キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説

日本ではクリスマスが国民的行事にまでなっていますが、キリスト教の葬儀に出かける機会は少なく、宗派によって葬儀の流れに違いがあることもあまり知られていません。ここではキリスト教の宗派別の葬儀の流れの違いと、さらにマナーについても解説します。

目次

  1. キリスト教の葬儀の流れについて
  2. カトリック式の葬儀・告別式の流れ
  3. プロテスタント式の葬儀・告別式の流れ
  4. キリスト教の葬儀でのマナー
  5. キリスト教の宗派のごとの違いについて
  6. キリスト教の葬儀の流れのまとめ
  7. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

キリスト教の葬儀の流れについて

null

日本におけるキリスト教信者は、国民のわずか2%にも満たないと言われています。

それでも葬儀では仏式・神式と並んでキリスト教式も紹介されるほどに、とても存在感のある宗教と言えます。

まだまだ知られることの少ないキリスト教とその葬儀は、信者でない方からすると摩訶不思議な未知なる空間かもしれません。

今回終活ねっとでは、そんなキリスト教の葬儀の流れについて

  • カトリック式の葬儀・告別式の流れ
  • プロテスタント式の葬儀・告別式の流れ
  • キリスト教の葬儀でのマナー
  • キリスト教の宗派ごとの違いについて

以上の点を詳しく解説していきたいと思います。

キリスト教の葬儀を通して他の宗教や日本古来からある死についての考え方とは違う死生観を感じていただき、終活につなげて頂ければ幸いです。

どうぞ最後までお付き合いください。

カトリック式の葬儀・告別式の流れ

null

まずカトリックの葬儀と告別式の流れについて説明していきます。

日本においてカトリックと呼ばれるキリスト教は、バチカン市国にあるローマ教皇庁を頂点とする世界最大のキリスト教会派であるローマ・カトリックを指しています。

カトリックで行われるミサ(祭儀)は最後の晩餐を起源としそれを再現していますので、カトリック教会の祈りの中で最も格式がある祈りです。

カトリックでは信者である故人のためにミサを捧げて祈り、その後に故人とのお別れである告別式をしますので、そのミサが一般の葬儀にあたるということで葬儀ミサと呼ばれています。

葬儀ミサはミサの名がつく祭儀ですから教会側が執り行い、それぞれの教会で行われるミサ同様にオルガンと聖歌隊が付きます。

また、葬儀ミサは普段のミサと同様に言葉の典礼と感謝の典礼からなっており、儀式的なことが多いので初めての方は戸惑われることでしょう。

それでは、これから葬儀と告別式の流れを見ていきましょう。

葬儀の流れ

葬儀ミサの進行は教会側の先唱の方が行い、参列者はそれに従うことになります。

入堂聖歌

神父の入堂(聖堂入り)に合わせて、起立して聖歌を歌います。

開式の辞

カトリックでの開式の辞は神父が祭壇に香を献じた後、入祭のあいさつの中で故人のために祈り、葬儀ミサが故人のために捧げられることを告げます。

葬儀のミサ(言葉の典礼、感謝の典礼)

言葉の典礼では聖書の朗読と神父の説教があり、神の声に耳を傾けながら故人の死に慰めと希望を見出して、心を一つにして祈ります。

感謝の典礼
は、祭壇にキリストの体と血を表すパンと葡萄酒を捧げ、信者が復活の神秘にあずかり永遠の命を得られるようにと祈る儀式です。

また、ミサの中ではキリストの体をいただく聖体拝領が行われますが、信者でない方は信者が頂く聖体(ホスチュア)のかわりに神父から祝福を受けることができます。
その必要がなければ、聖体拝領の間は着座していても構いません。

葬儀ミサが終わると神父は一度退堂します。

その後、祭服を着替えた神父が再び入堂し、香と聖水をもって故人の生前の罪の許しを神に請う儀式である赦祷式(しゃとうしき)が行われます。

告別式の流れ

カトリックの告別式は日本の一般的な葬儀の流れを汲んで行われていますので、遺族側の執り行いとなり、葬儀社やお世話役の方が進行することになっています。

実際には教会側の先唱の方がそのまま告別式も進行してくれることの方が多いようです。

入堂聖歌

再び聖歌に伴われて神父が入堂します。
赦祷式の後、神父がそのまま祭壇に留まることもあります。

聖歌斉唱、開式

先唱によってこれから告別式を行うことが告げられ、会葬者全員で聖歌を歌います。

弔電・弔辞の紹介、献花

友人より弔辞が述べられ、弔電が紹介されます。
神父からも故人の紹介がなされます。

その後に献花が行われ、献花をしている間は聖歌が斉唱されオルガン演奏が続きます。

ご遺族の挨拶

献花が終わると、ご遺族の方から参列者に会葬のお礼の挨拶があります。
その後に故人と最後のお別れをして棺が閉じられ、聖歌に送られ出棺となります。

プロテスタント式の葬儀・告別式の流れ

null

次はプロテスタントの葬儀についてです。

プロテスタントと呼ばれるキリスト教は、ルネサンス期にマルティン・ルターの宗教改革によりカトリックと分離した宗派ですが、今では日本独自の宗派もあるくらい数多くの宗派に別れています。

カトリックのミサがローマ教皇庁によって統一されているのに対し、プロテスタントはそれぞれの宗派や教会が聖書の教えを基に独自に礼拝を行っています。

その為、葬儀の行われ方もそれぞれの宗派だけでなく所属教会によって多少の違いがありますが、葬儀の司式を執り行うのは牧師です。

葬儀と告別式が同時に行われることには変わりはありません。

また、プロテスタントの葬儀では普段の礼拝と同様、聖書の朗読や神への祈りが中心です。
故人との別れを惜しみながらも会葬者がともにこの世に生まれてこれたことを感謝し、天国で神に仕える喜びを深めていきます。

それでは、プロテスタントの葬儀の流れを見ていくことにしましょう。

入堂、一同着席

牧師が入堂しますが、参列者は着席したまま迎えます。

棺が礼拝堂に既に入っている場合や牧師と一緒に入堂する場合など、教会によって多少の違いがあり、着席したままか起立するのかはその場の判断に任せられます。

賛美歌斉唱、聖書朗読

参列者一同が起立して讃美歌の斉唱をし、神に対して賛美が捧げられます。

その後、牧師により聖書が朗読されますが、神の御手に故人をゆだねる祈りなどを捧げることもあります。

讃美歌はその後も葬儀の中で何度も歌われます。

牧師の説教

牧師による説教があり、神であるキリストの御言葉や教えがわかりやすく説かれ、故人のキリスト者として生きてこられた歩みなども紹介されます。

弔電・弔辞の紹介

生前親しかった友人から弔辞が述べられ、弔電が紹介されます。
弔辞の多くは故人との思い出を紹介するような内容であることが多いです。

祈祷、オルガンの演奏

牧師により、神の身元に旅立つ故人の復活と残されたご遺族の方への慰みを神にお願いする祈祷がなされ、オルガンが演奏されます。

参列者一同は黙祷して牧師とともに祈ります。

献花

参列者が順番に1人1本のお花を故人に手向ける献花が行われます。

献花は牧師の指示により親族から順番に行い、献花を終えた親族は前に残り献花をおこなう参列者を迎えます。

ご遺族の挨拶

参列者全員の献花が終わると、喪主であるご遺族の方から参列者に会葬のお礼の挨拶があります。

その後に故人と最後のお別れをして棺が閉じられ、オルガン演奏に送られて出棺となります。

キリスト教の葬儀でのマナー

葬儀

ここまでキリスト教での葬儀の流れをざっと見てきました。

次はキリスト教での葬儀のマナーについて見ていきますが、お悔やみに対する表現の方法などが一般の葬儀と違うので注意が必要です。

服装は黒系にする

葬儀への参列の服装は黒系にし、一般の葬儀と同様に礼服を着用します。

礼服は故人に対しての敬意を表すものですので、キリスト教だからといって洋装である必要もなく着物でも構いません。

キリスト教での葬儀の服装についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介します

キリスト教の葬儀の場合、どのような服装で参列すればよいのでしょうか?また、仏教式とどのような違いがあるのでしょうか?気になるキリスト教の葬儀での服装や参列マナーについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

お悔やみの言葉

キリスト教では死は終焉ではありません。
亡くなった信者はみな神の元に向かうので、逝去に対して「帰天」や「召天」という表現をします。

復活の希望を持って眠りにつくのですから、一般の葬儀で使われる「御愁傷さまです」といったお悔やみの言葉は使いません。

お悔やみの言葉を述べるのなら「どうぞ安らかな眠りにつかれますように」か、「安らかな眠りにつかれますようお祈りいたします」にするとよいでしょう。

香典の表書き

香典の考え方は相互扶助を目的とした日本独自のものですから、基本的に宗教を問わずに行われます。

表書きは「御霊前」でも問題はありませんが、仏式や神式とは区別し「御花料」もしくは「献花料」とします。

カトリックの場合には「御ミサ料」も使えますが、ご自分が信者でなければあえて使うこともありません。

キリスト教の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教の葬儀で渡す香典の書き方とは?マナーなども紹介します!

キリスト教の葬儀に参列する際に香典は持参するのでしょうか、またその際に袋はどういったものを使えばいいのでしょう。表書きはどうすればいいのでしょう? 終活中の方でもほとんど知らないキリスト教のお葬儀、香典の準備、マナーについて解説します。

献花の仕方

献花の仕方にカトリックとプロテスタントの違いはありません。

献花は神父や牧師に続いて故人に近い親族から行います。
その後続いて一般参列者が献花をおこなうのですが、前の席に座っている方から順に故人にお花を手向けていきます。

係の方から渡されたお花は、両手で頂いた後右手にお花がくるように回し、ご自分にお花が向くようにして献花台に置きます。
献花台がなく棺に直接お花を手向ける場合もありますが、献花の仕方は同じです。

カトリックの場合は、祭壇の前が必ず通路になっていますから、着座した場所から通路を通って祭壇に向かうことになります。
その際、祭壇に向かって一礼するのがしきたりとなっています。

キリスト教の宗派のごとの違いについて

null

カトリックとプロテスタントの葬儀の違いのひとつに礼拝中の歌や聖職者の呼び方があります。

カトリックのミサの中の歌は、祭儀のための聖歌である典礼聖歌とカトリック聖歌(讃美歌)とがあります。

プロテスタントの礼拝の中の歌は、宗派により聖歌や讃美歌と呼ばれています。
その中にはカトリック聖歌と共通する歌も多くありますが、典礼聖歌は含まれていません。

カトリックでは司牧を行うものは神父と呼ばれ、12使徒の継承者である聖職者として位置づけられるので、男性しかなれず結婚は許されていません。
神父は司教・司祭・助祭という位階組織の尊称であり、最高位はバチカンのローマ教皇になります。

プロテスタントでは、カトリックでいう聖職者とは区別されて牧師と呼ばれますが、神の教えを聖書から読み解き多くの罪深き人を神の国に導くために使わされていると考えられています。

牧師は男女を問わずなることができ、また結婚も許されています。

キリスト教は、二千年の歴史の中で多くの教派が生まれたために見ためとしての形態が変わってきました。
ですが源泉は主はひとり、信仰は一つであり、イエス・キリストを神と信じることに違いはありません。

また、イエス・キリストの死を通じて罪から解放され、その復活を通じて永遠の命を与えられるという信仰の本質も、教派が違っても変わることはありません。

キリスト教の葬儀の流れのまとめ

Funeral service

キリスト教の葬儀の流れについて見てきましたが、いかがでしたか?

一般の葬儀と違い参列者は立ったり座ったり歌ったりといろいろやることがありますが、そのたびごとに牧師や先唱の方などが指示を出してくれます、

そのため、知らないからと言って心配することは何もありません。

葬儀の際には必ずリーフレットや葬儀の流れや讃美歌が書かれた本などが渡されますので、その通りに行えば問題ないようになっています。

また、キリスト教は愛を大切にする宗教のためとても寛容です。
仮に献花の方法など、葬儀の中で行うことで何か間違ってしまったことがあったとしても、気に病む必要はありません。

今回終活ねっとでは、キリスト教の葬儀の流れとしてカトリックとプロテスタントとの両方を見てきましたが、この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • カトリックの葬儀は葬儀ミサと告別式が区別される
  • プロテスタントは葬儀と告別式を分けない
  • キリスト教では葬儀の中で、キリストの教えを説く説教がある
  • キリスト教の葬儀では献花を行う
  • キリスト教の葬儀は、オルガンや聖歌の斉唱など音楽にあふれる
  • キリスト教は死は終焉ではないので、お悔やみの言葉には注意が必要
  • キリスト教は宗派によって聖職者の呼び方が違う
  • キリスト教の死生観やイエス・キリストを神と信じる宗教としての考え方はカトリックもプロテスタントも変わらない
  • キリスト教は信者でなくとも葬儀に参列することができる

キリスト教の葬儀では、古くから聖歌や讃美歌、オルガン演奏など音楽と深くかかわりがあります。
音楽には悲しみを癒す役割もあり、讃美歌の中にある「また会いましょう」という意味合いの歌は必ずと言っていいほど歌われています。

キリスト教の葬儀においては、死や絶望の中にあってもどこかに希望を感じることができ、死が終焉ではないという考え方では残された家族にも生きる希望と勇気が与えられます。

死の中に希望が見いだせるというのは、最もキリスト教らしいところだといえます。

このキリスト教の葬儀の流れを通して、終活としてご自分自身の死生観について考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「葬儀・キリスト教・流れ」に関連する記事

「葬儀・キリスト教・流れ」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・キリスト教・流れ」についてさらに知りたい方へ

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!のサムネイル画像

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!

カトリックの葬儀についてご紹介します!プロテスタントとの違いは?のサムネイル画像

カトリックの葬儀についてご紹介します!プロテスタントとの違いは?

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについてのサムネイル画像

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについて

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと