お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

安くお墓を購入したい!お墓を購入する費用はいくらくらいかかるの?という方は是非最後までご覧ください。お墓を購入する費用についてや安く抑える方法をご説明いたします。この記事を読んで少しでも安くお墓を購入しましょう。

目次

  1. お墓を購入するための費用について
  2. お墓を購入する費用はいくらくらい?
  3. お墓の購入時に必要な費用の内訳
  4. なぜお墓の購入費用に差が出るのか
  5. お墓の購入費用を抑えるためのポイント
  6. お墓を購入しない供養方法とその費用
  7. お墓を購入する費用についてまとめ

お墓を購入するための費用について

お墓

お墓を購入するための費用がいくらくらいかかるのかご存じでしょうか?
お墓は高額な買い物となる為、後悔しないようにしたいですね。

そこで今回終活ねっとでは、お墓を購入するための費用について

  • お墓を購入する費用はいくらくらいかかるのか
  • お墓を購入する際必要となる費用の内訳
  • お墓の購入費用に差が出るのはなぜなのか?
  • 購入費用を抑えるためのポイント
  • お墓を購入しない供養方法とその費用

以上の点を中心にご紹介していきます。

終活をしている人だけでなく誰にとっても役に立つ内容となっております。

納得のいくお墓を購入するために是非最後までご覧ください。

お墓を購入する費用はいくらくらい?

困った人々

一般的にお墓を購入する費用はいくらくらいなのでしょうか?

約100万円くらいで購入したいと考えている方が多いですが、実際お墓の購入金額の相場は約150万円~約200万円となっています。

都心や交通アクセスの良い墓地や霊園は金額が高くなり、同じ霊園・墓地であっても駐車場が近い、日当たりが良いなどによって金額が変動します。

お墓の購入時に必要な費用の内訳

お金

墓石を買ったらそれだけでお墓が建つわけではありません。
お墓を購入するにあたって様々な費用が発生します。

お墓の購入に必要な費用の内訳にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 永代使用料
  • 墓石代・彫刻費
  • 入檀料
  • 開眼供養のお布施
  • 管理料

上記5つがお墓を購入するにあたって発生する費用となります。
以下でそれぞれについて詳しくご説明いたします。

永代使用料

お墓の購入時に必要な費用の1つとしてあげられるのが、永代使用料です。

お墓は、墓地・霊園の土地を借りて建てられます。
永代使用料とは、墓地・霊園の土地を永代に渡って使用する権利の料金です。
一般的には購入時に一度だけ支払います。

永代使用料の料金相場は、約60万円~約80万円となっていますが、都心になると約120万円~約200万円と倍近く高くなってしまいます。

また土地を借りているだけなので、転売したり他の人に貸したりすることはできませんので注意してください。

墓石代・彫刻費

次に、購入時の費用内訳としてあげられるのは、墓石代・彫刻費です。

墓石代には、石材の費用だけでなく外柵・諸工事費などの費用も含まれています。
そのため、墓石代は約130万円~約150万円が全国的な相場となっています。

彫刻費とは、墓石に戒名、没年月日、俗名、亡くなったお歳などを彫る作業にかかる費用です。
一般的に、彫刻費は約4万円程度で彫ることができます。
文字数で金額の変動はなく、一名につき金額が発生します。

墓石代も彫刻費も石材店によって金額に違いがあるので、よく確認しましょう。

(お寺の場合は)入檀料

お寺にお墓を建てる際、そのお寺の檀家とならなければならない場合があります。
入檀料とは、その檀家になるときに必要な入檀費用です。
入檀料は毎年支払う必要はありません。

一般的な料金相場は約10万円~約30万円となっています。
そのお寺や宗派によって違いがあり、入檀料の金額に決まりがないお寺もあります。
決まりがないお寺の場合は、相場を目安にお支払いしましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと

檀家とは、特定の寺の支援者として、寺の維持に経済的支援を行う家を意味します。
お寺にお墓を建てる際、多くの場合お寺の檀家となる必要があります。
注意しましょう。

開眼供養のお布施

次に必要な費用としてあげられるのが、開眼供養のお布施です。

お墓の完成後、納骨・開眼供養を行います。
開眼供養とは、まだ魂の入っていないお墓に魂を入れてもらう儀式のことで、納骨の際に一緒に行うのが一般的です。

開眼供養の際にお布施が発生します。
お布施代に決まりがないところがほとんどですが、料金相場は約3万円~約5万円となっています。

感謝の気持ちとしてお包みするお布施代ですが、ご自身の地域やそのお寺・霊園の料金相場を知り、お布施代として渡すのがいいでしょう。

管理料

管理料とは、そのお寺・霊園を維持・管理するのにかかる費用のことをいいます。

お寺・墓地全体のメンテナンスや管理、水道代などがその管理料からまかなわれています。
管理料は毎年支払う必要があり、料金相場は年間約4千円~約1万5千円となっています。
毎年支払う場合と、3年・5年と数年分まとめて支払う場合があります。

お墓を建てた後も維持をしていくのに費用はかかります。
そのお寺・墓地によって金額や支払方法に違いがあるので購入前に確認しましょう。

終活ねっとでは、全国の墓地・霊園を様々な条件から検索することができ、霊園に資料請求をしたり、見学予約することも可能です。
お墓を探したいという方は是非こちらもご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

なぜお墓の購入費用に差が出るのか

困った人々

上記でお墓を建てる際にかかる費用をご説明いたしましたが、それぞれ金額に違いがあります。
100万円程度でお墓を建てたという人もいれば、200万円以上かかってしまったという人もいます。
できれば安くて満足のいくお墓を建てたいですね。

ではなぜ購入費用に差が出るのでしょうか?

  • 墓地の経営主体による違い
  • 墓地の立地
  • お墓を建てる場所や面積による違い
  • 使用する石材
  • 墓石の大きさ
  • 墓石の形

上記6つの理由から購入費用に差が出ています。
以下では、それぞれについて詳しく説明していきます。

墓地の経営主体による違い

墓地・霊園の種類には、寺院墓地・公営霊園・民営霊園の3つがあります。
お墓は、墓地の経営主体による違い、つまりどこの墓地・霊園にお墓を建てるかによって費用が変わってきます。

  • 寺院墓地

    寺院墓地の場合、約1万円~約2万円の管理料と入檀料が発生するため、公営霊園・民営霊園より少し金額は高くなります。
    また寺院墓地の場合はお盆などの行事に参加費用などがかかるので、建てた後の維持費用も他の霊園に比べて高くなります。

  • 公営霊園・民営霊園

    公営霊園・民営霊園の場合は維持していくのに管理料しかかからず年間約5千円~約1万円となっているため、お墓を建てた後に維持をしていくにも費用は安くすみます。

墓地の立地

墓地の立地も購入費用に差が出る1つの要因です。

墓地の立地が良く、都心やアクセスのしやすい墓地・霊園は費用が高くなります。

お盆やお彼岸など頻繁にお墓参りに行く場合、墓地・霊園までのアクセスの良さは重要となります。
そのためアクセスの良い墓地は人気が高く、費用は高くなります。

都心の墓地・霊園の費用が高い理由としては、永代使用料や墓石設置代が影響しています。
永代使用料の全国的費用相場は約70万円~約80万円となっていますが、都心の場合、費用相場は約120万円となり約50万円もの差が出ています。

お墓を建てる場所や面積による違い

同じ墓地・霊園内でも費用に違いが出ます。
その要因として挙げられるのが、お墓を建てる場所や面積による違いにです。

例えば、駐車場が近い場所などのお墓参りしやすいところや、日当たりのいい場所などは費用が高くなる傾向があります。

お墓を建てる面積についても、やはり区画が広いと費用が高く、狭いと安くなります。

また、水はけがいい場所や風遠しがいい場所は、お墓のお手入れもしやすいため、費用が高くなります。

使用する石材

墓石に使用する石材には様々な種類があります。
国産だけではなく、中国・インドなどの外国産もあります。
国産の石材の種類は約50種類以上、外国産にもなると約100種類以上もの石材があります。

もちろん国産・外国産で値段は違います。
現在日本で一番使用されている石材は花崗岩です。
最安値は、国産であれば約70万円、最高額になると約500万円もする花崗岩もあります。

最近では、国産の石材とほとんど変わらない性質の石材が中国から安く輸入されているため、中国産の石材を使用している人も増えてきました。

たくさんの石材が墓石として使用されていますが、数十万円から高価な物になると数千万円もする石材もあります。
使用する石材によって金額は大きく変動しますので、石材店に確認しましょう。

お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

墓石の大きさ

墓石の大きさも費用を変動させています。

石材の使用量が多くなれば金額も高くなります。

一階建ての家よりも二階建ての家の方が高くなるのと同じです。
石の全てを墓石として使用できるわけではないので、希少価値が高いことが関係しています。

墓石の形

今では墓石の形に様々なデザインがあり、洋風な墓石や故人の趣味や職業などを墓石の形にしているオーダーメイドの墓石もあります。

また、日本で作られる墓石の方が職人の人件費が高いため、中国などで作られる墓石よりも高い傾向があります。

デザインに凝りすぎると加工費が高くなりますので、費用を抑えたい場合はシンプルな墓石を選びましょう。

お墓の購入費用を抑えるためのポイント

お墓

お墓を少しでも安く購入するためにはどのようなポイントを抑えておけばいいのでしょうか?

お墓は一生に一度の高額な買い物となるため少しでも費用を抑えたいですよね。

そこでここでは、お墓の購入費用を抑えるためのポイントについて、3つの点から説明していきます。

生前にお墓を購入しておく

まず、お墓の購入費用を抑えるためのポイントとして挙げられるのが、生前にお墓を購入しておくことです。

生前にお墓を購入することによって、相続税がかからないので課税対象額を圧縮できます。
亡くなった後にお墓を建てると、課税遺産から相続税が引かれてしまい残った金額でお墓を建てることになるので、生前に建てた場合と差が生じます。

相続税のことを考えると生前にお墓を建てることが費用を抑えるポイントとなります。

完成品の墓石を購入する

完成品の墓石を購入することも、お墓の費用を抑えるためのポイントです。

最近では、墓石にも完成品の墓石やアウトレットの墓石があります。
先ほどご説明しました通り、墓石を加工する際にも費用が発生します。
あらかじめ完成している墓石の場合、加工費がかからないのでその分安くすみます。

今では複数の石材店で完成している墓石を販売していたり、インターネットでもたくさんの完成した墓石の販売をしています。
多少傷があっても問題ないという方は、アウトレットの墓石もチェックしましょう。

気に入ったデザインがあった場合はその墓石を購入することによって、加工費を抑えることができるので安く墓石を購入することが可能です。

複数の墓地・霊園から見積もりを取る

最後のお墓の購入費用を抑えるポイントは複数の墓地・霊園から見積もりを取ることです。

墓地・霊園によって墓石の値段や諸工事費、加工費などに違いがあります。

石材店によっては内訳を詳しく出さなかったり、余計な料金が見積もりに組み込まれていることもあります。
複数の墓地・霊園に見積もりを取ることによって、いい石材店を見極めることができます。

初めから一つの墓地・霊園に絞るのではなく、色々な墓地・霊園を調べ見積もりを取ることが大切です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓を購入しない供養方法とその費用

お金

これまでお墓を購入する場合の費用などについてご説明してきました。

それでは、お墓以外に供養方法の選択肢はないのでしょうか。

ここからはお墓を建てる以外の供養方法とその費用について詳しく見ていきましょう。

納骨堂で永代供養してもらう

最近では、納骨堂で永代供養してもらうという埋葬方法を利用する人が増えてきています。

納骨堂とは、ひと言で説明すると屋内のお墓になります。
ロッカータイプや棚式、仏壇式などがありますが基本的に個別に遺骨を収納することができます。
多くの方が、一時的に遺骨を預かってもらい、ご家族で13年・23年・33年など安置期間を決め期間終了後は永代供養墓などに合祀することが多いです。

納骨堂の費用相場は、約50万円~約100万円で、都心になると費用は高くなる傾向があります。

納骨堂ではお墓参りに行くことのできないご家族に代わって、その施設が管理や供養を行ってくれます。

終活ねっとでは、納骨堂に関する様々な記事を紹介しています。
納骨堂での永代供養についてもっと詳しく知りたい方と感じた方は是非こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

都市部に暮らす人にとって、自分や家族の死後のお墓の管理に悩んでいる人も多いと思います。この問題の解決策の一つの選択肢として近年増えている納骨堂があります。納骨堂とは遺骨を永代供養してくれる施設です。納骨堂のシステムと永代供養について解説します。

合葬墓

合葬墓とは複数の遺骨をとめて埋葬するお墓のことです。
基本的に合葬墓はたくさんの遺骨が一つのお墓に埋葬されているので、一度埋葬したあとは、遺骨を取り出すことは出来ません。

費用相場は約30万円~約50万円となっています。
埋葬後もお盆やお彼岸などにご家族に代わってきちんと供養してくれます。

合葬墓などといった共同墓地は利用が広まりつつあります。
共同墓地の費用相場や永代供養についてもっと詳しく知りたい方は是非こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

共同墓地で必要になる費用の相場はいくらくらい?永代供養とは?

共同墓地の利用が広まりつつあります。少子高齢化や費用の問題から、共同墓地が求められていることはもう珍しいことではないようです。共同墓地の申し込み、永代供養、管理費用などについて調べてみましょう。

樹木葬

樹木の周辺に遺骨を埋葬する供養方法のことを樹木葬といいます。
一般的な樹木葬はお寺や霊園シンボルツリーと呼ばれる木が一本建てられていて、その周辺に埋葬します。

費用相場は約50万円となり、合葬墓同様たくさんの遺骨を一緒に埋葬しているため樹木葬も、納骨後遺骨を取り出すことはできません。

多くのお寺や霊園に樹木葬はありますが、シンボルツリーの場合やガーデニング風などそれぞれ埋葬のスタイルに違いはあります。

樹木葬は新しいお墓の形として注目されています。
樹木葬についてもっと詳しく知りたい方と感じた方は是非こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

散骨

人のご遺骨を粉末状にした後に、思い出の場所や海、山などに撒く供養方法を散骨といいます。
個別で散骨する場合と、合同で散骨する場合とがあり料金も違います。

個別の場合約20万円~約30万円、合同の場合約10万円が費用相場です。

散骨した後は一切費用がかからず、散骨についての決まりは法律でもありません。
自分たちで散骨する場合は、周囲に迷惑のかからないように気を付けましょう。

散骨についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

ドラマや映画で亡き人の埋葬シーンで海の散骨シーンを見たことはありませんか?日本ではまだ散骨は浸透していないようですが、費用が安くなる事や自然志向の方などを中心に広がっているようです。今回はそんな散骨と費用についてご紹介いたします。

手元供養

葬儀・火葬を行った後、遺骨を持ち帰り自宅に保管する供養方法を手元供養といいます。
骨壺に入れて保管するご家族や、身に着けておけるメモリアルペンダントも今では人気を集めています。

費用は、ペンダント代・骨壺代として約3万円~約5万円となっています。
亡くなった家族を身近に感じることができ、自宅に遺骨を保管することによってお参りに行く必要もありません。
また、時間などを気にせずいつでも好きな時に供養してあげることができます。

しかし遺骨はカビなどが生えやすいため、骨壺に入れて保管する場合は湿気の多い場所を避けるなど十分注意が必要です。

自宅供養をする際の注意点などについてもっと詳しく知りたい方は是非こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓ではなく、自宅で供養する場合の注意点

通常は墓地に遺骨を納めて供養しますが、それぞれの事情から墓地ではなく、自宅で供養するご家庭が増えています。自宅で遺骨を供養する時に気を付ける事とは一体なんでしょうか。

お墓を購入する費用についてまとめ

お墓

今回終活ねっとではお墓を購入する費用についてご説明いたしました。
いかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お寺・霊園の場所などで差はあるけれど、約150万円~約200万円がお墓の購入金額相場となっている。
  • 購入時に必要な費用とその内訳は永代使用料(約約60万円~約80万円)・墓石代・彫刻費(約130万円~約150万円)・お寺の場合は入檀料(約10万円~約30万円)・開眼供養のお布施(約3万円~約5万円)・管理料(年間約4千円~約1万5千円)となっている。
  • 購入費用に差が出る理由は墓地の経営主体による違い・立地条件や場所、面積の違い・使用する石材の種類や形、大きさが関係している。
  • 生前にお墓を建てることによって相続税がかからず、複数の墓地・霊園から見積もりを取り比較をし、気に入ったデザインがある場合完成している墓石を購入することによって費用を抑えることができる。
  • お墓を購入しない供養方法には納骨堂で永代供養(約50万円~約100万円)、合葬墓(約30万円~約50万円)、樹木葬(約50万円)、散骨(約10万円~約30万円)、手元供養(約3万円~約5万円)などがある。

これからお墓を購入しようと考えている方、少しでもコストを抑えたいという方は是非参考にしてください。

終活ねっとではこの記事以外にもお墓の費用や、種類などについての記事を多数掲載しております。
お墓の建立時に必要なことについてもっと詳しく知りたい方は是非こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を建立するまでの流れとは?建立祝いやお布施のマナーも解説

皆さんが終活をしていく中で、生前にお墓を建てるべきかどうかは重要な問題ですよね。では、お墓はどのような流れで建立すれば良いのでしょうか?今回は、お墓の建立の流れを中心に、開眼法要や建立者の名前の彫り方、建立祝いのマナーなどについて詳しく解説します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・購入・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・購入・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

墓地・霊園でお墓を購入するための費用相場について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園でお墓を購入するための費用相場について解説します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・購入・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと