都立霊園の納骨堂の利用方法から手続き・お申し込みまで詳しく解説

人気が高い都立霊園の納骨堂は、お墓探しで悩んでおられる方にとって興味深いと思います。 しかし、どんな施設があり費用はどのくらいかかるか分からないと本当に利用できるのか心配ですね。 今回は都立霊園の納骨堂について、利用方法から手続きまで詳しく説明します。

目次

  1. 都立霊園にある納骨堂を利用する方法について
  2. 都立霊園の納骨堂とは?
  3. 都立霊園の納骨堂にかかる費用
  4. 都立霊園の納骨堂の利用資格
  5. 都立霊園納骨堂の申し込み方法
  6. 納骨堂使用終了時の手続き
  7. 納骨堂の使用期間は更新できるの?
  8. 都立霊園にある納骨堂を利用する方法まとめ

都立霊園にある納骨堂を利用する方法について

お墓

都立霊園の納骨堂をご存知ですか?
近年、一般的なお墓ではなく納骨堂を利用される方が増えていますが、そんな中で注目を浴びており、人気が高いのが都立霊園の納骨堂です。

お墓探しで悩んでおられる方にとって、公営の納骨堂というのはとても興味深いと思います。
しかし都立霊園といってもどんな施設があり、費用がどのくらいかかるのか、どんな人が利用できるのか、申し込み方法なども分からないと本当に利用できるのか心配ですね。

そこで、今回終活ねっとでは都立霊園の納骨堂について

  • 都立霊園の納骨堂とは、どんな施設なのか?
  • 都立霊園の納骨堂にかかる費用はどんなものが、どのくらいかかるのか?
  • 都立霊園の納骨堂の利用資格は、どうなっているのか?
  • 都立霊園の納骨堂の申し込み方法は?
  • 納骨堂の使用を終了するとき、手続きはどうしたらよいのか?
  • 納骨堂の使用期間は更新できるのか?

などのことを中心に、都立霊園の納骨堂について利用方法から手続きまで詳しく説明します。
ぜひ最後までお読みください。

都立霊園の納骨堂とは?

お墓

都立霊園の納骨堂とはどんな施設なのか、まず説明していきましょう。

一時的にご遺骨を預かる施設

都立霊園には「埋蔵施設」と「収蔵施設」の2つの施設のタイプがあります。
「埋蔵施設」はいわゆるお墓で、「収蔵施設」が納骨堂です。

収蔵施設は収蔵期間の長さによって以下の3つに分かれます。

  • 長期収蔵施設
  • 短期収蔵施設
  • 一時収蔵施設

いずれも期間の定めがあり、一時的にご遺骨を預かる施設です。
使用期間が長い「長期収蔵施設」についてはこの次に説明しますが、「短期収蔵施設」とは昭和初期の人口急増に対応する目的でつくられ始めたもので、使用期間は5年です。

一方で「一時収蔵施設」は、お墓を探すまでのご遺骨の一時保管を目的としたもので使用期間は1年です。
一時収蔵施設であっても、お墓が見つからないなどやむを得ない事情がある場合に限り、4回まで期限の更新可能です。
ただ、法要等のためであってもご遺骨を出すことはできませんので注意が必要です。

具体的に、一時収蔵施設は以下の3霊園にあります。

  • 雑司ケ谷霊園
  • 八柱霊園
  • 多磨霊園

一時収蔵施設は、利用条件を満たしていればあらかじめ電話して予約日に行けば収蔵可能ですが、期限内に別にお墓を建てるなどによりご遺骨を移す必要があります。

長期収蔵施設とは

長期収蔵施設とは、ロッカー形式の納骨堂のことで、使用期間は30年です。

長期収蔵施設は多磨霊園の「みたま堂」に平成5年から設置されていますが、現在のところ多磨霊園の都立霊園にはありません。

多磨霊園「みたま堂」は、民営墓地を含めても都内最大規模の納骨堂です。
ドーム型施設の中に長期収蔵施設5200基と7500体分の一時収蔵施設があり、ご遺骨の一時預かりも可能な施設です。
みたま堂の正面中央に線香を焚いてお参りできる祭壇があり、納骨堂の内部に入らなくても安置されたご遺骨を間接参拝できる形になっています。

長期収蔵施設は、収蔵できる骨壺の数により2体用・4体用・6体用がありますが、いずれも人気が高く毎年抽選になっています。
平成29年度の募集では、2体用が41倍と都立霊園の各施設の中で最高の倍率でした。

立体埋蔵施設とは

いわゆる納骨堂ではありませんが、長期収蔵施設と似たタイプの埋蔵施設として立体埋蔵施設があります。

立体埋蔵施設とは、地上の納骨室でご遺骨を20年間個別に安置した後、地下のカロートにご遺骨を移して合祀する施設のことで、永代供養墓になっています。
ご遺骨は使用者の親族の方も含めて一区画に3体まで埋蔵できます。

現在、都立霊園の立体埋蔵施設は青山霊園と谷中霊園に設置されていますが、平成29年度は青山霊園の新規募集はなく、谷中霊園の募集だけでした。
立体埋蔵施設も長期埋蔵施設と同様に人気が高く、平成29年度に募集のあった谷中霊園は約8倍の高倍率でした。

都立霊園以外の納骨堂との違い

都立霊園以外の納骨堂との違いはかなりはっきりしています。
都立霊園は東京都が運営しているので経営が安定しており、閉鎖などの心配がありません。
使用料・管理費も安く、立地もよいので都立霊園の納骨堂は人気が高くなっています。
人気が高いため申し込み後に抽選となり、当選しなければ都立霊園を使用できません。

注意が必要なことは、都立霊園は利用資格が決められており、東京都内にお住まいの方しか応募できないことです。
また都立霊園の納骨堂はご遺骨があることが条件となっており、生前申込はできません。

一方、民営霊園や寺院墓地の一般的な納骨堂は様々な形があります。
十七回忌や三十三回忌までなどの一定期間ご遺骨を預かり、その後は合祀墓で永代供養する納骨堂もあれば、永代使用料・管理料を支払っている間は継続してご遺骨を安置してくれる納骨堂もあります。

また、都立霊園と違い生前申込が可能なところも多く、通常空きがあればいつでも申し込みができます。

都立霊園の納骨堂にかかる費用

お墓

都立霊園の納骨堂にかかる費用の内訳はどんなものがあるのでしょうか。
納骨堂の利用の際に必要な費用について説明しましょう。

都立霊園の費用については東京都霊園条例で使用料や管理費の金額の上限が決められており、同条例規則で具体的な額が決められています。

使用料

都立霊園の納骨堂で必要な費用としては、まず使用料があります。
都立霊園の長期収蔵施設の使用料は、民営霊園や寺院墓地の永代使用料と同じで納骨堂を借りて長期間使用するための費用です。

平成29年度に募集があった多磨霊園の長期収蔵施設みたま堂の使用料は、ご遺骨の収容量によって変化します。

また、短期収蔵施設は1段式から6段式まであり、段の位置などにより使用料は約1万円~約8万円まで幅があります。
一時収蔵施設の使用料は、一律2千円になっています。

種別 使用料
長期収蔵施設 6体用 40万5千円
(30年) 4体用 32万4千円
2体用 24万3千円
短期収蔵施設 1段式 8万5千円~17万6千円
(5年) 3・4・6段式 1万1千円~3万千円
一時収蔵施設(1年) 2千円

年間管理料

年間管理料は都立霊園内の園路やトイレ・水汲み場などの各種の施設維持管理、共用部分の清掃などに必要な費用で、毎年1回支払います。

管理料は民営霊園や寺院墓地では立地によって異なるのが通例ですが、都立霊園の場合どこの霊園でも単価は同じで変わりありません。
長期収蔵施設の管理料は以下のようになってます。

  • 2体用:3010円
  • 4体用:4020円
  • 6体用:5030円

短期収蔵施設と一時収蔵施設は、管理料は必要ありません

また、都立霊園の納骨堂の使用料や管理料は立地や霊園による違いはなく、施設の大きさによる違いだけになっています。
ですが、いずれも民営霊園や寺院霊園の費用に比べるとかなり安い設定といえます。

都立霊園の納骨堂の利用資格

お墓

都立霊園の納骨堂を利用するにはいくつかの利用資格があります。
都立霊園の申し込みの利用資格で特に大事な点は次の3点です。

東京都に住所を有している

まず、申し込む方が東京都の区域内に住所を有している必要があります。
しかも、居住期間は5年以上継続していることとなっています。
注意しなければならない点は、東京都に住所を有する必要があるのは亡くなられたご遺骨の方ではなく、

八柱霊園の場合の特例

上記の東京都に住所を有しているという条件には例外があります。
都立八柱霊園は都立霊園ですが、所在地は千葉県松戸市です。
このため、八柱霊園については納骨堂に限らず東京都だけでなく、松戸市に住所がある方でも申し込みができます。

ご遺骨の親族である

2点目はご自宅に納骨したいご遺骨があり、そのご遺骨の親族であることが必要です。
また、ご遺骨は一度も埋蔵・収蔵したことがないご遺骨に限られています。

さらに、改葬骨や分骨は預かってもらえませんので注意が必要です。
加えて、ご遺骨があることが必要ですので生前申込はできません。

お墓を承継しない人でも納骨が可能

3点目はそのご遺骨における祭祀の主宰者であることです。
祭祀の主宰者とは葬儀の喪主となられた方や、役所に死亡届を提出された方です。
ですから、祭祀の主宰者であればお墓を承継しない人でも納骨が可能です。

都立霊園の申し込み資格は、申し込む施設や区分などにより違いがありますので注意が必要です。
資格要件を確認していなかったために、せっかく抽選に当選したのに要件に該当せず都立霊園を利用できなかった方もおられます。
申し込みの前に資格要件はしっかり確認しておきましょう。

都立霊園納骨堂の申し込み方法

お墓

ここまで都立霊園の納骨堂の費用や利用資格についてみてきましたが、都立霊園の納骨堂にはどのように申し込めばいいのでしょうか。
ここで、都立霊園の納骨堂の申し込み方法について説明しましょう。

申し込みまでの流れ

まず最初に申し込みまでの流れを整理しておきましょう。
平成29年度の募集では、申し込みまでの流れは次のようになっていました。

  • 申込書配布

    6月23日~7月18日(「申し込みのしおり」に添付)

  • 申込期間

    7月3日~7月18日

  • 抽選日

    8月29日

  • 使用許可

    12月中旬

例年ほぼ同様の手順ですので参考にして下さい。
また、電話での予約は一切受け付けていません。
次に都立霊園の申し込みの仕方ですが以下の2通りあります。

  • インターネット

    申し込みには申請者の情報の登録が必要になります。毎年6月下旬ごろから登録可能になります。

  • 郵送

    「申し込みのしおり」の同封されている専用の申込書を記入して郵送します。申込書の入手場所は東京都のホームページでご確認してください。例年都庁などで6月~7月頃の一定期間配布されます。

申し込み時必要なもの

ここで、都立霊園の納骨堂の申し込み時に必要なものも見ておきましょう。

  • 火葬許可証

    死亡届を市町村役場に提出した時に交付されます。

  • 住民票

    本籍地とマイナンバーが記載されているもので、3ヶ月以内に発行されたものです。

  • 認印

  • 使用料

  • ご遺骨

    ご遺骨は、埋蔵・収蔵したことがないご遺骨に限られます。

ご遺骨を納骨堂に収める日時をあらかじめ電話で予約しておく必要があります。
予約した日に上記の必要書類等を持参し手続きをすれば、当日中にご遺骨を預けることができます。

申し込み方法の詳細は、東京都が例年6下旬に配布する「申し込みのしおり」に記載されています。

終活ねっとでは他にも都立霊園への申し込み方法に関する記事を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

都立霊園への申し込み方法・注意点を分かりやすく解説!

都内には8つの都立霊園があります。立地のよさや都が運営管理する安心感から、都立霊園は人気を集めています。今回は都立霊園の申し込みの方法と注意点についてくわしく解説いたします。都立霊園の申し込みだけでなく、墓地選びの知識としても役立ちます。ぜひお読みください。

納骨堂使用終了時の手続き

お墓

近年、お墓が遠すぎて通いにくいなどの理由から、お墓や納骨堂の使用を止めてご遺骨を自宅で引き取ったり、自宅の近くのお墓や納骨堂に移す方も多いようです。

このように納骨堂使用終了時の手続きについて場合分けして説明します。

お墓に埋葬する場合

都立霊園の長期収蔵施設「みたま堂」については、使用中の納骨堂を霊園に返還してご遺骨を都立霊園内の他の合葬埋蔵施設に共同埋蔵する「施設変更制度」があります。
都立霊園内の他の施設のご利用を考えている方は、施設変更制度を利用されるとよいでしょう。

都立霊園以外の他の霊園のお墓に埋葬する場合は、改葬になるので改葬許可証が必要です。
改装の手順は以下のようになります。

  • 埋蔵・収蔵証明書の発行

    ご遺骨を納骨している都立霊園の窓口に「改葬許可申請に伴う埋蔵・収蔵証明願」を申請し、発行してもらいます。

  • 使用証明書の発行

    ご遺骨の改葬先の墓所または納骨堂の管理者に「使用証明書(受入証明書)」を発行してもらいます。

  • 市区町村への改葬許可の申請

    ご遺骨が納骨されている都立霊園が所在する市区町村に「改葬許可」申請をして、「改葬許可証」の交付を受けます。この際に、上記1と2の書面も併せて提出します。

  • 納骨堂からのご遺骨の引き取り

    都立霊園の窓口に「改葬許可証」を提示して、ご遺骨を引き取ります。

  • ご遺骨の納骨

    改葬先の墓地・納骨堂の管理者に「改葬許可証」を提出し、納骨します。

改葬の手順や費用に関する詳しい記事も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

お墓の改葬は、終活の中でも大変神経を使うお仕事の一つです。新たなお墓でご供養を行う改葬においては、多くの手続きや話し合いを行わなければなりません。この記事ではお墓の改葬に伴う手続きや費用について詳しく解説していきます。

自宅でご遺骨を引き取る場合

お墓の使用を終了して自宅でご遺骨を引き取る場合は、次の書類を整えて納骨堂の返還の手続きをしましょう。

  • 使用者(名義人)の実印
  • 上記実印の印鑑登録証明書(3カ月以内のもの)
  • 東京都霊園使用許可証
  • 埋蔵施設使用終了届(都立霊園窓口にあります)

上記のいずれの場合でも、納骨堂の使用を終了するときはあらかじめ都立霊園の窓口の方とよく相談して、必要な手続きを確認してから進めたほうが良いでしょう。
なお納骨堂を使用しなくなったときは、使用していた家名板などを撤去して、納骨堂を原状に回復し返還しなければなりません。

納骨堂の使用期間は更新できるの?

お墓

都立霊園の納骨堂はあくまでも一定期間の収蔵施設という位置付けです。
一定期間経過後は、永代供養墓に移され合祀されるのが原則で基本的には更新できません

都立霊園にある納骨堂を利用する方法まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、都立霊園の納骨堂についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • 都立霊園の納骨堂は収蔵施設といい、使用期間の長さにより長期・短期・一時収蔵施設があるが、いずれも一時的にご遺骨を預かる施設である。
  • 長期収蔵施設は使用期間が30年の納骨堂で、多磨霊園のみたま堂には収蔵できる骨壺の数が2体用・4体用・6体用があるが、いずれも人気が高い。
  • 都立霊園の納骨堂の費用としては、民営霊園や寺院墓地と同様に使用料と管理料があるが、いずれも民営霊園などよりかなり安い。
  • 都立霊園の納骨堂には、東京都に一定期間居住・ご遺骨の親族であることなどの利用資格が決められている。
  • 都立霊園の納骨堂は毎年7月が申込期間となっている。申し込みまでの流れや申し込み時に必要なものなど具体的な事は、6月下旬に配布される申し込みのしおりを参照するとよい。
  • 納骨堂の使用を終了する時は、他のお墓に埋葬する場合と自宅でご遺骨を引き取る場合が考えれるが、改葬許可書などが必要となるので霊園の管理者とよく相談したほうがよい。
  • 都立霊園の納骨堂はあくまでも一定期間の収蔵施設である、期間経過後は永代供養墓に移され合祀されるのが原則で、基本的には更新できないものである。

繰り返しますが、都立霊園の納骨堂は値段も安く立地も良いので人気が極めて高い施設です。
東京都内でお墓や納骨堂をお探しになる際は、検討対象の一つに加えるとよいでしょう。

ただし、都立霊園には説明したような利用資格の要件があり、また倍率が高く抽選になることが多い点も注意しておく必要があります。

終活ねっとではこの記事以外にも納骨堂に関する記事を多数掲載しております。
納骨堂の選び方について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「都立霊園・納骨堂」に関連する記事

  • 都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!のサムネイル画像

    都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!

    もしすぐにお墓を探すことはできないという時に納骨堂の利用を思い浮かべる方もいます。 その時に自分は東京都に住んでいるけど、都立霊園に納骨堂はないのかと気になる方もいるかと思います。 そういう方のために都立霊園の納骨堂の情報や利用資格、注意点をまとめました。

  • 都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

    都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

    都立霊園は、毎回募集のたびに高倍率続出で人気の公営墓地です。そんな都立霊園にお墓を持つことになった場合、どのように納骨や手続きを行ったら良いのでしょうか?今回は都立霊園での納骨について徹底解説します。

  • 都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!のサムネイル画像

    都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

    都立霊園は立地もよく費用も安いと最近関心が高まっています。 でも都立霊園にはどんな施設があり、値段が実際はどのくらいなのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。 都立霊園の値段について、施設ごとの値段だけでなく、申込み方や注意点も含めて、分かりやすく解説します。

  • 大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

    大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

    東京で立地もよく費用も安いと大人気なのが都立霊園です。 でも、どんなところにどんな施設があるのか、使用料はどの位なのか、立地や施設による違いはどうか、など気になりますね。 都立霊園の使用料について、メリット・デメリット、おすすめの霊園などを含めて詳しく解説します。

  • 都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

    都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

    あなたは都立霊園に行ったことがありますか?都心の一等地にあったり、東京都内でありながら比較的安い費用であったり、都立霊園には魅力がいっぱいです。そんな都立霊園について、今回は費用を中心に1から解説していきます。最後までお読みいただければ幸いです。

  • 多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介しますのサムネイル画像

    多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介します

    都立多磨霊園は、各界の著名人が眠る緑豊かな公園墓地として知られ、都内で終活中の方から圧倒的な人気を誇ります。では都立多磨霊園にはどうやって申し込むのでしょうか。気になる倍率や費用・募集日程などの募集要項や、都立霊園ならでは制限や申込資格などを詳しく紹介します。

  • 都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?のサムネイル画像

    都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?

    都内にお住まいの方には都立霊園をご希望の方がいらっしゃると思います。 しかし都立霊園は誰でも利用できるものではありません。 条件や抽選があることをご存知ですか? 今回は都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率も解説するので最後までご覧ください。

  • 東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめのサムネイル画像

    東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめ

    8か所を数える東京都の霊園は、立地も環境も良いことから、たいへん人気があります。では、東京都の霊園募集はどのように行われているのでしょうか。募集の流れや申し込みの方法、気になる申し込み資格や注意点など、都立霊園に申し込むために必要な情報を詳しくご紹介します。

  • 公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!のサムネイル画像

    公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

    最近公営納骨堂の利用希望者が増えていますが、民営とどんな違いがあるのか、費用は安いか、管理は大丈夫か、すぐ利用できるのか、どうやって探せばよいか、など疑問点が多く困っている方もいると思います。 ここでは公営納骨堂の特徴や費用の相場、探し方などについて解説します。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「都立霊園・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!のサムネイル画像

都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!のサムネイル画像

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介しますのサムネイル画像

多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介します

都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?のサムネイル画像

都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?

東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめのサムネイル画像

東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめ

公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!のサムネイル画像

公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「都立霊園・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!のサムネイル画像

都立霊園に納骨堂がある?気になる利用資格や注意点まとめ!

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!のサムネイル画像

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと