失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓を購入するのに絶対失敗はしたくない!これからお墓を購入する方は必見です。失敗しないお墓選びのポイントや墓石を選ぶ際のポイントなどをご説明いたします。是非最後までご覧いただきお墓を購入する際の参考にしてください。

目次

  1. お墓選びのポイントについて
  2. お墓選びのポイントは?
  3. お墓を買う際に注意すべきこと
  4. 墓石を選ぶ際のポイント
  5. お墓選びのポイントまとめ

お墓選びのポイントについて

お墓

みなさんは自分のお墓について考えたことがありますか。

自分の余生をより充実なものとするために行う「終活」の中では、自分が入ることになるお墓について考えるということは、考えるべき項目の大きな一つとなっています。

では、自分が将来入るお墓とはどのように選ぶのが良いのでしょう。

新たにお墓を購入を検討されている方の中には悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、お墓選びのポイントについて

  • お墓選びのポイントは?
  • お墓選びで失敗しないポイントは?
  • 墓石を選ぶ際のポイントは?

以上の点を中心にご紹介いたします。

終活をしている人だけでなく、誰にとっても役に立つ内容となっております。
ぜひ最後までご覧ください。

お墓選びのポイントは?

お墓

お墓選びのポイントはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

お墓選びで必ずチェックすべきポイントは以下の8つです。

  • 立地条件
  • 墓地・霊園の種類
  • 宗旨・宗派
  • 値段・費用
  • 墓地・霊園の環境
  • 墓地・霊園の設備
  • 管理状況
  • 石材店

それでは、それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。

立地条件

お墓を選ぶ際のポイントとして立地条件があります。

自宅から近い場所に霊園があればいいのですが、近くにない場合は交通アクセスの良さも重要となります。
家族や親族が通いやすいかどうかはとても重要なポイントとなります。

駅から歩いて行ける場所かはもちろん、バスや電車などを使って通えるかも確認しましょう。

また、高速インターの近くにある墓地は、自家用車でお墓参りをする際の便利性がよく、遠方からの参拝者にとって嬉しいかもしれません。

墓地・霊園の種類

墓地・霊園の種類には下記の3つがあります。

  • 寺院墓地
  • 民営霊園
  • 公営霊園

それぞれの墓地・霊園によって特徴やメリットが異なります。
自分にはどの墓地・霊園が合っているか考えて見ると良いでしょう。

寺院墓地

墓地・霊園の種類の1つ目として挙げられるのが、寺院墓地です。

寺院墓地とは、お寺などの宗教法人が墓地の運営や管理を行っている墓地です。

お寺の一画にある墓地で、多くの場合、この寺院墓地にお墓を建てるためにはお寺の檀家になる必要があります。
また、基本的にお寺の宗旨・宗派に従わなければなりません。

この寺院墓地は、代々家ごとに檀家契約を結んでいる場合も多く、手厚い供養を受けられるという点で、古くから人気となっています。
最近では、お寺の敷地内以外に墓所を造成しているお寺も増えてきており、より利用しやすくなってきています。

しかし、檀家となった場合にはそのお寺の教えに従っていく必要があります。
お寺とご家族との考え方が違う場合などには注意が必要です。

民営霊園

民営霊園とは、宗教法人・財団法人・民間の公益法人などが墓地の運営や管理を行っている墓地です。

民営霊園では宗旨・宗派のを問うことが少なく、どんなご家族でもお墓を建てることができます。
また、他の霊園・墓地に比べて区画の広さやお墓のデザインを選ぶことができるなどの自由さも特徴となっています。
駐車場などの施設が充実している霊園も多く、郊外であってもお参りがしやすいよう作られています。

けれど、なかには複数の石材店が霊園の費用を出し合い運営しているケースもあり、その場合は決められた石材店でしかお墓を建てることができないので注意が必要です。

公営霊園

公営霊園とは、市区町村や都道府県など、公的な自治体が運営や管理を行っている墓地です。

この公営墓地では、宗旨・宗派問わず、石材店も自由に選ぶことができるので複数の石材店に見積もりを取り自分たちに合った石材店を選ぶことが可能です。

公営墓地では、昔から地元住民などの利用者が多いため、抽選になる霊園も多くあります。
申込者本人が継続して居住しているなどの申し込みに制限があり、申し込みは一世帯につき一区間などの決まりがある場合もあります。

応募期間も区間に空きが出たときに行われるなど様々なため、明確な応募期間がわからない場合もあります。
自治体ごとに応募条件などに違いがあるので予め確認が必要です。

終活ねっとでは、全国の墓地・霊園を様々な条件から検索することができるだけでなく、霊園に資料請求することも、見学予約することも可能です。
ぜひご利用ください。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

宗旨・宗派

お墓を選ぶ際には、お墓を建てる霊園や墓地の宗旨・宗派をよく確認しなければなりません。

以下の三つの場合においてチェックすべきポイントを見ていきましょう。

  • 宗教不問

    そのままの意味で宗旨・宗派を問わずどの宗旨・宗派でも問わずお墓を建てることができます。 特に民営墓地・公営墓地は宗教不問が多いです。

  • 在来仏教

    明治初期の頃までに日本に根付き活動を行っている仏教のことで、黄檗宗・時宗・浄土宗・浄土真宗など現在13宗派が在来仏教として活動をしています。 お墓を申し込む際に、「在来仏教に限ります」と記載がある場合は該当しているのかチェックしましょう。

  • 仏教以外の宗教

    神道やキリスト教などがあります。 特にキリスト教に関してはお墓を建てられない霊園もあるので注意が必要です。 協会が所有している専用の墓地を利用している人もいます。

お墓と宗教は強い関わりを持ちます。
自分の宗教と墓地の宗教が合うのかどうか、よく注意しましょう。

費用

お墓を建てる際に最も気になるのが費用ではないでしょうか。

実際にお墓を建てる時にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
ここでは、費用にかかる内訳ごとに説明していきます。

お墓にかかる費用は、①墓石の値段、②永代使用料、③管理費の3つに分けることができます。

墓石の値段

お墓を建てる際にもっとも費用の差がでるのが墓石の値段です。

お墓として使う石材は、希少価値の高い墓石もあれば、一般的に使用されていて比較的安価な石材もあります。
数十万円で済むものもあれば200万円近くかかるものまであります。

石材だけでなく、デザインや墓石の大きさによって値段も違ってきます。
凝ったデザインやオーダーメイドの墓石の場合加工料などが高くなるのはもちろん、墓石が大きくなると使用する石材の量が多くなるので墓石の値段も高くなります。

石材店によっても値段に違いが出るので、石材店を選べる場合は複数の石材店に見積もりをお願いし、納得できるお墓を建てましょう。

永代使用料

永代使用料とは、「その土地を永代に渡って使用する権利」のことで、お墓を購入する際に一度だけ支払います。
お墓は土地を購入して建てるのではなく、正確には土地を借りてお墓を建てます。

永代使用料の料金相場は約70万円~約80万円ですが、都心などの立地条件がいいところでは約150万円~約200万円などと高額になることもあります。

また、墓地や霊園の管理元がどこかによっても永代使用料は変動します
寺院墓地の料金相場は約150万円、民営墓地ではは約90万円、そして公営墓地では約70万円と大きな差が出ます。

墓地や霊園を検討する際には永代使用料についても比較項目として考慮しておきましょう。

管理費

管理費とはその墓地・霊園のメンテナンスなどの管理や維持にかかる費用のことです。
墓地・霊園の掃除や水道代はこの管理費からまかなわれています。

管理費は一年ごとに発生しますが、数年まとめて支払う場合もあります。

この管理費は、霊園や墓地によって費用は変化しますが、5000円から1万5000円前後が相場となっています。

お墓の費用については、以下の記事で詳しく解説しています。
もっと詳しく知りたいという方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

墓地・霊園の環境

続いてのポイントは墓地・霊園の環境です。

お墓を建てる前に地盤がゆるくないかや水はけが良いかなどをチェックする必要があります。
地盤がゆるいと地震などの自然災害が起きた時お墓が傾いてしまう可能性もあるので注意が必要です。
せっかく建てたお墓が数年後傾いたりしていたら嫌ですよね。

また、お墓の水はけが良いかなども重要なポイントとなります。
水はけが悪いと雑草などが生えやすかったり、納骨棺に影響が出ることもあります。
雑草が生えやすいとお墓の手入れも大変になります。

地盤がゆるくないかや水はけが良いかの他にも、害虫が出やすいかや日当たりは良いかなども合わせて見ておきたいですね。
お墓を建てる前に一度墓地・霊園に足を運び、周りのお墓は傾いていないかなどの環境をチェックしておいた方がいいでしょう。

お墓の方角は気にすべきか?

お墓の方角は気にすべきなのでしょうか。
お墓を建てる際には、お墓の方角を気にする方も少なくないかもしれません。

しかし、実際のところお墓の方角に決まりはありません
西向きが悪いという考え方もあり、南向きや東向きが好まれて多く建てられていますが、それは日当たりが良いという理由から来る場合がほとんどです。

実際にどの方角に建てても縁起が悪いということはありませんので、方角についてはあまり気にしないほうが良いでしょう。

お墓の方角について気になるという方は、より詳しくお伝えしている以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の向きはどの方位がいい?お墓を建てる時の注意点も紹介します!

お墓を建てる時に気になるものの1つに方位を挙げるという方も少なくありません。特に残されるご家族のことを考えると、お墓の向きはきちんとしておきたいというのもごもっともなことといえるでしょう。今回は、お墓を建てる際の方位について考えていきましょう。

墓地・霊園の設備

墓地・霊園の設備についてチェックしておくのも大事なポイントです。

駐車場はあるのかや売店の有無、バリアフリー施設はあるかなどは必ず確認しておきましょう。
設備が充実しているかどうかは、お参りをするご家族のためにも重要なこととなります。

駐車場があっても狭い場合は、お盆やお彼岸など込み合う時期に停められない可能性もあります。
墓地・霊園の周辺にも駐車場があるとなお良いですね。

売店があると、お花やお線香、お供え物などを売っているいので身軽にお参りに行くことができます。

また、高齢の方なども気軽にお参りに行けるよう、お手洗いなどにバリアフリー設備は整っているのかなども一緒にチェックしておきましょう。

管理状況

先程ご説明した通りお墓を建てる際に管理費を支払います。
その管理料でお寺や霊園のメンテナンスや清掃を行っています。
このような管理状況もお墓を選ぶ際にはチェックしておくと良いでしょう。

お手洗いやお墓の周辺の植え込みなどもしっかり清掃されているのか、お寺や霊園の周辺や墓地の周りにゴミなどが落ちていないかなども見ておく必要があります。

せっかく自分たちのお墓を綺麗にしていても、管理状況が悪いと不快な気持ちになってしまいます。
管理が行き届いているかよく見ておきましょう。

石材店

お墓を建てる際にお世話になる石材店ですが、お墓を建てたら終わりではなく、納骨やその後のお墓のメンテナンスまでと長い付き合いになります。

お寺・霊園によっては石材店が決められている場合もありますが、その中でも信頼と実績のある石材店を選びましょう。

石材店を決める前にネットの口コミを確認したり、実際に建てたという知人に話を聞いたりするのもオススメです。
また、実績のある石材店は知識も豊富なのでどんな質問にも答えてくれます。
長く付き合っていく石材店だからこそ、失敗しないようにしましょう。

お墓を買う際に注意すべきこと

お墓

では、実際にお墓を購入する際はどのような事に注意したらいいのでしょうか?

お墓を買う際に注意すべきことを三つご紹介しますので、それぞれ押さえておきましょう。

継承者がいるかしっかり考える

お墓の名義人が亡くなってしまった際に、お墓を継ぐ継承者はいるのかをしっかり考えておきましょう。

継承を前提としたお墓では、相続人がいないと永代使用料が取り消され無縁墓となります
無縁墓となってしまうと、遺骨は管理者によって合祀され、墓石自体も撤去されてしまいます。

せっかく建てたお墓がなくなってしまうのはとても悲しいことです。
お墓を建てる前には家族や親族などできちんと相続人について考えましょう。

お墓の継承については以下の記事でも詳しくお伝えしています。
お墓の継承について疑問の多い方はこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

お墓購入後も経済的に無理がないか?

お墓を建てた後にも管理維持費などで費用が発生します。
お墓を建てたら終わりではなく、管理費などの維持費がきちんと支払えるか、法事をしっかり行えるのかなど、経済的に無理がないかという点も注意しておきましょう。

お墓を管理するにあたって年間の相場は約5000円~約1万5000円となっています。
また、法事の際にはお布施代が発生します
お布施代はそのお寺や霊園によって違いはありますが、数万円は支払います。

お墓をきちんと維持していけるかはとても重要となります。
経済的に無理がないかよく考えましょう。

見学に行くとよい

お墓を建てた後に後悔しないためにも、一度お寺や霊園に見学に行くことをオススメします。
立地条件や墓地・霊園の環境、設備などをきちんと確認しておく必要があります。

実際に足を運ぶことによって色々なことが見えてきます。
日当たりはいいのか、どのようなお墓が実際に建てられているのか、バリアフリーは対応しているのかなど、きちんと自分たちの目で確認し、そのお寺や霊園の雰囲気が自分たちのイメージしたお墓に合っているのかをチェックしましょう。

墓石を選ぶ際のポイント

お墓

先ほども少し触れましたが、お墓を購入する際には墓石をどれにするかということも検討しなければなりません。
では墓石を選ぶ際のポイントはどんなことでしょうか?

墓石にも様々な種類があります。
墓石選びを失敗しないよう参考にしてください。

墓石の特徴

墓石の特徴をよく理解することによってより良い墓石を選ぶことができます。

墓石に求められる主な特徴として、キメの細かさと石の硬さが挙げられます。

キメが細かいと見た目も美しくさらに雨などの水を吸収しにくいため、墓石がさびたり、コケなどが生えにくくなります。
つまり、キメが細かい石は吸水率が低い石ということになります。

また、硬い石は風や劣化に強いのでお墓は長持ちします。
しかし、墓石が硬く劣化に強い石材でも地盤が弱いと倒れてしまう可能性もあるので注意してください。

墓石を選ぶ際にはそれぞれの特徴を石材店に聞き、丈夫で長持ちするお墓を建てましょう。

墓石の産地

墓石の産地も、納得のいく墓石を選ぶ上では大事な項目です。

国産で約50種類以上、外国産で約100種類以上あります。
また、石の種類によっては外国産の石の方が安いこともあり、最近では外国産を選ぶ方も多くいます。

もっとも輸入されているのがは中国産で、品質が良く格安という点から近年注目を集めています。
中国以外ではインドやアメリカなどからも輸入しています。

国産の石は耐久性があり、キメが細かい物が多いですが希少価値が高いいい石となるとかなり高額になることもあります。

どこの国の墓石なのか石材店に確認しましょう。

墓石の選び方についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!

墓石にも種類があることを知っていますか?いざ買うとなるとどの墓石がいいのか、選び方がわかりませんよね。今回はそんな墓石の選び方について解説します。これからお墓の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

お墓選びのポイントまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓選びのポイントについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓選びのポイントは立地条件・墓地、霊園の種類・宗旨・宗派・値段、費用・墓地、霊園の環境・墓地、霊園の設備や管理状況・石材店などをチェックする
  • お墓を購入する際には、継承者がいるかや、購入後経済的に無理はないかを考え、見学に行ってから購入すると良い。
  • 墓石を選ぶ際には墓石の特徴をよく理解し、国産以外にも中国やインドなど様々な墓石をチェックする

今後お墓の購入を考えている方は是非この記事を参考に失敗しないお墓選びをしてください。

終活ねっとでは今回の記事以外にもお墓の購入や墓石の種類についてなど様々な記事を掲載しています。
そちらも合わせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・ポイント」に関連する記事

「お墓・ポイント」についてさらに知りたい方へ

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!のサムネイル画像

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!

室内にお墓がある施設が全国で増加しています。室内にあるお墓とはどのような場所なのでしょうか?どの

ビル内にあるお墓の値段やメリット・デメリット徹底解説します!のサムネイル画像

ビル内にあるお墓の値段やメリット・デメリット徹底解説します!

屋外のお墓では、アクセスの悪さや承継者の問題など、様々な不満を感じているのではないでしょうか。こ

お墓と仏壇に関するよくある疑問をまとめてご紹介します!のサムネイル画像

お墓と仏壇に関するよくある疑問をまとめてご紹介します!

「お墓と仏壇の違い」説明できますか?意外と知られていないお墓と仏壇の違い。違いがわかればお墓と仏

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

お墓を建てることになったという方や建てることを考えておられる方も多いでしょう。とはいえ、特に初め

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

みなさんの中には墓地と聞くとお寺の持っている墓地のことを指し、亡くなった後に備えてそこに費用をか

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのでき

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参り

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

シェアする

関連する記事

「お墓・ポイント」についてさらに知りたい方へ

お墓の場所がわからない場合の対処法まとめのサムネイル画像

お墓の場所がわからない場合の対処法まとめ

洋風のお墓ってどんなお墓?種類や洋風墓に人気な彫刻も紹介!のサムネイル画像

洋風のお墓ってどんなお墓?種類や洋風墓に人気な彫刻も紹介!

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!のサムネイル画像

お墓のろうそく立てについて種類・相場・掃除方法・必要性を解説!

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。のサムネイル画像

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。

五輪塔というお墓を知っていますか?どんなものか解説します!のサムネイル画像

五輪塔というお墓を知っていますか?どんなものか解説します!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと