家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

最近家族葬ってよく聞きますよね。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近年では家族葬を希望する人が増えていますよね。では家族葬での日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回はそんな家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

目次

  1. 家族葬の日程について
  2. 家族葬の主な流れ
  3. 家族葬の日程を決めるポイント
  4. 葬儀の日程が延びる場合はどうなる?
  5. 家族葬の日程まとめ

家族葬の日程について

葬儀

家族葬とは一般的に家族や親戚、また親しい縁故知人のみで行う小規模な葬式のことを指します。

故人を静かに見送りたい・見送られたいという方もいらっしゃると思います。
家族葬に興味をお持ちの方があなたの周りにもいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、家族葬という名前から、葬儀の流れが特別なものと思っていらっしゃる方もいらっしゃいます。
そこで今回終活ねっとでは、以下のポイントを中心としてお伝えします。

  • 家族葬の主な流れ
  • 家族葬の日程を決めるポイント
  • 葬儀の日程が延びた場合にすること

最近では家族葬を選択される方が増えてきています。
家族葬について知ることで、いざご自身が喪主を務める場合に安心して葬儀を執り行えるようにしましょう。

ぜひ最後までお読みください。

家族葬の主な流れ

仏壇

家族葬といっても通夜も葬儀・告別式もあります。
なので、基本的に一般葬の流れとの違いはありません。

そのため、もちろん家族葬でも事前に遺族とのスケジュール調節を行い、葬儀の日程を把握することがとても大切です。

家族葬の主な流れは大きく分けて3つあります。

逝去・安置

まずは逝去・安置についてです。
家族が亡くなられたらまずは葬儀社に連絡をしましょう。
連絡するにあたって、葬儀社に伝えておくと良い情報として以下の7つがあります。

  • 現在地(病院・警察署等)
  • 故人の名前
  • 依頼者の名前
  • 菩提寺
  • すぐに連絡が取れる電話番号
  • 迎えに来てほしい時間
  • 送り先(自宅・斎場)

以上のことは葬儀社から尋ねられるケースが多です。
迎えに来てほしい時間に関しては、ご遺体の状況により異なります。

ご遺体の処置や検死がどのくらいで終わるのかを病院関係者や警察署の方に予め聞いておきましょう。

ご遺体の移動が済んだら、担当者と打ち合わせを行います。
この際に家族葬を希望することを伝えましょう。

ご僧侶に枕経を上げてもらったら、今後の具体的な日程を決めます。

通夜

一般葬と特に変わったところはありません。
ご僧侶による読経、焼香を行います。

家族葬は少人数で行われることが多いですが、会社関係者などの方でも通夜のみに参列される方もいらっしゃる場合があります。

そのため、通夜振る舞いの料理は少し多めに準備すると良いでしょう。
通夜菓子なども少ないので、式が終わるとすぐに控室で通夜料理を食べるのが一般的といわれています。

通夜の開始時間は一般的には18時~19時の間に行われます。
お寺の都合により早ければ17時、遅い場合は20時などもあるようです。

また、人数が少ないので焼香が早く終わるので、式の時間は短めです。

告別式・火葬

通夜が終わると、翌日には告別式が行われます。
通夜と同様に読経、焼香があり、それに加え告別式では遺族代表者である喪主挨拶があり、その後故人とのお別れをし出棺の儀へと移ります。

家族葬は少人数でのお別れですので、棺桶に入れる折り鶴やお花が少なくなりがちです。
予め鶴やお花をできるだけたくさん準備しておいた方が良いでしょう。

一般的に告別式は11時~13時の間に行われます。
早ければ10時、遅ければ14時などのケースもあるそうです。

通夜と同じで一般的な告別式と比べかかる時間が短く、また弔電や電報が少ない、もしくは無いため時間が短いです。

出棺が終わると霊柩車に故人を乗せて火葬場へ向かい、その後納骨となります。

家族葬の日程を決めるポイント

困った人々

家族葬の主な流れについて説明してきました。
さ次は家族葬の日程を決めるポイントについて解説します。

ポイントは主に以下の4つとなります。

  • 家族・親族の予定
  • 火葬場の空き状況
  • 菩提寺の僧侶の予定
  • 忌引きがいつまで取れるかを確認

家族・親族の予定

家族葬という名の通り、家族がメインのお葬式です。
参列する家族や遺族の予定の把握は重要になります。

通夜・葬儀の具体的な日程を決めるために、菩提寺・親族・ご友人・職場などに連絡を入れましょう。

家族葬日程の決め方についてですが、一般葬との一番の違いは会葬者の集まりやすい日程です。
一般葬の場合は会社関係などの会葬者が多いので、土曜日・日曜日など休日に日程を組むことが多いようです。

しかし、家族葬の場合は家族や親族の都合を優先しますので、参列してもらいたい親族に早めに連絡を入れ、いつが一番集まりやすいかを把握する必要があります。

親族、ご友人などに連絡を入れる際には家族葬は少人数で行いますので、参列してもらいたい人のみに連絡します。

また、職場に連絡を入れる場合は家族葬を希望していることを伝え、参列はご遠慮してもらうよう伝えましょう。

どうしても参列されたいという方は、通夜のみに参列してもらいましょう。

火葬場の空き状況

出棺後は火葬を行うため、火葬場の空き状況を確認しておきましょう。
火葬場や斎場が混雑していると火葬が行えない場合があります。

その場合は別の火葬場にするか、順番を待って翌日以降に火葬をすることになります。

このとき注意しておかなければいけないのは友引です。
友引の日は火葬場がお休みになっている所もあります。

そのため、利用しようと思っている火葬場が友引に利用できるのかどうかを、確認しておきましょう。
友引の他にも年末年始が休業の火葬場は多いので、確認おくとよいかもしれません。

また、斎場も式が立て込んでいたりすると、希望する斎場が利用できない場合がありますので、担当者との打ち合わせの際に確認しておくとよいでしょう。

菩提寺の僧侶の予定

枕経、通夜、葬儀、告別式の全てご僧侶に読経していただく必要があります。

付き合いのある寺院に依頼する場合はその寺院が檀家を多く持っていると、ご僧侶の予定とこちらの希望日時が合わない可能性があります。

そのためなるべく早く連絡を取りましょう
その時はご僧侶の都合に合わせる形となることが多いようです。

また、読経をお願いする菩提寺がない場合は葬儀社から紹介してもらえます。
宗派やお布施の予算なども合わせ早めに葬儀社へ相談しましょう。

忌引きがいつまで取れるかを確認

もし故人が近しい親族であった場合、葬儀までの間仕事を休む必要があります。

忌引きとは、家族や親族が亡くなり喪に服することをいいます。
忌引き休暇は会社の福利厚生や就業規則に則って定められています。

そのため、勤め先の上司に連絡してどのくらい休暇がもらえるのかを確認しておくとよいでしょう。

故人が亡くなってすぐに葬儀・告別式を行える日程であれば忌引きは数日となります。
ですが、都合がつかずに葬儀・告別式までに日があいてしまう場合は長期休暇が必要になります。

そのため、故人の家族がすぐに仕事に復帰しなくてはならない事情がある場合は、日程を早めることも検討しましょう。

家族葬において、特に家族や遺族との予定を合わせることは重要です。
休みの日や仕事の都合も考慮し、できるだけ早めに打ち合わせをしておくとよいでしょう。

骨葬・前火葬の地域も

火葬の順番には3種類あります。
通常、葬儀というのは通夜→葬儀・告別式→火葬という順番が、関東・関西・九州などでは一般的だと言われています。

このように最後に火葬を行うことを後火葬と呼びます
しかし地域によっては火葬を行ってから葬儀・告別式を行っているところもあるようです。

火葬→通夜→葬儀・告別式の形式は骨葬と言います。

通夜→火葬→葬儀・告別式の形式を前火葬といいます。

東北の一部の地域など、一部の地方では一般的な流れとして取り入れられているそうです。

葬儀の日程が延びる場合はどうなる?

葬儀

希望通りの葬儀の日程が組めればそれが一番理想的です。

しかし、遺族や寺院との都合が合わなかったり火葬場や斎場が空いていないこともあるでしょう。
葬儀の日程が希望通りにならないときは、葬儀の日程が延びることにあります。

そのような場合は通夜の前日に仮通夜を行い、通夜の日程をずらすことになります

葬儀の日が延びるということは、遺体を安置する期間が長くなることになりますので、安置期間が延びた場合も事前に考えておくとよいでしょう。

遺体の保管に費用がかかる

安置期間が延びると、延びた分だけご遺体の保管に費用がかかります。
安置するための場所代であったり、ご遺体を冷やすためのドライアイス代だったりと様々です。

日が延びれば延びるほどご遺体の状態も悪くなりますので、ご遺体をできるだけ綺麗な状態で保管しなくてはいけません。

保管場所として自宅や斎場控室、安置施設などがあります。

安置費用

保管するにあたって自宅や控室であればドライアイスの費用、安置施設であれば施設使用料が必要となってきます。

一般的に葬儀社に依頼した場合は2~3日分の安置費用は含まれています。

その期間を超過した場合は別途費用が掛かることになりますので、事前に葬儀社へ具体的な費用と何日分まで含まれているのかを確認しておきましょう

ドライアイス費用(自宅・控室)

一般的にドライアイスの費用の目安としては1日で5千円~1万円といわれています。
また、控室に安置する場合は別途控室使用料がかかる場合があります。

施設使用料(安置施設)

施設使用料は一般的には1日5千円~3万円程度となっていおり、ドライアイス費用と比べると少し高めの料金となっています。


終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
家族葬の費用についてさらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

エンバーミングで遺体を保存する

ご逝去されてから火葬を行うまで10日以上かかる場合は遺体の腐敗が進んでしまい、ドライアイスでの遺体保存ができなくなってしまいます。

その様な場合はエンバーミングという遺体保存処理を行います。

エンバーミングを利用するとご遺体を10日~20日程度比較的綺麗な状態で保存することができます。
エンバーミングの費用についてはご遺体の大きさ、状態で変動しますが、一般的には15万円以上が目安となっています。

家族葬の日程まとめ

人々

いかがでしたか?
今回は家族葬の日程、その流れについてお伝えしました。
まとめると、以下のようになります。

  • 家族葬の流れとして、ご逝去御葬儀社へ連絡。ご遺体を安置後に日程を決め、通夜・告別式を行います。
  • 日程を決める際には「家族や親族が参列しやすい日時の確認」「火葬場の空き状況確認」「菩提寺のご僧侶の予定の確認」「忌引きがいつまで取れるかの確認」の4つの点に留意しましょう。
  • 葬儀の日程が延びるとご遺体の保管に費用がかかる場合があります。

家族葬のメリットとして一番は一般葬と違い、故人の親しい人達で見送るので形式的な儀式にならず、故人を心から偲び、寄り添う最期の時間を過ごせることです。

会葬者が多いとどうしても故人を偲ぶ気持ちよりも会葬者をもてなす気持ちの方が大きくなってしまい、会葬者への付き合いに時間を取られてしまうこともあるでしょう。

そうなると故人と過ごせる最期の時間が少なくなってしまいます。

家族葬では気心知れた者のみが集まりますので、故人との別れをゆっくりとすることができます。

また会葬者が少ないため会場も小さなもので済むので、一般葬よりもかかる費用が少なくなります。

終活ねっとでは他にも皆様の役に立つ終活に関する記事を多く掲載しております。
その中には家族葬についての記事も多数ありますので是非参考にしてただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「家族葬・日程」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・日程」についてさらに知りたい方へ

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説のサムネイル画像

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

一般葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

一般葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・日程」についてさらに知りたい方へ

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説のサムネイル画像

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと