お墓のろうそくについて費用相場・マナー、掃除方法をまとめました!

お墓にろうそくをお供えする理由をご存知ですか?今回はろうそくのをお供えす理由についてその諸説や、ろうそく立てについてやろうそくの保管方法についてもご紹介していきます!実はお墓にお供えするろうそくにはこんな意味があった!

目次

  1. お墓に供えるろうそくについて
  2. お墓にロウソクを供える意味
  3. お墓のろうそくに関するマナー
  4. お墓のろうそく立ての値段はどれくらい?
  5. お墓のろうそく立ての掃除方法
  6. お墓に供えるろうそくの保存の仕方
  7. お墓に供えるろうそくまとめ

お墓に供えるろうそくについて

お墓

お墓参りというと皆様は何を思い浮かべますか?
お墓の掃除に始まりお供え物の果物やお菓子、お線香やろうそく、食べ物や飲み物、嗜好品をお供えするのはわかります。

お線香も、その香りが故人の食べ物になるという考え方を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
では、ろうそくは?

なぜお墓参りにろうそくが用いられるのかはお線香よりも知られていないと思います。
皆様はろうそくの歴史や由来はご存知でしょうか?
そもそもろうそくとはどういったものだったのしょうか?

現代では電気が普及し夜になっても家や街は明るいのが普通です。
ですが、昔はそうではなく明かりと言えばろうそくに灯した火でした。
暗闇を照らしてくれる貴重なろうそくは寺院や宮殿などの儀式に使用されていました。

では、お墓にろうそくをお供えして灯すのはなぜでしょうか?
本記事ではお墓にろうそくを灯す意味や、覚えておきたいお墓のろうそくに関するあれやこれを解説していきます!

今回、お墓に供えるろうそくについてご紹介する内容は以下の通りです。

  • どうしてろうそくを供えするの?

    一つだけじゃないろうそくの意味について解説いたします

  • 覚えておきたい!ろうそくのマナー!

    ろうそくはただつければ良いというわけじゃない!

  • 知ってる?ろうそくの消し方

    ついついふうっと息を吹きかけたくなりますが…?

  • ろうそく立てにも色々ある!

    ご存知ですか?風よけ付の便利なろうそく立て!

  • ろうそく立てってどうやって掃除するの?

    こびりついたろうろくのろうには意外な掃除方法が!

  • ろうそくってどこの保管したらよいの?

    ろうそくを長持ちさせる保管場所についても解説!

お墓やお墓にまつわる物について知っておくことも終活においても大切なことの一つです。
どうぞ最後までご覧ください。

お墓にロウソクを供える意味

お墓

お墓参りをする際、皆さんはどんなお供え物をしますか?
お供え物として思いつくものとしては、お花やお線香、お菓子や果物、故人の方の好きだった物など様々なものがあります。

そして、忘れてはならないお供え物の一つがろうそくです。
でも、なぜろうそくをお供えするのでしょうか?
お墓参りと言えばろうそく、となんとなく考えている方も多いのではないでしょうか。

お盆の時期になると商店やスーパーマーケット、最近ではコンビニでもお供えのセットやお線香、それに加えてろうそくも当然のように店先に並んでいますよね。

ではなぜお墓にろうそくをお供えするのか、ここではそんなお墓にろうそくを供える意味についてその諸説を解説していきます。

誰がお参りに来たかを見せるため

まず、ろうそくを灯すのは誰がお墓参りに来たのかということを見せるという目的があります。
では誰に見せるのかと言うと、それはお墓に眠るご先祖様達です。

誰がお墓参りに来たのかお墓の周りをろうそくの明かりで照らし出す事によって、ご先祖様にもお墓参りに来た人の顔が良く見えるようになると言われています。

電気のある生活が当たり前の私たちのとっては、ろうそくの明かりはとても明るいとは言えないようなほのかな光だと思います。
ですが、電気の無い時代においてはろうそくの明かりは闇を照らしだすまばゆい光だったのではないでしょうか。

不浄を祓い清めるため

2つ目に、不浄を祓い清めるという目的が挙げられます。

古来より仏教において、火は神聖なものという位置づけがされています。
電気の無かった時代に暗闇を照らす事のできるろうそくの火はとても貴重で、丁寧に扱われると同時に、ろうそくの火は命を表すとも信じられてきました。

そこでお墓参りでは、その神聖な火を灯すことによって悪意ある余計な霊や不浄を払い、ご先祖様と向き合うお墓の周りを清めます。
煩悩の闇をろうそくの火の光で払うという意味合いもあります。

また、明るい火の光は仏さまの光明と慈悲を表してもおり、周囲を明るく照らすだけではなく、人の心も明るく照らして希望を与えてくれるとされています。
仏教以外でもろうそくの火は尊ばれており、例えばキリスト教においても悪い物を払うとして礼拝で用いられています。

お盆の迎え火

3つ目の目的は、お盆やお彼岸の迎え火にあります。

お盆やお彼岸には迎え火を焚きますが、皆さんはなぜそのようなことを行うのかご存知ですか?
これはご先祖様が道に迷ってしまわないようにするためです。
あの世から現世へご先祖様がまっすぐ帰ってこられるようにその道しるべとなる迎え火は、まるであの世と現世を結ぶかけ橋のようです。

逆に現世からあの世へ見送る際にはお見送りの送り火をします。
送り火は地域の伝統的な行事となっていることもあり、有名な行事として京都の五大送り火などが挙げられます。
大文字焼きとは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

京都の送り火は山の送り火と呼ばれる送り火ですが、それに対して海の送り火というものもあり、いわゆる灯篭流しや精霊流しが海の送り火です。
最近では迎え火も送り火もなかなか行えない家庭が多いかと思いますが、大切なのはご先祖様を想う気持ちです。

お墓のろうそくに関するマナー

お墓

お墓参りには様々なマナーやしきたりがありますが、もちろんろうそくにも扱いに関するマナーがあります。
ここからは、そんなお墓のろうそくに関するマナーについてご紹介いたします。

お墓参りでろうそくを点けるタイミング

まず始めに、お墓参りでろうそくを点けるタイミングについて紹介していきます。

上記ではろうそくをお供えする意味について解説いたしましたが、そのろうそくはいつ灯すのが良いのか迷う方も多いかと思います。
本来はお墓参りに来た時、つまり掃除を行う前に灯すのが良いとされています。

それは、私たちが日常で人に会いに行った際にあいさつをするのと同じような意味があるからです。
人に会いに行ったのに、その人にしっかりと顔を見せないことなんてありませんよね。
まずはろうそくで明るく照らして、顔をしっかり見せてあげましょう。

ですが、必ずそうしなければならないということではありませんので、汚れなどが気になる場合は掃除の後に他のお供えと一緒にお供えしましょう。

お墓参りの後ろうそくは消すべきか

2つ目に、お墓参りの後ろうそくは消すべきか、消すべきではないかという点について紹介していきます。

お墓参りの際に灯したろうそくは消して帰ることをお願いしている墓地や霊園が多いです。
ろうそくは燃え尽きるまで消すべきではないという教えられてきた方もいらっしゃるかと思いますが、ろうそくを消すべきかは墓地や霊園の決まりに従いましょう

一見、墓石が並んだ墓地は燃えやすいものも無く火災の心配は無いようにも思いますが、例えばカラスがろうそくを咥えていき、途中で落としたことで火災になるというケースもあるそうです。
カラスは油が好きで火も恐れないので、火のついたろうそくでも咥えていってしまうのです。

そうでなくとも風で飛び火したり、山中の墓地では山火事の危険もあります。
ろうそくの火を消すように決めている墓地や霊園ではもちろんですが、そうでなくとも火災の原因となる可能性がある以上、火の始末はきちんとしておいた方が良いですね。

風よけ付きろうそく立てを使用してもいいか

3つ目に、風よけ付きろうそく立てを使用してもいいかという点について紹介していきます。

お墓のろうそく立ては風よけ付きを使用しても大丈夫です。
屋外の墓地や霊園では、風が強い日にはなかなかろうそくの火がつかなかったり、ついてもすぐに消えてしまったりすることも多いかと思います。
そんな時に便利なのが風よけ付きのろうそく立てです。

風よけ付ろうそく立ては様々な種類やデザインのものが販売されています。
もしもお墓参りの際に、ろうそくがすぐに消えてしまい困っている方は、一度仏具屋さんでご覧になって見るのも良いかと思います。

ろうそく・線香の正しい消し方

最後に、ろうそく・線香の正しい消し方について紹介していきます。

ろうそくやお線香に灯した火は、ついつい口で息をふっと吹きかけてけしてしまいそうになりますが、これはいけません。
唾が飛んだり灰が吹き飛ぶといったこともそうですが、仏教では口から吐く息は不浄のものとされているためです。

ろうそくに灯した火は手であおいで消すのが一般的なマナーです。
お線香も最初に点けた火は口で息を吹きかけるのは良くありませんが、手であおいで消すのも難しいかと思います。

そんな時はお線香を立てて持ち、そのまま縦にお線香を振ると火が消えやすいです。
横に振ってしまうと火が消えにくく、逆に火の勢いが強まってしまうかもしれませんので気をつけましょう。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する様々な記事を多数紹介しています。
お墓参りのマナーについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

お墓参りのマナーはどれくらいご存知でしょうか。自分では身に付いていると思っていても、意外と間違って覚えていたり、まだ知らないマナーがあったりするかもしれません。今回はお墓参りのマナーについて、詳しく解説していきます。

お墓のろうそく立ての値段はどれくらい?

お金

お墓のろうそく立ての値段はどれくらいなのでしょうか?

実はろうそく立てにも種類がたくさんあり、値段もピンからキリまであります。
1000円くらいから買えるものや、台もセットになったものでは数万円するものまであります。
一般的には数千円のものが種類やデザインも多く販売されています。

ろうそく立てはデザインや機能性、材質などと予算を合わせて考えて選ぶのが良いでしょう。
購入の際はお墓に取り付けが可能な種類かの確認を忘れずにしましょう。
また、終活のひとつとしてご自身のお墓を選ぶ際には、ろうそく立てのデザインをこだわって選んでみるのも良いのではないでしょうか?

お墓のろうそく立ての掃除方法

お墓

皆さんはろうそく立てのお手入れはどのようにしているでしょうか?

ここでは、お墓のろうそく立ての掃除方法について紹介していきます。

上記でもご紹介した通り、最近のろうそく立ては灯が消えないように工夫がされており、屋根や扉付きの香炉など風よけになっているタイプのものが増えてきています。
その上、風よけが付いているろうそく立てはろうそく立てが台から取り外すことが可能になっています。
ですから、ろうそく立てを掃除する時は、ろうそく立てを取り外して掃除するようにしましょう。

また、溶けたろうが固まって取りにくいなんて経験があるの方もいらっしゃると思います。
ろうがこびりついて取りにくい場合は、温めて溶かすか、逆に凍らせることでろうをパリパリにして取るようにしましょう。

お墓に供えるろうそくの保存の仕方

仏壇

最後に、お墓に供えるろうそくの保存の仕方について紹介していきます。

ろうそくは基本的には冷暗所に保管するようにしましょう。
温度の高くなる場所ではろうが溶けてしまう可能性があります。
また、激しい温度差のある場所での保管はひび割れの原因となりますので注意するようにしましょう。

お墓参りの上で大切なろうそくのお供えをしっかりと行うためにも、ろうそくの管理はしっかりするように心がけましょうね。 

お墓に供えるろうそくまとめ

お墓

いかがでしたか?
意外と知らないろうそくの意味やマナーがあったのではないでしょうか?
意味が分るとろうそくやお墓参りにに対する意識も変わってきそうですね。

では、最後に今回ご紹介したお墓に供えるろうそくについてのポイントをまとめてみました。

  • ろうそくはご先祖様へのご挨拶

    ろうそくで明るく照らしてしっかり顔を見せてあげましょう

  • ろうそくの明かりは神聖なもの

    お墓の周りの不浄を払い清浄な気持ちでお墓参りをしましょう

  • 迎え火はご先祖様とのかけ橋

    お盆やお彼岸の迎え火はあの世から現世へ渡るための道しるべです

  • ろうそくの火は消して帰った方が良い

    火災の原因となる場合があります

  • 風よけ付きのろうそく立てが便利

    火がすぐに消えてしまって困る場合に便利です

  • ろうそくの火は手であおいで消す

    息で吹き消すのは不浄で良くないとされています

  • ろうそく立ては種類も価格帯も様々

    1000円から数千円、数万円台のものなど様々なものがあります

  • ろうそく立ての掃除は以外にも凍らせて

    ろうがパリパリになって取りやすくなります

  • ろうそくの保管は冷暗所に

    高温や温度差が原因でとけたり割れたりすることがあります

電気が当たり前でいつでも明るい今の世の中では、なかなかろうそくの明かりの持つ意味合いについて考える事もありませんよね。
ですが、そんな現代でもろうそくに灯る火を見つめて、当時の人々がろうそくの火に込めた思いや願いに思いをはせてみるのもいいかもしれませんね。
今回ご紹介した内容が少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ろうそくだけに限らず、お墓参りのお供えについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

毎年のお盆やお彼岸の時など、私たちは1年の中で何度かお墓参りに行く機会を持つことがあります。お墓参りといえば、お掃除をし、お供え物をして、お線香をあげて合掌するというシーンが一般的です。さて、お墓参りでお供え物をするときには何に気をつけたらよいのでしょうか?

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・ろうそく」に関連する記事

「お墓・ろうそく」についてさらに知りたい方へ

  • 意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介のサムネイル画像

    意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介

    ろうそくの持っているリラックス効果が注目され、個人でろうそくの作り方を学び、ろうそく作りを楽しむことが少しずつ広まっています。実は、ご自分の好みに合わせた香りや照明のろうそくの作り方があり、簡単にできます。これから材料や方法、効能などを紹介していきます。

  • お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!のサムネイル画像

    お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!

    お墓参りの際、ろうそくになかなか火が付かなくてイライラ。そんな経験はありませんか?高台にあるお墓など、風の強い場所ではなおさらです。そんな時にお勧めのろうそく立てがあります。またこびりついた蝋のお手入れ方法も。今回はお墓のろうそく立てについて解説してます。

  • 【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介しますのサムネイル画像

    【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介します

    和ろうそくをご存知ですか?現在、一般的に使われている物は洋ろうそくになりますが、日本古来の伝統的な製法で作られた和ろうそくというものがあります。明かりが強くて持ちが良いだけではなく、見た目の美しさも特徴の和ろうそく。そんな和ろうそくについてまとめました。

  • 大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇にのサムネイル画像

    大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇に

    ここ数年の間に、火のろうそくからLEDを使った電気のろうそくが流行っています。安全ですし、消し忘れても心配がないLEDろうそくを仏壇に使いたいという人もいると思います。仏壇用のLED電気ろうそくは扱っているのでしょうか?使って大丈夫なのでしょうか?

  • 松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りましたのサムネイル画像

    松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りました

    お寺や仏壇に欠かせない和ろうそく。最近では洋ろうそくを用いる方も多くなっているようです。今回の取材では、和ろうそくの製造工程を見させていただき、店主の松本さんには和ろうそくの魅力を教えていただきました!この記事を読んで、和ろうそくの魅力をぜひ知ってください。

  • 今需要が増えているろうそくの「原料」に関するプチ知識。のサムネイル画像

    今需要が増えているろうそくの「原料」に関するプチ知識。

    ろうそくは外国でも日本でも、様々な原料で作られ、使用されてきました。現代でも法事にはもちろん、癒しや鎮魂の場、災害時など用途はとても広いです。ぜひ常備しておきたいろうそく。実は自分でも作ることができます。今回はろうそくに使われる原料について記載していきます。

  • 大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。 のサムネイル画像

    大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。知っていないと恥ずかしい大人としての常識です。今回はお墓参りの基本中の基本のマナーを紹介しています。しっかり頭に入れておきましょう。

  • お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

    お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

    皆さんは、お墓参りに行かれてますか?お墓参りの手順が分からないと躊躇されている方もいるかもしれませんが、いざという時に困らないためにも、お墓参りの手順はきちんと理解しておきたいものです。お墓参りの手順について、マナーやお供えするお花などもあわせて紹介します。

  • お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

    お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

    お盆にはご先祖様が帰ってくるといわれています。ご先祖様を迎えに行く、また会いに行く意味でもお盆にはお墓参りに行きましょう。今回はお盆にぜひ行って欲しいお墓参りについて紹介していきます。

  • お供えの決まりとは?お仏壇で故人と向き合うのサムネイル画像

    お供えの決まりとは?お仏壇で故人と向き合う

    お仏壇は、亡くなった方に思いを寄せる大切な場。好物をお供えしてあげたい、きれいな花をお供えしてあげたい、などの気持ちがあると思います。ですが、お仏壇には様々なしきたりやマナーがあるもの…。お供えの際にはどんなことに気をつければよいのか、まとめてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・ろうそく」についてさらに知りたい方へ

意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介のサムネイル画像

意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!のサムネイル画像

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!

【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介しますのサムネイル画像

【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介します

大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇にのサムネイル画像

大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇に

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りましたのサムネイル画像

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りました

今需要が増えているろうそくの「原料」に関するプチ知識。のサムネイル画像

今需要が増えているろうそくの「原料」に関するプチ知識。

大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。 のサムネイル画像

大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お供えの決まりとは?お仏壇で故人と向き合うのサムネイル画像

お供えの決まりとは?お仏壇で故人と向き合う

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・ろうそく」についてさらに知りたい方へ

意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介のサムネイル画像

意外と簡単、手作りろうそくの作り方をご紹介

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!のサムネイル画像

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!

【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介しますのサムネイル画像

【和ろうそく】の伝統や美しさ、原料などを紹介します

大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇にのサムネイル画像

大切なのは、相手を思う気持ち。安全なLED電気ろうそくを仏壇に

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りましたのサムネイル画像

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと