檀家をやめる方法、お墓を撤去して改葬する方法を解説します!

少子高齢化が進み、お墓の管理が大変になっていませんか?現在、なかなかお墓参りに行けない、お寺との付きあいも大変、という方も多いですよね。ならばいっそ「お墓の檀家をやめる」という方法もありますよ。ここでは、お寺の檀家をやめる方法を、詳しく解説します。 手続きやお墓の撤去にいくらくらいかかるかも解説。

目次

  1. 墓じまいして檀家をやめる方法について
  2. 檀家をやめるとは?
  3. 檀家をやめてお墓を撤去する費用
  4. お墓を新しい墓地・霊園に移動する方法
  5. お墓を撤去した後の供養方法
  6. 墓じまいして檀家をやめる方法まとめ

墓じまいして檀家をやめる方法について

お墓

少子高齢化が進み、お墓の管理が大変になっているこのご時世。
なかなかお墓参りに行けない、お寺との付きあいも大変、という方も多いですよね?
ならばいっそお墓の檀家をやめるという方法もあります。
ここでは、お寺の檀家をやめる方法を、詳しく解説します。

いざ「墓じまい」と思っても、疑問だらけですよね。
そこで、今回終活ねっとでは、

  • お寺の檀家をやめることは可能なのか?
  • 墓じまいをするにあたって、どのくらの金額が必要なの?
  • 別の場所に新しくお墓を建てる場合の手続き
  • お墓を撤去した後の供養方法

以上のことを中心に、解説していきます。
詳しく説明していきますので、お墓の管理に悩んでいる方は参考にしてください。

改葬・墓じまいを考えている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

檀家をやめるとは?

困った人々

檀家(檀那)をやめるといっても、いったいどうすればいいのでしょうか?
長年、お世話になったお寺との関係を絶つのは、なかなか勇気のいることですよね。
また、檀家をやめるにあたってのトラブルの話も耳にします。

檀家をやめることのデメリット

檀家をやめるというのは、お寺との関係が一切なくなるということです。
つまり、これまで月参りや年忌法要などを頼むことができなくなります。
また、お寺によっては年忌供養などの必要がある年には、ハガキや電話などで知らせてくれるところもあります。
しかし檀家をやめると、故人の供養などはすべて自分で手配しなくてはなりません。
これまでお寺任せにしていた年忌供養などの法要を、自分で執り行う必要があります。

ただし、檀家をやめた後、故人の法要を行わないのであれば、それほどデメリットはないと考えられます。

檀家をやめるのに必要な手続き

檀家をやめる(離檀)にあたっては、特別な書類などは必要ありません。
口頭で、「檀家を離れたいのです」と伝えるといいでしょう。
墓じまいをする、と言えば離檀に応じてくれるお寺がほとんどです。

しかし、「檀家をやめる」ということは、お寺にとっての収入源が減るということです。
ですので、お寺にとってはあまり好ましくない状況といえます。
話がこじれると、離檀にあたってトラブルに発展することもあります。

うまく離檀するには、いくつかのポイントがあります。

  • 電話などではなく、直接お寺を訪れて離檀したいことを伝える
  • これまで、先祖代々の供養をしてもらったことに対して、感謝の気持ちを伝える
  • 本当は今後も供養をお願いしたいが、やむを得ず供養を継続できないことを伝える

檀家をやめるというのは、これまでお世話になってきたお寺との関係を絶つわけです。
ですので、電話などではなく直接お寺を訪れ、住職ときちんと対面して話した方が、離檀がスムーズに進みます。
また、これまで先祖代々お世話になってきたのですから、それに対する感謝の気持ちは必ず伝えましょう。

「やむを得ず」が重要です。
今回の場合、事情があって墓じまいしたので、と伝えると円滑に離檀できるケースがほとんどです。

檀家をやめるにあたってのトラブルを避けるためには、双方感情的にならずにじっくり話し合うことが必要です。

離檀にまつわるトラブルをさけるために、事前に弁護士に依頼するケースもあります。
しかし、こちらが身構えていけば、お寺も態度が強硬になることもあります。
お寺と檀家は信頼関係で成り立っているので、まずは穏便に離檀を進めましょう。

檀家をやめてお墓を撤去する費用

お金

お墓をやめる・檀家をやめるにあたって、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?
離檀するにはお金がかかるの?撤去費用は高くつくの?
詳しく説明します。

離檀料

法律上は、檀家をやめるにあたっての離檀料は必要ありません。
しかし時々、お寺から高額な離檀料を要求された、といった報道も見かけます。
ただ、お寺にはこれまでお世話になってきたのですから、お礼の気持ちということでお布施として渡すのも、円滑に離団するひとつの方法といえます。

そうはいっても、いくらくらい包めばいいのか?
これはいわゆる「お気持ち」の話なので難しいのですが、一般的には3万円から15万円くらいとなっています。
わかりやすく言えば、離檀料をお布施と考えて、法要1回分の金額を包むのが妥当といえます。
お墓のお魂を抜く法要もお願いする場合、法要のお布施とは別に離檀のお布施を用意します。

ただ、お寺側から数百万円以上の高額な離檀料を要求されるケースもあります。
そのような時は、お寺の宗派の本山に相談すると良いでしょう。
そもそも本山は、離檀料を取ることは認めていません。
本山からお寺に指導が入り、解決したケースもあります。
また、お寺のある自治体に相談するという方法もあります。

ちなみに、本来必要でない離檀料は受け取らない、といったお寺もあります。

石材店に支払う作業料

墓石を撤去するには、石材店に依頼しなければなりません。
その際の費用ですが、お墓の場所や大きさなどで変わってきます。
入り組んだ場所にお墓が建てられていたりすると、当然ですが撤去に手間がかかります。
条件によって金額は変わりますが、相場では1㎡あたり10万円程度となっています。

石材店によっても、値段は変わります。
ですので、実際に撤去する時は、複数の石材店に見積もりを出してもらうのもひとつの方法です。
実際にかかる費用は、平地にあるような一般的な墓地・墓石で、10万円~30万円くらいになります。
作業の流れは、遺骨の取り出し→墓石の撤去→整地となります。

どの石材店に頼めばいいのかわからない、といった場合には、以下の墓石店の比較サイトを参考にしてください。
日本全国エリア別、費用別に石材店が紹介されています。

ただし、お寺の墓地や民間霊園などは、石材業者が指定されているところもありますので、一度確認しておいた方が良いでしょう。

また、取り出した遺骨を新たに収納する骨壺も必要です。
石材店が用意してくれる場合もありますが、たいていは自分で用意しなければなりません。
新たな骨壺が必要か不要か、あらかじめ石材店に確認しておきましょう。

お墓を新しい墓地・霊園に移動する方法

お墓

実際に墓じまいをして、お墓を移動するには、改葬許可申請が必要になります。
改葬の際に、移動先の墓地・霊園に改葬許可証を提出しなければならないからです。

改葬許可を市役所に申請するには、

  • 埋葬証明書
  • 受入証明書
  • 改葬許可申請書
  • 申請者の印鑑

この4点が必要になります。
一見難しそうですが、わかりやすく説明していきます。

移動元の墓地・霊園に墓地移動の相談をする

改葬許可を申請するにあたり、まず移動元である墓地や霊園に「埋葬証明書」を発行してもらいます。
お寺に墓地があった場合は、住職に発行してもらいましょう。
この場所に、確かに遺骨を埋葬していました、という証明です。
証明書に決まった書式はありませんが、以下の4点が記載されている必要があります。

  • 墓地使用者の署名・捺印
  • 墓地管理者の署名・捺印
  • 遺骨の氏名
  • 証明書発行年月日

また、移動元の自治体によっては、改葬許可申請書に埋葬証明書となる記入欄が含まれている場合があります。
改葬の際は、移動元自治体に確認しておくとよいでしょう。

まだ移動先の霊園・墓地が決まっていない方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

移動先にお墓を建てる

改葬許可を申請するには、遺骨の受け入れ先が決まっていなければなりません。
移動先にお墓を建てる、あるいは合同の納骨堂などに納骨する場合は、「受入証明書」を発行してもらいます。

受入証明書の内容は、自治体や霊園・墓地によっても違いますが、おおむね以下の通りです。

  • 改葬される者の俗名
  • 墓地・納骨堂などの所在地
  • 墓地・納骨堂などの管理者の署名・捺印

また、自治体によっては受入証明書の用紙が許可申請書とセットになっていることもあります。
受入証明書に代わるものとして、「墓所使用承諾証」や「永代使用許可証」、霊園の契約書が使える自治体もあります。
こちらも、自治体に確認しておくとよいでしょう。

改葬許可申請書を移動元の市役所に提出する

お墓を移動する際に、改葬許可申請書は必ず必要になります。
許可申請用紙は、各自治体にて配布されています。
 
お墓の移動元が遠方にある場合は、郵便で申請できる場合もあります。
また、各自治体のホームページで改葬許可申請書の書式をダウンロードができることもあります。
一度、自治体にお問い合わせください。

一般的に、改葬許可申請書を提出する際には、

  • 埋葬証明書
  • 受入証明書
  • 改葬許可申請書
  • 申請者の印鑑

以上が必要になります。
申請者以外の者が申請する場合は、委任状も必要となります。
自治体によっては、申請者の身分証明書がが必要なケースもありますので、申請する際に各自治体で確認するとよいでしょう。

改葬許可証を移動先の墓地・霊園に提出する

遺骨を新たな墓地や霊園に移動する際には、改葬許可証を霊園に提出する必要があります。
また、合同納骨堂などに納骨する場合も、改葬許可証を提出します。
手続きは、各霊園によって多少の違いはありますが、おおむね改葬許可証を提出して、遺骨を移動させれば改葬が完了します。

お墓を撤去した後の供養方法

仏壇

離檀・墓じまいの後、新たにお墓を建てずに故人の供養をする方法もあります。
ここでは、新たにお墓を建てずに供養する方法をご紹介します。

永代供養

永代供養とは、故人の供養をすべて寺院や霊園に任せることを言います。
故人の遺骨を納骨する場合もあります。
(その際、改葬許可証が必要になることもあります)
納骨した場合は、一定期間は単独でお寺などに保管されたのち、納骨堂などに合祀されます。

一例ですが、お寺に永代供養を依頼すると…
まず、お寺の過去帳に、故人の命日・俗名・戒名が記入されます。
過去帳は日めくりになっていて、その日ごとに命日を迎える故人の供養を行ってくれます。

永代供養の費用は、供養を申しこむ際にお寺などに納めます。
ですので、年間の管理費などはかかりません。
費用の相場は、お寺や霊園によって異なりますが、1体10万円から30万円となっています。

しかし、まれに悪徳業者が存在することもあります。
費用だけ徴収し、後はまったく供養せずに放置されるというケースもあります。

永代供養を頼む場合は、事前にお寺や霊園のことを調べておくと良いでしょう。
また、費用や供養の方法についても、疑問があれば納得できるまでお寺・霊園に相談しましょう。

実際に永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

手元供養

墓じまいの後、遺骨を少々手元に置いて供養をする、という方法もあります。
これを手元供養と呼びます。
いつでも故人の供養ができるので、ここ数年増えてきています。

一般的なのは、小さな骨壺に遺骨を保管する方法です。
手元供養が増えてきた現在、色々なデザインのミニ骨壺が販売されています。

人気があるのは、ペンダントに遺灰や遺骨を収納するものです。
こちらも色んなデザインがありますが、小さな筒形になったペンダントトップに遺骨を収納することができます。
常に故人を身近に感じていたい、という人に人気です。

また、お地蔵さんなどをかたどったオブジェに遺骨を収納するタイプのものもあります。

手元供養にかかる費用は、2万円から10万円くらいとなっています。
一般的なデザイン骨壺やペンダントですと、2万円前後から販売されています。

散骨

少量の遺骨を粉末にして海などに散骨する供養も、近年少しずつ増えてきています。
お墓の在り方が昔と今では違い、散骨も供養のひとつとして人気が出てきています。
ただ、散骨をするには少し注意が必要です。

*遺骨は、必ず粉末にする必要があります。
*海に散骨する場合は、海水浴場や漁業区域では禁止されています。
*山に散骨する場合は、民家の近くや他人の土地は禁止されています。

散骨は法律で禁止されていません。
ただし、「節度をもって」おこなうことが必要です。

遺骨を粉末にするには、散骨事業主に依頼します。
骨壺を業者に送ると、粉末になった遺骨が返送されてきます。
費用は骨壺の大きさによって異なりますが、2万円から5万円ほどです。

また、海上散骨を代理で行ってくれる業者もあります。
粉骨・献花・献酒などがセットになっていて、船で洋上に出航して散骨してくれます。
散骨の様子は、写真にて遺族に報告されます。
費用は、代理散骨で5万4千円となっています。

何組かの遺族が合同で、直接洋上に出航して自ら散骨ができるサービスもあります。
こちらは16万円ほどと、やはり費用はかかります。

墓じまいして檀家をやめる方法まとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お墓をやめる・檀家をやめる方法について、詳しく解説してきました。

  • お寺の檀家をやめるのは可能である
  • 檀家をやめる(離檀する)際には、きちんと話し合うことが重要
  • 墓石を撤去するには、石材店やお墓の立地によって費用が変わる
  • 新たにお墓を建て、改葬するには役所での手続きが必要
  • 新たにお墓を建てなくても、故人を供養する方法がある

現代では、少子高齢化にともなって、先祖代々のお墓を維持することが難しくなってきています。
その際に、墓じまいをするというのも、ひとつの方法ではないでしょうか?

また核家族化によって、お寺との付きあいも疎遠になっているケースも多くみられます。
お寺に頼らないで、遺骨を手元に置いて自分で供養するというのも、現代に合った先祖供養といえます。

終活をお考えの方は、墓じまいもひとつの方法である、ということを参考にしてください。
終活ねっとでは、ほかにもお墓に関する記事を多数掲載しております。
そちらもぜひご覧くださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・やめる」に関連する記事

「お墓・やめる」についてさらに知りたい方へ

  • 檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!のサムネイル画像

    檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

    経済的・時間的な問題で檀家をやめたいという人もいるかもしれません。 檀家をやめる場合、どのようなメリットやデメリットが想定されるのでしょうか? また檀家をやめる方法や離檀料の相場はいくらなのでしょうか? 今回終活ねっとでは、檀家をやめることについてご解説いたします。

  • 墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

    終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

    墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

    自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。

  • 永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

    永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。 お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。 今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

  • 墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

    遠方で滅多に墓参りにいけない。地元にお墓の面倒を見てくれる人がいないという理由で、「墓じまい」という手段をとる人が増えています。しかし、その流れに関しては一般的には知られていません。墓じまいの一連の流れ、手続きや料金について詳しく説明いたします。

  • 墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    少子化により後を継ぐ人がいなくなり、墓じまいをしなければいけないことが増えています。 しかしその墓じまいの過程でトラブルが起こることもあります。 今回はそんな墓じまいの際のトラブルを防ぐために、事前にトラブルの事例とその対処法を確認しておきましょう。

  • お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

    お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

    お墓を別の場所へ移動するのは、人によって様々な理由があるかと思います。ですが、お墓の移動をするのが初めての場合、一体どのような手続きが必要となるのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、お墓の移動方法について解説します。

  • お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

    お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

    お墓をお守りするご家族にとって、次の世代にお墓を引き継ぐことが難しい時代となってきました。継承者不足や費用の面から泣く泣くお墓を処分するケースも少なくありません。もしお墓を処分する場合にはどの位の費用がかかるのか、墓じまいにかかる費用の相場について解説します。

  • 墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

    ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまうのです。 では、墓じまいにはどれ程の料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか? 今回は墓じまいの料金をテーマに説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・やめる」についてさらに知りたい方へ

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!のサムネイル画像

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・やめる」についてさらに知りたい方へ

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!のサムネイル画像

檀家をやめるとどうなる?檀家をやめる方法や離檀料の相場を紹介!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと