家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

目次

  1. 家族葬のメリットとデメリットについて
  2. 家族葬ってなに?
  3. 家族葬のメリットについて
  4. 家族葬のデメリットについて
  5. 家族葬を行う場合の注意点
  6. 家族葬のメリットとデメリットのまとめ

家族葬のメリットとデメリットについて

葬儀

終活を考える時、一番大きな問題は「葬儀をどうするか」ということだと思います。
どこで葬儀を行うのかという場所選びから、費用の目安、葬儀の案内状をどの範囲まで出せば良いのかなど、決めなくてはならないことがたくさんあります。

そんな昨今、家族葬という葬儀の形が広がりつつあります。
家族葬は、親族や近しい方たちだけで故人を見送る、小規模な葬儀です。
義理や付き合いでの参列ではなく、心の通った葬儀を求める風潮も、家族葬が広まる一因となっています。

しかし、家族葬は今までにはない形式の葬儀なので、家族葬のメリットとデメリットをしっかり理解したいところです。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬のメリットとデメリットについて

  • 家族葬ってなに?
  • 家族葬のメリットについて
  • 家族葬のデメリットについて
  • 家族葬を行う場合の注意点

以上のことについてご説明します。

家族葬のメリット、デメリットをしっかり理解された上で、終活の一つとしてお考えいただければと思います。
ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬ってなに?

葬儀

では、家族葬とは、どういった葬儀なのでしょうか?

家族葬は、親族や近しい友人、知人のみで故人を送る、小規模な葬儀です。
一般的な葬儀と比べて参列者は少なくなりますが、通夜も告別式も行われます。

家族葬のメリットについて

葬儀

ここからは、家族葬のメリットを挙げていきます。

家族葬では参列者が少なく済むため、さまざまなメリットがあります。

費用を抑えられる

家族葬のメリットで一番大きいのは、費用を抑えられるということです。
家族葬は小規模な葬儀なので、セレモニーホールの使用料も抑えることができます。

また、一般的な葬儀では葬儀費用に加えて、参列者の飲食費や返礼品に多くの費用がかかってしまいます。
一方、家族葬では参列者が限られるため、飲食費や返礼品の費用も抑えることができます。


家族葬の費用について詳しく知りたい方はぜひこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

少ない人数でゆっくりとお別れできる

家族葬では参列者が親族や近しい友人、知人に限られるため、義理や付き合いだけの参列者に気を遣う必要がなく、焼香の時間や順番に煩わされることもありません。

そのため、心の通った近親者といった少ない人数でゆっくり故人とお別れできるメリットがあります。

葬儀内容を自由に変更できる

家族葬では参列者が少ないので葬儀の内容を自由に変更することができます。

一般的な葬儀では、たくさんの参列者が順番に焼香を手向けるのが通例です。
しかし、家族葬ではその必要がないため、ご遺族の方の意向を反映した葬儀にすることができます。

故人が生前、趣味で作成したものを並べたり、思い出の写真を飾ったりなど、家族葬では葬儀内容を自由に変更できるメリットがあるのです。

ご遺族の方の負担を減らせる

一般的な葬儀では、ご遺族の方は多くの参列者に対して、返礼品や飲食のことなど、さまざまな気配りをしなくてはなりません。
また、多くのお香典を受け取れば、葬儀中の多額の現金の管理、そして葬儀後の香典返しの手配までかなりの負担となってしまいます。
悲しみの中にいるご遺族の方にとって、このような作業はとてもたいへんなことです。

一方、家族葬での参列者は、親族や近しい友人、知人に限られます。
返礼品やお香典、飲食のことについても、少人数であれば、負担はかなり少なくなります。

少人数での家族葬は、ご遺族の方の負担を減らすメリットがあるのです。

家族葬のデメリットについて

葬儀

それでは次に、家族葬のデメリットについて挙げていきます。

家族葬は今までにない形式の葬儀です。
親族や近しい友人、知人のみで行う葬儀なので、そのことから伴うデメリットも考えられます。
家族葬のデメリットについても詳しく知っておくことが大切です。

弔問対応の負担が増す可能性がある

家族葬のデメリットとして、弔問対応の負担の大きさがあります。

家族葬は参列者が限られるため、葬儀を終えた後も、「ぜひお参りをさせていただきたい」と弔問に来られる方がいるかもしれません。
その都度、ご遺族の方は返礼品を用意して、弔問者を迎える必要があります。

弔問者は個々に都合をつけて訪れるため、家族葬では葬儀後も、弔問対応の負担が長く続く可能性があります。

多くの人の理解が必要になる

家族葬の2つ目のデメリットは多くの人の理解が必要になることです。

家族葬では、親族と近しい友人、知人のみで故人を偲ぶこととなります。
考え方によっては寂しいお葬式と取られてしまうかもしれません。

今までの葬儀では親族や友人知人だけではなく、ご近所の方やご縁があった多くの方に参列していただくことが、故人の供養になると考えられていました。
参列者が多いことが、そのまま故人を悼むことにつながっていました。

また、故人に対して「葬儀でお別れができなかった」と悔やまれる方もいらっしゃる可能性があります。

しかし家族葬は近しい者のみで、より深くゆっくり故人と向き合う葬儀です。
家族葬では、その趣旨を多くの人に共有する必要があります。

家族葬後にお別れ会の必要がある

家族葬は参列者が限られるため、故人の交際範囲が広い場合や社会的地位が高い場合など、葬儀後に関係者を招いて、お別れ会を開かなくてはならないというデメリットがあります。

お別れ会は「偲ぶ会」とも呼ばれ、ホテルで賑やかに会食をしながら故人を偲んだり、法要と兼ねてセレモニーホールで行ったりします。
いずれにせよ、会場を選んだり案内状を用意したり費用を工面したり、ご遺族の方には大きな負担となりかねません。

家族葬をする時には、葬儀後のお別れ会のデメリットについても考えておく必要があります。

家族葬を行う場合の注意点

葬儀

家族葬を行うには、メリット・デメリットの他にも、いくつかの注意点があります。

葬儀は故人だけでなく親族にとっても大切なものです。
家族葬を円滑に進めるために、次のことには注意する必要があります。

ちゃんと訃報を知らせる

家族葬で難しいのは、どの範囲の人にまで訃報を知らせるかということです。
一般的に、親族は以下の方々までは訃報を知らせておいた方が無難です。

  • 直系の家族
  • 故人の子供の家族
  • 故人の配偶者の家族
  • 故人の兄弟姉妹

親しい友人、知人はメールアドレスや年賀状なども参考になるのではないでしょうか。

また家族葬を終えた後、親しい方には葬儀を終えた事情を述べる挨拶状を出し、故人の訃報をきちんと伝えるようにします。

返礼品は必要?

一般的に返礼品には、会葬返礼品と香典返しの二種類があります。
会葬返礼品とは500円~1000円程度が相場で、すべての弔問客に配られるものです。

家族葬での参列者は親族や親しい友人、知人ですが、「親しき中にも礼儀あり」ということで、返礼品は渡した方が無難です。

家族葬であっても、返礼品は必要です。

人数により一般葬の方が費用を抑えられる?

家族葬を考える時、参列者の人数によっては、一般的な葬儀の方が良いこともあります。

故人の交友関係が広く、50名を越えるようであれば、家族葬より一般葬の方が費用を抑えられる場合があります。

一般葬と家族葬のどちらを選んだほうが費用が抑えられるか一度検討したほうが良いかもしれません。

親族間で話し合ってから決めましょう

家族葬はまだそれほど浸透していない形式の葬儀のため、親族によっては受け入れられない可能性もあります。
少ない人数での葬儀を、故人に対して申し訳なく思う方もおられるかもしれません。

家族葬を営むにあたっては、事前に親族間できちんと話し合いをすることが大切です。

こちらも読まれています

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

近年需要が高まっている家族葬ですが、比較的新しい葬儀の形式なのでまだ一般にマナーが認知されておらず、トラブルも多く聞かれます。今回、家族葬のトラブルの前例や予防策に関して詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までお読みになってスムーズな葬儀に役立ててください。

家族葬のメリットとデメリットのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、家族葬のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
この記事では以下の点を中心に解説しました。

  • 家族葬とは、親族や親しい知人だけで営まれる葬儀。
  • 家族葬のメリットとして、参列者が少ないため、会場や返礼品等の葬儀費用が抑えられる。近親者だけでゆっくり故人とお別れができ、心の通った葬儀を営むことが可能。ご遺族の方の意向に沿って内容を自由に変更することができる。ご遺族の方へのさまざまな負担が軽くなる。
  • 家族葬のデメリットとして、弔問対応の期間が長くなる。家族葬に抵抗がある人もおり、親族や多くの人の理解を得ることが必要となる。お別れ会を開く必要がある場合、費用や手間がかかり、家族の負担が増える場合がある。
  • 家族葬での注意点として、知らせるべき人には故人の訃報をきちんと知らせる。家族葬であっても返礼品は用意しておく。場合によっては一般的な葬儀よりも費用がかかるため、比較検討をする。家族葬は今までにない様式のため、親族間できちんと話し合い、理解することが大切。

家族葬についてのメリットとデメリットを理解していただけましたでしょうか。
葬儀はご自身にとっても、残された方にとっても大切な儀式です。
終活のひとつとして、家族葬のことも考えていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

無宗派の家族葬をするのは可能?葬儀の流れ・内容や費用を紹介します

近年では無宗派の葬儀を行う人が増えています。また、費用を抑えるために葬儀を家族だけで行う家族葬をする人も増えています。では、無宗派の家族葬をすることは可能なのでしょうか?今回はその疑問に加え、実際にかかる費用や流れについても解説します。

「家族葬・メリット・デメリット」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

最近家族葬が増えている?人気の背景とメリット及びデメリットも解説のサムネイル画像

最近家族葬が増えている?人気の背景とメリット及びデメリットも解説

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介のサムネイル画像

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「家族葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説のサムネイル画像

家族葬は10人でも行える?家族葬の流れと費用、注意点について解説

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

最近家族葬が増えている?人気の背景とメリット及びデメリットも解説のサムネイル画像

最近家族葬が増えている?人気の背景とメリット及びデメリットも解説

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと