香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

目次

  1. 香典を渡すタイミングについて
  2. 香典とは何か
  3. 香典を渡すタイミングはいつ?
  4. 香典の郵送での送り方
  5. 香典の渡し方について
  6. 四十九日の香典について
  7. 香典を渡す際の注意点
  8. 香典を渡すタイミングについてまとめ

香典を渡すタイミングについて

葬儀

皆さん、香典を渡すタイミング、ご存知ですか?

そもそも、香典を渡す機会というものは日常的にあるものではありません。
しかし、避けては通れないものであることも確かです。
そして、そこには最低限のマナーが存在します。

今回終活ねっとでは、香典を渡すタイミングについて、以下のポイントに沿ってご紹介したいと思います。

  • 香典って何?
  • 香典はいつ渡したらよいの?
  • 通夜や葬儀に参列できない場合はどうしたらよいの?
  • 香典を渡すときの作法は?
  • 四十九日に香典を渡す際のタイミング、金額の目安は?
  • 香典を渡す際にはどのようなことに注意すればよいの?
  • 香典の相場は?

香典を渡すタイミングについて渡し方や注意点も含め、丁寧に解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

香典とは何か

葬儀

そもそも、香典とは何なのでしょうか。
まず始めに香典の意味や役割について紹介していきたいと思います。

故人にお供えする金品のこと

香典とは故人にお供えする金品のことをいいます。
「香典」は「香奠」とも書き、香を供えるという意味を持ち、古くは個人の霊前にお香を使用していたといいます。

その後、長い時間お香を焚いておくために、江戸時代にお香から線香が作り出され、お香は少量で済むようになりました。

そのためお香の代わりに金品を持ち寄るようになり、それが現代では現金を供えるようになったようです。

相互扶助の精神がある

香典には相互扶助の役割もあります。
葬儀には多額の費用がかかるため、この突然の出費に対し、喪家の経済的負担を軽減するために、お互いに助け合うという意味合いが込められているのです。

香典を渡すタイミングはいつ?

葬儀

では、香典を渡すタイミングはいつがよいのでしょうか。
通夜か葬儀どちらかだけ参列する場合は迷うことはありませんが、どちらも参列する場合は、どのタイミングで渡したらよいのか頭を悩ませる方もいらっしゃると思います。

通夜か葬儀のみ参列の場合はその際に持参

まず始めに、通夜か葬儀のみ参列の場合はどのタイミングで渡せばよいのか紹介していきたいと思います。

そもそも、昔は通夜は親族のみで営まれていました。
よって、親族以外は必然的に葬儀、告別式に参列したため、香典を渡すタイミングで迷うということ自体ありえないことだったのです。

しかし、時代の移り変わりとともにライフスタイルも変化し、仕事の関係などで夜に営まれる通夜の方が参列しやすいという事情から、親族以外の通夜への参列が一般的になっています。

このような経緯から、通夜だけに参列する場合も、葬儀のみに参列する場合も、香典は参列したその時に持参することが良いでしょう。

葬儀で渡すのか通夜で渡すのか

いずれか一方のみの参列の場合は悩むことはありませんが、どちらにも参列する場合は果たして、葬儀で渡すのか通夜で渡すのか、どちらで持参すべきなのでしょうか。

結論から申し上げますと、香典を渡すタイミングはその地域の風習にならったほうがよいということになります。

ことに、通夜や葬儀のマナーは地域色が非常に強いものであるため、決まった風習があるのであれば、そちらにならったほうが賢明です。

ただし近年の傾向としては、通夜に香典を持参することが多いようです。

香典の郵送での送り方

葬儀

やむを得ない事情があり、通夜や葬儀に参列できない場合の香典は、どうしたらよいのでしょうか。

参列できなくとも、せめてお悔やみの気持ちだけはお伝えしたいものです。
そのような場合は香典を郵送するという方法があります。

弔電を打ち現金書留で香典を郵送する

訃報を受け、やむを得ない事情から通夜、葬儀に参列できない場合は、弔電を打ち現金書留で香典を郵送しましょう。
できる限り早急に弔電を打ちお悔やみの気持ちを伝えることが大切です。

送り先は喪主の自宅です。
現金書留は時間の指定ができません。

万が一、斎場に郵送した場合、香典が届いたタイミングによっては、遺族がいないということも考えられます。

その場合、現金書留は本人でなければ受け取れないため、持ち帰ることとなります。
そのような事態を避けるためにも、香典は喪主の自宅に送りましょう。

また、郵送する時期については、葬儀後一週間から遅くとも一ヶ月以内には到着するようにします。

直接現金を入れずに香典袋に包む

現金書留で香典を送る場合は、現金書留の封筒に直接現金を入れずに香典袋に包み、さらにそちらを現金書留封筒に入れるようにしましょう。

香典袋の書き方のマナーなどについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください!

お悔やみの言葉を記した手紙を添える

香典袋にはできればお悔やみの言葉を記した手紙を添えましょう。
便箋は白無地のものが無難です。

訃報を受けた際の驚きや悲しみとともに、通夜や葬儀に参列できないことへのお詫びをつづります。

そして遺族への励ましや、最後に香典を同封している事に触れましょう。

香典の渡し方について

葬儀

次に、通夜や葬儀に参列した際の受付での香典の渡し方についてご紹介いたします。
そう頻繁にあることでもないため、心得ているつもりでもその場になると作法があいまいになってしまうものです。
ここで今一度確認しておきましょう。

袱紗に包んで持参する

香典は袱紗に包んで持参するようにしましょう。
通常は受付で香典を渡しますが、鞄に香典袋のまま入れ、そしてそれを受付で取り出すことはマナーとして好ましくありません。

その際に芳名帳または芳名カードに記帳しますが、香典を渡すのが先か、記帳が先かは会場によって異なります。
前の人の流れを確認しておけば、そう困ることはないかと思いますが、一般的には香典を渡してから記帳という流れが多いようです。

袱紗についてもっと詳しく知りたいと感じた方はぜひこちらもご覧ください!

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

渡す時は袱紗から取り出す 

香典を渡す前に受付で一礼し、お悔やみの言葉を述べます。
「このたびはご愁傷さまでございます」
「このたびはお気の毒さまでございます」
最後まではっきりと言わず語尾を濁しても問題ありませんし、黙礼だけでも構いません。

お悔やみの言葉を述べた後、渡す時は袱紗から香典を取り出します
この時、間違っても袱紗のまま渡してはいけません
袱紗に包んだまま香典を渡すことは、不幸を渡すことと同じ意味であるとされ、マナー違反となります。

また、受付で順番を待っているタイミングで香典を袱紗から出してしまうと早すぎますので、そちらも注意しましょう。

相手から見て正面向きになるようにして渡す

香典を取り出したら、袱紗を手早くたたみ、香典を自分から見て正面向きになるように、一旦袱紗の上に置きます。

次に香典を180度右に回転させ、相手から正面向きになるようにして手渡します。

または、もう一つの渡し方として、香典を取り出したら袱紗をたたみ、受付のテーブルの上に置きます。

そして相手から正面向きになるように両手で香典袋を渡します。
いずれの渡し方でも、渡す際に特に言葉は不要ですが「ご霊前にお供えください」などとひとこと添えても良いでしょう。

四十九日の香典について

葬儀

四十九日とは仏教の追善法要の一つです。
亡くなってから49日目に行われ、忌明けの日とされます。

通夜、葬儀、初七日を終えると、一般的にはその後しばらくは遺族だけで供養しますが、四十九日法要は大切な法要として、遺族のみでなく親族や親しかった友人・知人も参列し盛大に行われます。

では、この四十九日法要に参列する場合、いくら香典を包めばよいのでしょうか。
そして、それはいつ渡せばよいのでしょうか。
ここからは、そんな四十九日の香典についてご紹介していきます。

渡すタイミングは?

まず始めに、渡すタイミングについて紹介していきます。

香典は法要前に施主に手渡します。
その場合も通夜や葬儀同様、袱紗に包んで持参し「仏前にお供えください」などと一言添えながら、相手から表書きが読める向きにして手渡しましょう。

包む金額の目安

次に、香典を包む金額の目安について紹介していきます。

四十九日法要に持参する香典の目安は、故人との関係によって変わってきます。
また、法要で用意される会食やお返しの分を見越して金額を包むようにしましょう。
下に一般的な目安をご紹介いたします。

  • 両親…2万円~5万円
  • 兄弟・姉妹…2万円~5万円
  • 祖父母…1万円~3万円
  • 伯(叔)父・伯(叔)母…1万円~3万円
  • その他の親族…1万円~2万円
  • 友人・知人…1万円

上記は故人との関係からみた一応の目安です。
故人との付き合いの程度や自身の年齢などによっても金額は変わってきますが、葬儀の際に持参した金額を超えないようにしましょう。

また夫婦で出席する場合は2倍の額を目安とし、子供も出席する場合は子供1人当たり5千円程度を上乗せして包むのが一般的です。

尚、4や9といった数字がつく場合は、4は「死」を、9は「苦」を連想させるという意味からこの数字を避けた金額を包みましょう。

香典を渡す際の注意点

葬儀

次に香典を渡す際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

親族など身内の不幸の場合

まず始めに、親族など身内の不幸の場合の注意点について紹介します。

親族といえども、喪主以外は香典が必要です。
例え、両親の不幸であっても、自身が学生であったり、未婚で両親と同居している場合などを除き、喪主を務める兄弟に対して香典が必要となります。

親族など近い間柄の場合だと、訃報を聞いてすぐお通夜の前に弔問に訪れることもあるかもしれませんが、その際に香典を持参してはいけません。

これは「事前に準備していた」と解釈されかねないからで、香典は通夜に持参します。

さらに、渡すタイミングですが、親族は控室で早めから待機することが多いため、その場で喪主に手渡して構いません。
また、すでに受付が準備されていれば、そちらに持参しても問題はありません。
いずれにしても、参列している他の親族がどのようにしているのか状況をみて、合わせる方が無難です。

香典を渡すのは一度だけ

親族の不幸や、または故人と親しい間柄だった場合など、通夜と葬儀の両方に参列することもあるかと思います。

ですが、その場合も香典を渡すのは一度だけです。
通夜と葬儀の両方で渡してはいけません
これは、香典を何度も渡すことは「不幸が重なる」ということを連想されるためで、マナー違反となります。

他の弔問者に香典を預けない

やむを得ない事情により、通夜や葬儀に参列ができない場合に、他に参列する人がいれば、その人に香典を預けようと考える方は少なくないと思います。

しかし、他の弔問者に香典を預けるという行為は、喪家に対して失礼にあたるという説もあるようです。
そのため、他の弔問者に香典を預けないようにしましょう。

また地域柄というものもありますので、どうしても参列が難しい場合は、その地域に詳しい人に相談するか、もしくは初めから香典は郵送するという方法をとった方が賢明です。

香典を渡すタイミングについてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、香典を渡すタイミングについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 香典とは故人にお供えする金品のことをいい、葬儀の突然の出費に対し、お互いに助け合うという相互扶助の役割も持つ。
  • 香典は通夜か葬儀どちらか一方に参列する場合は、参列したその時に持参する。どちらも参列する場合については、近年の傾向として通夜に持参することが多いが、その地域の風習にならうのが一番である。
  • やむを得ない事情で通夜や葬儀に参列できない場合は、早急に弔電を打ち、葬儀後一週間から一ヶ月を目途に、喪主の自宅へ香典を郵送する。その際は、現金は香典袋に入れ、お悔やみの手紙を添え、現金書留にて送るようにする。x
  • 通夜や葬儀の際、香典は必ず袱紗に包んで持参する。受付で一礼し、お悔やみの言葉を述べた後、袱紗から香典を取り出し渡す。渡し方は、折りたたんだ袱紗を台としてその上に香典を置いても良いし、袱紗は使わず両手で手渡してもどちらでも構わない。
  • 四十九日法要に持参する香典の目安は故人との関係によって変わってくる。また、法要で用意される会食やお返しの分を見越して金額を包むのがマナーである。4や9の数字を避けた金額を包む。
  • 親族など身内で不幸があった場合、たとえ親族といえども、喪主以外は香典が必要である。かといって、訃報を受けた直後の弔問で、香典を持参してはいけない。これは「事前に準備していた」と解釈されかねないからであり、香典は通夜に持参する。
  • 香典に関して注意しておきたい点として「香典は複数回渡してはいけない」「他の弔問者に香典を預けることはできる限り避けた方が良い」ということがある。これは、前者は、香典を何度も渡す行為は「不幸が重なる」ということが連想されるためであり、後者は、香典を預ける行為が喪家に対して失礼にあたるという説があるからである。
  • 香典の金額には明確な決まりはないが、故人との関係によって一定の相場が存在する。両親…5万円~10万円、兄弟・姉妹…3万円~5万円、祖父母…1万円~3万円、伯(叔)父・伯(叔)母…1万円~3万円、その他の親族…5千円~2万円、会社関係…5千円~1万円、友人…5千円~1万円、知人・隣人…3千円~5千円といった金額が香典の目安とはなるが、故人とのお付き合いの深さや自身の年齢、立場、地域によって変わってくる。

香典に関するマナーはなかなか日常で学べるものではありません。
タイミングや渡し方など事前に確認しておき、いざという時に、きちんとマナーを守ることで、遺族の悲しみに配慮したいものです。

ぜひ参考にしていただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「香典・渡す・タイミング」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「香典・渡す・タイミング」についてさらに知りたい方へ

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこうのサムネイル画像

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこう

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説のサムネイル画像

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!のサムネイル画像

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「香典・渡す・タイミング」についてさらに知りたい方へ

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこうのサムネイル画像

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこう

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと