永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

ご遺骨の管理について考えたことはありますか?亡くなった後、遺骨の管理ができな方の為に永代供養という方法があります。永代供養についての知識を身につけておきませんか?「臨済宗なんだけど…」と宗教に不安を感じている方へ、永代供養を行っている臨済宗の寺院も紹介します。

目次

  1. 永代供養してもらえる臨済宗のお寺
  2. 永代供養について
  3. 永代供養してもらう場合の費用相場
  4. 各地の臨済宗の永代供養墓
  5. 永代供養してもらえる臨済宗のお寺まとめ

永代供養してもらえる臨済宗のお寺

困った人々

永代供養とは、ご遺族に代わり寺院や霊園がご遺骨を供養し、管理することです。

以前は、「身内がいない」「子供がいない」という方が多く行っていた供養方法です。
ところが最近では、「お墓を立てるのはお金がかかる」「亡くなったあとに子供に迷惑をかけたくない」「遠くに住んでいて法事に来られなかったり、お墓の管理ができない」などの理由で、身内や子孫がいても永代供養の方法を選ばれる方も増えてきています。

しかし、永代供養はどこの寺院や霊園でも行っているわけではありません。
亡くなった後のことは、費用や宗教のことも含めて、ご家族や自分自身が元気なうちに考えておきたい問題です。

そこで今回、終活ねっとでは、永代供養を行っている臨済宗のお寺や永代供養にかかる費用について以下のことを中心にご紹介していきます。
ご遺骨の管理や供養、終活について考えてみませんか?

  • 永代供養について

    永代供養とはなにか、永代供養を行うときの注意点について説明します。

  • 永代供養してもらう場合の費用相場

    永代供養を行う際にかかる費用について説明します。

  • 各地の臨済宗の永代供養墓

    東京・京都・大阪・神戸の永代供養を行っている臨済宗のお寺をいくつか紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

永代供養について

お墓

永代供養を選ぶ人が増えてきていますが、そもそも永代供養とはどのような供養方法なのでしょうか?
永代供養をする際に知っておきたいこと、気を付けたいことについて説明します。

永代供養とは?

永代供養は、本来お墓を管理・供養する家族に代わって、お寺や霊園が供養や管理を行う供養方法です。

そのため、身内のいない人や家族が遠くに住んでいる場合にもお墓が荒れてしまう心配がないので安心です。
お墓の管理や継承についての心配もありません。

しかし、お骨の保管方法により、納骨後も年間管理費がかかってくる場合もありますので、注意が必要です。
また、永代供養と言っても「永遠にお骨を管理する」という意味ではありません。

法要の回数や時期、管理期間については、お寺や霊園により異なるので事前に確認が必要です。

永代供養は基本的に宗派不問

永代供養では、宗旨や宗派について問われることは少なく、利用するにあたって問題になることはあまりありません。

ただし、ご自身やご家族で深く信仰している宗教がある場合には、確認しておいた方が良いでしょう。

一度合祀すると遺骨を取り出せない

永代供養の多くのご遺骨は、合祀(ごうし)または合葬(がっそう)されることがほとんどです。
これは、永代供養された他の方々と一緒に血縁などに関係なく、大きな墓石の下に一緒に埋葬する方法です。
そのため、一度埋葬されるとご遺骨をとりだすことはできないため、注意が必要です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
永代供養についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

永代供養してもらう場合の費用相場

お金

永代供養にかかる費用は、お墓を新しく建てる場合に比べ、低く抑えることができます。

永代供養にかかる費用の相場は、10万円から50万円のところが多いですが、150万円以上かかるところもあります。
価格に大きな差があるのは、永代供養のなかでも納骨方法や供養の期間などに違いがあるためです。

ここでは、永代供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介します。

合祀墓

合祀墓は墓地や霊園で見かける、個人のお墓ではない大きな墓の多くが合祀墓です。
墓石の下には多くの遺骨を納めることができ、血のつながりのない多くの方と一緒に埋葬されることになります。

合祀墓の場合は、管理にも手間がかからず、個人で場所も多く取らないため価格は比較的安く10~30万円ほどの費用で供養してもらえることが多いです。

納骨堂

納骨堂の多くは室内にあることが多く、個人の納骨棚が設けられそこで供養されるようになります。

個人供養の期間やスペース、装飾、家族や夫婦で遺骨を入れられるサイズの大きいものもあるので費用に差がありますが、納骨堂にかかる費用の相場は10万円~80万円となっています。

年間管理費が別途かかる場合もあるのでご注意ください。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
納骨堂についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

個人・夫婦墓

続いて、個人・夫婦墓について紹介します。

個人や夫婦で入ることのできるお墓で、「他人と一緒にお墓に入るのには抵抗があるけど、将来的に管理してくれる人がいない、子供には迷惑をかけたくない」「夫婦で一緒のお墓に入りたい」という方が、このタイプのお墓を選ぶことが多くあります。

最近では、ペットも一緒に入ることのできるお墓も増えており、愛するペットと同じお墓に入りたいと望む方にも人気の供養方法です。
夫婦で終活として生前契約される方もいます。

墓石と墓石を建てる区画を購入して永代供養してもらうという形になります。
墓石と区画を購入する必要があるので、合祀墓や納骨堂と比較すると価格は高めになっており、150万円以上する場合もあります。

各地の臨済宗の永代供養墓

お墓

永代供養はどこのお寺や霊園でも行っているというわけではありません。
今回は、永代供養を行っている臨済宗のお寺を、東京・京都・大阪・神戸の地域ごとにご紹介します。

東京の臨済宗の永代供養墓

実相寺 青山霊廟
実相寺 青山霊廟

所在地東京都港区北青山2-12-9

営業時間9時~17時

東京都港区北青山2-12-9

まずは、東京の臨済宗の永代供養墓について見ていきましょう。
1634年に創建された歴史のあるお寺です。
納骨堂にはいくつかタイプがあり、家族の構成に合わせたタイプのものを選ぶことができます。
跡継ぎのいない方のためには、夫婦棚・個人棚・位牌壇とあります。

タイプや預かり期間により価格も異なりますが、24万円(位牌壇)~となっています。

アクセスは銀座線外苑前駅から徒歩二分と立地条件は便利です。

臨川寺 納骨堂・永代供養塔
臨川寺 納骨堂・永代供養塔

所在地東京都江東区清澄3-4-6

東京都江東区清澄3-4-6

下町の情緒が残る静かな環境にあるお寺です。
臨済宗のお寺ですが過去の宗旨・宗派については不問です。

納骨棚は合同・夫婦・代々壇とタイプがあり、費用はそれぞれ異なりますが、合同壇は60万円で永代供養できます。
永代供養等は一霊に付き30万円で利用することができます。

清澄白河駅出口から徒歩三分の便利な立地です。

京都の臨済宗の永代供養墓

妙心寺隣華院 永代供養墓 「佛心塔」
妙心寺隣華院 永代供養墓 「佛心塔」

所在地京都府京都市右京区花園妙心寺町47番地

営業時間10時~17時

次に、京都の臨済宗の永代供養墓を紹介します。

妙心寺にある永代供養のための『佛心塔』があり、骨壺のまま安置できるようになっています。
塔の側面には石プレートに墓誌をはめ込み記録として後世に残すことができ、お参りに来た際も迷わず手を合わせることができます。

供養の期間や方法にもよりますが、合祀の場合は10万円から永代供養できます。

電車・バス等の駅も近く、車でお越しの際には駐車場も完備してあるので、便利です。

大本山天龍寺塔頭 大亀山宝厳院
大本山天龍寺塔頭 大亀山宝厳院

所在地京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

宝厳院は1461年に創建された歴史の深い臨済宗天龍寺派の塔頭寺院です。
永代供養は宝厳院の僧侶により臨済宗の供養形式で行われますが、宗派・宗旨は問いません。

供養の方法はお位牌に戒名を刻印し、無礙光堂位牌堂にお祀りします。
ご遺骨はご一体ずつ骨壺安置方式で納骨します。
三十三回忌以後は納骨供養塔に合祀、供養します。

費用や詳細については寺院に直接お問合せください。

大阪の臨済宗の永代供養墓

成恩寺 久遠廟
成恩寺 久遠廟

所在地大阪市生野区林寺3丁目10番16号

大阪市生野区林寺3丁目10番16号

大阪の臨済宗の永代供養墓は700年以上の歴史あるお寺です。
代々の和尚が受け継いで納められたご遺骨を供養しています。
自分自身が亡くなったあと、心配のないように入る手続きをしておきたいという方のための「久遠の会」というものがあります。
久遠会に入会すると、法要のお便りも届きます。

永代納骨料金は25万円です。

臨済宗のお寺ですが宗派・宗旨は問わず、入ることができます。

神戸の臨済宗の永代供養墓

瑞龍寺
瑞龍寺

所在地神戸市兵庫区吉田町3丁目5-7

神戸市兵庫区吉田町3丁目5-7

次に、神戸の臨済宗の永代供養墓について見ていきましょう。

臨済宗瑞龍寺の本山は京都の南禅寺です。
永代供養を行っており納骨堂もあります。
納骨堂には『安心院』と名前が付けられており、心安らかに故人がゆっくりと休むことができます。
継承者がいなくても後々管理費や維持費もかからず安心です。

鉄筋コンクリートの建物の二階部分にあり、災害や水害の際も安全な場所です。

永代供養の価格は、60万円から申し込むことができます。
瀬戸内海を眺めることのできる景色のいい場所です。

覚照山 慶明寺
覚照山 慶明寺

所在地神戸市西区平野町慶明97

神戸市西区平野町慶明97

慶明寺では、ご遺骨は寺院にある合祀永代供養墓に納骨し永代にわたり供養します。
納骨棚は一体型でゆったりとした作りになっており、アルミ製でできているので半永久的に保管することができます。
ご供養期間はご納骨後50年以上で、永代供養の費用は比較的安く、5万円から申し込むことができます。

基本的に、ご遺骨は持参するようになりますが、遠方でどうしても持参することができないという場合には、輸送でも受け付け可能です。

後に年間費用や維持費がかかることもなく、生前の申し込みの受け付けもしているので、身内のいらっしゃらない方や遠方にご家族が住んでいる方にも安心です。

永代供養してもらえる臨済宗のお寺まとめ

お墓

いかがだったでしょうか?
今回終活ねっとでは、永代供養してもらえる臨済宗のお寺について、以下のことを解説してきました。

  • 永代供養は、ご遺族やご子息に代わり、お寺や霊園に遺骨の管理を行ってもらう供養方法です。基本的に宗旨・宗派を問われることがなく誰でもできます。一度埋葬すると遺骨を取り出すことは基本的に不可能です。
  • 永代供養の費用の相場は10万円~150万円と、方法や供養の期間により幅がありますが、お墓を新しく建てるより費用を抑えることができます。
  • 永代供養はすべてのお寺や霊園で行っているわけではありません。永代供養を選択する場合は、永代供養を行っているお寺や霊園について事前に調べておく必要があります。

最近では、「子孫に迷惑をかけたくない」「少しでも子供にお金を残してあげたいからお墓は安くすませたい」「夫婦で一緒にお墓に入りたい」と考えていらっしゃる方も多く、永代供養を選ばれる方も多くいます。

しかし、永代供養は、どこの寺院でも行っているわけではなく、かかる費用や管理方法も様々です。
永代供養をお考えの方は前もって知識を身につけておく必要があります。
また、永代供養は、宗派・宗旨に関して問わないことがほとんどですが、信仰している宗教がある場合は、その寺院についても永代供養を行っているのか知っておくと良いでしょう。

また、東京・京都・大阪・神戸の地域ごとに永代供養を行っている臨済宗の寺院についても紹介しました。
少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・臨済宗」に関連する記事

「永代供養・臨済宗」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・臨済宗」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと