お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

皆さんは、お墓参りに行かれてますか?お墓参りの手順が分からないと躊躇されている方もいるかもしれませんが、いざという時に困らないためにも、お墓参りの手順はきちんと理解しておきたいものです。お墓参りの手順について、マナーやお供えするお花などもあわせて紹介します。

目次

  1. お墓参りの手順について
  2. お墓参りの手順
  3. お墓参りのマナー
  4. お墓参りでお供えする花
  5. お墓参りの手順まとめ

お墓参りの手順について

お墓

皆さんは、お墓参りに行かれてますか?
お墓は、亡くなられた大切な方を供養するとともに、残された家族の近況などを報告しつつ、ご先祖に感謝する場でもあります。

お彼岸やお盆あるいは命日だけでなく、悩み事や相談事あるいは報告したい事があるときなども、いつでも都合の良いときにお墓参りに行かれるとよいと思います。

でも、お墓参りに行きたいと思っても、お墓参りの仕方や手順がよくわからないと、ついつい先延ばしにされている方もおられるのではないでしょうか。

いざという時に困らないためにも、お墓参りの手順はきちんと理解しておきたいものですね。

そこで今回終活ねっとでは、お墓参りの手順について

  • お墓参りの手順は、具体的にどのようにしたらよいのか?
  • お墓参りの時期や服装・持ち物などのマナーは、どんなことがあるのか?
  • お墓まりでお供えするお花の選び方・おすすめのお花は?

以上のことを中心に、解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

お墓参りの手順

お墓

お墓参りは、何を持って、どのような手順で行ったらよいのでしょうか?
最初にお墓参りの手順について、順を追って具体的に説明します。

持ち物を確認する

まず、お墓参りに必要な持ち物を確認しましょう。
お墓参りの際の持ち物は、お墓の掃除に費用なものと、お参りに必要なものがあります。
お墓参りに行くときの持ち物は、一般的に以下のようなものが挙げられます。

お参りに必要なもの

数珠・お線香・ろうそく・お供えするお花やお供物など、お墓参りに必要なものを忘れないように確認しましょう。

  • 数珠

    仏教方式ではあったほうがよいでしょう。

  • お花

    故人が好きだったお花も含めて持っていくとよいでしょう。お花は左右対になるようにしましょう。

  • お供え物

    お菓子・果物・お酒など、故人が好きだったっものを持参しましょう。

  • お線香

    束のまま持って行くほうが良いでしょう。

  • ろうそく

    ろうそくも左右対になるように2本は持っていきましょう。

  • マッチ・ライター

    風が強いとお線香に火を点けにくいのですが、線香専用のライターもあります。

  • お供え物を置く半紙など

    お供え物は墓石に直接置かずに、半紙や懐紙などを敷いてその上に置きましょう。

掃除用具

お墓をきれいに掃除するために、ほうき・雑巾・スポンジたわし・ゴミ袋などの掃除用具を用意しましょう。

  • ほうき

    お墓やその周りをきれいに掃くのに使います。

  • 雑巾・スポンジたわし・歯ブラシなど

    墓石に傷をつけないように柔らかいものを使いましょう。歯ブラシは細かいところの掃除に使います。

  • バケツ

    掃除や打ち水のための水を汲んで運びます。墓地に手桶が置いてあればそれを使ってもよいでしょう。

  • 軍手・ゴミ袋

    雑草を抜き、ゴミなどを持ち帰ります。墓地にゴミ置き場があるところもあります。

墓地・霊園には、普通は水汲み用の手桶や柄杓が置いてあり、簡単な掃除用具を供えているところもあります。
しかし、墓地・霊園によっては掃除用具などを置いてないところもありますので、必要に応じ、ほうきやバケツなども持参するとよいでしょう。

手を洗う

まず初めに、墓地・霊園に着いたら、手を洗い清めます。

水桶を用意してお墓に向かう

次に、水桶を用意します。
通常、墓地の管理事務所の近くに水汲み場があり、水桶と柄杓などが備えてあります。
墓地のご住職などにご挨拶してから、水桶・柄杓などをお借りして、水を汲んでお墓に向かいます。

お墓に挨拶をする

お墓に着いたら、掃除を始める前に、お墓に向かって合掌し挨拶をしましょう。

お墓・お墓周りを掃除する

そして、お墓にお線香やお花など供える前に、お墓とお墓周りを掃除しましょう。
墓所をほうきで掃くだけでなく、お墓の周りの雑草も抜き取り、不要な小枝などがあれば刈り取ります。

墓石は、石塔や台石などに水をかけて、傷がつかないように雑巾やスポンジたわしなどで洗います。
墓碑の彫刻部など、細部の埃や汚れは歯ブラシなどできれいに落としましょう。
花立てやお線香立てもひとつひとつきれいに洗います。

全体を洗い終わったら、タオルなどで一旦きちんとふき取りましょう。
そのうえで、手桶の水を柄杓で汲み取り、墓石に打ち水して清めます

お線香やお供え物を供える

墓石の水鉢に水を注ぎ、お花やお菓子・果物・お酒などのお供え物を供えます。
お花は、風などで倒れないように適当な長さに切って対になるように供えます。
お花が1束しかないときは、左側に供えます。

お供え物は、直接墓石の上に乗せずに半紙や懐紙などを敷いて、その上に供えます。
そして、お供え物を置き、ろうそくに火をつけてお線香を手向けます。

お参りをする

お墓の掃除をして、お花やお供え物も備え、準備が整ったら、いよいよお参りです。

数珠を左手に持ち、墓前に向かいます。
まず、ひしゃくで手桶から水をすくって、墓石の上からゆっくりとかけます。

お参りのときは、墓石を上から見下ろさないように額ずくか中腰に屈むのがマナーです。
お参りは、故人に近い方から順に行います。

後始末をする

お参りが終わったら、後始末をします。
霊園によっては、お花も持ち帰るという決まりがありますが、普通そのまま置いておいて構いません。

また、お供え物は持ち帰るようにしましょう。
特にお菓子などは、腐敗したりカラスに食い荒らされたりしますので、忘れずに持ち帰りましょう。
お供え物の中で、お菓子や果物など食べられるものは、どなたかに差し上げても良いでしょう。

ゴミなどは持ち帰るか、所定のごみ置き場に捨てます。
最後に火の消し忘れがないか、しっかり確認します。

お借りした手桶や柄杓は、きれいに洗って元の場所に返しましょう。

お墓参りのマナー

お墓

それでは、ここでお墓参りのマナーを見ておきましょう。
実は、お墓参りには特別なルールや明確なマナーがあるわけではありません。

地域の慣習や宗教宗派によっても違いがあります。
ただ、基本的なところに大きな違いがあるわけでもありませんので、一般的にマナーとされていることを紹介します。

お墓参りの時期

お墓参りの時期は決まっているのでしょうか?

結論から言いますとお墓参りの時期について、特にきまりやルールはありません。

仏事の時だけでなく、例えば亡きご両親に結婚や出産などの報告に行くことも多いようです。
大事なのはお参りに行かれる方の気持ちですから、都合の良い時に行くとよいでしょう。

しかし、たくさんの人がお墓参りに行く時期がいくつかありますので、ここでは、代表的なお墓参りの時期を挙げていきます。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓参りに適する時期についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!

お盆やお彼岸にはお墓参りに行っているけど、その他はいつ行けばいいんだろう?とわからない人は多いのではないでしょうか?お盆・お彼岸を含めたお墓参りに行くべき時期や、いつどんな時間帯に行けばいいのかについてご紹介します。

お盆

お墓参りといえば、まず最初にあげられるのは、お盆です。

お盆の時期は地域によって違います。
よく、お盆の帰省ラッシュといわれますが、東京では7月、地方では8月にお盆を迎えます。
7月を新盆・8月を旧盆といい、各月の13日~16日がお盆の期間です。

お盆にはご先祖が帰って来られるとされているため、お盆の期間中にお墓参りに行く方が多いです。
13日に迎え火を焚き、14日か15日にお墓参りをして、16日に送り火でご先祖の霊をお見送りするというのが一般的な流れです。

お彼岸

次に、お墓参りによく行くのが、お彼岸です。
お彼岸は、春のお彼岸と秋のお彼岸があります。

春のお彼岸は3月下旬の春分の日、秋のお彼岸は9月の秋分の日を中心に、それぞれ前後3日間とされています。

命日(祥月命日・月命日)

亡くなられた方の命日は、忘れられない大切な日です。
命日は、祥月命日と月命日というというものが存在します。

祥月命日は、大切な方が亡くなった月のその日ですので、年に1度です。
月命日は、その人が亡くなった毎月の日付です。

お墓が近くであれば、毎月の月命日にお墓参りに行かれるとよいですが、遠方であれば難しいでしょうから、祥月命日にお参りに行くとよいでしょう。

年末年始など

年末年始にお墓参りに行く方も多いようです。
勤務先が遠いため、普段は時間が取れないので、帰省の際に合わせてお墓参りするという方が多いためです。

心を込めてお参りすることが一番大切ですので、普段忙しい方は、年末年始などの都合のつくときにお参りに行くのも良いでしょう。

お墓参りの時間帯

それでは、お墓参りの時間帯は何時ごろが良いのでしょうか。

お墓参りは、一般的に午前中または日中早めに行くのが良いとされています。
しかし、いろいろな事情でやむを得ず遅い時間帯になってしまう方もいるはずです。
大事なのはご先祖に感謝してお参りすることですから、お参りすることが大切で、遅い時間になっても構いません。

お墓参りの際の服装

お墓参りの際の服装については、何かルールがあるのでしょうか?

四十九日や一周忌などの法要があるときは、喪主やご遺族は喪服を着用するのが基本的なマナーですが、それ以外の際のお墓参りについては特にルールはありません。
最近は、法事や法要の際でも、ダークスーツなどを着る方も多くなっています。

お彼岸などのお墓参りは平服で構いませんが、サンダル履きの軽装や派手な普段着は避け、黒系の落ち着いた服装にしたほうが良いでしょう。
また、お墓の掃除をするので、汚れて困るものは避け、動きやすさも考えておきましょう。

合掌のやり方

合掌のやり方も、簡単そうで、意外と悩まれる方が多いと思います。
合掌は、仏教の礼法ですが、統一的なルールがあるわけではありません。

一般的な合掌のやり方は、お墓の正面に向かい、胸の前で両手のひらを合わせ、指は伸ばして斜め約45度に傾け、声を出して念仏を唱えます。
合掌したままの姿勢で、頭と上体をおよそ45度傾けて礼拝し、もとの姿勢に戻ります。

合掌の際の数珠の持ち方は、左手にかけて片手で持ったままの方も多いようですが、宗派によって様々異なります。
数珠は、合掌礼拝中は両手にかけ、礼拝が終わったら左手に持ちなおすという宗派も多くあります。

手の合わせ方は、両手の指をしっかり重ね合わせるのが一般的ですが、密教では両手の指を交互に重ね合わせる十二合掌で、他にも数珠を使った手の合わせ方もあります。

お線香の上げ方

次に、お線香の上げ方はどうすれば良いのでしょうか?

お線香を手向けるのは、亡くなられた方に食べ物をさし上げるという意味があります。
また、お線香の煙や香りは、周りの空気を清める効果があり無縁仏を遠ざけるとの言い伝えもあります。

お線香を上げる際は、まずろうそくに火を点けて、ロウソクの火をお線香に移して点けるのが一般的です。
風が強い日は、ろうそくやお線香に火を点けるのは難しいので、お線香の束の先端に紙を巻くなどして、火をつけるとよいでしょう。

火を点けたお線香は、お参りに来られた方に渡して各自が供えるか、どなたかお一人が代表して供えます。

上げるお線香の本数は宗派によって違います。
浄土真宗では1本の線香を折って寝かせますが、浄土宗・禅宗・日蓮宗は1本、禅宗はお線香を1本または2本、真言宗・天台宗は3本を折らずにあげます。
お線香を束であげるという場合もありますが、一般的に3本以内に収めておくのがいいでしょう。

お線香の上げ方は、宗教宗派によって違うことがありますが、一般的に香炉に立てるか、線香皿に横に寝かせます。

また、仏教では、口は人間の悪い行いを生み出すという考えがあり、汚らわしいものとされているため、線香の火を消す際には、手であおいで消すようにしましょう。

数珠は必要なのか

続いて、数珠は必要なのか、という疑問もあります。

数珠は、仏教の信仰や仏事に欠かせない仏具とされていますので、数珠は持っていた方がいいでしょう。
ただ、宗教・宗派によって作法などの違いもありますし、法事・法要を伴わないお墓参りの際には数珠はなくても構いません。

数珠を持つ時は、左手で持ちますが、合掌の際の作法などは、宗派によって異なります。

お墓に水をかけても良いのか

お墓に水をかけるという行為はいいのでしょうか。
これについては、2つの異なった考え方があります。

1つは、お墓の掃除をした後やお参りをするときに、各人がそれぞれ水をかけたほうが良いというものです。
もう1つは、水はお墓の墓石を傷めるので、かけない方が良いという考え方です。

後者の、水をかけると墓石を痛め墓石が劣化するという考えは間違いとは言えませんが、もともとお墓は長い間にわたり雨風に晒されるものです。
お墓参りの際の水かけは、決して多いわけではありませんので、それほど心配することもないでしょう。

また、水かけは故人に水をかける行為で、好ましくないとの意見もありますが、水かけにはお清めの意味があり、のどが渇いた仏様にお水をあげる意味でも良いとの考えもあります。

このように、お墓に水をかけるという行為には両方の考えがありますが、どちらが正しいということはありません。
ただ、お酒をかけると、墓石が変色する恐れがあります。
そのため、お墓にお酒をかけるのはダメです。

お供え物は食べてもいいのか

最後に、お供え物は食べてもいいのか、という疑問について解説します。
お供え物は、通常持ち帰りますが、故人を偲びながら、墓前で食べることも全く問題ないとされています。

お墓参りでお供えする花

お墓

ここまで、お墓参りの手順やマナーを説明してきました。
最後に、お墓参りでお供えするお花について、お花の選び方の解説とオススメのお花の紹介をします。

お墓参りの際にお供えする花は、亡くなられた方の好まれた花を中心に、周りとの調和や時期的なことなどを考慮して選ぶのがよいでしょう。

お供えするお花の選び方

まず、お供えするお花の選び方ですが、特に決まりがあるわけではありません。
ですので、故人が好きだったお花をお供えするとよいでしょう。

ただ、匂い・香りが強いお花やトゲなどがあるものは、好ましくないとされていますので、注意しましょう。
また、造花は避けましょう。

お墓参りにオススメのお花

お墓参りにオススメのお花としては、一般的によく使われている菊があります。
菊は、良い香りで邪気を払うと言われており、また花持ちもよく長持ちするメリットもあります。

菊のほかにオススメの花としては、アイリス・キンセンカ・リンドウ・グラジオラス・ユリなどもよく使われています。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓参りに適した花についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

お墓参りの手順まとめ

お墓

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、お墓参りの手順について以下のことを解説してきました。

  • お墓参りの手順の最初は、まず持ち物を確認することであり、持ち物としてはお参りに必要なものと掃除用具がある。
  • お参りに必要な持ち物としては、ろうそく・お線香・数珠・お花・お供え物などがある。掃除用具としては、ほうき・雑巾・バケツなどがある。
  • お墓に着いた際の手順は、まず手を洗い清めてからお墓に向かい挨拶をして、お墓を掃除し、お線香やお供え物を供えて、お参りをする。済んだらきちんと後始末をする。
  • お墓参りのマナーとしては、お墓参りの時期は、お盆・お彼岸・命日・年末年始などがあるが、自分の都合の良いときにお参りに行くのでも問題ない。
  • お墓参りの服装・合掌のやり方・お線香の上げ方・数珠などについては、必ずしも明確なルールはないが、一般的なマナーに従って心を込めてお参りすることが大切である。
  • お墓参りでお供えする花の選び方は、亡くなられた方が好んだ花を中心にするとよい。 菊がよく使われるが、周りとの調和・時期的なことを考慮して選ぶとよい。

お墓参りの際の手順やマナーは心得ておきたいものですが、一番大切なことは亡くなられた方や先祖を敬い、感謝の気持ちをもって供養することです。
ですから、お墓参りの時期やマナー・手順にあまりとらわれ過ぎずに、ご自身がお墓参りに行きやすいときにお墓参りに行くことをおすすめします。

心を込めてお参りすれば、故人もきっと喜ばれるでしょう。
この記事が、皆様のお墓参りの参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので、ぜひ参考にしてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓参り・手順」に関連する記事

「お墓参り・手順」についてさらに知りたい方へ

  • お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

    お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

    お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

  • 正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

    正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

    毎年どこかの時期に必ず行うお墓参りですが、実は正しいマナーというものが存在します。この正しいお墓参りのやり方を知っておくことは、単に伝統的な作法を守るというだけでなく、真摯な気持ちでご先祖様に向き合うという意味でも大切なことといえるでしょう。

  • お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

    お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

    お墓とはご先祖様を供養するためのものです。 でも曖昧にお墓参りをして、マナーや持ち物、服装で悩んでいませんか? 正式なお墓参りをして安心してご先祖様に供養して頂きたいですよね。 そこで、ここではお墓参りの持ち物、服装、手順などについて説明していきます。

  • お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

    お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

    お墓参りでは何をお供えしたら良いのか、迷ってしまうことが多いですよね。 お花もお供え物も、何を選べば良いのかタブーが気にかかるところです。 お墓参りをした後のお供え物の扱いも、悩んでしまいますね。 ここではお墓参りとお供え物の基本的なマナーをお伝えします。

  • お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

    お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

    お墓参りのマナーはどれくらいご存知でしょうか。自分では身に付いていると思っていても、意外と間違って覚えていたり、まだ知らないマナーがあったりするかもしれません。今回はお墓参りのマナーについて、詳しく解説していきます。

  • お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

    お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

    お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 では、それぞれの時期の中でいつ行けば良いのでしょうか? お墓参りに関する色々な情報を交えて、いつお墓参りに行くべきかを解説したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

    お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

    ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回はお墓参りの回数について、どのくらいの回数行くが良いのか、そしてお墓参りのマナーについてもまとめてみました。

  • お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

    お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

    お盆にはご先祖様が帰ってくるといわれています。ご先祖様を迎えに行く、また会いに行く意味でもお盆にはお墓参りに行きましょう。今回はお盆にぜひ行って欲しいお墓参りについて紹介していきます。

  • お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!のサムネイル画像

    お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

    あなたはお墓参りにも手順や作法があることをご存知ですか?失礼が無いよう正しいお墓参りをしたいですよね。そこで今回終活ねっとではお墓参りの基本的な作法やマナーについて解説しています。必要な持ち物や服装、お墓参りの時期、宗派によって違うお墓参りの作法も紹介します。

  • お墓参りでの供養の仕方は?注意点や供養の意味を解説します!のサムネイル画像

    お墓参りでの供養の仕方は?注意点や供養の意味を解説します!

    命日やお盆などにお墓参りをする人は多いでしょう。お墓をきれいにして先祖や故人を想い、手を合わせて供養すると気持ちもスッキリします。では、お墓参りで注意することはあるのでしょうか。供養の意味なども含め解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・手順」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!のサムネイル画像

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

お墓参りでの供養の仕方は?注意点や供養の意味を解説します!のサムネイル画像

お墓参りでの供養の仕方は?注意点や供養の意味を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと