樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!

埋葬方法が多様化する中で、自然により近い場所で埋葬される樹木葬の人気が高まっています。樹木葬にはさまざまなメリットがありますが、注意すべき点もあります。この記事では、樹木葬の人気の理由と注意点についてご紹介します。

目次

  1. 樹木葬の人気について
  2. 樹木葬(じゅもくそう)とは
  3. 樹木葬の人気が高い理由
  4. 人気の樹木葬ができる墓地・霊園をご紹介
  5. 樹木葬を選ぶ際の注意点
  6. 樹木葬の人気についてまとめ

樹木葬の人気について

お墓

皆様は、自分のお墓はどのようなものがいいか考えたことはありますか。
現在では、お墓のあり方というのも様々で、色々な種類に多様化しています。

そんな多様化するお墓のかたちのなかで、今までのように子世代がお墓を継いだり宗教に縛られたりといったことに囚われない樹木葬の人気が高まっています。

樹木葬という言葉はご存知でも、どういった埋葬方法でなぜ人気なのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、樹木葬の人気の理由と注意点について

  • 樹木葬とはなにか?
  • 樹木葬に人気がある理由は?
  • 樹木葬のメリットはなにか?
  • 樹木葬ができる墓地・霊園の紹介
  • 樹木葬の注意点はなにか?

などを中心に、樹木葬の人気の理由と注意点についてお話ししていきます。

お墓は自分が人生を卒業した後に、ずっと眠ることになる大切な場所と言えます。

樹木葬が一般的なお墓とどのように異なり、どのような点がよいのか知ることは、自分に適した眠り方を見つけるヒントになるのではないでしょうか。

最後までお付き合いください。

樹木葬(じゅもくそう)とは

null

樹木葬とは、一般的なお墓で用いる墓石の代わりに、樹木を墓標としてご遺骨を埋葬する埋葬方法です。

樹木葬は宗教や家系にとらわれることなく穏やかに眠りたいという方や、自分が死んだあとは自然に還りたいという方に人気があります。

樹木葬は埋葬方法や埋葬場所によって、都市型・公園型、ガーデニング型、里山型の三つに分けられます。
それぞれがどのようなものか、簡単に説明すると以下のようになっています。

  • 都市型・公園型

    霊園や墓地の一部に墓標となるシンボルツリーを植樹し、シンボルツリーの周囲に埋葬する方法。

  • ガーデニング型

    霊園や墓地の一部を使って、さまざまな種類の花や植物に囲まれた場所に埋葬する方法。

  • 里山型

    都市部から離れた山林に埋葬する、最も自然と近い方法。

樹木葬の人気が高い理由

お墓

一般的なお墓と比べて、より自然に近い場所で眠ることができる樹木葬ですが、なぜ樹木葬の人気が高まっているのでしょうか?

樹木葬には人気となる所以の魅力があります。
ここでは、その樹木葬の人気が高い理由について見ていきましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬は比較的新しい埋葬方法のため、樹木葬に馴染みがない方も多いと思います。
樹木葬は今までの一般的なお墓と比べて、異なる点がいくつかあります。

樹木葬が人気の理由は、今までのお墓と比べて異なる点にメリットがあるからです。

それでは、樹木葬のメリットにはどのようなものがあるのか解説していきたいと思います。

お墓の後継者が不要

一般的なお墓では親世代から子世代にお墓を継承して、同じ家系で同じお墓に入りますが、樹木葬ではお墓の継承者が不要です。

最近では、お墓を継承する人がいなくなり無縁仏となってしまうということが問題となっています。

その点樹木葬では継承者を必要としないため、家族や親戚がいなく、自分の死後にお墓の管理をしてくれる人がいない場合でも、無縁仏になってしまう心配はいりません

もちろん、子供に継承したいという場合には、何代かに限って継承を行える樹木葬もあります。

宗旨・宗派を問わない

通常のお墓は墓地を宗教法人が経営している場合に、宗旨・宗派が問われるケースがあります。
宗旨・宗派が問われるケースとは、今までの宗旨・宗派が墓地を経営している宗教法人の宗旨・宗派と同じでなければならないということです。
また、今までの宗旨・宗派は問われなくても、お墓を建てるにあたってそのお墓を管理するお寺の檀家にならなければならないという墓地もあります。

樹木葬は宗旨・宗派を問わないという大きな特徴があります。
つまり、樹木葬を利用する際には宗教や宗派を気にする必要がないということです。

ただし、一部の墓地では樹木葬でお墓に入る際に檀家となることが条件になっている場合もあるので、樹木葬を利用する前に檀家になる必要があるかどうかを確認しておきましょう。

お墓を建てるより費用が抑えられる

樹木葬のメリットとして最後に挙げられるのが、お墓を建てる場合に比べて費用を抑えられるという点です。

一般的なお墓の場合、お墓を建てるだけで100万円以上の費用がかかってしまう場合があります。
また、墓石の費用だけでなく墓地・霊園の土地を使う権利を取得するための永代使用料もかかってきます。
さらに、墓地・霊園の掃除や管理のための年間管理費用もかかり、お墓を建て、維持するのに高額な費用がかかってしまいます。

樹木葬でも同様に土地を使うための永代使用料、墓地・霊園の管理費用などがかかる場合がありますが、墓石を必要としないため墓石代を削減することができます
また、お寺との檀家契約等が不要なので、檀家になるに当たっての費用等もかかりません。
そのため、お墓の立地にもよりますが、樹木葬の場合お墓を建てる場合と比べて大幅に費用を削減することができます。

なお、墓地・霊園の管理費用については、契約時に支払う場合と年間管理費として毎年支払う場合があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

樹木葬はどのような人に人気なのか

前に説明したとおり、樹木葬にはさまざまなメリットがあります。

一般的なお墓と比べるとメリットがあると感じた人は樹木葬を選択する可能性が高いかもしれません。
では、樹木葬はどんな人に人気があるのでしょうか?

もしかしたら自分にあてはまっているかもしれませんのでチェックしておきましょう。

子供に負担をかけたくない人

樹木葬はお墓の継承者が不要なので、子供に負担をかけたくない人に人気があります。

子供にお墓を継承すると、子供がお墓の管理をしなければなりません。
特に、子供が遠くに住んでいる場合は管理が大変になります。

またこの少子化の時代、子供の人数が少ない家庭も多く、樹木葬を選択して子供にお墓の管理で負担がかからないようにするのです。

ペットと一緒に眠りたい人

近年ではペットを家族の一員と考えるご家庭も多く、ペットと一緒のお墓に入りたいと考える方も多くいます。
ですが、ペットなどの動物と一緒のお墓に入ることは、仏教的な考えなどから否定されることもあり、ペットと入れるお墓の数は未だ少なく、特に昔ながらの寺院墓地などではほとんど認められません。

これに対し、樹木葬は新しい供養方法のため、通常のお墓に比べると、ペットと同じお墓に入りたいという時代の流れを汲んでいるものも多くあります。

ペットと一緒に眠れる樹木葬では、ペットのご遺骨を一緒に埋葬するものもありますが、多くは墓地・霊園のなかにペットを埋葬できる区画を設けているものになっています。

ただし、すべての樹木葬でペットと一緒に眠れるわけではなく、ペットと一緒に眠れない墓地・霊園もあります。
ペットと一緒に眠りたいと考える人は、事前に墓地・霊園に確認しておきましょう。

人気の樹木葬ができる墓地・霊園をご紹介

お墓

樹木葬が人気な理由が少しずつわかっていただけたでしょうか。

樹木葬について興味が湧いてきたけどどこでできるの?と思っている方もいるかもしれません。
また、樹木葬は新しい供養方法のため、その方法などは霊園や墓地によってばらつきがあります。

そこでここでは、人気の樹木葬ができる墓地・霊園をご紹介したいと思います。

お墓などを検討する際には、自分の目でみてみるというのも重要な判断方法です。
気になった霊園等がありましたら、ぜひ見学に行ってみてください。

府中ふれあいパーク(東京都)

まずご紹介するのが、東京都にある府中ふれあいパークです。

この府中ふれあいパークは、民営の霊園で、ガーデニング型の樹木葬を行うことができます。
ヨーロッパの庭園技術を取り入れ、バラや噴水が艶やかで風雅な雰囲気を演出しています。

住宅街の中にある霊園なので交通の便も良く、利用しやすい霊園です。

府中ふれあいパーク
府中ふれあいパーク

所在地 東京都府中市多磨町2-45-11

弥生の里・自然聖園(千葉県)

次にご紹介する弥生の里・自然聖園は千葉県にある、公園型の樹木葬ができる霊園です。

こちらの霊園の広い埋葬エリアには多くの樹木が植えられており、樹木を墓標としたお墓で眠ることができます。
穏やかに流れる空間の中で自然に囲まれてゆっくりと眠れるお墓です。

都心からも程近く、江戸川区内と鎌ヶ谷市内から無料送迎バスの運行があるため、アクセスに困ることもありません。

弥生の里・自然聖園
弥生の里・自然聖園

所在地千葉県鎌ケ谷市中沢1194−2

樹木葬を選ぶ際の注意点

桜

樹木葬の人気の理由やメリットを読んで、樹木葬に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
樹木葬はさまざまなメリットがある埋葬方法ですが、樹木葬を選ぶときには注意したいポイントがあります。

樹木葬のメリットばかりに目を向けてしまい、いざ自分や家族が樹木葬にした時に知らなかったことで困ってしまうことがないために、樹木葬を選ぶ際の注意点を理解しておきましょう。

埋葬できるのは法的な許可を受けた土地のみ

ご遺骨を埋葬できるのは法的な許可を受けた土地だけです。

日本の法律には「墓地・埋葬に関する法律」という法律があり、都道府県に埋葬を許可された土地以外の場所に埋葬すると法律違反となってしまいます。

そのため、樹木葬をしたいからといって、自分の家の庭や近所の樹木の下にご遺骨を埋めることはできません
樹木葬を選ぶ際は、樹木葬をする土地が法的な許可を受けている土地かどうかもきちんと確認しましょう。

墓地・霊園によりご遺骨の管理方法が異なる

樹木葬をおこなう墓地・霊園によってご遺骨の管理方法が異なるという点にも注意しましょう。

まず、ご遺骨の埋葬方法は、故人ごとに個別の区画を設けて埋葬する個別型の樹木葬と、他人のご遺骨と一緒に埋葬する合祀型の樹木葬があります。
ご家族が樹木葬にする場合などは、故人のお墓参りをしたいのに、樹木葬にしたら合祀型だったために、故人だけのお墓参りができないということになりかねません。

また、個別型でも数年後に他人のご遺骨と合祀する場合もあります。
他の方と一緒に合祀されるのに抵抗がある場合は、数年後に合祀するかどうかも確認しておきましょう。

埋葬方法だけでなく、供養の方法や回数も墓地・霊園によって違いがあります。
供養の方法や回数にこだわりがある場合は、樹木葬を選ぶ際に供養の方法や回数について把握しておくことが大切です。

墓地・霊園へのアクセスが良くない場合も

樹木葬によっては墓地・霊園への交通アクセスが悪い場合もあります。

樹木葬は自然に近い場所や樹木の下に埋葬するため、都心から少し離れた場所に墓地・霊園がある場合が多いです。
特に、里山型の樹木葬の場合は里山に埋葬するため、都市型・公園型やガーデニング型と比べてさらにアクセスが悪い可能性があります。

故人のお墓参りをするために、車で何時間も移動しなければならなかったり、山道を何時間も歩かなければならなかったりすると、お墓参りに行くだけでも大変です。
樹木葬を選ぶ際は、埋葬する場所へのアクセスが良いかどうかも注意しましょう。

樹木葬の人気についてまとめ

桜

今回終活ねっとでは、樹木葬の人気についてお話ししていきましたが、いかがでしたか?
樹木葬が人気となる理由がお分かりいただけたかと思います。

この記事のまとめとして以下のようにあげておきます。

  • 樹木葬はお墓の後継者が不要なので子供に負担がかからない
  • 樹木葬は宗旨・宗派を問わず利用できる
  • 樹木葬は墓石代がかからず費用が抑えられる
  • 樹木葬は子供に負担をかけたくない人やペットと一緒に眠りたい人に人気がある
  • 樹木葬ができるのは法的な許可を受けた土地のみ
  • ご遺骨の管理方法は墓地・霊園によって異なる

樹木葬は自然に近い場所で眠るため、より自然に還るということを実感できる埋葬方法です。
きれいな植物の中で穏やかな時間を過ごしながら眠れることは、想像しただけで穏やかな気持ちになります。

樹木葬はお墓を建てるよりも費用が安く済みますし、継承不要のお墓なので子供に負担もかからず、宗旨・宗派を問わずに利用できます。

しかし、樹木葬の管理は墓地・霊園によって異なるため、想像していた管理方法と違う場合もあります。
また、樹木葬をする場所のアクセスが悪く、お墓参りをする家族が大変な思いをする可能性もあります。
樹木葬を選択する場合は、自分だけで決めるのではなく、家族と相談して決めましょう。

この記事の情報が皆様の終活にお役立ていただければ幸いです。

終活ねっとでは、このほかにも皆様のお役に立てる情報をお伝えしております。
ぜひ、併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「樹木葬・人気」に関連する記事

「樹木葬・人気」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「樹木葬・人気」についてさらに知りたい方へ

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!のサムネイル画像

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

墓石のない樹木葬ってなに?通常のお墓との比較、費用なども解説!のサムネイル画像

墓石のない樹木葬ってなに?通常のお墓との比較、費用なども解説!

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

樹木葬にも問題点がある?樹木葬をする前に注意しておきたいことのサムネイル画像

樹木葬にも問題点がある?樹木葬をする前に注意しておきたいこと

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと