初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

目次

  1. 初盆とお墓参りについて
  2. 初盆とは
  3. 初盆のお墓参りの仕方
  4. 初盆にかかる費用の内訳と相場
  5. 初盆のお墓参りの際の服装
  6. 初盆とお墓参りまとめ

初盆とお墓参りについて

お墓

1年のうちでも主要なお墓参りの時期の1つに数えられるのがお盆です。
お盆と聞くと、日本でも多くの方が休暇を取って地元に帰省し、ご先祖様のお墓参りに出かけていろいろと報告する時を持つイメージがあります。

お盆に対して、特に深い意味を見出すのが、1年以内に身内の方を亡くしたという方です。
そのような方にとっては、ここで迎えるお盆が初盆であるためで、初盆となると単にお墓参りをするだけでなく、菩提寺などにお参りして法要を営むこととなります。

ただ、初盆といっても人生でそう何度も経験するわけではないので、どのように準備をしたり、また守るべきマナーに何があるのかが分からなかったりする方も多いでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、初盆とお墓参りについて、初盆のお墓参りがどのようなものであり、そのための準備に何が必要なのかなどを見ていきます。
具体的な内容については、

  • 初盆とはどのような時期で、そのための準備に必要なものとは?
  • 初盆のお墓参りのやり方とは?
  • 初盆の際に必要な費用の内訳や相場とは?
  • 初盆のお墓参りの際の適切な服装とは?

という各ポイントに沿って見ていきます。
ぜひ最後までご覧ください。

初盆とは

お墓

初盆が何なのか、しっかり説明できますか?

まずここでは初盆がどのような時期であり、それに向けてどのような準備をしていけばよいのかについてご紹介いたします。

初盆の時期

初盆とは、故人が亡くなり、かつその方の四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことを指します。
そのため初盆の時期は、お盆前に四十九日が明けていればその年のお盆が、四十九日明けがお盆以降の場合は翌年のお盆が初盆ということになります。

初盆は故人の霊が初めてあの世からこの世に戻ってくる時期であるため、例年の一般的なお盆よりも念入りにお墓参りや法要を行います。

ちなみに「初盆」は西日本に多い呼び方で、東日本では「新盆」と呼ばれるのが一般的です。
また、それぞれの呼び方でも読みが若干異なる場合もありますので、お住まいの地域での正確な読み方は確認しておくとよいでしょう。

初盆にむけて準備するもの

では実際に、初盆に準備するものとしてはなにがあるでしょうか。
初盆に向けて準備しておくべきものとして、以下のようなものが挙げられます。

精霊棚(しょうりょうだな)

精霊棚とは、ご先祖様の霊である精霊を迎え入れるために用意する棚のことです。

用意するものとして、マコモのこざ、笹竹(魔よけの結界を貼るため)、ほおずき(ご先祖様の霊に精霊棚の場所を示すため)、季節ものの果物やそうめん(おなかをすかせているご先祖様の飢えを満たすため)が挙げられます。

精霊馬(しょうりょううま)

お盆の時期にお墓参りに行くと、楊枝をつけたキュウリやナスがお供えされているのを見かけたという方もいるのではないでしょうか。

これは精霊馬と呼ばれるもので、キュウリは馬を、ナスは牛を表現するために用いられます。
これはご先祖様の霊があの世からこの世に戻ってくる際に乗ってくる牛や馬を表したものです。

精霊馬をお供えする時期や、牛と馬に関する解釈については地域によって考え方が異なるので、お住まいの地域の慣習に基づいてお供えします。

盆提灯(ぼんぢょうちん)

盆提灯とはお盆の時期の間、家の前や仏壇などに飾っておく提灯のことです。

これは、あの世から戻ってくるご先祖様の霊が途中で迷うことなく無事にご遺族の家にたどり着くことができるために置かれます。

つるして飾るタイプと、床に置いておくタイプのものとがあります。

浄土真宗の場合

実は浄土真宗の場合は初盆の迎え方や作法が他の宗派と異なる点があります。
というのは、ここでご紹介した精霊棚や盆提灯などは用意する必要がないのです。

浄土真宗の考え方では、亡くなった方の霊がお盆の時だけこの世に戻ってくるというようには考えないためです。
むしろ、亡くなった方は阿弥陀如来のお力で極楽浄土で生まれ変わって、そこにずっと住むと考える立場です。

このため、お盆ならではのこれらのものを用意することなく、普通にお墓参りや法要の準備だけを行います。

法要にむけて準備するもの

初盆では、お墓参りと合わせて故人のご遺族やゆかりのある方たちを招いて盛大に供養を行うための法要を開きます。
ただ、盛大にやるだけに、その準備も念入りに行う必要があります。

ここからは、法要にむけて準備するものについてお話します。

僧侶や招待する人への連絡

最初にやるべきこととして、読経をしていただく僧侶や招待する人への連絡が挙げられます。

僧侶への依頼としては、初盆ということですので、棚経をあげてもらいたい旨を連絡しましょう。
特に、お盆の時期の僧侶はあちこちから読経の依頼が舞い込んで来て、非常に多忙なスケジュールとなりがちですので、依頼は遅くとも1ヶ月前までにしておきましょう。

そして、ご親族や故人のゆかりのある方などへの連絡も必要です。
お盆の時期は誰もが忙しいですので、こちらについても早めに動くように心がけましょう。
加えて、日時や会場が決まったら案内状も送付します。

お布施の用意

お布施の用意も忘れてはいけません。
棚経をあげてもらったり、合同の法要を営んでもらったりするため、僧侶の方にお布施を手渡す必要があります。
なお、表書きは「御供物料」や「御仏前」(仏式の場合)がよいでしょう。

お布施を手渡す場所としては、棚経をあげてもらう場合はご自宅で、菩提寺などでの法要の場合は菩提寺まで持参したうえで手渡します。

料理の手配

料理の手配もしましょう。
初盆に参加した方たちのお礼の気持ちとして会食でもてなす準備も重要です。
会食の場所がご自宅になるか、それとも外の料理屋になるのかなどさまざまな選択肢があります。

こちらについてもお盆の時期はやたらと混雑するため、早めに予約しておくことが大切です。

初盆のお供え物

この他にもお墓参りの際の初盆のお供え物を用意しておくことも大切です。

具体的にはお線香やお花、故人が生前好んでいたお菓子や果物などを用意します。
お菓子であれば盆菓子、果物であればスイカなどお盆の季節ならではのものを用意するとなおよいでしょう。

初盆のお墓参りの仕方

お墓

ここまで初盆の意味や初盆に向けて準備するものについて解説してきました。

ここからは実際に初盆にお参りする際に気をつけなければならない、初盆のお墓参りの仕方について、流れやマナーなどを見ていきます。

迎え火

初盆も含めてお盆は迎え火で始まります。
日付としては8月13日で、この日にあの世からご先祖様の霊が戻ってくるとされているためです。

この日は午前中から忙しく、この時間帯に仏壇に精霊棚を飾り、お供え物もお供えします。
あわせて、仏壇から故人のご位牌を取り出して精霊棚の中央に置き、仏壇の扉は閉めます。

午後になると、家族そろってお墓参りに出かけますが、この時提灯を忘れずに持参しましょう。
お墓に着いたら掃除を行い、夕方には提灯に火をつけてご自宅まで持ち帰り、盆提灯にも火をつけます。

お墓参り・法要

翌14日と翌々日の15日が本格的なお墓参りや法要の期間です。

ご自宅に僧侶を招いて法要を催し、そこで棚経をあげてもらい、その後ご遺族や参列者がそろってお墓参りに出かけるというやり方もあれば、お墓参りに出かけるのにあわせて、菩提寺にお参りしそこで合同法要に参加するというやり方もあります。

初盆の場合であれば特に盛大に行うため、お墓参りや法要が終わった後で料理屋にて会食の時間を持ちます。

なお、この2日間もご先祖様の霊が帰ってきて滞在している状態であるため、精霊棚の火はついたままにし、なおかつお水やお供え物もきちんと取り替えるようにします。

送り火

お盆最終日の16日は、ご先祖様の霊があの世へと戻っていく日です。
この日も日中はそれまでと同じように送り火として火を絶やすことなく、お水とお供え物もきちんと取り替えるようにします。

そして夕方になってから送り火を焚き、ご先祖様の霊があの世へと戻っていくのをお見送りします。

初盆にかかる費用の内訳と相場

お墓

普通のお盆以上に盛大に法要などを行うため、初盆ではそれなりに費用が必要となります。

ここでは、初盆にかかる費用の内訳と相場について見ていきましょう。

法要の準備

法要の準備ではおおよそ3万円程度の費用が一般的な相場です。
提灯や精霊棚などの費用が主ですが、他にも読経用の祭壇などを用意する必要があります。

ただ、高くても5万円以内に収まるということがほとんどです。

お布施

初盆のお布施1万円〜5万円が相場となっています。
ただし、もし僧侶が遠方から参加するということであれば、別途お車代(交通費)が必要で、こちらは5千円から1万円が相場です。

この他、お墓参りや法要の後の会食に僧侶が参加しない場合は、その代わりにあたる御膳料として5千円〜2万円の相場でお渡しします。

香典

初盆の場合は、必ず香典を包んで持参することがマナーとされています。
その相場は5千円〜1万円が一般的です。

ただ、この金額も生前の故人との関係の深さを考慮したうえで決めるようにしましょう。

お供え物

お供え物の費用の相場は3千円〜5千円程度が相場となっています。
もちろん、同じくらいの値段のする現物として持参してもかまいませんし、香典の金額と一緒にした額でまとめて金銭の形で持参してもよいです。

お供え物と香典を一緒に持参する場合は、お供え物の値段の分、香典の額を少なくするということでも大丈夫です。

初盆のお墓参りの際の服装

お墓

初盆のお墓参りということであれば、服装もそれなりに適切なものを着て参加することが大切です。

ここでは、初盆のお墓参りの服装はどういったものが適しているかをご紹介します。

男性の場合

施主をはじめご遺族の方は喪服が原則です。
男性の場合であれば、黒色のモーニングコートに黒ネクタイという出で立ちが最も無難でしょう。
また、和装の場合であれば、紋付き袴を着用することとなります。

身内だけで行う場合であれば略式の礼装でも構いません。
しかし、最低でも喪主やご遺族の方は参列者よりも軽い服装で参列しないようにしましょう。

参列者の場合はスーツが最も無難ですが、喪主やご遺族よりも目立つということがないように注意が必要です。
また、真夏の暑い時期に参列するため着脱可能な略式礼装でも構いません。

女性の場合

女性の場合、喪主やご遺族は洋装であれば黒無地のアフタヌーンドレス、和装であれば黒無地の紋付き染め抜きの和服が正装です。

参列者であれば、黒色のワンピースやスカートと白色のブラウスやシャツの組み合わせが無難です。
また、男性の場合と同じように着脱可能な略式礼装でも差し支えはありません。

子どもの場合

子どもの場合は、中学生や高校生であれば学生服を着用しても大丈夫です。
小学生の場合でも、学校の制服がある場合はそれを着てもらってもよいでしょう。

未就学児の場合は、黒色やグレーといった、あまり派手さのない服装が無難です。

初盆とお墓参りまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、初盆におけるお墓参りについて必要なものやマナーなどについて見てきましたが、いかがでしたか?

この記事の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 初盆とは、故人の四十九日が明けて最初に迎えるお盆のことを指し、普通のお盆以上に盛大にお墓参りや法要を行う時期である。
  • 初盆で準備するものとして、仏壇に飾る精霊棚や精霊馬、盆提灯が挙げられる。
  • 初盆の法要で準備する内容として、読経をする僧侶や招待する人への連絡や依頼、僧侶に手渡すお布施の用意、会食の手配、お供え物が挙げられる。
  • 初盆のお墓参りの仕方は、初日(13日)にご自宅の仏壇に精霊棚などを用意した後でご先祖様の霊を迎える形で迎え火を灯し、14日と15日でお墓参りや法要を行い、16日の夕方には送り火を灯してご先祖様の霊をお見送りする。
  • 初盆に必要な費用の内訳と相場には、法要の準備で3万円程度、お布施に1万円〜5万円、香典に5千円〜1万円、お供え物に3千円〜5千円が一般的である。
  • 初盆のお墓参りの服装としては、喪主やご遺族の方は喪服での参加が基本で、参列者の方は控えめな礼装がマナーである。なお、子どもの場合は学生服などが挙げられる。

初盆はここまで見てきたように盛大に行う分、非常に準備や費用などに手間がかかります。
加えて、なかなか経験しない分、初盆を迎える段階になって慌てふためく場合もあるでしょう。

そのような場合に備えて、終活でよく使われるエンディングノートなどで初盆の迎え方について書いておくというのも1つの方法でしょう。
また、終活の取り組みの中で初盆のことも考えて費用を工面しておくのも1つの手です。

そうすれば、遺されるご家族も落ち着いて対処できますし、加えてご自身が初盆の際にやってもらいたいことを残しておくというのも可能です。
初めて迎えるお盆であっても、落ち着いて対処できるようにすることが大切であるといえるでしょう。

終活ねっとではこの他にも、終活やお墓、葬儀に関する記事を掲載しています。
ぜひ併せてお読みください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「初盆・お墓参り」に関連する記事

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

    初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

    今回は初盆でのお供え物について紹介します。初盆のお供え物には、どんなものを贈ればいいのか、相場や贈り方などさまざまなマナーがあります。一度しっかり学んでおくと、いざという時に慌てなくてすみますね。

  • 初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

    初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

    初盆とは、故人の四十九日法要を終えて最初のお盆を指します。毎年のお盆よりも特に手厚くお迎えするのが、初盆の慣わしです。初盆の祭壇はどんなものを準備したら良いのでしょうか?直前に困らないように、宗派ごとの祭壇の飾り方の違いをご紹介します。

  • もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のことのサムネイル画像

    もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

    毎年夏にお盆はやってきます。お盆にご先祖様の供養をした経験がある方も、これから新盆を迎えて供養する方ももう一度知っておきたいお盆の豆知識についておさらいしてみましょう!

  • お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

    お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

    お盆の時期は、いつもはお墓にいるご先祖様がご自宅に戻ってくると言われています。ご先祖様が不在になったお墓はどうしたら良いのでしょうか?お盆にはお墓参りをすると言いますが、いつしたら良いのでしょうか?そんな、お盆のお墓参りにについて、解説していきます。

  • 神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?のサムネイル画像

    神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?

    あなたは初盆の正しい迎え方をご存知ですか?初盆の準備に追われて余裕がなくなってしまいます。多くの方は仏教の様式で準備をしますが、神道の様式で整える方もいらっしゃいます。しかし神道の様式でお盆を過ごす方は少ないためか一般にはどんな準備をするのか知られていません。

  • お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

    お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

    日本人にとって、お盆にお墓参りをするのは当たり前のように思われています。しかし、お盆にお墓参りをする理由にはどのようなものがあるのでしょうか?どの時期に行くものなのでしょうか?お盆のお墓参りについて、その時期やマナーを解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「初盆・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のことのサムネイル画像

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?のサムネイル画像

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「初盆・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと