お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

身内の方が亡くなり葬儀がひとまず終わったところで、次に大切な段階がご遺骨のお墓への納骨です。そのための方法や手続きは一見するとやや複雑に見えますが、流れで理解すれば結構分かりやすいものです。今回はお墓へのご遺骨の納骨の方法についてわかりやすく解説いたします。

目次

  1. お墓に納骨する方法について
  2. お墓に納骨するまでの手順・方法
  3. お墓に納骨するときに準備するもの
  4. お墓に納骨するときにかかる費用
  5. お墓に納骨する時期
  6. お墓に納骨する以外の供養方法
  7. お墓に納骨する方法まとめ

お墓に納骨する方法について

お墓

身内の方が亡くなった後、お通夜から火葬に至るまでの葬儀の一連の段階が終わると、あとは故人のご遺骨を納骨する段階を迎えるだけです。
納骨とは、お墓に故人のご遺骨を納めることですが、ただ単にお墓を建立して、そこにあるカロート(納骨室)のふたを開けて納骨すれば良い、というわけではありません。

実は、お墓への納骨にはきちんとした手順や方法、手続きというものがあり、加えてそのためにさまざまな準備や費用が必要となってきます。
すでに納骨の経験をお持ちの方はご存知かと思われますが、そのプロセスは一見するとかなりの複雑さを伴うように見えます。

しかし、複雑そうな納骨の手順や方法も流れさえ押さえてしまえば、割と簡単に理解することができます。

今回終活ねっとでは、お墓に納骨する方法について、以下の各ポイントに沿ってわかりやすくご紹介します。

  • お墓にご遺骨を納骨するまでの手順や方法とは?

    寺院や石材店への依頼から会食の準備に至るまでの流れをわかりやすくご紹介します。

  • お墓に納骨するために準備するものとは?

    納骨するご遺骨のほか、必要な書類、お布施などについて見ていきます。

  • お墓に納骨する際に必要となる費用はどのくらい?

    納骨の際に必要となる費用を、必ず発生するものと場合によって発生するものとに分けてご紹介します。

  • お墓への納骨以外の供養の方法にどのようなものがある?

    納骨堂や合祀墓への納骨、海洋散骨などといったお墓への納骨以外の方法を見ていきます。

ぜひ最後までお読みください。

お墓に納骨するまでの手順・方法

お墓

さて、ここでは、お墓に納骨するまでの手順や方法についてわかりやすく見ていきます。
複雑そうに見える納骨までの流れも、これで簡単に把握できるようになるでしょう。

寺院に法要を依頼する

まず、菩提寺などお葬式でお世話になった寺院に法要を依頼します。
実は、納骨の際には納骨法要と呼ばれる儀式を行う必要があるためです。

もし、お墓が完成したタイミングに合わせて納骨するということであれば、お墓の開眼供養(お墓に故人の魂を入れるための儀式)もあわせて依頼しましょう。

なお、寺院に法要を依頼する段階で、法要の日程や場所についての調整も行っていきます。

石材店に彫刻を依頼する

寺院に法要の開催を依頼する一方で、お墓の工事を手掛けた石材店に彫刻を依頼します。
具体的には、墓石や墓誌(お墓のかたわらに建てる、お墓に眠っている方々の戒名などを記した石碑)への故人の戒名や俗名、没年月日などの彫刻の依頼です。

彫刻そのものの工期は数日ほどあればできますが、天候が良くないなどの理由による延期も計算に入れるとすれば、なるべく早い段階で依頼しておく方(遅くとも納骨の2週間から3週間ほど前)が良いでしょう。

納骨に必要な書類を集める

お墓への納骨には、必要書類を取りそろえることも重要です。
納骨の際に必要となる書類には、埋葬許可証と墓地使用許可証が主なものです。

埋葬許可証は、故人を火葬する際に提出した火葬許可証が、火葬が終わって戻ってきた際に「火葬済」と印字されたものです。
言い換えれば、火葬許可証がそのまま埋葬許可証になるということになります。
よって、火葬が終わったからといって、火葬許可証をむやみに捨てないようにすることが大切です。

もう一方の墓地使用許可証は、墓地や霊園の管理者と墓地区画を契約した段階で交付される書類で、納骨の際にも管理事務所にて提示する必要があります。

参列者に連絡する

納骨の日時や場所がだいたい決まったら、実際に参加してほしい参列者への連絡を行います。

具体的には、故人のご親族が連絡する対象となりますが、故人のご親族のほかにも生前の故人と関係の深かった方にも連絡し、日時や場所についてお知らせします。

お供え物を準備する

次に必要なことは、お供え物の準備です。
納骨法要の際には、お花やお線香、お供え物などをお供えして祭壇を用意します。
お花やお線香以外については、故人が生前に好んでいた食べ物(特にお菓子)や飲み物が一般的です。

会食の準備

続いて、会食の準備について説明します。
お墓に故人のご遺骨を納骨し終えた後は、参列者と会食の時間を持つための準備を行うのが一般的です。
会食の場所として多いのが、料理屋やレストラン、ホテル、お寺などです。

いずれの場所で会食の時間を持つにしても、参加人数を伝えて予約を取ることが重要です。
事前に予約を取ることについても、特に繁忙期(長期休暇や年末年始、お盆の時期など)の場合は非常に混みやすいため、早めに予約を入れることが大切といえるでしょう。

お墓に納骨するときに準備するもの

お墓

お墓にご遺骨を納骨する際の準備は多く存在します。
ここでは、それらを入手するための方法や、必要な費用などについて見ていきます。

ご遺骨

実際に納骨するご遺骨は必要不可欠です。
納骨するその時までしっかりとご自宅で管理しておきましょう。
なお、骨壷の中は湿気が溜まりやすい場合もありますので、時折骨壷の中に溜まった湿気を取ることも大切です。

なお、公営霊園にお墓を建てる場合は、すでに火葬を終えたご遺骨が必要とされるところも少なくなく、そのような霊園では生前にお墓を建てることができません。

火葬許可証明書

納骨の際には火葬許可証が必要となります。
先ほども触れたように、この書類自体は火葬後には納骨の際に必要な埋葬許可証となります。

火葬許可証明書を入手するには、故人の死亡届と火葬許可申請書とを役所の戸籍担当部署(戸籍課など)に提出し、その際に引き換えに交付されます。
なお、戸籍担当の部署は役所の本庁や、出張所で担当の職員が常駐しているところであれば24時間365日関係なく交付してもらうことができます。

なお、火葬後に埋葬許可証として返却された後に紛失した場合は再交付してもらうこともできますが、その際には再発行手数料として350円が必要です。

墓地の利用許可証

墓地の利用許可証は、お墓を建てるための区画を契約した際に、墓地や霊園の管理者から発行される書類です。
墓地の利用許可証も、納骨を行う際に提示する必要があります。

なお、墓地の利用許可証は納骨だけでなく、お墓の継承の手続きの際にも必要となりますので、なくさないように大切に保管しておきましょう。

もし、墓地の利用許可証を紛失した場合は、紛失した旨を墓地や霊園の管理者に申し出れば再発行してもらうことはできますが、再発行の際には手数料が必要です。
再発行手数料は公営霊園や民営霊園によって異なりますが、安くて数百円、高くて数千円ほどが一般的な相場となります。

数珠

数珠は、納骨法要の際にお焼香などで手を合わせる際に不可欠な仏具です。
数珠は大きく分けて、108個の玉からなる正式なものと、108個未満の数の玉でできている略式のものとがあります。

正式な数珠の場合はとても長いため、二重にして使うのが一般的です。
一方で略式の数珠の場合は、二重にする必要はありませんが、男性用と女性用とがあるため、選ぶ際によく確認してから購入するようにしましょう。

印鑑

一見すると納骨とはとても関係ないように見える印鑑ですが、実は印鑑も納骨当日に忘れずに持参すべき者の1つに挙げられます。
印鑑は、管理事務所で納骨の手続きを行う際に押印に必要であるためです。

もちろんのこと、ここで持参すべき印鑑は、墓地や霊園との契約の際に認印としたものとなりますので、認印以外のシャチハタの印鑑などは無効となります。

お供え物

続いて用意すべきものは、お供え物です。
納骨法要で祭壇にお供えするお花やお線香、故人の好きだったお菓子や飲み物、果物なども重要です。

なお、マナーとして、特にお菓子や果物など食べ物関係のものは、納骨が終わった後はきちんと持ち帰るようにしましょう。
お菓子や果物などをそのまま放置すると、カラスなどが食い荒らして、お墓周りだけでなく他の家のお墓まで汚してしまいかねないためです。

お布施

最後に挙げられるのが、納骨法要や開眼供養の際に読経をする僧侶の方に手渡すお布施です。
詳しい相場については後ほど触れますが、納骨法要の分と開眼供養の分を一緒に用意したうえで、まとめて手渡します。

なお、僧侶の方が遠方から参加した場合は、お布施と別に交通費にあたるお車代を、さらに納骨後の会食に僧侶の方が参加しない場合は、御膳料を手渡すことになります。

お墓に納骨するときにかかる費用

お金

納骨にはいろいろな項目の費用が発生します。
そこでここでは、納骨の際に必要な費用を項目ごとに挙げたうえで、それぞれの一般的な相場についてご紹介していきます。

必ずかかる費用

一般的な納骨の際に必要となってくる項目としては、納骨式の際に使用する物の費用や僧侶に手渡すお布施、会食代、故人の戒名の彫刻料が挙げられます。

また、場合によっては納骨の際の作業費用や、年忌法要や開眼供養のための費用(お布施など)、そしてお墓を建てるための費用も必要です。

ここでは、納骨に必ずかかる費用について解説していきます。

納骨式で使う物の費用

まず、納骨式で使う物の費用についてです。

納骨式では、祭壇やそこにお供えするお供え物の用意が必要となります。
具体的に用意すべきものは先ほど挙げたような、お花やお線香、食べ物や飲み物(特に故人が生前好んでいたもの)などですが、それを用意するために必要な費用は、5千円から1万円が一般的な相場となっています。

納骨先へのお布施

納骨式(納骨法要)を行うとなると、その際にお経を唱えてくれる僧侶の方が不可欠です。
このため、僧侶の方に読経の謝礼としてお布施を手渡すことになります。

納骨式に関することだけに限った場合、そのお布施の額の相場は3万円から5万円が一般的です。
ただし、その僧侶の方が遠方から参加される場合は、納骨式のお布施のほかに交通費としてお車代を手渡す必要があります。
お車代の額は5千円から1万円が一般的です。

加えて、納骨の後の会食に僧侶の方が参加しない場合も、御膳料と呼ばれるお布施が必要となります。
この御膳料も、5千円から1万円が相場となっています。

会食代

納骨の後に参列者の方たちを招いて行われる会食ですが、会食代は、参列者1人につき3千円から5千円が相場です。

ただ、会食代の予算も参列者の人数や料理屋などでの料理の内容によって変動しますので、少なくとも参列者の人数が確定してから料理屋側と相談して予算を決めるとよいでしょう。

彫刻料

次に必要な費用は、彫刻料です。
具体的には、墓石(竿石:お墓で最も高くそびえる石のこと)や墓誌への故人の戒名や没年月日などを彫刻してもらうための費用です。
彫刻料は、1名分につき3万円から5万円が一般的な相場ですが、特に4万円台である場合が多いです。

なお、戒名の長さで費用が高くなると心配する方もいるかもしれませんが、その点は心配はしなくて大丈夫です。
というのは、戒名などの彫刻はパソコンに読み込んで行うため、文字数の長さに関わらず費用は変わらないためです。

場合によってはかかる費用

必ずというわけではありませんが、納骨を行うご家庭の事情によっては発生する費用もあります。
ここでは、納骨の際の作業代や、年忌法要や開眼供養の費用、そしてお墓の建立費用についてご紹介します。

納骨の作業代

納骨の作業代は、具体的には実際に納骨を行う際に石材店の方にカロートの扉を開けてもらったうえで、ご遺骨の入った骨壷を中に納める作業をやってもらうための費用を指します。

関西のお墓のように、簡単にカロートの扉を開けられる場合は、この費用は必要ありませんが、関東のお墓のようにカロートの扉が重い場合は必要となるでしょう。

その相場は、1万5千円から3万円が一般的な相場です。

年忌法要や開眼法要の費用

納骨の当日に年忌法要やお墓の開眼供養を行う場合があります。
その場合は、年忌法要や開眼法要の費用(主にお布施)が必要です。

いずれの場合も、それぞれ1万円から5万円が相場で、加えて納骨式のお布施と別に用意する必要があります。

お墓を建立する費用

納骨に先立ってお墓を建てるという方は、お墓を建立する費用も必要となります。
一般的な和型墓石のお墓で100万円から300万円が必要です。

ただ、お墓の大きさや区画の広さ、デザインの複雑さ、石材の費用などによって実際にかかる費用は大きく変わってきます。

お墓に納骨する時期

お墓

お墓に納骨を行うとなると、いつごろやればよいのかについて悩む方も多いでしょう。
続いては、そんなお墓に納骨する時期について説明します。

最も早いタイミングであれば、故人の四十九日法要に合わせて行うのが一般的とされています。
ただし、実際にこのタイミングでできるのは、あらかじめお墓を用意してある場合に限られます。
というのは、お墓の工期には最低でも2ヶ月から3ヶ月ほど必要であるためです。

このため、特に故人が亡くなった後にお墓を建てる場合であれば、四十九日法要ではなく、その後の百ヶ日法要や一周忌に合わせて納骨する場合が多いです。

ただ、ご家庭の事情によっては早い段階での納骨ができない場合もあるでしょう。
その場合は、ご都合の良い時期に法要に合わせて行うとよいでしょう。

お墓に納骨する以外の供養方法

お墓

一般的なお墓に納める以外にも、納骨の方法はさまざまです。
ここでは、お墓に納骨する以外の供養方法について見ていきましょう。

納骨堂に納骨する

納骨堂はもともと、ご遺骨の入った骨壷を納めておくための建物を意味していましたが、現在では少子高齢化や土地不足の問題を受けて増えてきている集合墓地を指すようになりました。

納骨堂にはさまざまなタイプのものがあり、納骨のみができるロッカーや納骨に加えて供養もできる仏壇型、さらに専用のカードをかざすだけで全自動でご遺骨が運ばれてくる自動搬送型などがあります。

必要な費用は、個人用で30万円から50万円、家族用で100万円程度となっています。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
納骨堂の費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

合祀墓に納骨する

合祀墓とは、文字通り複数の故人のご遺骨を一緒に納骨しておくお墓のことです。
最近では、永代供養墓の中で特に多く見られるようになってきています。

合祀墓は、将来お墓を継承する方がいない場合や、残されるご家族の負担を軽くしたいという方を中心に多く利用されています。

合祀墓の費用は、10万円から30万円程度となっています。
これは1つのお墓を共有するために、一般の個別墓よりも永代使用料が比較的安くなるためです。

海洋散骨

散骨は、ご遺骨をお墓などに納めるのではなく自然の中に撒く供養の方法で、そのうち海に撒くものが海洋散骨です。

海洋散骨は、自然に回帰したいという方やご遺族の供養などに対する負担を軽減したいという方を中心に利用されています。

海洋散骨には個別でやる方法や合同でやる方法、業者に委託する方法がありますが、このうち業者に委託する方法の場合、海洋散骨の費用は、5万円程度と非常に安くなります。

樹木葬

樹木葬は、文字通りお墓を建てる代わりに樹木を植え、そのたもとにご遺骨を埋葬する方法です。
樹木葬は、公園墓地の専用スペースや樹木葬専用の墓地で行われるのが主で、こちらも自然に回帰したいという方やご遺族の負担を軽くしたいという方が利用者の中心です。

樹木葬の費用は、10万円から80万円が一般的な相場です。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
樹木葬の費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

手元供養

手元供養は、お墓への納骨や散骨を利用することなく、ご遺骨をご自宅にて保管・供養する方法です。
故人の方の存在を生活の中で常に感じることができるため、最近この方法を用いる方が増えてきています。

費用は基本的に発生しませんが、専用の骨壷や仏壇を用意するということであれば、数千円から15万円ほどが必要です。

お墓に納骨する方法まとめ

お墓

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、お墓に納骨する方法についていろいろと見てきましたが、その内容をまとめますと次の通りになります。

  • お墓に納骨するまでの手順や方法は、まず寺院や石材店に法要や戒名の彫刻を依頼し、納骨に必要な書類を集める。そして、納骨当日に参加してもらいたい参列者に日時などを連絡するとともにお供え物や、納骨後の会食の準備をする。
  • お墓への納骨のために準備するものとして、故人のご遺骨や火葬許可証明書、墓地の利用許可証、数珠、印鑑(認印)、お供え物、お布施が挙げられる。
  • お墓に納骨する際に必要な費用として、納骨式で使う物の費用(5千円から1万円)、納骨先へのお布施(納骨式:3万円から5万円、お車代と御膳料:それぞれ5千円から1万円)、会食代(参列者1人当たり3千円から5千円程度)、彫刻料(故人1人分につき3万円から5万円)がまず必要である。そのほか、場合によっては納骨時の作業代(1万5千円から3万円)、年忌法要や開眼供養の費用(それぞれ1万円から5万円)、お墓の建立費用(100万円から300万円)も発生する。
  • お墓への納骨の時期は、故人の四十九日法要に合わせて行うのが一般的だが、ご家庭の事情に合わせて行っても問題はない。
  • 納骨以外の供養の方法として、納骨堂や合祀墓への納骨、海洋散骨、樹木葬、手元供養が挙げられる。

お墓への納骨は、このように準備すべきものも非常に多いですが、余裕をもって準備をすれば何とかなるといえるでしょう。

そして、その方法をを知っておくことは、実は終活に取り組むうえでも重要なことといえます。
というのは、一言でお墓の納骨といっても、前もってきちんと準備しておく場合と、そうでない場合とでは納骨の準備の際にご家族が負う負担に大きな差があるためです。

だからこそ、終活において事前にお墓を用意したり、またお墓のこと以外でもご自身が世を去った後に備えていろいろと準備しておくことは、残されるご家族が悔いの残らない納骨に向けてきちんと準備をできる助けにもなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・納骨・方法」に関連する記事

「お墓・納骨・方法」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・納骨・方法」についてさらに知りたい方へ

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!のサムネイル画像

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説のサムネイル画像

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!のサムネイル画像

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説しますのサムネイル画像

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説します

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!のサムネイル画像

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!のサムネイル画像

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

意外と知らない?納骨の仕方について正しい知識を持っておこうのサムネイル画像

意外と知らない?納骨の仕方について正しい知識を持っておこう

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと