仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

私たち日本人にとってお墓といえば、仏教式のものが一般的です。ただ、仏教のお墓に込められている意味について理解していない場合も少なくないといえます。普段あまり考えない仏教のお墓の意味について一緒に考える機会を持ってみませんか?

目次

  1. 仏教のお墓について
  2. 仏教のお墓はどんなもの?
  3. お墓に関する仏教の法要
  4. 仏教でのお墓参り
  5. 仏教のお墓に宗派の違いはある?
  6. 他の宗教のお墓との違い
  7. 仏教徒は寺院墓地にしか入れない?
  8. 仏教のお墓まとめ

仏教のお墓について

お墓

日本にのお墓と仏教には強いつながりがあることをご存知でしたか。

日本のお墓と仏教は強く結びついていますが、お墓に込められた仏教の考え方や意味について私たちが理解する機会はなかなか持つことがない場合が多いです。

そこで今回終活ねっとでは、仏教のお墓について

  • 仏教式のお墓とはどのようなものなのか?

    仏教におけるお墓の意味や特徴について見ていきます。

  • お墓関係の仏教で持たれる法要にはどのようなものがあるのか?

    お墓を持っていることで催される仏教の法要について詳しくご紹介していきます。

  • 仏教でのお墓参りとはどのようなものなのか?

    仏教でのお墓参りの意味や時期、手順などを見ていきます。

  • 仏教のお墓での宗派の違いとは?

    仏教の宗派ごとのお墓の違いについて簡潔に見ていきましょう。

  • 仏教以外の宗教のお墓との違いとは?

    キリスト教など仏教以外の宗教のお墓の特徴に迫ります。

  • 仏教とは寺院の持つ墓地にしか入ることはできないのか?

    仏教徒の入ることのできる墓地や霊園について考えていきます。

以上の点を中心にご紹介していきます。

終活をしている人だけでなく誰にとっても役に立つ内容となっております。
是非最後までお読みください。

仏教のお墓はどんなもの?

お墓

そもそも仏教のお墓はどんなものなのでしょうか。

仏教式のお墓はもちろんのこと、仏教の考え方に基づいた構造となっていますが、そもそも仏教においてお墓はどのような意味を持つのでしょうか?

ここではまず、仏教においてお墓が持つ意味やその特徴について見ていきましょう。

仏教におけるお墓の意味

仏教におけるお墓の意味を知っていますか?

お墓と聞くと、私たちは「亡くなった後に入るもの」というイメージがあります。

しかし、本来仏教が持っているお墓に対する考え方に「お墓に入る」という考え方はありません。
まず、死生観(死に対する考え方)という点から仏教が持つお墓に対する考え方を見ていき、さらに日本で仏教のお墓が発達した事情に迫ってみましょう。

仏教の死生観

仏教の死生観はどのようなものなのでしょうか。

仏教では死というものについて考えるとき、輪廻転生という考え方がベースとなります。
これは、「亡くなった後は生前の行いによって生まれ変わる」という考え方で、生まれ変わる先の世界として人間界を含め6種類の世界(六道)が挙げられています。

もちろん、生前に善い行いをしていれば苦しみの少ない世界(天上界や人間界など)に生まれ変わりますが、一方で悪い行いが多い場合は地獄界や修羅界のように苦しみの多い世界に生まれ変わることになります。

ただし、この六道に生まれ変わること(六道輪廻)は悟りを開いて煩悩から解放されていない人の場合で、仏様の教えに出会って悟りを開き、煩悩から解放されている場合は、成仏し仏様の世界で生まれ変わるものとされています。

なぜ日本でお墓が発達したのか

それではなぜ日本でお墓が発達したのでしょうか。

実は仏教が信じられている国々の中でも、日本のように仏教式のお墓を建ててご先祖様を供養するというのは非常に独特のものといえます。

というのは、日本の先祖供養は仏教文化の影響を受けたものではありませんでした。
先祖供養は仏教伝来よりも(6世紀)以前から日本で見られた習慣で、同時にインドで発祥した仏教には祖先崇拝の考えがないためです。

加えて、6世紀に大陸から仏教が伝来しますが、仏教は実は中国の儒教に見られる祖先崇拝の要素が取り入れられているため、それがもともと祖先崇拝の伝統のあった日本でも仏教が広がる要因ともなりました。

そして、時代が進むにつれて日本の仏教でさまざまな宗派が誕生します。
それらの各宗派の考え方は日本の伝統的な先祖供養に重きを置いています。
そのため、仏教が日本に浸透する中で、日本独自の仏教式のお墓が発達したのです。

仏教のお墓の特徴

仏教式のお墓の特徴は、基本として江戸時代から普及した三段墓とよばれる竿石(最も高くそびえている墓石)を頂点とした三段の墓石でできているものが一般的という点です。

ちなみに、江戸時代以前のお墓は五輪塔と呼ばれる、5つの形の違う石(仏教の世界観を象徴)から構成されるお墓が一般的でした。

墓石のほかにも、そこに眠るご先祖様の戒名などを記した墓誌や、ご先祖様の冥福を祈るための木の板である卒塔婆、子どもの霊を慰めるための地蔵像が配されているものもあります。

お墓に関する仏教の法要

null

多くの方が経験したことがあるように、日本で一般的な仏教式のお墓ではそれに関係する法要や供養が持たれる場合が少なくありません。

ここでは、お墓に関する仏教の法要について見ていきましょう。

開眼供養

開眼供養と聞くと、歴史の授業で習った奈良の東大寺にある大仏の開眼供養をイメージする方もいると思われますが、実はお墓でも建立した際に開眼供養が行われます。

実はお墓の開眼供養は、ただの石碑にお墓としての機能を持たせるうえで不可欠な供養です。
具体的には、完成したばかりのお墓にご先祖様の霊を呼びこむというもので、これによってご先祖様の眠る場としてのお墓らしくなります。

閉眼供養

開眼供養と逆の意味を持つ供養が、閉眼供養です。
これは、お墓に宿るご先祖様の霊を抜くことで、お墓をただの石碑に戻すための供養を指します。

閉眼供養が行われるのは、何らかの事情(改葬など)でお墓を閉じる際です。
その際にご先祖様の霊が宿ったままお墓を撤去することは、ご先祖様に対し非常に失礼なことであるため、閉眼供養を行ったうえでお墓の撤去に取り掛かることになります。

納骨供養

納骨供養とは、文字通り故人のご遺骨をお墓に納める際に行う供養のことです。
最も早い時期で、故人の四十九日法要にあわせて行いますが、必ずこの時期にやらなければいけないわけではありません。

そのため、ご家庭の事情によっては故人の一周忌や三周忌などの法要に合わせて行う場合もありますが、遅くとも三周忌までに行うのが望ましいとされています。

忌日法要

忌日(きにち)とは、故人が実際に亡くなった日から四十九日までの間の期間に7日ごとにめぐってくる日のことで、その際に持たれる法要を忌日法要といいます。

なお、最初の忌日法要のことを初七日(はつなぬか)といい、葬儀が終わってから最初に持たれる法要を指します。
ただし、葬儀の当日に初七日の法要を持つという方も多いです。

これは仏教の考え方で、故人が四十九日を迎えるまでに7日ごとに小さな生まれ変わりを経験するとされていることから来ています。

年忌法要

年忌法要とは、故人が亡くなった後に何年かおきにその命日にあわせて行う法要のことです。

一周忌や三周忌、七周忌などが挙げられ三十三周忌が最後の年忌法要とするのが一般的ですが、地域やご家庭の慣習により五十周忌や百周忌の法要を行う場合もあります。

年忌法要は仏教にもともとなかった考え方で、仏教が日本に伝わるまでの過程や日本に定着してから付け加えられた儀礼といえます。
ご先祖様がいくつもの年忌法要を経ていくうちに、1人の祖先神になっていくという日本仏教独自の考え方がその背景にあります。

仏教でのお墓参り

お墓

日本人にとってもすっかりおなじみの慣習であるお墓参りですが、仏教のお墓ではそれはどのような意味を持っているのでしょうか?
ここでは、仏教でのお墓参りについて見ていきましょう。

仏教におけるお墓参りの意味

仏教におけるお墓参りの意味は、すでに亡くなったご先祖様をしのんだり敬ったりするとともに、彼らの冥福を祈るためのひと時を持つという意味があります。

同時に、今を生きる方たちがご先祖様に近況を報告するとともに、ご先祖様の縁や仏様のお力によって生かされていることに感謝するという意味もあります。

お墓参りの時期

お墓参りの時期といえば、お盆やお彼岸の時期がまず挙げられます。

お盆は8月の中旬の時期で、この時期にご先祖様の霊があの世から戻ってきて共に過ごしつつ、ご先祖様を供養するためにお墓参りが行われます。
お彼岸は春と秋の2回持たれ、この世とあの世とが最も近いと考えられていることから、その時期にご先祖様を供養するための時期です。

また、これ以外にも故人の年忌(一周忌や三周忌など)に法要やお墓参りを行うことで、ご先祖様の冥福を祈ることもあります。

お供え

お墓参りの際のお供え物といえばお線香やお花、故人が好きだったお菓子などが挙げられます。
実は仏教では五供と呼ばれる主要なお供え物が決められています。

五供には、以下の5つが挙げられます。

  • お香(お線香)

    身と心を清らかにする

  • 供花

    仏様やご先祖様に感謝の気持ちを示す

  • 灯燭(ろうそく)

    火を灯しご先祖様を供養する

  • 浄水(お水)

    心を洗い清める

  • 飲食

    生かされていることへの感謝の気持ちを示す

お墓参りの手順

お墓参りには一定の手順があります。
一般的な手順は以下の通りです。

  • 手桶で手を洗い清める
  • お墓の前で一礼
  • お墓の墓石の清掃(水拭き)
  • お墓の周りの雑草取りや掃き掃除
  • お線香やお供え物をお供えして、拝礼を行う

仏教のお墓に宗派の違いはある?

お墓

仏教のお墓に宗派の違いはあるのでしょうか?

仏教式のお墓の基本的なつくりはどの宗派でもほとんど大差はありませんが、明確な違いとしては墓石に刻まれる彫刻の文言の違いが挙げられます。

例えば、浄土宗や浄土真宗であれば「南無阿弥陀仏」、真言宗であれば「南無大師遍照金剛」、日蓮宗であれば「南無妙法蓮華経」という文言が使われます。

また、それ以外にも浄土真宗では追善供養の考え方がないことから卒塔婆や地蔵像を立てないといった点が挙げられます。

他の宗教のお墓との違い

お墓

日本には仏教以外にもキリスト教などの宗教も存在します。
ここでは、他の宗教のお墓との違いについて見ていきましょう。

神道

神道の場合、お墓の形は仏教のものに非常によく似ているものと、竿石の上の部分が尖っているものとがあります。
そして、墓石に記される文言も「○○家之奥津城(おくつき)」とするのが一般的です。
また、墓前に鳥居を設置する場合もあります。

埋葬の方法は、火葬したご遺骨を遅くとも五十日祭(仏教でいう四十九日法要)の時までに納骨します。

お墓参りの際にはお墓の掃除を済ませ、玉串や清めたお米やお酒、お水をお供えするのが作法とされています。
また、拝礼の方法は二礼二拍手一礼(神社へのお参りと同じ)が基本です。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
神道のお墓についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

古来より日本人が信仰してきた神道。生活のなかにも深く信仰が根づいていますが、そのお墓については意外と知られていないもの。そこで、神道の墓地や墓石、お墓参りの際のマナーまで、わかりやすくまとめてみました。

キリスト教

キリスト教のお墓は、シンボルである十字架を象ったものや低めの白い墓石のものが一般的です。
お墓に刻まれる文言については、故人が生前に好んだ聖書の字句などが記されます。

埋葬は火葬したご遺骨を、故人が亡くなって1ヶ月後の召天記念日礼拝もしくは追悼ミサの後に納骨します。

お墓参りの際には、お墓の掃除をし、白いお花を供えたうえで、手を胸の前で合わせつつ神様にお祈りを捧げます。

キリスト教のお墓事情についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教のお墓事情についてまとめました。

キリスト教のお墓を見た事はありますか?映画等で見た事はあっても、実際に見た人は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では墓石や墓参り等、キリスト教のお墓事情について解説いたします。

イスラム教

イスラム教のお墓は低いプレートの形をとっていることが一般的です。
ただし、埋葬の方法は土葬、つまりご遺体をそのまま埋める方法がとられます(頭を聖地メッカの方角に向けるのが作法です)。

ちなみにお墓参りについてですが、実はイスラム教では偶像崇拝を禁止しているため、基本的には行われません。

イスラム教のお墓についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

イスラム教のお墓って仏教のお墓と違う?独自の埋葬方法などを紹介

2012年時点で日本人イスラム教徒数は約1万人、外国人イスラム教徒が約10万人で増加傾向にあります。その中には生涯を日本で過ごしお墓を持つ人もいます。身近になりつつあるイスラム教徒への理解の一つとしてイスラム教徒のお葬式やお墓についてご説明いたします。

仏教徒は寺院墓地にしか入れない?

お墓

仏教徒の墓地や霊園といえば寺院墓地というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

たしかに、管理している寺院と同じ宗派に属していればその寺院墓地にお墓を持つことはできます。

しかし、特定の宗派の寺院墓地に限らず、宗教や宗派を問わないところであれば、他の宗教・宗派が運営しているような霊園に入ることも可能です。

仏教のお墓まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、仏教のお墓についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

この記事の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 仏教におけるお墓は実は日本で独自に発達したものである。本来の仏教の死生観では亡くなった人は生まれ変わるため、「お墓に入る」という考え方はないが、日本の先祖供養と結びついた結果、日本独自のご先祖様を敬い感謝するためのお墓が発達した。仏教のお墓の特徴としては三段の墓石からなる三段墓が基本だが、他にも墓誌や卒塔婆、地蔵像を建てる場合もある。
  • お墓に関する仏教の法要には、開眼供養や閉眼供養、納骨供養、忌日法要、年忌法要が挙げられる。
  • 仏教でのお墓参りには、ご先祖様を敬うとともに、ご先祖様との縁や仏様のお力によって生かされていることを感謝するという意味合いがある。お墓参りの時期として、夏場のお盆や、春と秋のお彼岸、故人の節目の法要などが挙げられる。お供え物にはお線香やお花、お水、飲食、ろうそくの5つが基本である。さらにお墓参りには一定の手順がある。
  • 仏教のお墓の宗派ごとの違いは、主に墓石の彫刻の文言が最もわかりやすい。他にも浄土真宗のように卒塔婆や地蔵像を設置しない場合もある。
  • 仏教以外の宗教のお墓では、神道のものであれば墓石の先がとがっている点や鳥居を伴う点、「○○家之奥津城」という文言が使われる点が挙げられる。キリスト教であれば、低めの白い墓石や十字架を象ったお墓が一般的であるうえ、お墓参りも神様に対して祈る場とされている。イスラム教の場合は、低いプレート状のお墓であるうえ、土葬が行われるのが一般的である。

私たちがよく目にする仏教式のお墓は日本古来の先祖供養の慣習と仏教が結びついた結果、独自に発達したものであるといえますね。

終活ねっとでは、この記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
是非最後までお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・仏教」に関連する記事

  • 日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

    日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

    私たちがいつかは必ず眠る終の棲家であるお墓は、日本でもかなり古い時代から設けられてきたとともに、お墓にまつわる独自の文化が形成されてきました。今回は、日本独自のお墓文化にまつわる儀礼や歴史を見ていくことで、日本のお墓文化のあり方やその変遷について見ていきます。

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • 意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

    意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

    お墓と言えば、皆さんはどのような場所を想像しますか?仏教ならお寺にあって、年に一度お盆にお参りをしてお花を供える、そんなイメージではないでしょうか?しかし、お寺にはお墓があるのにそもそも神道にお墓ってあるのか不思議。そんな神道とお墓の関係についてお教えします。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介しますのサムネイル画像

    キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介します

    仏教徒がほとんどの日本にも、キリスト教徒は数多く存在します。しかし、キリスト教徒のお墓に対する考え方やお墓参りのしきたりなどを知っている人は、あまり多くないでしょう。ここでは、いざキリスト教のお墓参りをしなければならなくなった場合に役立つ情報を紹介しています。

  • お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

    最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説のサムネイル画像

    宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説

    墓地・霊園にあるお墓を見回してみますと、宗教関係の文言やシンボルを見かけることが少なくないように、お墓と宗教は密接に関係しています。お墓を購入する際などに宗教関係でどのような点に注意すればよいのでしょうか。今回はお墓と宗教との関係について見ていきましょう。

  • お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介のサムネイル画像

    お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介

    仕事の都合や家族そろってのお引越し。ご先祖様が眠るお墓から遠い場所に、というのはよくある事です。ですが、お墓から遠い場所に引っ越してしまう場合でも、解決策はあるのです。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・仏教」についてさらに知りたい方へ

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介しますのサムネイル画像

キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介します

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説のサムネイル画像

宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説

お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介のサムネイル画像

お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・仏教」についてさらに知りたい方へ

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!のサムネイル画像

意外と知らない?神道とお墓の関係についてまとめてみました!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと