香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しを贈るなら相手に喜ばれるものが良いですよね。しかし、品物を選んでいるうちにタブーとされるものは何か、そんな疑問が出てくると思います。今回は、おすすめの香典返しとタブーとされている香典返しの品物について詳しく解説します!是非最後までお読みください。

目次

  1. 香典返しの品物について
  2. 香典返しにおすすめな品物
  3. 香典返しでタブーとされている品物
  4. 宗教別の香典返しの品物
  5. 楽天・高島屋・伊勢丹の香典返しに人気の品物
  6. 香典返しの金額相場
  7. 香典返しの熨斗(のし)の書き方
  8. 香典返しの品物のまとめ

香典返しの品物について

葬儀

香典返しの品物はどんなものが良いのかわからない、そんな疑問を感じていませんか?
タブーとなっている品物があるとすれば、それは避けなければなりません。
また、どんな理由で香典返しは選ぶべきなのか、悩みは尽きないと思います。

そんな悩みを解決するために今回終活ねっとでは、香典返しの品物について

  • 香典返しを選ぶ基準やおすすめの品物について
  • タブーとされている品物について
  • 香典返しの金額の相場や熨斗の書き方について

などを中心に解説していきます。
ご遺族の方にとっても参列者にとっても覚えておきたい事項なので、是非最後までお読みください。

香典返しにおすすめな品物

人々

香典返しは「不祝儀は残さないほうがいい」と言われているので、「消えてなくなるもの」を選ぶのがポイントです。
また、白装束で旅立つ意味から白いものが好まれることもあります。

これらのことから、お菓子などの食べ物やタオル、陶磁器やカタログギフトなどがおすすめです。

また、故人のことを想い、参列者の方にお礼の意味を込めて品物を選んでみましょう。
せっかく贈る品物ですから、喜ばれるものを贈りたいですよね。

ここでは、香典返しにおすすめの品物をご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お菓子やお茶などの食べ物、飲み物

まずおすすめの品として挙げたいのが、お菓子やお茶などの食べ物・飲み物です。

香典返しの定番といえばお茶ですが、お茶は故人をこの世から送りだすという意味があり、境界を区切るとされています。
また、お茶は誰もが消費できる品物で好まれてきました。

最近ではクッキーなどのお菓子がお茶よりも好まれており、プリンやゼリーなどのデザートも人気があります。

しかし、デザートを贈るときはいくつか注意したい点があります。

まず、不在ですぐに消費できないことなどを考え、日持ちするものを選びましょう。

また、食べきれない場合のことも考えて個包装のものを贈ると良いでしょう。
職場に贈るときも個包装の方が皆で分けやすく、食べやすいのでおすすめです。

さらに重いものにすると持ち帰る際に大変ですので、軽いものにするように考慮したいものです。

タオルや洗剤などの日用品

タオルや洗剤などの日用品もおすすめしたい香典返しの品物です。

タオルには悲しみを覆い拭うという意味があり、そのために人気があります。
色は旅立つ姿の白装束として白が定番でしたが、近年では葬儀の多様化もあり、白ではない色のタオルを贈る姿も見られます。

タオルを贈るときは適当な範囲で、故人の人柄や年齢などを考慮して色を選んでもいいでしょう。
また、日用品は元々手元にあることが多いので、質にこだわったものを選ぶと喜ばれます。

そのほかにも日用品は、消費できるものとして定番で人気があるのでおすすめです。

陶磁器や漆器

昔は亡くなったら埋葬していたので、土に還るという意味で陶磁器が香典返しに選ばれていました。
漆器は、二度と不幸がおきないようにと願いが込められ、贈られます。
陶磁器や漆器にはこのような意味があり、香典返しに適した品物と言えるでしょう。

また、陶磁器や漆器はセットで贈ると使い勝手が良く重宝することでしょう。
陶磁器を選ぶときは、なかなか自分では購入することのない調味料入れなどを贈っても良いですね。
そのほかにも、お皿やお箸など選べる品物も豊富にあるのがメリットです。

カタログギフト

近年では香典返しにカタログギフトがよく選ばれています。

金券では、贈る相手に値段がわかってしまうので避けられていますが、カタログギフトはそのようなことがなく、好きなものを選べるという理由で人気があります。

そのほかにもカタログギフトは、軽く荷物にならないというメリットもあります。

一方で、カタログギフトは頼んでから手元に届くまで時間がかかるというデメリットがあります。
予想以上に届くのに時間がかかってしまうという事態に備えて、タオルなどを添えるのも良いでしょう。

おしゃれな香典返しの品物って?

世界的に有名な今治タオルはおしゃれな香典返しの品物として喜ばれます。
また、吸収性にも優れており、年代問わず使っていただける品物なのでおすすめです。

そのほかにも上品で高級感があるホテルのお菓子セットは、おしゃれで特別感を味わえます。
量よりも質にこだわったお菓子は喜ばれる品物として人気があります。

セット用品も人気があり、日本茶と和菓子のセットなど喜ばれる品物です。
バラエティ豊かなセット用品は、楽しみ方も増えますよね。

香典返しでタブーとされている品物

困った人々

香典返しは「消えてなくなるもの」が良いと解説しましたが、食べ物でもお肉やお魚は一部の宗教の関係から避けられています。
そのほかにもお祝い事に使われる、お酒や鰹節、昆布も香典返しには適しません。

香典返しにタブーな品物を贈ってしまうという失礼がないように、ここで事前に確認しておきましょう。

肉や魚などの四つ足生臭もの

宗教や地域の関係で、香典返しではお肉やお魚などの四つ足生臭ものは控えるべきだと昔から言われてきました。
お肉やお魚以外の生ものも基本的に贈るのはタブーです。

四十九日まで控えている家庭もあるので、香典返しで贈るのは避けるのが望ましいです。
どうしてもお肉やお魚を贈りたい場合、カタログギフトで選んでいただくことができます。

カタログギフトでお肉やお魚を選ぶことはタブーとされていません。

お酒

祝い事を連想させるため、お酒は避けるべき品物です。
また、神事のさいのお供え物として使われるものなので、香典返しには適しません。

しかし、最近ではお酒が好きな故人のために香典返しで贈ることも見られます。
お酒を贈り、故人を想う気持ちをあらわした贈り物は、遺族のお礼の気持ちも含まれていることでしょう。

鰹節、昆布

鰹節や昆布もよくお祝い事に使われるものなので、香典返しには適しません。

また、昆布は語呂合わせから「よろこんぶ」とされ、結婚式などに良く使われています。
食べてしまえば消えてなくなりますが、こういったお祝い事に使うものは避けたほうが無難です。

宗教別の香典返しの品物

葬儀

宗教ごとに香典返しの品物は変わって売るのでしょうか。
宗教別の香典返しの品物について見ていきます。

神道やキリスト教では、香典返しという概念がありませんが、仏教の影響を受けて日本では香典返しは習慣として根付いています。

考え方はどの宗教も同じで、タオルやお菓子などの「消えてなくなるもの」を選びましょう。
また、タブーとされているものも上述した通り、同様に避けておきたいですね。

そのほかに、香典返しを贈る日が宗教によって違うので確認しておきましょう。

  • 仏教

    忌明けは四十九日の法要をもって迎えるので、四十九日後に香典返しを贈ります。
    無事、四十九日を終えたことなどのお礼を込めて贈りましょう。

  • 神道

    お礼の品物を贈るのは、五十日目の霊前祭後に贈りましょう。

  • キリスト教

    お礼の品物を贈る日は、カトリックとプロテスタントでは違います。
    カトリックでは追悼ミサが三十日目に、プロテスタントでは召天記念会が一カ月後なので、そのあとに贈るようにします。

宗教によって香典返しを贈る日は違いますが、故人を想う気持ち、お供えしていただいた香典、そして参列してくださったお礼の気持ちなどがあらわれている香典返しは、どの宗教でも共通する点だと言えます。

楽天・高島屋・伊勢丹の香典返しに人気の品物

人々

葬儀などで忙しく、香典返しをネット通販で頼みたい方もいると思います。
そこで、楽天・高島屋・伊勢丹の香典返しに人気のある品物をランキングでまとめましたので、下記を参考にしてみてください。

  • 楽天

    1位 プレミアムカタログギフト
    2位 色々な和菓子を少しずつ9種お試し 詰め合わせ
    3位 今治タオル

  • 高島屋

    1位 京都限定 小形羊羹10本入
    2位 【高島屋オリジナル】国産ストレート果汁100%ジュース
    3位 竹取物語

  • 伊勢丹

    1位 〈フォートナム&メイソン〉ケーキ・ティーバッグ詰合せ
    2位 〈エクラタン〉〈モンカフェ〉〈トワイニング〉詰合せ
    3位 〈フォートナム&メイソン〉ティーバッグ詰合せ

ランキング入りした品物はどれも喜ばれると思います。
是非、上記のランキングを参考に香典返しを選んでみてはいかがでしょうか。

香典返しの金額相場

お金

では、香典返しの金額相場はどのくらいなのでしょうか。

香典返しは地域によって異なりますが、半返しが一般的となってきています。

また、葬儀を行う親族に対して葬儀の足しにして欲しいとの心遣いから、高額な香典をいただく場合があります。
その場合は、半返しにしなくても3分の1や4分の1返しでも良いとされています。

地域によっては半返しではなく3分の1返しのところもあるようです。
地域のしきたりを大事にしている方も多くいらっしゃるので、周りの方に確認してみるのも良いでしょう。

当日返しの場合、いただいた香典の金額がわからないので用意している香典返しを贈りますが、香典の金額が多かった場合、当日返し分だけでは間に合わない場合があります。
その際には四十九日後に改めて半返しになるように香典返しを贈ります。

香典返しは2千円~5千円の品物から

香典は3千円、5千円、1万円が一般的で、主に5千円や1万円が相場だと言われています。
そのことから、香典返しは2千円〜5千円の品物を用意していることが一般的なので、3千円を香典として渡すには、遺族に負担をかけてしまうことになります。

当日返しの場合は千円~2千円程度の品物を

葬儀の受付で会葬返礼品をお渡ししますが、この当日返しは千円~2千円程度の品物が良いとされています。
この会葬返礼品とは香典の有無に関係なく、葬儀に来ていただいた方に感謝の気持ちを伝えるために贈るものです。

そのほかに、香典返しとして香典をいただいた方に2千円~5千円の品物を用意しておくと良いでしょう。

また、香典返しにこの会葬返礼品の分の金額を含まないのが一般的ですが、地域によって香典返しに含まれる場合もあるので、周りの方に確認してみると良いでしょう。

香典返しの熨斗(のし)の書き方

葬儀

香典返しの熨斗の書き方も失礼がないように気をつけたい事項です。

一般的でどの宗教にも使えるのが「志」です。
水引の結び目の上に「志」を、結び目の下に名前を書きます。
名前は、苗字または「〇〇家」と記載すると良いでしょう。

表書きはそのほかに、仏式では「満中陰志」「忌明」と地方では使う場合があり、神道やキリスト教では「偲び草」と記載します。

香典返しに使う熨斗ですが、蓮の花の絵が描かれているのは仏式のみですので注意してください。
また、熨斗に書くときは薄墨で書くようにしましょう。

香典返しの品物のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、香典返しの品物について以下のことについて解説させていただきました。

  • 香典返しを選ぶ基準は「消えてなくなるもの」であること。
  • タブーとされている香典返しは、お肉、お魚などの四つ足生臭もの、お祝い事に使われる、鰹節や昆布など。
  • 香典返しの相場は、2千円〜5千円である。
  • 熨斗は表に「志」と書くのが一般的である。

香典返しは、葬儀に来てくださった方にお礼の意味を込めて贈るものなので、喜ばれる香典返しを贈りたいものです。
香典返しを何にしようか悩んでいる方は、一番人気のカタログギフトにしてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとではこのほかにも就活に関する様々な記事を掲載しておりますので、是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「香典返し・品物」に関連する記事

「香典返し・品物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「香典返し・品物」についてさらに知りたい方へ

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説のサムネイル画像

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

葬儀のお返しってどうするの?お返しのマナーや品物についても解説!のサムネイル画像

葬儀のお返しってどうするの?お返しのマナーや品物についても解説!

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説しますのサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「香典返し・品物」についてさらに知りたい方へ

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介のサムネイル画像

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと