納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

最近では、お墓の選択肢の一つとして納骨堂が選ばれています。 では、納骨堂を選ぶとどんなメリット・デメリットがあり、購入手続き、改葬手続きは具体的にどうするのかご存知でしょうか。 今回は納骨堂の具体的な手続きの方法についてまとめてみましたのでご覧ください。

目次

  1. 納骨堂にまつわる手続きについて
  2. 納骨堂ってどんなところ?
  3. 納骨堂を購入する手続きについて
  4. 納骨堂に改葬する手続き
  5. 納骨堂にまつわる手続きまとめ

納骨堂にまつわる手続きについて

お墓

みなさんは納骨堂と聞いてどのようなイメージを持ちますか。

以前は、納骨堂というとお墓が完成するまで、一時的にご遺骨を置く場所というイメージがありましたが、現在では様々なメリットがあり、納骨堂を永代に渡って使用したいと購入する人が増えてきています。

けれど、まだまだ納骨堂とはどのようなものか理解してるひとは少ないかと思います。
また、人気が集まっているとはいえ、従来のお墓にくらべると利用者は少なく、どのように利用したらいいのかも多くの人はわかっていないのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、納骨堂にまつわる手続きを中心として、納骨堂とはどのようなものかご紹介していきたいとおもいます。

  • 納骨堂とはどんな場所か
  • 納骨堂を購入する場合の具体的な手続き方法
  • 納骨堂を改葬する場合の手続き方法

以上のポイントからご説明していきたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いください。

また、実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂ってどんなところ?

お墓

納骨堂は、その名の通り骨壺に入ったご遺骨を収蔵することができる納骨のスペースのことをいいます。
この納骨堂は多くのものが室内に設けられています。
お墓を一軒家に例えるなら、納骨堂はマンションタイプと考えられるでしょう。

納骨堂は様々な形式のものがあり、上段に仏壇や位牌を設置し下段にご遺骨を置く空間がある納骨壇と呼ばれるタイプやロッカー式のもの、納骨堂の建物の中に墓石を置いて室内墓所とするものなど多岐に渡ります。
近年では、機械によってご遺骨を参拝スペースに搬送するという、機械式・位牌式と呼ばれる最新の技術を使った納骨堂も登場しています。
この機械式や位牌式では、狭いスペースに多くのご遺骨を納めることができますが、その反面ほとんどの場合でご遺骨が自分の手の届かない場所に収蔵されます。

災害の際はご遺骨紛失のリスクもあったりと、デメリットとされる点もありますが、納骨堂は跡継ぎが居なくなってしまった場合でも永代供養をしてもらうことが可能であったり、交通アクセスの便利な場所に建てられることも多く、お参りがしやすいという理由で最近は一つの墓所形態として選ぶ人が増えてきています。
また、お墓を建てるよりも納骨堂の方がコストが安く、管理がしやすいというのも人気の理由となっています。

納骨堂を購入する手続きについて

お金

納骨堂がどのようなものかお分りいただけたでしょうか。
魅力の多い納骨堂ですが、購入の際の手続きはどのようなものになっているのでしょう。

また、自分に合ったより良い納骨堂を選ぶためにはどのようなポイントを考えれば良いのでしょうか。

納骨堂を購入する際の手続きについて、順を追って見ていきましょう。

購入までの流れ

ここでは、納骨堂の購入までの流れについて説明していきます。

納骨堂の情報を収集する

まずは、納骨堂の情報を集めることからはじめましょう。

最近の納骨堂は、宗旨や宗派は問わないと掲げているところも増えてきています。
こういった納骨堂は、菩提寺がない人や仏教以外の宗教を信仰している人でも利用できるところもあります。

しかし、お寺が運営している納骨堂の場合は、納骨後の法要はその寺院の宗派様式で行うことがあるため、注意が必要となります。

現地見学

納骨堂の情報を集めたら、気になった納骨堂へ実際に見学しにいきましょう。
ネットなどの情報だけで決めてしまうと、思っていたのと違う、ということも起こりやすくなってしまいます。
購入する前に一度現地見学に行くことをおすすめします。

見学の際には、以下のポイントをチェックしながらみてみましょう。

  • 納骨堂のアクセスのしやすさはどうか

    納骨堂に行くまでの電車の乗り換えの回数や、最寄駅から徒歩でどれくらいで行くことができるか確認しましょう。将来的にお参りに来てくれる人を想定して調べておくと良いです。

  • 納骨堂の宗派、納骨後の供養形式はどんな形か

    前述したように、寺院によって宗教の受け入れが違うため確認が必要です。

  • 納骨堂の費用はどれくらいか

    年間管理費の他に、プラスで請求されるお布施などがないかチェックしましょう。

  • 参拝スペースがあるか、時間帯や日にちの制限はないか

    中にはご遺骨と向き合って参拝することができない形式のものがあります。そっけないと感じてしまう人もいるため満足した参拝ができるのかというところもポイントです。

  • ご遺骨は何人まで収蔵できるのか

    納骨堂には1人用のものから10人程度まで使用できる家族用のものまであります。納骨堂によっては1人分しか収蔵できない場合もあるため、確認しておきましょう。

  • 個別供養の期間はどれくらいか、その後はどこに収蔵されるのか

    納骨堂では永代供養をしてくれますが、それは永久に行ってくれるという意味ではありません。個別にご遺骨を収蔵してくれる期間は決まっており、基本的には三十三回忌まで収蔵してくれるところが多いようです。その後はどうなるのかというと、収蔵期間が終わると、その後は骨壺からお骨が取り出され、「合祀(ごうし)墓」に納められます。合祀後は、他の方のお骨と混ざって埋蔵されるため、そのような形になっても後悔しないかがポイントです。

  • 納骨堂の運営はどのタイプか

    基本的に納骨堂は3つのタイプがあり、寺院・民営・公営に分けられます。公営の場合、地方自治体が運営しているため応募条件を満たしていないと申し込みができません。寺院や民営よりも費用が安いため、選ぶ人が多いですが、空き枠があるかどうか確認しておくと良いでしょう。民営の場合はその企業が安定しているか、将来性についても確認しておくと良いです。

  • 納骨堂内の整備や掃除は行き届いているか

    広告やインターネットのホームページと、実際とのギャップがある場合があります。見た目は綺麗だったのに行ってみたらそうでもなかった…とがっかりしないように、実際に現地で設備について確認することが一番です。掃除が行き届いているか、バリアフリーになっているか、空調管理はできているか、エレベーターはあるかなど見ておくと良いです。

契約・料金の支払い

納骨堂が決まったら契約・料金の支払いを行います。

契約の際には、分割払いに対応している場合や、一括払いのみの場合など、料金の支払い形態にもよく注意しましょう。
また、年間で支払わない費用があるのかどうか、管理費などの支払いは必要なのかなどもよく確認しておきましょう。

購入に必要な書類

続いて、納骨堂の購入に必要な書類はなにか見ていきます。

契約の際に不備がないようによく確認しておきましょう。

  • 本人確認の書類(運転免許証やパスポート)
  • 認印(実印)
  • 住民票(本籍と世帯員を記載してあるもので6か月以内に取得したもの)あるいは戸籍謄本
  • (ローンで支払いを行う場合)口座番号が記載されているもの、その口座の届け印
  • (場合によっては)申し込み手付金
  • お骨・納骨堂の使用許可証・埋蔵許可証(納骨当日に必要)

このほかにも納骨堂によって必要となる書類が別途ある場合もありますので事前に問い合わせるなどして確認しておくことをおすすめします。

購入する際の注意点

納骨堂は一生に一度の買い物です。
後悔することがないためにも、購入する際の注意点を確認しておきましょう。

  • 必ず購入前に納骨堂を見学する

    先ほどもお伝えしたように、ネットの情報だけで決めてしまうのは危険です。必ず実際に足を運んでみましょう。

  • 家族の意向と合っているか話し合う

    自分のものであれ家族のものであれ、自分一人の意見で決めてしますと、後々ご家族との意見がすれ違ったり、ご家族に負担をかけてしまうこともあります。購入を検討する際には必ずご家族と話し合うようにしましょう。

  • 自分が求めるポイントが満たされるか確認する

    納骨堂は運営元によって特徴が様々です。収蔵形式や期間、供養方法など、自分の求める条件と合っているか、また、妥協できるレベルかどうかよく確認しましょう。

  • 費用が予算内に収まっているか確認する

    納骨堂はご遺骨を納める大事な場所ですが、大幅に予算を超えてしまっては、これからの生活やご家族にとって負担となってしまいます。費用について金額だけでなく、支払い方法や追加費用がないかなど十分に確認しましょう。

納骨堂に改葬する手続き

困った人々

お墓の引っ越しをすることを「改葬」といいます。
近年では、お墓が遠いという理由で自宅の近くの納骨堂に移したり、親族がいる地域に移すケースもあります。

では、改葬にはどのような手続きが必要なのでしょうか。
納骨堂に改葬する際の手続きの流れや費用について確認していきたいと思います。

改葬するまでの流れ

納骨堂への改葬に限らず、お墓の引っ越しである改葬には、自治体との手続きが必要となります。

どのように行えばいいのか、改葬するまでの流れを以下で確認してきましょう。

移転先を決める

改葬を行うにあたって、お墓をどこに移すのか移転先を決めます。

納骨堂へ移転する際には、先ほどの納骨堂の購入の流れでご紹介したチェックポイントをご参考に検討してください。

現在の墓地に改葬したいことを伝える

現在使用している墓地へ、改葬したい旨を伝えましょう。

移転先で受入証明書を取得する

改葬先の納骨堂が決まったら移転先で受入証明書を発行してもらいます。

この受入証明書は移転先に対してご遺骨を納めることができる証明書となります。
発行後は無くさないよう大事に保管しましょう。

改葬許可申請書を貰い、記入する

現在の墓地のある市町村の役場で改葬許可申請書を貰い、記入します。

インターネットで申請書をダウンロードできること場合もあります。

この際、現在のお墓の管理者に署名してもらうことが必要となるので注意してください。

地域によっては、改葬先の永代使用許可書や受入証明書も合わせて提出しなければならない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

埋葬証明書の発行

ご遺骨が埋葬されている証明となる埋葬証明書を発行してもらいます。

この埋葬証明書は現在のご遺骨が納められている墓地や霊園の管理者によって発行されます。

改葬許可証の交付

現在の墓地のある市町村の役場で改葬許可証を交付してもらいましょう。

改葬許可証の発行には、埋蔵証明書と署名と捺印済の改葬許可申請書が必要となります。

閉眼供養

現在の墓地の管理者に改葬許可証を確認してもらったら、現在のお墓で閉眼供養を行います。

この閉眼供養は、宗派などによって呼び方はさまざまですが、魂抜きとも呼ばれるように、お墓に宿る魂を抜くという供養となっています。

この閉眼供養は改葬の際だけでなく、墓石の竿石の追加彫刻などで動かさなければならない場合にも必要となります。

ご遺骨の移動

閉眼供養が終わったら、ご遺骨の移動を行います。

現在のお墓は更地にし、墓地の管理者へ引き渡します。

開眼供養

移転先の納骨堂に到着したら、今度は魂を入れるための開眼供養を行ってもらいます。
この開眼供養はお性根入れや魂入れとも呼ばれます。

開眼供養が終わり、納骨を行えば改葬は終了となります。

改葬に必要な書類

改葬の手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 受入証明書
  • 埋葬証明書
  • 改葬許可申請書
  • 改葬許可証

当日の手続きになって不備で困ることがないよう事前準備をしておきましょう。

また、手続きに必要となる申請書や許可証は1枚につき1体のご遺骨が対応しており、ご遺骨が複数になる場合には、その都度書類も複数用意する必要があります。

改葬にかかる費用の相場

改葬にかかる費用は大きく2つ分かれます。
ひとつはお墓を処分する費用、もうひとつは移転先のお墓を建てる費用です。
基本的にはお墓を撤去する費用や工事費など全て含めると200万円~300万円かかることが多いです。

しかし、納骨堂に改葬する場合は、墓石代がかからないため比較的少ない費用で改葬することが可能です。

納骨堂への改葬は

  • 墓石・区画処分費用(30万円~50万円)
  • 閉眼供養(4万円~6万円)
  • 離檀料(0円~数十万円程度)
  • 開眼供養(3万円~5万円)

以上の点に費用がかかるとされており、離檀料を除けば平均50万円前後となります。
また、戒名料がプラスでかかる場合もあります。

改葬をする際の注意点

改葬を行う方は周りにそう多くはないかもしれません。
どういったことに注意すべきなのかわからないことも多いかと思います。

改葬をする際の注意点についておさえておきましょう。

委任状が必要な場合がある

改葬許可の申請者が市役所に行くことができず、代理で手続きを行う場合は委任状が必要となる場合もあります。
事前に確認しておきましょう。

離檀料に気を付ける

また、お墓を移す際、お寺の檀家となっている場合は離檀となるため離檀料としてお布施が必要になります。

後々になって高額なお布施を請求されたという事例もあるため、トラブルにならないようきちんと挨拶をしお寺や住職に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂にまつわる手続きまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、納骨堂にまつわる手続きについてご紹介していきましたがいかがでしたか?

納骨堂にも様々な種類があり、自分達のご遺骨をどのように収蔵したいのか、考えておく必要があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、納骨堂を購入する際や改葬する際にどのようなことに気をつけるべきかもお分りいただけたかとおもいます。

以下のをこの記事のまとめとさせていただきます。

  • アクセスのしやすさや費用面で納骨堂を選ぶ人が増えてきている
  • 納骨堂を購入する場合はネットや広告だけの情報を鵜呑みにせず、必ず見学に行って決める
  • 納骨堂に改葬する際には公的な手続きが必要となる
  • 一般的なお墓への改葬にくらべて、納骨堂の改葬は比較的コストを抑えられる

納骨堂は生前に購入することができるため、終活の一環として検討してみるのも良いかもしれませんね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・手続き」に関連する記事

  • 納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

    様々な事情で、契約済みの納骨堂を解約したと思われている方は多いと思います。納骨堂は返却できるのか、納めた契約金は返金されるのかという疑問にお答えします。また、ご遺骨を納骨する前と後で返却の手続きや条件は変わるのか、といった疑問についても解説します。

  • 納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

    納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

    納骨堂のご遺骨を移転することは生涯に何度もあることではないため迷う人も多いです。そこでお墓や納骨堂からご遺骨を移転する際に必要になる手続きや費用についてまとめます。納骨堂からお墓、お墓から納骨堂などの移転の際には必見になる内容となっています。ぜひご覧ください。

  • 納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

    納骨堂、またはそれ以外から別の場所へ改葬したい時、具体的にどのような手続きを踏めばよいかご存知ですか?初めてだと勝手が分からず、戸惑う方も多いかと思います。この記事では、納骨堂への改葬、納骨堂からの改葬について解説いたします。

  • 納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

    納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

    近年は色々な事情で、現在のお墓供養から納骨堂へ改葬する人が増えてきました。では、改葬にはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。今回は改葬する際の費用について、納骨堂を中心にまとめました。費用の把握は改葬先を考える上で重要ですので、是非最後までお読みください。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「納骨堂・手続き」についてさらに知りたい方へ

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・手続き」についてさらに知りたい方へ

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!のサムネイル画像

納骨堂のご遺骨を移転するにはどうしたらいいの?費用とともに解説!

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと