、お墓に使う石材の値段は、どのような墓石を選ぶかによって大きく変わってくるのです。

墓石に適した石質選びにはいくつかポイントがあり、中でも

  • 硬度
  • 吸水性

この2点が重要となっており、これらが優れているほど高価となっていきます。

硬度が高く、水を吸いにくい石は野ざらしの環境に強く、ひびや割れができにくいため墓石に適していると言われています。

こういった石質を持つ石は高価となっています。

石材加工費

石材の加工費にも目を向けましょう。

加工費用の差は加工地と深く関係しています。

日本で流通している墓石の多くは海外で加工されたもので、これらは生産性を重視した加工法で作られているものが多く、コストが抑えられています。

対して、日本国内で加工されたものは高価となる傾向が強くなっています。

日本で加工されたものには、「天目取り」という加工法が採用されているものがあります。
天目取りとは、お墓を作る際に石目の向きを統一して制作することで、非常に美しい仕上がりとなる加工法のことです。
出来栄えはきれいになりますが、高い技術とコストが必要なため、値段は高くなります。

また、近年では特殊な形状をしたデザイン型のお墓も増えています。
複雑な形に加工する場合、通常よりも多くの加工費が必要となります。
こういったものを希望される方は心に留めておくとよいでしょう。

今回のモデルケースでは、石材を加工して、墓地で組み立てる前の状態まで加工したものが総額61万円のうちの38万円を占めています。

彫刻費

墓石に文字を刻む際には彫刻費がかかります。

墓石には戒名、俗名・御命日・享年などを棹石に彫るのが一般的ですが、最近は故人の好きだった言葉や、生前に残された感謝の言葉などを彫刻する方も増えています。
バリエーション豊かでお墓の多様化が見てとれます。

この彫刻費は、基本的に彫刻の量や内容の複雑さで彫刻費が決まります。
また、石材の硬度が高い場合、削る時間や職人の技量が要求されるため、割高となります。

今回のモデルケースでは、費用は8万円となっています。

墓石設置費

墓石設置費も一定ではなく、環境によって上下します。

例を挙げると、霊園の通路が整理されていなかったり、道幅が狭い場合、作業車が入れないため工事の難易度が上がり人出が必要になるため費用が多くかかります。

また、加工された墓石を墓地で組み立てる工事や、耐震加工も必要です。

墓石の大きさや種類によって基礎工事の規模が変わり、費用以外にも日程や納期に影響する場合もあります。

事前に墓地の環境を確認し、専門家の方と打ち合わせておきましょう。

今回のモデルケースでは、総工事費は14万円ほどとなります。

今回例として挙げた、61万円の一般的な墓石の費用の内訳をまとめると

  • 石材費+石材加工費 ー 38万円
  • 彫刻費 ー 8万円
  • 墓石設置費+その他工事費 ー 14万円
  • その他 - 1万円

となりました。
墓石の購入の一例として参考にしてください。

墓石以外の部分の費用

続いてお墓を構成する墓石以外の部分の費用について見ていきましょう。

忘れがちなものも多いですが、どれもお墓の総額を考える上で無視できない要素となっていますので、よくチェックしておきましょう。

外柵の値段

まずは外柵の値段についてです。

外柵とは、お墓の敷地全体を囲む枠や土台のことを指します。
他の家のお墓との境界の役割をしています。

前述の通り、外柵はお墓の外枠となる部分ですので、お墓の規模によってかかる費用が変わってきます
当然ながら、大きなお墓ほど、使用する石材は増え、工事費もかさむため高額となります。
今回は一般的な区画面積である2㎡と仮定してみていきます。

  • 石材費 ー 15万円前後
  • 外枠工事費 - 10万円前後
  • 基礎工事費 - 9万円前後
  • 撒き砂利 - 2万円前後

今回の見積もりではこれらとその他費用を合計して38万ほどの値段となりました。

ただ、お墓の値段は使用する石材やサイズ、デザイン等によって大きく変わってきます。
10万円台で外柵を作ることができるケースもありますので、予算と相談してご自分に合ったものを考えましょう。

墓誌の値段

墓誌は、墓石の傍に建てる石碑です。
御命日や戒名、俗名、享年、略歴などを記します。

墓誌の費用は、いちから建立する場合には使用する石材にもよりますが、3~25万円ほど費用がかかるようです。

すでにある墓碑に名入れをする場合は4万円ほどが相場となっています。

卒塔婆立ての値段

卒塔婆立てとは、供養のために用いる細長い板である卒塔婆を建てかけるための墓具です。
石製や金属製のものがあります。

こちらの卒塔婆立ての値段は、1~4万円ほどで購入できます。

永代使用料

永代使用料とは、霊園や寺院に支払う土地代のことを指します。

あくまで使用させてもらうための料金であって、購入するわけではありませんので土地が自分のものになるわけではありません。
そのため、のちに売りに出したりといったことはできませんので、ご注意ください。

この永代使用料は墓地のある地域や、管理が公営か民営かなど、墓地の条件によって非常に価格差が大きいことが特徴です。

都内やアクセスのいい都市部は地価に応じて使用料が高くなります。
また、公営墓地は民営と比べて永代使用料が安く人気が集まるため、応募条件が厳しく、また倍率の高い抽選にかけられることとなります。

地域差を無視した全国平均では、60万円ほどが永代使用料の相場となっています。

管理費

管理費とは霊園や寺院に納める管理料です。
お墓の環境維持や管理、設備の拡充等のために使用されます。

管理費は払い切りではなく、年単位で払い続けていくものです。
この支払が滞ると永代使用権が失効となり、お墓が無縁仏となってしまう場合があるのでご注意ください。

滞納猶予期限が定められているところもあるので、お世話になる霊園に確認しておくとよいでしょう。

管理費は年間で4000~1万5000円ほどが相場になります。

入檀料(寺院墓地の場合)

寺院墓地を求める際には、檀家となることが条件となっている場合がほとんどです。
寺院の檀家になるにあたっての「入会金」が入檀料となります。

入檀料は永台使用料に含まれている場合や、入檀料とは別に年会費や志檀料が必要となる場合があります。
その菩提寺で定められた決まりを確認しましょう。

入檀料はおよそ10万円から30万円ほどが相場となっています。

お墓を建てるための値段の相場

お金

ここまでお墓にかかる費用の内訳について見てきました。
では、お墓を建てるための値段の相場は一体どれくらいになるのでしょう。

実際に購入された方たちの支払額を参考に相場を見ていきたいと思います。
墓石代(外柵等含む)+永代使用料の総額は

  • 100万円以下:14%
  • 100万円〜150万円:28%
  • 150万円〜200万円:19%
  • 200万円〜250万円:17%
  • 250万円~300万円:7%
  • 300万円以上:15%

このような割合になっており、全国のお墓の平均価格は201万円ほどでした。

墓石にかける費用の平均が134万円、永代使用料の平均価格は67万円となっており、墓石と永代使用料の費用との割合は66.6%:33%となっています。

お墓の値段を決める要因

お金

ここまでの内容で、お墓の値段は幅が広く、リーズナブル志向なものもあれば、どこまでもお金をかけることもできるということがわかっていただけたかと思います。

では、お墓の値段を決める要因はなんなのか、項目ごとに見ていきましょう。

使用する石材の種類

墓石の値段は、使用する石材の種類によって大きな差があり、石材選びがそのまま墓石の値段に直結するといっても過言ではないくらいなのです。

例として、同じ「普通型8寸角」という規格の墓石を違う石で造った時の価格を見てみると

  • 白御影石の墓石 ー 24万8000円~
  • 大島石の墓石 ー 63万円~
  • 庵治石の墓石 - 126万円~

ここまで価格差に開きがあります。

注意が必要なのは、値段が高いから墓石に適した石であるとは限らないということです。

石材の機能性以外の部分での評価によって高価となっているケースがあります。
硬度や吸水性がほぼ同じであったとしても、人気のある色をしているという理由で値段が大きく上がっている場合などです。

他にも、有名なお墓で使われている石材である、といった文化的・歴史的な価値によって高価で取引される石もあります。

石材選びはお墓の値段に大きく影響します。
予算や機能性、雰囲気など様々な視点からご自分に合った石を探してください。

墓石の大きさ

墓石の大きさも価格に影響します。
サイズが大きいほど使用する石材の量が増え価格が上がっていきます。

墓石のサイズは墓地の敷地面積によって決めるのが一般的です。
墓地の敷地面積をあらかじめ把握しておくことができれば、墓石のサイズがわかり、予算の計画が立てやすくなります。

墓石のデザイン性

墓石のデザイン性というのも、お墓の値段を左右する一つの要因となっています。

近年では、従来の墓石の方である「和型」以外にも「西洋型」や「デザイン型」といった様々なお墓が見られるようになりました。

これらのタイプのお墓には、墓石がオブジェになっていたり、イラストを彫刻したりと、凝ったデザインのものも見受けられます。

しかし、こういった凝っていて複雑なデザインを発注するとその分技術料等が加算され、費用は多くかかるようなりますのでご留意ください。

墓石が既製品かどうか

墓石はオーダーメイドのもの以外にも、既製品を購入することができます。
墓石が既製品かどうかによっても値段は左右します。

既製品は細かな注文ができず、画一的な規格で制作される分、値段は抑えられたものが多くなっています。

また、インターネットやカタログショップで販売されているものは、人件費や実店舗を維持するための費用が必要ない分の経費削減によって、さらに安く販売されていることも多いようです。

しかしここで注意しなければならないのは、よく調べてから買わなければ。安物買いの銭失いになってしまうことがあるということです。

せっかく購入したお墓が墓所のサイズにあっていなかったり、そもそもカタログで購入したお墓を設置することを認めていない霊園もあります。

また、こういったショップでの買い物では、写真と実物の雰囲気が違う、購入後のアフターサービスが充実していないといったケースもあり、トラブルを抱えることもあります。

お墓は用意して終わりではなく、子孫まで何十年も付き合っていくものです。

こういったトラブルを避けるために、既製品をお求めの際は入念な事前調査を心がけましょう。

お墓の敷地面積

お墓の敷地面積の影響は永代使用料に限った話ではありません。

墓石の項でもふれたように、敷地面積によって墓石や外柵のサイズが決まり、墓石のサイズが大きくなるとまた予算がかかるようになります。

このように、お墓の敷地面積は全体のお墓の費用の指針となる部分ですので、慎重にお考えください。

お墓の値段が高いと感じた時の選択肢

困った人々

お墓は、安いものでも何十万円からの大きなお買いものとなります。

人によっては、お墓の値段が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そういった時に、お墓の値段が高いと感じた時の選択肢として、墓石を買わない場合のお墓のあり方をいくつか紹介していきます。

納骨堂

近年注目されているのが、納骨堂にご遺骨を納め、ご遺族に代わって寺院が管理・供養してもらうという方法です。

墓石を購入する必要がなく、既存の納骨堂を使用するため、一般的なお墓よりも安価となることが多くなっています。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

合葬する

合葬とは、他の方と合同で行う集団埋葬です。

具体的には、血の繋がりのない複数のご遺骨を一緒に埋葬する方法となっています。

個人でお墓を用意しなくて良いため、格段に費用を抑えることができます。

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓です。

こちらは個人供養ですが、ご遺骨を埋葬するための最低限のスペースしか必要なく、墓石を用意する必要もないため、費用が安く抑えられます。

散骨する

散骨とは、粉末状にしたご遺骨を自然の中に撒くことで故人を弔う方法です。

散骨は自然葬であるため、かかる費用はご遺骨を粉状にするための費用のみとなります。

手元供養する

手元供養とは、ご遺骨を自宅に置いたり、身に着けられるものに加工することで個人で行う供養の方法です。

種類が豊富なため、お墓にとらわれず、個人の思い思いのスタイルで供養することができるだけでなく、値段の選択肢も幅広くなっています。

手元供養の方法については以下の記事で詳しくご紹介しております。
興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

お墓の値段まとめ

人々

今回終活ねっとでは、お墓の値段について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事の内容を以下にまとめました。

  • お墓を建てるための値段の内訳としては、墓石に関する費用と外柵などの墓石以外の部分の費用、永代使用料や管理費、入檀料などがある。
  • お墓を建てるための値段の総額相場として、全国のお墓の平均価格は201万円、墓石にかける費用の平均が134万円、永代使用料の平均価格は67万円となっている。
  • お墓の値段を決める要因として、使用する石材の種類・墓石の大きさ・墓石のデザイン性 ・墓石が既製品かどうか・お墓の敷地面積などがある。
  • お墓の値段が高いと感じた時には、納骨堂・合祀・樹木葬・散骨・手元供養など、墓石が必要なお墓を持たないという選択肢もある。

お墓の値段はピンキリです。
ですが、高ければいいというものでもなく、どれくらいの費用をかけるかは人それぞれです。

自分がどのようにしたいのか、お墓について考えるというのは終活を行う中でもとても重要なポイントです。

今回の記事がみなさんのお墓選びの参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、お葬式やお墓に関する詳細な情報が掲載されております。
お墓選びについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

お墓を選ぶというのは大きいイベントです。そう何度もないお墓選びで失敗したくないと思われる方も多いのではないでしょうか。お墓を選ぶ時に注目すべきポイントや注意点など、失敗しないお墓選びの方法を詳しく解説していきます。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・石・値段」に関連する記事

「お墓・石・値段」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・石・値段」についてさらに知りたい方へ

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!のサムネイル画像

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?のサムネイル画像

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと